FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

入間基地航空祭から帰って小畔遊び!

 毎年11月3日は入間基地航空祭です。
 低高度を高速で爆音を轟かせて飛行するブルーインパルスの演技を見たくて沢山の方が楽しみにしています。
 今回は20万人以上の入場者になったようです。
 4時前に自宅に帰りその後少し小畔遊び!
 充実の一日でした

DSC02156 (1)

 霞が関を9時の電車に乗り次の川越市で下車。
 少々歩いて本川越から狭山市まで西武新宿線。
 ここから歩いて20分で入間基地です。
 道すがら上空を見ると飛行点検隊のYS-11とU-125の編隊が通過していきました。
 早く来いとせかされているようでした。
 国内で飛行するYS-11は航空自衛隊に残るのみとなりました。
 独特のキーンというエンジン音、良いですね。
 大好きな飛行機です。

DSC02196_20181103175917fda.jpg

 基地内に入り空挺降下を見学。
 見よ落下傘! 見よ落下傘!
 良いね!
 習志野第一空挺団 精鋭部隊です。

 ブルーの画像は他の方がたくさんアップしているでしょうからこれで十分。
 満喫しました。
 ブルーの演技が終わると帰る方で稲荷山公園駅方面はごった返します。
 少し早めに基地を後にしました。

DSC02204.jpg

 4時過ぎからちょっと小畔川!
 期待を裏切らないのです。
 今日もドライに出てくれました。
 小畔3号絶好調の夕でした。 

DSC02205.jpg

 金堀橋から帰りの覗くとライズと、淀でヒラを打つ良型オイカワが見られました。
 もう少し、オイカワ遊びが出来そうです。

 
スポンサーサイト
  1. 2018/11/03(土) 18:21:21|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川越祭り 2018 

 川越祭りが始まりました。
 この週末は祭り一色の街中です。
 川越祭りは世界遺産に登録されて最初の祭り。
 盛り上がっています。
 奥と一緒に出掛けてみました。

DSC02009.jpg

 川越市駅から本川越駅まで出店を楽しみながらゆっくり歩いて行きました。
 奥をペペに残して一人ウォーキングで連繋寺!
 ここの境内にはお化け屋敷が毎年やってくる。
 堪りませんです。
 呼び込みの口上、年をとってもフラフラッと引き込まれそうになってしまいます。
 だみ声で誘うのです。
 入りたい!
 でもね、一人じゃ入れないでしょ。
 オコチャマとカップル向きですからね。
 一人で入る勇気がございません。
 近くにいる入りたさそうにしている子供を誘って入っちゃおう!
 脳の後ろ側でささやいています。
 昔だったらハイ了解と動き出すんでしょうが、今時は大変なことになってしまいます。
 誘拐だなどと騒がれると、好意で一緒に連れて入っても、誘拐犯人になってしまいますからね。

DSC02010.jpg

 入り口横のお化けが可愛い!
 触らないでくださいって?
 おどろおどろしいお化けだったら逃げるかすくんで固まります。
 
 僕にとって川越祭りの本命は蓮馨寺境内にあったのであります。

DSC02007.jpg

 通りには市内だけではなく近郷の祭り踊りが披露される舞台が設置されて楽しいお囃子を披露しています。
 お囃子を聞いて、踊りを見ながら歩きます。

DSC02019.jpg

 連繋寺から氷川神社に参拝し奥の待つぺぺに戻ろうかと思いましたが、ここで降りだしました。
 そのままペペにUターン。
 ウウーン!
 キツネに騙されたことにしておきましょう。
 連繋寺に向かう時、奥に連絡は携帯でと言いつつ、あれま?
 忘れてきましたのです。
 またやってしまいました。
 東日本大震災の時も、そして今回も忘れ!
 肝心な時に忘れるんですね。
 奥の対応!
 呆れて呆れて言葉も出ないそうです。
 ペペ一階か二階で待ち合わせという事で戻りましたが、凄い人ごみ。
 全く見つからず諦め!
 そこでひらめいたのが、そうだ!
 あの子が出店を出している。
 お母さんに連絡してどこにいるか聞いてちょうだい!
 何々、二階のトイレの長大な列に並んでいるって。
 その場を動くなという事で再会。
 これは余計な話でした。

DSC02034.jpg

 本川越駅前交差点、山車が動き出して直ぐに ひっかわせが始まりました。
 お囃子の勝負!
 ひっかわせのど真ん中に入ることができました。
 四台の山車が絡んでのひっかわせ!
 ピーヒャラドンドンチンチントントコリン!! チンちゃらヒョロヒョロピーヒャララ!! チロチロチャララヒョロロンロン!!
 何が何やらにぎやかになって盛り上がります。
 


DSC02038.jpg

 山車の舞台が回転します。
 くるっと回って、お囃子を撒きながら踊りを踊ります。
 ひょっとこ、おかめ、キツネ、獅子まで登場です。

DSC02045.jpg

 各町内の山車が三十台ほど練り歩きます。
 山車の後方に見える提灯の数だけ後ろに続いています。
 山車が出会うごとにひっかわせ!
 各町内の会所前では仁義を切ってのお囃子披露、いたるところでお囃子が聞こえます。
 山車を引くのは最寄り町内の方々のみ。
 飛び入りはできません。
 山車を動かしているのは町内で役職を決め定められた手順で行っているのです。
 引き子は昔から町内に住んでいる方だけのようでしたが、最近は会所に寄付をして手拭いを頂き、これをかけることで引くことができるようです。

 盛り上がりますね。

  1. 2018/10/21(日) 12:06:56|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

昼の小畔川 川越祭りの前に少し!

 川越祭りは10月20,21日
 夕方から川越祭り見物に出かけるので少し小畔遊び!

DSC02003.jpg

 三時過ぎから小一時間、目の前を流れる小畔川でオイカワに癒されてきました。
 その前に、15.16.17日と二泊三日で岡山出張。
 市内、繁華街を流れる堀川でオイカワと遊んできたのですが、宿を勘違いしてしまいかなり離れているところに泊まり、現地まで25分歩いての釣行でした。
 釣れるには釣れたがイマイチの釣果、そんな訳で小畔で気分転換です。

 午前中は22日からの出張に備えかつ川越祭りで歩きまわるので、膝にヒアルロン酸注射。
 お昼を取って、時間調整に小畔遊びです。

 これには伏線があり、午前中は整形外科の時間待ちの間、上流部でオイカワ遊び。
 残念ながら全く反応なしだったのです。
 そろそろ、小畔川も秋が深まりオイカワも冬支度に入り始めたのかもしれません。
 浅場から、深場に、散開から集合にパターンが変化し始めたようです。
 今までの鉄壁ポイントが変わってきたところが出て来ました。

 自宅前付近のポイントも少しずつ変化してきているのが判ります。
 先ず、型が全般に小さくなってきていること。
 イワシサイズも出ますが、少なくなってきました。
 アベレージが10cmに下がってきたことと、今年の個体でしょうか、一番先に孵化したと思われるものが2cmから3㎝に育っておりこれがちょっかいを出し始めたこと。
 当然釣れません。

 フライへの反応時間がゆっくりとなってきたこと。
 フライを落とすと同時に、落ちる前から反応していたものが、少し遅めに反応するようになりました。
 浮かんだフライを見ているのでしょうか。
 少し流れてから、食うようになりました。
 釣りとしてはこのほうが絶対に楽しいのです。
 ドラッグをかけないようにキャストプレゼンテーションの練習になりますからね。
 こうなると、狡猾で神経質になった大物のヤマメのような。
 少し大げさなようですが、それぐらいキシっとしたキャストとプレゼンテーションをしないと釣れない時があります。
 夏のオイカワと少し違うオイカワに変わってきました。


 画像のオイカワも一発で出たわけではありません。
 ライズを対岸に見つけてキャスト。
 ドンピシャで狙った所に入り、ドラッグを避けて流れるまで無視されました。
 また、何回も流すと見切られます。

 楽しいですね。
 オイカワとのバカ仕合!
 
 
  1. 2018/10/21(日) 11:10:51|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕の小畔川 丸子川のオイカワにはかなわない!

 3時過ぎから小一時間、明日は岡山に出張なのでオイカワ用に巻いたフライのチェック


DSC01994.jpg

 #19に巻いたウェット用の鈎。
 アップで探るが全く反応なし、ダウンにするとコツコツとアタリがあるが鈎にはかからない。
 少し花が長すぎるようでオイカワの口には入らない。
 フライチェンジ。
 お気に入りの小畔3号。
 こちらは魚が居れば着水を待って反応がある。
 今週は丸子川でとんでもないオイカワと遊んできたので、小畔のオイカワは物足りない。
 10cmぐらいがアベレージ、そんな中での夕一!
 13㎝かな、15㎝かな。

DSC01997.jpg

 フライが沈んだので軽く合わせると、グイグイと引きます。
 オイカワだったらモンスター!
 なんか違う。
 バスが来ました。
 何時もバスが釣れるパターンは2つあります。
 ほとんどの場合、小畔3号に来ているという事。
 ドライのつもりが着水が強めで沈み始めの時に食っている。
 派手なアタリではなくもそっと食う。
 表層を引っ張り三角波が出ている時に食っている。
 釣れる場所は葦際の鏡の水面と決まっている。

 未明に降った雨の影響で水位はやや高め、もう少し活性が高いと思ったが、低調な小畔の夕でした。
 
  1. 2018/10/14(日) 16:46:24|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡県 安部川支流 丸子川 オイカワモンスター

 10月9,10日の一泊二日の出張で静岡へ。
 途中下車をして新しいポイントを発見。
 ここは凄い!

DSC01991.jpg

 東海道本線 安倍川駅ここは静岡から一駅浜松寄りです。
 北口を出て西に向かうと丸子川が流れています。
 一級河川で山際の街中を流れ安部川に合流します。

IMG_8241.jpg

 下流部はこの大きさがアベレージです。
 小畔川ではここまで育ちません。
 


DSC01980.jpg

 上流部に向かうと護岸の形が変わってきます。
 下流部は逆三角形ですが、こちらはほぼ垂直な二面護岸に変わってきました。
 街中を流れますが水質は良好でした。
 場所場所で流れの変化があり魚が喜ぶ隠れ家がそこここにあります。

DSC01982.jpg

 この場所から釣り始め、下流に釣り下がっていきました。
 見てのとおり瀬からの平場ですが、こんな平凡な流れにも良型が着いていました。

DSC01988.jpg

 下流部よりスリムですが、十分に楽しめる大きさです。
 イワシサイズと呼んでいるもので、引きが強い。

DSC01986.jpg

 綺麗な魚です。
 これで15㎝ぐらいです。

 今回は#3ロッドにDT3-F 前回札幌で使った#4リーダーをそのまま使いました。
 ハリスを0.6号とし、何時もの#20オイカワフライを結びました。

 釣り人がほとんど入っていないようで、フライへの反応抜群。
 空中でも食ってきました。

 ここまでは釣れた話ですが、釣れなかった話もあります。
 良型のオイカワが写っている最初の場所から更に下流、新幹線の通る橋の100m上流で凄いのが泳いでいたのでした。
 見た目で20cmを越えるやつが沢山居ます。
 ボコ、ボコっと、時にはバッシャンとライズをしています。
 それ以外は石に付いた藻を食べています。
 これを見たら燃えますね。
 ライズに合わせてドラッグフリーで流せば一発だなと軽い気持ちで第一投。
 あれー?
 あの石の横で絶対喰うはずなんだが。
 何度、流しても食いません。
 アップでもダウンでも無視されます。
 すぐ横でボコっとライズをするのですが、フライには見向きもせず。

 極小のエサが流れてきているようです。
 これに特化してそれ以外は無視のようです。
 #30なのか40なのかわかりません。
 #20は無視されたのです。
 フライを替えても同じ、奴隷からウェットに替えても同じ。
 全て反応なし。
 
 こんな魚もいました。
 だからこんなに大きくなったんでしょう。
 それなりの理由があります。
 しかし、釣りたい。
 課題が残りました。


  1. 2018/10/12(金) 22:22:37|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ