FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

 川越市観光案内所に甲冑展示


 獅子の会45周年、川越藩火縄銃鉄砲隊保存会25周年記念行事として本日(9月19日)から9月30日午後3時まで市内中町(川越市中町2-3)にある観光案内所和室に会員が着用している甲冑七領を展示します。
 川越観光の折、是非、御鑑賞下さい。
 鎧の部品であり、縁起物でもある鎧小札の販売もしています。
 運が良ければ鎧の解説等も聞けるかもしれません。

 DSCN3440.jpg

 大将を中心に左右に配置しています。
 ここに展示した甲冑は江戸期の当世具足と呼ばれるもので、戦場での活動性を優先した造になっています。
 川越藩火縄銃鉄砲隊保存会が各地で披露している演武の際、着用しています。
 後ろに並ぶ旗は各自が差し物として甲冑の背に差しています。
 家紋が描かれ誰か直ぐに判別できます。


DSCN3439.jpg

 手前から、仁王胴、会長である寺田図書助勝廣が着用しています。
 次が備中、仙台胴は雅樂、中央は大将、日ノ本の素晴らしい兜です。
 修理、土佐、出雲着用の甲冑と並びます。

DSCN3432.jpg

 10時から会員が甲冑を持参し飾りつけを開始しました。
 本年度は武漢熱の為、世の流れ、全ての演武、着付け等の活動を自粛したので、観光案内所に甲冑を展示することで本年度の活動の区切りとしました。
 
 






スポンサーサイト



  1. 2020/09/19(土) 16:41:51|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島県民は358の意味を知っている!


 三五八
 「さごはち」と読む!
 私が物心ついたころから三五八はあった。
 福島県出身者で知らない者は無い、食べたことが無い者は無いほどの超定番お漬物なのである。
 知っているだけでも郡山市田村町、本宮市等の麹屋がこの名称で販売している。
 麹と米と塩がブレンドしてあり販売店によりその割合が微妙に違っている。
 昨今の塩麴ブームのはるか昔から存在感を示しているのである。
 インスタント漬物の元なのであるが歴史がある。
 漬ける器に三五八を入れ通常200ccの水を加え混ぜる。
 ここに漬け込む野菜を入れて放っておくだけなのである。
 

DSCN3428.jpg


 人参、茄子、ピーマン、オクラ。
 冷蔵庫に漬け床を入れて一晩少々経ったものである。
 美味しい!
 この外に、蕪、辛くない唐辛子を試して、好い味になっている。

 子供の頃は漬物なんてとあまり食べなかったが、ここのところハマっている。
 食材で、漬けることが出来るものは?
 漬け時間は?
 三五八の床の調整は?
  今回は麹を足して塩を少々、格段に味が良くなった。
 
 たかが漬物ですが、いろいろ試して美味しく楽しんでいます。
 なんせ、簡単、野菜をお好みに切って、または、そのまま入れ込むだけですから。
 あーら不思議、誰がやっても美味しい御漬物に大変身!




  1. 2020/09/17(木) 08:52:36|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕の小畔川 9月15,16日 大雨が降って川が再生される!


 9月14日、小畔川の水源地である飯能市周辺で55mm、自宅付近で38㎜のまとまった雨が降り水位が2m50cm迄上がった結果、底石ピッカピカ、オイカワ大喜び!

DSCN3413.jpg

 15日夕方、水位は1m20cm、活性抜群!
 イワシサイズ!
 デカい!



DSCN3407.jpg

 底石も綺麗で、オイカワの映りも良いです。
 1091が続きます。

DSCN3427.jpg

 本日、16日1700
 水位は102cmまで下がりました。
 でも高活性!
 最初の画像と同じ場所。
 これだけ水量が少なくなっていますが釣れますよ。


DSCN3426.jpg

 昨日より小さいのですが、このクラスが1091!
 楽しい!
 今日は久しぶりに小畔3号を結んだ。
 昨日はウェットがイマイチだったが小畔3号で流すと都度アタリが出てきた。
 しかし、なかなか釣れません。
 これはこれでドキドキして暑くなる!
 ドライ良し、ウェット良しの小瀬川でした。



  1. 2020/09/16(水) 20:39:54|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川 9月9日  ドライに高反応、韋駄天登場!


 今朝は日の出を確認しての小畔遊び、5時半から6時半までの1時間、ウェットよりもドライに高反応!
 イワシサイズに交じって久しぶりに韋駄天さんが挨拶に来てくれました。


DSCN3358.jpg

 今朝は金堀下のプールを探索する予定で金堀橋を渡りながら下流を見ると釣り人が。
 ウェットで釣り下がりのようです。
 今朝の予定ポイントに向かっているので、私が入ると頭跳ねになってしまうので、金堀橋上のプールに急きょ変更。
 

DSCN3360.jpg

 左岸の樋管横から瀬下に。
 ドライです。
 水位が下がっているのですが高反応、毎回食ってきました。
 但し、鈎掛かりはアップですから20%ぐらいの確率でした。
 ライズリングがあちらこちらに出ていました。


DSCN3366.jpg

 瀬頭の鏡にフライを置くとバシャっと出てくれました。
 軽く合わせて手元に来るとイワシサイズ。
 記念写真にお付き合いを。

DSCN3364.jpg

 今朝一のサイズでしょうか?
 最初の一匹はそれらしい画像にしましたが、入れ食いに近いのでこの画像です。
 15cmぐらいかな?


DSCN3368_20200909090204233.jpg

 金堀橋の向こうは真っ青な空。
 今日も暑くなりそう!



DSCN3370_20200909090322f68.jpg

 20分ほど遊んで下流に向かいました。
 土手から見ていると先ほどの先行していた釣り人が、今朝の探索ポイントを過ぎて下流に向かったのでその上に入りました。
 
 ユックリでいいので、草むらを見ながら川に向かうと蜘蛛の巣が綺麗!
 何か所か探して、やっと蜘蛛を見つけました。
 この蜘蛛も虎柄で行けている。


DSCN3371.jpg

 お気に入りの場所です。
 2か月ぶりにやってきました。
 流れが変化していますが、瀬頭を注意深く観察するとライズが見られました。
 ここからドライで釣りあがりです。


DSCN3373_20200909090325e67.jpg

 瀬頭から出ました。
 久しぶりの韋駄天でした。
 残念ながら完璧な姿ではありませんが、韋駄天に変わりなし!
 
 真っ黒な顔、追星、ギラギラの体色
 どれをとっても物足りないのですが、今期はまだいるようです。

 水辺の緩い流れを注意深く観察すると、昨日今日孵化したばかりの稚魚が見られるのです。

 先日は釣友が飛び石周辺で鮎のはみ跡を見つけたと教えてくれました。


DSCN3376.jpg

 いつものフライに食いつきました。
 ドライで高反応!
 韋駄天まで食いつきました。


DSCN3377_2020090909041118e.jpg

 顔のアップですが、完全変態には至っていないようです。

DSCN3379_202009090904128fb.jpg

 プールをドライで探りながら登っていくとどこでも高反応。
 ドライは楽し!

 こちらは川通しで移動しますから、ユックリ、楽しめます。
 
 そして、人が後ろを通らないので安全です。

 魚も沢山、良型も沢山!!!







  1. 2020/09/09(水) 09:37:12|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川 9月8日 久しぶりの飛び石、高橋上に新しいポイント!

 6時から7時までの小畔遊び!
 今朝は飛び石から鉄橋までを探索!
 新しいポイントを確認する。


IMG_0996.jpg

  鉄橋をくぐると鶴ヶ島方面から6時前の通勤列車がやってきた。
 鉄っちゃんではないのですが、乗り物大好き、鉄道も好きなのです。
 電車の画像を収めると土手沿いに左岸をさかのぼって行きました。
 あら?見たことのある方が、NZEさんとばったり。
 いつものスタイルでウェット釣り下り。
 鉄橋下から下流へ向かうそうです。
 私は左岸をドライで探り右岸をウェットで釣り下がりの計画。


IMG_0998.jpg

 つまらない川の風景ですが、底石は安定し、川虫も付いています。
 6時、ライズが見えます。
 帰りは6時40分ごろ対岸を通りましたが、一部でライズがありました。
 この場所でウェットは厳しかったです。


IMG_0999.jpg

 ドライの第一投で釣った一匹です。
 この一匹の後が続きません。
 反応がありバシャっと出るのですが乗りません。
 ここがオイカワドライ、アップの難しいところです。
 クロス、ダウンクロスは結構な確率で釣りますが、アップはいけません。
 途端に確率が下がります。
 もう一つの要因は流れの速さです。
 ゆっくりした流れであらば、アップでも確率が上がりますよ。


IMG_1005.jpg

 久しぶりの飛び石です。
 飛び石を渡り右岸です。
 ここから、ウェットとドライのダウンクロスで釣り下がっていきます。
 


IMG_1012.jpg

 今朝のポイントはここです。
 高橋の上流右岸からの画像です。
 今までと変わって底石が出ているのです。
 堪りと緩やかな瀬ができています。
 溜まりから瀬頭にかけてイワシサイズが沢山ついていました。
 ここは、ドライで楽しみました。
 斜め下流にキャスト、着水と同時、着水する前にドルフィン、着水後ナチュラルで流すと下からボワン!
 いろいろなスタイルで食ってきました。
 いつまでも釣れ続けます。
 セオリー通りの駆け上がりができています。

 ほどほどにして釣り下がり。
 最後は鉄橋下です。
 土曜日に良い思いをしたところで、前記事にのせた通り。
 ここもイワシサイズが付いていました。
 
 後ろから声をかけられました。
 初めてお話をする釣り人です。
 毛バリですか?
 ハイ。
 釣れてますね。
 魚が沢山居ますから。
 イイ感じですよ。

 気が付くと向こうにNZEさんが笑いながら手を振って通りすぎました。
 
 7時だ。
 暑くなってきたので帰ろう。
 今朝も良い釣りができました。


 こんなことから話し込み、おっと気が付くと向こうには



  1. 2020/09/08(火) 08:58:58|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ