FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

もうすぐ百万アクセス!

 平成18年から古い小畔川通信で配信し、平成20年からはこの小畔川通信となりました。
 足かけ13年、令和の時代となり、百万アクセスを迎えようとしています。
 このブログを愛して訪問してくださった皆様のおかげです。
 継続は力なり?
 コケの一念?
 小畔川のオイカワ釣りを中心に福島の事、出張の事、海外の釣り、渓流釣り、寺社仏閣、美味しい物、川越の事、大阪の事、名古屋の事、毒を吐くこと。
 好き勝手に書き続けてきました。
 少し更新のペースが落ちるかもしれませんが、これからも続けていきたいと思っています。
 宜しくお願いします。

 ところで百万になったら桁が増えるのか?それとも0に戻るのか?
 興味津々です。


IMG_9792.png






image1_20191002222146627.png

 令和元年10月2日 100万アクセスを越えました。
 100万になったら一桁勝手に増えていました。







スポンサーサイト



  1. 2019/09/28(土) 17:41:43|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も咲きました


今年も咲きました。
四年前に亡くなった友人から頂いた植物です。



20190528052114324.jpeg


白い花です。
いくつかの花が集まっています。
赤いのは蜜なのです。
独特の甘味があり、癖になります。

20190528052116301.jpeg

ハート型の葉
葉っぱを挿しても成長はしません。
成長点が無いそうです。
三年前に挿した葉はそのままの状態であります。
不思議生物。






  1. 2019/05/28(火) 05:33:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

涙が出るほどうれしかった!


 釣友であるボーイスカウト君から嬉しいものを頂きました。
 

DSC03611.jpg

 中学時代から小畔でご一緒したボーイスカウト君が大学に入学しました。
 一年ぶりに会い、お神酒とフライをお礼にと頂いたのです。
 こんな嬉しいことはありません。
 八王子の大学に進学したのです。
 ここにはフライの雑誌で取り上げている浅川があります。
 是非一度は竿を出すようにと勧めておきました。
 
 八王子の地酒とオリジナルフライ60余個。
 嬉しくて涙が出そうでした。
 

DSC03612.jpg

 眼が悪いのか?頭が悪いのか?
 数える度に数が違う!
 そんな訳で60余個。

DSC03614.jpg

 今度はこのフライで渓流へ行ってイワナを釣ってもらおう!
 ボーイスカウト君はイワナを釣ったことがないのです。
 今季は必ず釣ってもらわなくっちゃと思っています。
 彼の都合と僕の都合と天気の都合がついたできるだけ早い時期!
 楽しみです。
 
 自分からの嬉しいお返しにしたいのです。


  1. 2019/05/12(日) 18:47:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サングラスを新調

 サングラスを10年ぶりに新調しました。


DSC03615.jpg

 手前が今回新調した物、奥が今迄使っていたものです。
 ターレックスを使っています。
 最初のモデルがTrueview Sportsでした。
 性能には全く問題なしでしたが、調達時に大失敗をしていました。
 見た目に負けて当時の流行だった細めのフレームにしたのです。
 その結果、周囲から光が結構入り、疲れることになったのでした。
 しかし、せっかく買ったものだし、無くしもしないし、使い続けて今日まで。

 新調したモデルはEase Green 今度はできるだけ大きいフレームで光が入りにくいものにしました。
 レンズの性能なんでしょうか?
 光り透過率が30%から40%に増えました。
 偏光率は99%から90%に低下したのですが、かなり明るく見えるような気がします。
 先ほどオイカワ遊びをしてきましたが、夕方の水中の視認性では同程度の性能に思えました。
 大きく違うのは明るさです。
 渓流の薄暗いところで性能を発揮するのではと思っています。

 今週はどこか渓流に行って来よう!


  1. 2019/05/12(日) 18:02:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれから8年

あれから8年経ちました。

その日私はどうしていたか、忘れないように書いておきます。

いつも通り職場に出勤。
昼から会議の為、金融庁の17階(何階の会議室だったかここが曖昧)へ13時に到着。
定例の話が始まり、休憩をして、後半が始まると、フワフワ!
なんだこれ?
1442だったのか1445だったのか、正確な時間はわからないが最初体が浮いたような感じがしてその後、ユックリと左右に移動した。
何とも気持ちの悪い揺れ方で、例えると少し大きな船のローリングとピッチングのよう。
とりあえず全てのドアを解放し窓から下を覗くと、財務省屋上の国旗掲揚ポールが揺れている。
揺れているを通り越して振られている。
キャストのロッド状態。
折れると思いました。
一番衝撃的な事でした。
建物がユックリ揺れて気持ちが悪い。内装が軋み壁の端からギシギシと音がして部材が割れ落下。

こんな状態がしばらく続き、凄いことになったと我に返って最初に行ったのは。
災害対処の第一人者が居ないと思ったら階段を駆け下り、全員分の握り飯をぶら下げて駆け上がって来ました。

普通じゃない。
大変な事になる。
取り敢えず飯の確保。
流石、その道のプロは読みが鋭い。

当然、会議は中止。
階段を下り職場へ歩いて戻りました。
その間も何度も揺れました。
この時点で何処が震源地で何が起きているか正確にわからず、家族は大丈夫かなとそれだけが頭の中を駆け巡っていました。
千葉コンビナートで火災発生が最初の情報だったような気がします。

私の初めてのメールアドレスにkanji-ujin・・・・・・・というものを使いましたが当にこれでした。
おバカ 肝心な時に抜けている人 疎人
肝心ー疎人

この日に限って携帯を忘れて出勤しました。
まだスマホではなくガラケーです。
同僚はメールをしたり電話をしたりしていましたが、僕は職場の電話から自宅にかけるも全く繋がらない状況。
大変な事になっている。
テレビから情報が入ってきました。
東北で地震、とてつもないエネルギー
揺れ、津波の画像

当初百人単位の犠牲者情報が入ったが阪神大震災の時も最初は数十人それが100単位。

鉄道も止まっている。
今夜は職場で過ごすかと思ったら、西武池袋線動いています。
東上線は?
ダメだな。
jetpapa一緒に帰ろう!
同僚が声をかけてくれました。
毛呂山の方。
奥様が飯能まで迎えに来てくれるから乗って行けば良い。
川越まで送るから心配するな!
嬉しかったな。
自宅に帰ったのは午前1時。
部屋に入ると奥は諦めて布団を被って寝ていました。
リビングは 食器棚が倒れて床はガラス、陶器の破片がいっぱい、ピアノは1m近く動いている。
タンスが動いたのか、倒れたのか、ドアが半分しか開かない部屋。
惨憺たる状況。

これが当日の動き。
忘れてしまった事、心に残った事。

強烈な思いでした。

川越でこの程度だったので、東北ではどんなだったか。
当時の事を思い出すと絶句!

忘れてはならない事ですが、引きずってばかりはいられません。

あれから8年なのか、もう8年も経ってしまったのか?




  1. 2019/03/11(月) 07:53:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年


謹賀新年

 皆様の釣行安全をお願いしてきました。
 今年も宜しくお願いします。

DSC02442_20190101114832ccb.jpg

今朝は、金堀橋から富士山を愛で近所の神社へ初詣

DSC02443.jpg

 日枝神社で初詣。
 本年の家内安全、釣り安全をお願いし破魔矢を頂き甘酒の御接待を受けてきました。



DSC02445.jpg


  1. 2019/01/01(火) 12:02:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿命でしょうか?


 出張の釣りというカテゴリーで時々記事を投稿してきましたが、その時のスタイルはほとんどがスーツに革靴といういでたちで釣っています。
 今回、お気に入りの靴が寿命を迎えたようです。

DSC02301.jpg

 昨日 東武デパートのスポーツ用品売り場で靴を買い換えました。
 このシリーズ3足目。
 前回もここで調達したのです。
 
 出張で使う靴にはこだわりがあり、最終的に落ち着いたのがこれでした。
 ミズノウォーキングシューズです。
 V40Ⅳαというシリーズです。
  1.履くのが簡単であること。
    紐靴でありながらサイドジッパーで簡単に脱ぎ履きができます。
  2.スーツに合わせて何処に出ても品位を保つことができること。
    黒色、オーソドックスな形で普通の革靴と変わりありません。
  3.春夏秋冬一年を通して使用できること。
    ゴアテックス、蒸れがなく夏でも快適です。
    トレッドパターンが優秀でグリップが素晴らしいのです。
    雪が降っても滑りにくい。
  4.耐久性に優ること。
    前回の靴は二年履き続けてもトレッドが減っただけでどこも不具合はなかったのですが、
    今回は肝心の底がはがれてきました。
    2年持ったから良いのかな?
    ちなみに、この靴を履いて月間平均23万歩、2年で550万歩の結果がこの靴底です。
  5.防水性と河原でのグリップ。
    これが一番の条件なのです。
    この靴を履いて水辺を歩きます。
    1~2cmの水流は気にせず入っていきます。
    泥濘も靴に入らない限り気にせず歩いて行きます。
    当然ですが靴が水中に入ってしまえば浸水しますが、1~2cm程度の水深で水が
    入ったことはありません。
  6.手入れが簡単であること。
    釣りの後、お仕事が待っているのです。
    サッと表面を水洗いし汚れを落としてタオルで拭きとる。
    これで綺麗にならないと困るんですよね。

 上記の条件を満足したのがこの靴でした。

DSC02302.jpg

 550万歩の結果がこれです。
 一目瞭然、新品と比べると減り具合と破損具合が良く判ります。
 底の破損は致命的ですから、これは頂けません。
 また、破損する前から兆候は表れていました。
 一年ほどで接着面の端がはがれ始めていました。
 修理も考えましたがこのまま使い切りました。

 シューフィッターという方がいるんですね。
 どの靴が宜しいかは買う人が決めるそうです。
 正解ですね。
 対話、靴のへり具合、歩き方を見ながら適切な情報を与えてくれるのがこの方々の重要なお仕事と思っていましたが。
 決めた靴を履いて売り場周辺を歩いて問題なければ良いそうです。
 僕の要求が高すぎるのかもしれないが、製品の確認と靴底のへり具合から使用にあたって、歩き方、履き方の注意事項ぐらいはお話していただきたいと思いました。
 提供された靴の縫製不具合を顧客が指摘するなんてことはありえないはず。
 デパートで高くても買うのは何故か?
 信用を買うんです。
 
 チョット不満でしたが、靴を交換していただき同じシリーズを買いました。



DSC02303.jpg

 出張時の竿はこれです。
 オイカワから海のクロダイ、ボラまで何でも釣っています。
 ディバッグにちょうどいい具合に収まり長さはちょうどいい。
 #3 7’6” 6ピース
 オイカワの時は0.6のハリス。
 その他は基本0.8号を使っていますが、やり取りをしっかりやると結構な大物もあげる事ができます。

 今週は熊本と長崎の出張が入っています。
 お決まりのスタイルで時間があれば出かけましょう。
 長崎は、中島川のオイカワ遊びを楽しみにしています。
 この川は眼鏡橋で有名です。
 伝統的な石橋群が上流まで続いています。
 下流部で海水から真水に変わるところには段差を付けてあります。
 上流のお寺さんの前あたりからオイカワ、カワムツが生息しています。
 上流に行くに従い、オイカワのテリトリーとなります。
 保育園前で川が二股となりますがここから右に進み小学校付近までが楽しめる流れであり川沿いに足場も良くアクセス良好です。

 どうなるか?20日の朝でも調査に行ってみましよう。
 この時はテンカラ予定です。
 これが最後の中島川の釣りとなる予定です。

  1. 2018/12/16(日) 10:30:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

科学博物館 深海展



 上野の森にある国立科学博物館では深海をテーマにした特別展示が10月1日まで開催されています。
 好奇心、どうなっているんだろう、知りたい、見たい!
 好奇心には勝てません。

IMG_5316.jpg

 少し早く出張先から東京に戻ってきたので、即、上野に向かいました。
 これがお目当て。
 海の底は深いところはどうなっているのかしらん?
 不思議です。
 1600円の入場料が高いのか安いのかわかりませんが、大盛況。
 水曜日の2時過ぎに行きましたが行列です。
 一分間にxx人入っていくから、一日当りの入場者がxxx人で1600円だとxxxx円の入場料が入って期間は何日だから、歳費がいくらぐらいで・・・・・・・
 これなら独立行政法人としては成功か???
 つまらんゲスのカングリを入れながらの入場でした。


IMG_5318.jpg

 深海というとこれなんでしょうか?
 ここは人だかりがなかったの撮影。
 どこかの水族館では5年以上何も食べないで生き続けているとか。
 深海生物の食性については興味深い展示がありました。
 いっぺんに食べられるだけ食べる、食いだめ型。
 エコ対応でほとんど食べなくても生き続ける型。
 エサの撮り方などなど、太く短くとか人生にも似ているなと妙に納得。



IMG_5320.jpg

 これが凄い。
 その昔、子供だった頃、トリネステ号だったと思うがマリアナ海溝の最深部まで到達したという記事で大興奮。
 見たい行きたいどんなのが居るんだと今でもワクワクです。
 しんかい
 乗ってみたい、操縦したい、深海を見たい!
 こんな気持ちで見てきましたよ。


IMG_5322.jpg

 しんかいの操縦席。
 大好きな光景です。
 これがあれが、計器を見ながら機能を確認。



IMG_5328.jpg

 展示も素晴らしいのですが本館の常設展示が素晴らしいですよ。
 こちらはおすすめです。

 そして、もっと素晴らしいなと思っているのは建物なんです。
 このドーム、良いですね。
 階段の大理石等々見どころ満載なのです。

 同じようにすぐ横の国立博物館、前記事で紹介していますが、こちらの建物も素晴らしいのです。

 来週からは運慶展が始まります。
 また暇を作って国立博物館へ行こう!



  1. 2017/09/23(土) 09:18:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春 名栗は川越より20日遅れ?

釣りばかりでなく、ゆっくりと辺りを見渡すと色々な変化が。
こちらは標高が少し高いので、春もゆっくりです。
二十三日の朝は6度でした。


DSCN2576.jpg
萌えていました。


DSCN2578.jpg

こちらのオタクの裏には立派な山桜が咲いていました。

DSCN2552_2017042317485372d.jpg

木下から空を眺めて。



DSCN2570.jpg

別の御宅の庭先の畑には、一番目を採って来年の恵みの為に、二番芽を残したタラの芽が。


DSCN2571.jpg

タラの芽の写真を撮っていたら、いきなり ケーン!
ケケケーン!
庭先に雉。
雉を撮るのにシャッターを押したら、烏が目の前を横切る。
面白い名栗散歩でした。

今週末は福島へ行こう!
連休当初は福島の春を満喫して来よう。

  1. 2017/04/25(火) 08:55:18|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

熊本城 無残

 熊本へ二泊三日の出張で少し時間が取れたので熊本城を回ってみた。
 地震による損壊状況を目の当たりにして言葉も出なかった。
 当日は、石垣の修復作業の第一歩、大きな石を移動する作業が始まったところであった。

 実際にはここだけではなく周辺で甚大な被害が発生しているが市内に宿泊しての仕事だったので空港から市内までのバス移動の経路と熊本城を見ただけで全体像をとらえることはできなかったが、尋常ではないことが体感された。
 震度7が二回も発生したこの地震の破壊力は相当なものであった。
 被害が最も大きかった益城町は横を通っただけで被害地は見ていない。
 ただ、熊本空港に着陸する時に益城町周辺が横に見え、ブルーシートをかけた屋根がほとんどで、不謹慎ではあるが不思議なおとぎ話のお家を見たような気持ちになった。


DSCN1691.jpg

 熊本城はここからがベストショットと言われている。
 以前に熊本を訪れた時もここから写真を撮っていた。
 参考に今回との違いを確認して欲しい。
 遠目からの天守は堂々としており、被害の状況は良くわからない。
 


DSCN1694.jpg

 熊本城に近づき反時計回りの周りを歩いてみた。
 熊本大神宮、無残にも崩れた石垣で押し潰され見る影もない。
 


DSCN1695_20160610044804137.jpg

 石垣も崩壊している。


DSCN1696.jpg

 下から天守を見上げると被害状況は良くわからないがこの画像でもよく見ると石が気が崩れているのがわかる。

DSCN1698.jpg

 城郭の反対側に到着。
 加藤神社に参拝と思ったが進入禁止。
 ここからまた時計回りに今来た道を戻った。
 徒歩なので、しっかりと被害状況を目に焼き付けてきた。


DSCN1700_2016061004491458a.jpg

 KKRから天守を見ると被害が離れていても良くわかった。
 屋根瓦は滑落し、屋根に被害もあるようだ。
 話によると大きな揺れが来た時には瓦が落ちるようにしてあり、建物の被害を最小限に抑えることを視野に入れ子の天守は建造されたということですが、震度7という揺れを想定したのか?
 福島では第一原発の津波による電源施設の破壊が原因で施設の破壊に至ったが想定外という言葉が使われた。
 1000年レベルの出来事を想定して施設を建設する文化が、考え方が日本には合ったのだろうか?
 後知恵という言葉があり何かが起こってから、あの時こうすればよかったのにと、言うは易し行う難しである。
 それが築城時に考えられていたとしたら素晴らしい先人の知恵である。 


DSCN1702.jpg

 こちらも崩れている。
 清正公の背中にあたる場所。
 見なくて幸せか。






DSCN1704.jpg

 加藤神社である。
 社務所に参拝したいが如何すれば宜しいかと伺うと、迎えに来てくれた。。
 制限地域であるがわざわざ車で北下さったのである。
 この楠はパワースポット。
 今回も気に触れて力を頂いたような気がした。
 幸いに付近の石垣は崩れたが社務所、社殿にに被害はなかったそうである。
 今夏は二の丸公園までシャトルバスで移動、ここから先は制限地となるため、神社から車で迎えに来ていただいた。
 そのため天守すぐ横にあるこの地に入ることができた。

DSCN1705_201606100449207ad.jpg

 遠目には被害はわからないが。



DSCN1708.jpg

 よく見ると被害は尋常ではないことがわかる。


DSCN1712.jpg

 二の丸公園に戻っての様子。


DSCN1714.jpg

 帰りのバス停の前でのこと。
 幸せな猫。
 大変な被害にあった熊本ですが復興をお祈りします。
 ボランティアなどという崇高なことはできませんので私ができるのは所下で買い物をして、お酒を飲んで、宿泊してお金を使うことだけです。
 福島でも同じです。
 できるだけ産品を購入して地元にお金を落とすこと。
 これも支援の一つと思っています。

 この猫、最高でした。
 ほっこり、癒していましたよ。


  1. 2016/06/10(金) 05:51:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ