FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

巻き巻き


腰の調子が悪く自粛中

こんな時は巻いてみよう



20210325151307247.jpeg

TMC100#16
EHK四つ、ブラックパラシュート二つ、ブラウンパラシュート二つ ドライフライを8本
適当に巻いたニンフ系四つ

次の釣行で試してみよう。


スポンサーサイト



  1. 2021/03/25(木) 16:08:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後から思い立って一人練習


今日は午後から一人鍛錬
頭ではわかっているが体がついてこない。

先週のおさらいです。



20210318171930707.jpeg

何時もの一人鍛錬の場所
先週 柏原道場の大御所お二人からつきっきりで御指導を頂いた事の復習です。
うまいこと行きません。
頭ではわかっているんですが、身体が動いてくれません。
悔しいです。
大御所曰く、力ではない、ロッドが仕事をしてくれる。
理論通りに、ゆっくり!
できませーん!



202103181719289d6.jpeg

理論はこんな風な目次のとおり



202103181719250a8.jpeg


スペイキャスティング
理論はわかりましたよ!

20210318171927ec0.jpeg

柏原道場
諸氏の道具が勢揃い。
キャスを見ているとウットリします。
ドッカーンと50m飛んで行きます。

凄い!

僕もコンスタントに40m飛ばしたいなぁ!












  1. 2021/03/18(木) 17:37:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引き出しから出てきた釣り糸



前記事で最強ラインの触りを書いたが、気になって引き出しを探すといくつか出てきた。
まだまだ使い古し使いかけが、忘れられ引き出しの奥にある。



(2021022606002939f.jpeg

引き出しから見つけたいく種類かのティペットと鉤素
左から太い順に並べてみた。
縦が✖️表示と号数表示で同じ太さ。
海用に使ったもの、管釣りダブハン用、渓流用、オイカワ用と今は全く使わない物を含めて並べてみた。
ナイロンとフロロが混在。
フロロは呉羽のシーガー、前記事では一番高いmax fxだがここでは単なるシーガー。
海専門でしたが、渓流でも初期はこれ。
同じ号数で最強部類と思っています。
ナイロンとフロロ、経年劣化としなやかさと比重を天秤にかけて使う鉤素が変わってきました。
次がダンの岩太郎。
これ強いのです。
渓流専門で0.8号が基本、悔いが悪ければ0.6号に落として使っています。
そして3シーズン前からVARIVASを使い始めました。
これも良い糸です。
同じく#5を基本に#6と落として使っています。
今期は前記事のmaxFXも使ってみます。

引き出しの中には同じメーカーで違う太さの糸がまだあります。

この他に、使って直ぐに捨てた糸が何種類かあります。
合わせ切れ連発、即捨てる、二度と使わないパターンです。

釣り六物と江戸期の釣りの書物に 竿、糸、浮き、錘、鉤、餌が書かれています。
フライが主、ドライの釣りが大好きなので浮き、錘、餌は省いて。
糸にこだわりたくなります。

新しく、管理のよろしい物を買う事です。
物によりますが、強度はお値段に比例すると思っていれば間違いないです。
値段と好みと強さのバランスで。

安物買いの銭失い!
私にピッタリの言葉。
振り返ると
中古釣具店、激安アウトレット店などで買った糸でトラブル多発のような気がします。

ここ一番、大物が来て合わせ一発! ブチ!
やり取りでブチ!
自分の感覚より弱いのに切れた時のガッカリ!

当然ですがティペットチェックは怠りなく、傷、ノットが途中にあればそこから切れるのは当たり前です。
実は、ものぐさの私、これもかなりあります。



最悪の結束強度をライン強度と表示してある物、番手保証強度を表示してある物。
同じ太さのティペットを購入するなら、私は、実釣向きの結束強度に惹かれます。

競技として、記録としてティペット強度にこだわり大物を釣る場合は別です。


画像の如く、いつ買ったか、どこで買ったかわからない古いものは使わない!
シーズン中は車の中に入れっぱなしで、いつでもどこでも釣りができるぞなどと自分を喜ばせない。

確実に劣化して性能が落ちています。

ここ一番で泣きを見ます。
私の拙い経験によります。

















  1. 2021/02/26(金) 06:56:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最強の釣り糸



YouTubeで某釣りプロが最強の釣り糸はGRANDMAX FXと言っていた。



20210225064013c0b.jpeg

ティペットのアワセ切れは泣くに泣けない。
やり取りの最中に切れた時は己の技量不足と魚が強かったと思えるが、合わせ切れは切ない。
オイカワ釣りを長くやっていると、渓流でも菅釣りでも合わせ切れはまずないのです。
オイカワなどの雑魚釣りで大合わせをすると飛んできます。
ほんの一瞬、10cm程度の合わせを素早く、それで十分です。

本題に戻って、昨シーズンはVARIVASのティペットを使いました。
今までにフロロ、ナイロン素材、メーカーもいろいろ使ってきました。
海釣りではクラレのシーガー頑丈でお気に入り、渓流でも10年前まではこれとダンのハリスがお気に入りその後はダンばかりとなりました。

そんな中、某プロのYouTube
今期はこれを試してみます。

気になるのはmax強度が3.5lbと結節力1.05kgの表示の違い
メーカーの良心なのか。





  1. 2021/02/25(木) 05:49:02|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜明け




不思議な時間
この一瞬だけ空が変わった!
11月20日午前6時15分



202011200621090a5.jpeg

日の出前の一瞬、空が変わった。
オレンジに輝く雲、光の筋が見えたように感じた。
日の出。
幻夢は消えてしまった。



  1. 2020/11/20(金) 06:29:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンクの整理をしました

 武漢熱で緊急事態宣言
 埼玉県民である私は自宅で大人しくしています。
 やることもなくブログリンクの整理をすることにしました。

 このブログを始めてから初めての整理です。

 ブログを止めた、5年以上更新がない、アドレスが変わっているが知らない。
 この4条件に当てはまるサイトを削除しました。
  1. 2020/04/11(土) 17:26:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪道は楽し!


日曜日から肘折温泉に滞在しているが道路に雪無し!
やっと昨夜から本格的に降り始めたので、スノードライブ

20200121161254b83.jpeg

昨年10月にフィールダーから四駆に替えて初めての雪道。
二駆と四駆の性能の違い、限界を少し確認できました。

新雪と圧雪、20cm〜30cmのところを走ってみました。

まず最初は50kmからの圧雪上でのフルブレーキング。
これは今まで雪道を走って最初にやっていました。
四十数年前、初めて買ったいすゞジェミニ、ビスタ二台、ワゴンR、フィールダー二台そして初めての四駆VX
ワゴンRまではアンチロックブレーキが装備されていなかった。
フィールダーからはフルブレーキでもロックしないので、ハンドル操作も可能。
当然制動距離はテクニックの差がほとんど出ない。
今度の車は車輪が大きいので更に停止距離が短くなったのが体感で解ります。

30cmの積雪、走ります。ブルトーザーのように雪をかき分けます。
但し、ユックリ動かさないとバンパー周りが変形してしまうので注意が必要。

ハンドリングは安定しています。
轍にハンドルを取られるようなことがありません。
テールが流れることもありません。

当然ですが坂道発進の能力は段違い。
こんなところで止まって大丈夫かと思いましたが、思い過ごし。

通常の路面と雪道ではコーナー、坂道、ブレーキなどなど車の限界が全く違ってしまうので素人が車の性能を確認するにはうってつけですね。


******************************************
*************************


ここからは追記です。
1月22日、超有名店、石田町次年子にある七兵衛そばに向かった時の雪道走行でこの車の大きな欠点状況によっては事故誘因になり得る状況に遭遇しました。

前日の降雪を主要道路では完璧に除雪してあり快適なドライブで肘折温泉から向かっていたのですが、途中手前で曲がり山越えで元ルートにと車載ナビが案内するのでその通りに走った時のことです。
峠道、途中から除雪無し。
ここから積雪20cm程度、走るに従い積雪が増えてきます。
そこを擦って、それでも頑張るとバンパーで雪かき状態になり、流石にこれ以上進むと動けなくなりそうで止まりました。
概ね35から40cm程度の積雪。
バックで戻ることにしました。
雪道に入って2km程度です。
Uターンするには狭いのでバックで戻りました。
轍通りに走るのが安全と考えました。

アクセルワークが難しいのです。
軽く踏むと極めてユックリ、安全ですが歩く程度です。
ここからアクセルをユックリ踏み込んでいくと、急に速度が上がりコントロールが難しいのです。
バックで急に速度が上がると大変危険、しかも雪道。
家内はユックリ走れと命令しますがちょうど良い速度コントロールができない。
バックで概ね2km
疲れた。

これはシステムの問題か?
積雪に対応できないのか?
運転が下手なのか?

こんな運転を想定していないのか?


雪道は慎重にユックリ走るようにある程度速度が上がるとコントロールが極端に難しくなり恐怖を感じ、以後の運転は慎重になるようソフトが組んであるのか知らん?


*************************************
*******************************//////

******の間は1月23日に書きました。





20200121161253dcd.jpeg

こんな状況の道を走ってみました。
カーブは安定しており、四駆の強みがよく解りました。


20200121161255bab.jpeg

カルデラ温泉
積もっています。
地元の方は軽でどうってことなしに来ていました。

流石に慣れています。

雪道を安全に走るにはユックリが合言葉!
ユックリ加速、ユックリ停止、車間距離はいつもの3倍!
当然ユックリ走ります。

どこまでがユックリかシーズン初めにフルブレーキで思い出しています。

  1. 2020/01/21(火) 16:53:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サムライの日常

江戸東京博物館 特別展 サムライを見てきました。

DSC04694.jpg


一番の御目当ては陣立図
残念ながら撮影は禁止されており特別展に関しては画像無し。

陣立図は巻物となっており本陣の構えを伝えている。
江戸期になり泰平の世にいざという時の備えを忘れないために描かれた物でしょう。

奇しくも今朝一番のニュースが首里城正殿全焼であった。
その時代の町火消の組織編成。
大名の火消しの装束、組織が絵巻となっていた。
江戸の町の防火体制、火事への備えが常日頃意識され最重要事項。
すぐ燃えてしまうから。

DSC04693.jpg

最寄駅は両国
国技館と隣接しているのでこの街は相撲が中心
駅構内もこのとおり。


DSC04703.jpg

国技館の横を通り江戸東京博物館。

DSC04700.jpg

特別展を観覧し、常設展へ。
こちらは撮影🆗

昔からこのマークだったんだね。


DSC04704.jpg

道路沿いにはいたるところにチャンコ屋
ここは塩を指先でちょっとだけ撒いた大関霧島の店?


DSC04707.jpg

通りの突き当たりには回向院
鼠小僧次郎吉のお墓があります。
この墓石を削って飲むの?
ご利益があるそうです。
今は前にもう一本立ててこちらを削るそうです。

隣には猫の恩返し。
猫塚がありました。

DSC04728.jpg

御本尊 阿弥陀如来




DSC04712.jpg

ここから日本橋三越までウォーキング。
途中、お腹が空いてどうしようかと思っていたら、立ち食いラーメン、1分で配食。
怖いもの見たさに入ってみました。
注文はラーメンではなく大好きなカレー蕎麦。
味、コスパ最高でした。
ちなみに390円

ひっきりなしにお客が入っていました。
古くから銀座界隈で この値段で勝負しているのは、ある意味で名店かも。





  1. 2019/10/31(木) 22:49:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ百万アクセス!

 平成18年から古い小畔川通信で配信し、平成20年からはこの小畔川通信となりました。
 足かけ13年、令和の時代となり、百万アクセスを迎えようとしています。
 このブログを愛して訪問してくださった皆様のおかげです。
 継続は力なり?
 コケの一念?
 小畔川のオイカワ釣りを中心に福島の事、出張の事、海外の釣り、渓流釣り、寺社仏閣、美味しい物、川越の事、大阪の事、名古屋の事、毒を吐くこと。
 好き勝手に書き続けてきました。
 少し更新のペースが落ちるかもしれませんが、これからも続けていきたいと思っています。
 宜しくお願いします。

 ところで百万になったら桁が増えるのか?それとも0に戻るのか?
 興味津々です。


IMG_9792.png






image1_20191002222146627.png

 令和元年10月2日 100万アクセスを越えました。
 100万になったら一桁勝手に増えていました。







  1. 2019/09/28(土) 17:41:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も咲きました


今年も咲きました。
四年前に亡くなった友人から頂いた植物です。



20190528052114324.jpeg


白い花です。
いくつかの花が集まっています。
赤いのは蜜なのです。
独特の甘味があり、癖になります。

20190528052116301.jpeg

ハート型の葉
葉っぱを挿しても成長はしません。
成長点が無いそうです。
三年前に挿した葉はそのままの状態であります。
不思議生物。






  1. 2019/05/28(火) 05:33:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ