FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

iPhone5sのバッテリー交換はどうするの?


 iPhne5sを使い続けている。
 小さくてポケットに収まるからで、愛着もある。

 今日、バッテリーを交換しようとアップルケア、地元のケア店と連絡をとってみた。
 アップルケアに電話をしたら繋がるまで1時間弱。
 近くのアップル修理店に連絡して正確な答えを頂くまで25分

 最後はキレた!!!!

 バッテリー交換は預かりで10日かかるそうで、自動車の修理と同じで預かりっぱなしだそう。
 じゃ、代車はあるのかしらん?
 バッテリーが手元にある場合はすぐに交換できるが、古い型なので在庫なし。
 持ち込みでそれからバッテリーを注文して届いてから修理。
 概ね10日かかりますとか。

 だったら機種が判ってシリアルNoも連絡してあるのでバッテリーが届いたら直ぐ持ち込みますと言ってもダメなんだそうです。
 とりあえず持ってきてから注文、部品が届いて交換、その間は預かり!

 という事は、アップル社は製品を長く使いずらいようなシステムにしているのか?

 修理、交換して長く使われると困るのか?

 今回、窓口のたらいまわしで回答はグズグズ!

 会社も出先店も信頼できない。

 不信感を持ってしまった。

 このシステムは新機種を買い換えさせるための汚いやり方!

 今、契約更新等で騒いでいるが、もっとひどいからくりを作っているし嫌な思いをした。

 こうなったら交換なしで最後まで使うことにした。

 あと3年で携帯の電波割り当て及び波形が変わりますから、それまでだましだまし使いましょう。

 それにしても腹が立つ!

 今週は歯車がうまくかみ合わない。

 毒を吐いて少しすっきりした。


スポンサーサイト



  1. 2019/09/20(金) 17:25:54|
  2. 気持ちが落ち着かないこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今朝の小畔川 9月18日  竿を持たずに水辺散歩!


 今朝は御伊勢橋までウォーキング。
 適水位、水質抜群、活性も高く良型が釣れていました。


IMG_9725.jpg

 吉田橋から高橋に向かっていると、見たことのある方が練習中!
 ゲッチさんが初心者にキャス錬中。
 ロールキャストが決まっていました。
 お連れの方は横浜方面からいらっしゃったそうで、キャス錬に引き続きのオイカワ釣り。
 目の前でお見事!
 オイカワ連荘で釣りました。

 ゲッチさんって罪なことをしちゃいましたね。
 オイカワフリークお二人様誕生、そして、フィッシングウィドウが二人できてしまったような。

 冗談はさておき、十分に楽しんでいただいているようです。




IMG_9717.jpg

 飛び石です。
 いつもより水量が多く、オイカワの活性は高めですね。



IMG_9716.jpg

 河畔林 バッサリです。
 御伊勢橋から下流のお気に入りの木々が全て切られてしまいました。
 この木は思い出があります。
 ボーイスカウトの野外訓練でテント泊の場所でした。
 地区の訓練場所のようでした。
 釣友、ボーイスカウト君と初めて会ったのもこの場所でした。


IMG_9719.jpg

 御伊勢橋から上流は未だ伐採されていないので河畔林が残っています。
 このままにしておいて欲しいです。


 さて、今朝の巡回で気になることがありました。
 釣りは楽しい。
 沢山釣りたい。

 何でもあり。
 私に言うか? もっとひどい釣り人がいるよ。
 ここは、放流がされていないはずだが、管理は何処の漁協か?
 
 大したお願いでは無いのですが、お持ち帰りで無かったら魚籠に入れずに放していただけませんでしょうか。

 放すと魚が散ってしまうんだよ。
 最後に放すから。

 放流をしていないから魚が少しでもダメージを受けないように。
 沢山の魚が魚籠に入った場合、スレによるダメージが大きい。
 何時までも楽しめるようにと釣り人にお願いしています。

 魚籠にはハリスによる鈎外しがセットしてあり、十分にベテランの釣り師と思います。
 魚に触らないという事で手返しの良さと魚へのダメージを考えていると思いました。
 もしかしてどこかの釣り会に所属しオイカワの釣り大会などに参加している方かもしれません。
 年齢も私より上の方と思われたので丁寧にお話をさせていただきました。

 魚籠を開放する素振りが無いのでこれ以上の御願いは止めました。

 1放流がないという事を知っていて漁協は何処かと聞いた事
 2もっとひどいことをしている釣り人が沢山居ると言った事
 3私より年配者であろう事

 上記1,2,3 分別あるだろうベテランと思われる老人との対話で今日は不機嫌です。
 
 どうして不機嫌なのか細かく書くとまた不機嫌になるのでここまでに。
 ちなみに私は漁場監視員です。
 人が見ていないところで魚を増やす努力をしています。


 
 

  1. 2019/09/18(水) 16:14:03|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夕の小畔川 9月16日 柳の下に泥鰌は居なかった!


昨日も朝方前線通過で十数ミリの雨が降り、水位も135cm以上に上がり釣りはお預け。
夕方、水位が123cmまで下がってきたので小畔遊び!

DSC04417.jpg

一昨日夕に爆釣した高橋のプール。
お散歩でしょうか、水面を眺めています。
夕方は日も陰り気味、小さなお子さんの散歩にはいい時間です。


DSC04416.jpg

今回は日没まで1時間、ここまで休まず歩いて来ました。
いつもなら、途中魚の付き具合をチェックしながらですが、今回はパス。

あれれ?
違う。
全く反応がありません。
イワシサイズの入れ食いを楽しもうと目論んで来ましたが、見事に期待を裏切られました。
オイカワの気持ちはわからない。

せっかく来たからと対岸を狙ってのキャス!
やっと釣りました。
ドライでは全く反応なし、そのまま流しウェットのつもり。
スイングが始まり最後に食って来ました。

その後もキャス練が続きました。

一部ライズがありましたが完全無視されました。


DSC04418.jpg


諦めて吉田橋
ここは少し食い気があるようでこのサイズを!


DSC04420.jpg

日が沈み東の空に夕焼け
西の空は暗かった。
ちょっと不思議でした。


DSC04421.jpg


金堀橋の上から覗くと、親子で釣り。
楽しそう!

画像は明るいのですが、もう暗くなって来ました。

時間を忘れて楽しそう!



  1. 2019/09/17(火) 08:17:46|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月14日夕の小畔川 水位も下がり活性抜群!


 台風15号の影響で大雨が降った小畔川ですが11日水曜日の夕方、前線の通過に伴い発達した雷雲が1時間で60㎜の豪雨をもたらしました。
 台風の時と同じく水位も3m60まで上昇しました。
 水位の低下は、2度目の大雨の為、少し遅れ気味、そんななか、今日は120cmまで下がってきました。
 爆釣です。
 


DSC04372.jpg

 金堀橋から下流です。
 夕方、4時前から最初は下流に、その後上流を探索しました。
 最初のポイントは下流の最初の曲りです。


DSC04375.jpg

 草刈りが終わった途端、台風と雷雨で大雨が降り河川敷は全ての物がなぎ倒されました。
 その結果、草をかき分けることなく川に入れます。
 アクセス最高です。
 河床も変わりました。
 金堀橋下流最初のカーブ。
 ここから金堀橋を見るとこんな感じ。
 河原が広がりました。
 ここの、瀬上のプールには良型が溜まっています。
 コクチバスも一緒に泳いでいます。
 河原のかなり後ろからキャスト。

DSC04379.jpg

 これ小さいですね。
 良型は逃げちゃったので代役です。
 ドライにバシャっと出てくれます。 


DSC04385.jpg

 このぐらいの型が出ます。
 この場所は2つ目のプール。


DSC04390.jpg

 更に3つ目のプールを目指すと、曼珠沙華!
 昨年より早く河川敷の草刈りが終了しているため、ヒガンバナの出は草刈後でのびのびと出て来ました。
 昨年はちょうど重なってしまい、切られた花もありました。
 今年は、これからです。


DSC04398.jpg

 今度は上流へ。
 鉄橋に手前で網が仕掛けてありました。
 小畔川は釣り専用区です。
 網はダメですよ。
 今回は見逃しますが次は処分します。

DSC04400.jpg

 吉田橋の飛び石です。
 水位が高いのが良く判ります。
 この時間八幡橋観測所で123㎝です。 
 お勧めは120~110cm。 


DSC04401.jpg

 更に上流へ。
 高橋下のプールのその下。
 河畔林が伐採されていました。
 金堀橋下流の管理は国、上流は県。
 下流は10年前に既にすべての河畔林が伐採されています。
 上流はそのままにしてくれるのかと思っていましたが、切り倒されました。
 川沿いのプロムナードに生えていた木々は散歩の方にとっても楽しみだったはずなんですがね。
 飛んでくる鳥も変わったようです。
 確実に魚も減ります。 


DSC04406.jpg

 高橋のプールではこのクラスが入れ食い!
 キャストごとにドライにばっしょん!
 出ないときはそのままウェットでスイングをかけると直ぐ食います。
 大雨の後、水位が下がると活性が上がります。
 異常なぐらいの荒食いでした。
 30分ぐらい遊びましたが、100近く釣ったと思います。
 疲れた。


DSC04407.jpg

 ハッと気が付くと暗くなってきました。
 夕焼けです。
 明日も釣り日和!
 釣れてますよ!

 連休中は楽しめます。


 
  1. 2019/09/14(土) 20:36:58|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月10日夕の小畔川 台風一過水位が下がりライズを確認!

 関東に上陸した台風は9日未明から川越周辺に激しい風と大雨をもたらし通りすぎて行った。
 小畔の最高水位は365cmまで上昇した。
 1日半過ぎて、小畔の水位も下がってきたらライズが確認できました。
 オイカワはしぶとい!

 そして、高槻市を流れる芥川の事故。
 考えることがあり最後に個人的思いを書きました。

image1.jpeg

 夕方、金堀橋から下流側です。
 流れは大分緩くなりましたが、まだ水位は高い状況です。
 こんな状況でも、瀬頭ではライズが発生していました。
 河床は洗われ、底石が動き最高の状況です。
 橋の上から覗いても水位はまだ少し高い(120cm)が底石が良く見える程、流れが澄んでいます。

 東の空には積乱雲になりそうな塔状積雲
 
 暑い1日でした。

 


DSC04366.jpg

 最高水位を記録した時の小畔川です。
 河川敷いっぱいに水が上がり濁流となって流れていました。

 こんな流れの中でもオイカワは避難場所を知っているようで水が引くと何事もなかったように戻ってきます。


 
 昨日高槻市の芥川でお孫さんとおじいさんが水難で亡くなりました。
 誠に悲しい出来事でありお悔みを申し上げます。
 しかし、無知の罪と思っています。
 
 この川で釣りをしたことがあり状況をよく知っています。
 河川の堰、魚道付近などが2段になりコンクリートで作られた部分との境が掘られて危険と報道されていました。
 川遊びは自己責任。
 ここでなくとも顔がつかる程度の水で溺れます。
 子供の頃、溺れたりしながら死ぬかと思った経験が何度も、でも、死なない。
 川ガキ親分が見ていました。
 そんな時、こっぴどく怒られぶん殴られ育ってきました。
 危ないところは子供の頃から知っていました。
 判らないならライフベストを付けて遊ばせる。
 一人を助けるのも命がけ、二人は絶対無理、助けに行った人が死にます。

 小畔川は川遊びに最高の所が何か所もあります。
 水質もⅠで最高水準です。
 入間川本流よりも良いんです。
 ここで遊ばなければ。
 但し、子供さんにはライフベストを着けてえ!
 川流れ、最高に面白い。

 今回の事故でもう一つ呆れたことがありました。

 事故調査なんでしょうか?
 川に入っている方が画像で流れました。
 ヘルメットをかぶりチェストハイのウェーダー着用。
 そして命綱のような細いロープのようなものを掴んで流れに逆らっていました。
 行政の方なんでしょう。
 但し、この方の所属している組織は最低です。
 安全管理が全くなされていない。
 ウェーダーの着用要領を理解していない。
 
 ウェストベルトを締めていなかった。
 ウェーダーの中に水が入っていた。
 ロープ状の物を手で持っており確実に保持するカナビラなどの機材を使っていないため流される危険があった。
 
 事故が起きなかったのが不思議!
 アンタは死んでいる!
 この人が所属する河川管理事務所に装備品の性能を最高に発揮するための知識、安全管理能力がない。
 このことから推察するに何も考えたことが無いんでしょうね。
 この方、流されたらウェーダーが上になり頭が下!
 確実に溺れます。
 死ななくて良かったね!

 呆れました。

 記事を書いていたらゴロゴロ鳴りだしました。
 積乱雲に発達したようです。


  1. 2019/09/10(火) 18:55:21|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ