小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

春 名栗は川越より20日遅れ?

釣りばかりでなく、ゆっくりと辺りを見渡すと色々な変化が。
こちらは標高が少し高いので、春もゆっくりです。
二十三日の朝は6度でした。


DSCN2576.jpg
萌えていました。


DSCN2578.jpg

こちらのオタクの裏には立派な山桜が咲いていました。

DSCN2552_2017042317485372d.jpg

木下から空を眺めて。



DSCN2570.jpg

別の御宅の庭先の畑には、一番目を採って来年の恵みの為に、二番芽を残したタラの芽が。


DSCN2571.jpg

タラの芽の写真を撮っていたら、いきなり ケーン!
ケケケーン!
庭先に雉。
雉を撮るのにシャッターを押したら、烏が目の前を横切る。
面白い名栗散歩でした。

今週末は福島へ行こう!
連休当初は福島の春を満喫して来よう。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 08:55:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

赤不動の川

 赤不動
 カワムツです。
 名栗川のカワムツは生息域を上流へ上流へと広げています。
 この地で渓流を楽しみ始めて30年になろうかとしていますが最初の頃は居なかったように思います。
 それがいつの間にか上流へ上流へと進出しているのです。

 その昔、原市場地区にはオイカワが居たと覚えています。
 カワムツは記憶にありません。
 
 赤沢の魚道までは居たのですがその上には居なかったはずなのです。
 ところが名郷まで居ます。
 


DSCN2569.jpg

 こんな大きなカワムツが居るのです。
 今日もヤマメを狙ったらやたらデカいのがかかり、やり取りで逃がしてしまいました。
 この画像より大きな個体でした。
 ヤマメの川からカワムツの川に変わってしまうのか?

DSCN2540.jpg

 カワムツ釣りも楽しいのです。
 意外とナーバスでソフトに釣らないと逃げてしまう。
 スレてくるとラインが通っただけで散逸。
 10m以上のディスタンスが必要な時も。
 しかし、食いが立ってくると入れ食いに、ぼこぼこつれてしまったり。
 判りません。

 どこまで遡る 赤不動?
 実に生活力旺盛な魚です。
  1. 2017/04/23(日) 18:28:12|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名栗の溪へ  やっとヤマメを釣る!

 今季2回目の名栗釣行。
 典型的な里山渓流である。
 源流域に行きたいが体力と安全を考えると一人では出かけられない。
 そんな時にお手軽渓流が楽しめる名栗であります。

DSCN2542_201704231748020f8.jpg

 川越の街では葉桜となってしまいましたが、こちらではまだまだ楽しめます。
 山が燃えるのです。
 萌えるでしょうか、黄色と青を混ぜたこの時期独特の芽生えの緑。
 この景色野中に入っていくと心が躍りワクワクししまいます。
 精神活動が盛んになるのでしょう。
 芽生え、落ち葉。
 この時期に精神疾患を患う方が多いと聞きます。
 判るような気がいたします。




DSCN2555_2017042317464904a.jpg

 本題です。
 二度目にしてやっとヤマメを釣ることができました。
 幼児虐待になってしまいますので、その中でも良型をアップしてみました。
 20cmを超える魚体ですとぐんぐん引いて楽しませてくれます。
 



DSCN2562.jpg

 閂にしっかりとかかりました。
 この日は5匹釣りましたが、赤ちゃんばかりで釣ったと言えるのはこれ一尾。
 精悍な顔つきです。

DSCN2559.jpg

 水中写真も撮ってみましたが、ピントが合いません。


 
  1. 2017/04/23(日) 18:02:58|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

渓流最初の挨拶はカワムツが


今期の初渓流は地元の名栗へ
神社に参拝し一年の安全と少しばかりの入れ食いを祈願して開始となりました。

DSCN2526.jpg

入間漁協の組合員であり、管理河川の小畔川で漁場監視員をしていれば当然入間川水域での釣りが最初。
渓流であれば上流部名栗地区へ向かいました。
三月八日水曜日、別件で休日出勤の代休をいただき、それならば時間を有効に使おうと出かけて見ました。
この日は寒気が入り寒い朝でしたが風は吹かないだろうと9時過ぎに自宅を出発。
11時前から2時間ほどのお楽しみとしました。
先行者ありでその姿も確認していますが、毎年の事、渓流始めはここからです。

人見地区にある諏訪神社
川に面して鳥居が建てられています。
今年一年の安全と少しばかりの釣果をお願いしてのお参りで、その後この場所から釣り上がります。


DSCN2527.jpg

今朝の気温はマイナス2度まで下がりましたが、釣り始めの11時には8度まで上がってきました。
微風です。
覗くと淵にはヤマメが回遊していました。
しかし、1時間前に餌釣りの方が釣りあがっていますから釣果は期待できませんが、とりあえず毎年の事なので開始です。
ドライ命で先にアップした#16のフライで誘います。
ここではフライが流れてくると無視するか避けました。
それでは上流へ。

DSCN2528.jpg

すぐ上は鏡のようになっています。
水量が少ないので、瀬に近い流れのところも穏やか過ぎます。
当然ですがこの時期には、淵に集まりまだここには出て来ません。
全く魚っ気無しです。

DSCN2529.jpg

深いところを探りながら
ヤマメがいました。
ライズらしき動きです。
少し期待をして流してみると見にきました。
チビヤマメが見に来て、しっかりと見切って戻りました。
#5のリーダーに#16の鈎。
先行者の影が残っているのか、キャストが下手なのか、ヘッポコフライなのか?
全部なんでしょう。
何匹か確認できましたがどれも反応無し。

そんな中、律儀に喰ってくるのがこのお方。
渓流始めはカワムツに始まりました。




DSCN2531.jpg

同じところでまた赤不動!
勢力拡大が進んでいます。
10年前の記憶ではもっと下流の方には居たような気がしますが、この付近には居なかったのです。
今は群れて泳いでいます。
その中にヤマメが混じっているのです。
カジカも居ましたよ。
最近はカワムツ天国?

DSCN2532.jpg

こんな風景大好きです。
この先の淵に良型が何匹も入っているのを確認しています。
餌釣りの方が釣れないと言うので、そこにいるよと教えたところまでやっても来ました。
ここまで小一時間。

ライズもどきが出ますが静かなものです。
すぐ脇をバシャバシャ歩かれたら、普通は2時間は釣れません。

当然ですがドライには無反応。
反射喰いを狙ってフライが着水すると同時にピックアップを繰り返しても無反応。
ところが、沈めて引っ張ってみると。
追いかけて来ます。
ルアーの威力抜群なのがわかります。
ドライ沈めて引っ張るだけで違う魚のように反応しました。
ピックアップ寸前まで追いかけて、喰うには至りませんが、こういった反応を見ると食い気とは何と考えさせられます。

DSCN2533.jpg

残念な物を回収しました。
先ほどの先行者の物と思います。
結びを見ると単なる固結びで強度低下が大きいのかなと感じ、同じようにモラル低下も大きいのかなと感じた拾い物でした。
最後に大きくガッカリしてしまった渓流始めでした。


  1. 2017/03/10(金) 07:45:24|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明日は解禁日

 明日は解禁日
 その前に名栗の川を見てきました。

DSCN2505.jpg

 水が少ない。
 ここのところまとまった雨が降っていないので、石が白くなるほど水位が下がっていました。
 一雨欲しいというのが本音です。


DSCN2499.jpg

 せっかく名栗まで出かけたのでお雛様を観賞してきました。
 
 
  1. 2017/02/28(火) 21:06:35|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ