小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猪名川オイカワパーティー2次会の御案内!


 土曜日のオイカワパーティーは盛会のうちに終了、情報交換の時間がほとんど取れず名残惜しくお別れしました。
 この日、別件で参加できなかったhappycoreさんから喫茶店等で情報交換があったら遅れても参加できたのに、残念だったなと連絡が入りました。
 そうですね。

 それではオイカワパーティー2次会を計画します。

 DSCN5229.jpg


 これはTOPBTTLERさん、私の何時ものパターンなのです。

 11月16日(土曜日) 8時過ぎ9時頃から開始。
 イオン前桑津橋から釣り開始。
 ポイントを探しながら上流に釣り上がり。
 良いポイントで釣ったり戻ったり。
 渓流感覚で遊びます。


 11月16日土曜日9時頃から
 猪名川イオン前桑津橋右岸付近
 長靴を忘れずに
 

 付近に駐車場はありませんがイオンには停められます。
 電車釣行がとても便利JR伊丹駅からはイオンを通ってくると直ぐです。
 阪急伊丹駅からもさらに10分で来れます。 


 先週よりも水温が下がり厳しくなるかもしれませんが、今回はオイカワ釣りの仕方を研究しながら釣りましょう。
 つまり、いままでのノーハウを情報交換しながら、こうやったら釣れるんですとか、それじゃ魚を散らしてしまいますとか、たかがオイカワなんですがかなり繊細なところがあります。

 先週は釣れない方にはそこに居るよとか、ポイントはここなんですとそまででしたが、今回はもう少し深く。
 釣れない方とは具体的に釣り方の練習もしましょう。
 ただ釣って楽しかったより、少し深く、知識も持ちましょう。

 初めての方もベテランの方もそれなりに楽しみましょうね。

 今回もまったりと行きます。
 遅い昼ごはんを何処かのお店で食べて解散としましょうか?
 ドライカレーの美味しいお店には大分前に行きました。


 オイカワ釣りが上手くいっていない方、これから始める方、おさらいをする方は拙ブログ左肩の分類、オイカワ釣り入門に簡単に釣るまでを記載してあります。 

 また、ブログリンクにある古い小畔川通信にはもっと初歩のオイカワを、雑魚釣りを始める方の心構えに近いものを書いてあります。
 自己中で、思い込みで書いていますからウソだーと思われるところ、そりゃ違う俺は俺だ!等々いろいろあるかと思いますが、こうだったらいいんじゃないのと書きました。
 参考にしてください。

 これを読んでから来ると少しは釣れるようになるかも??
 保証はで来ませんが、見る目は変わると思います。


 
 
スポンサーサイト
  1. 2013/11/11(月) 07:14:39|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

武庫川流域探索 こちらも遅れています。

 先週の猪名川水系オイカワ探索に引き続き、今週は武庫川水系のオイカワ探索です。
 今週は冬型の気圧配置となり気温が低め、そして先週以来雨が降っていないので河床は汚れています。
 水垢が付着してオイカワの大好きな小砂利の底はドロドロです。
 最初からあまり期待できそうも無い予感。



DSCN4103.jpgdth="640" height="480" />

 何度かアップしている天王寺川と天神川の出合いです。
 左側の細いほうが天王寺川、右が天神川です。
 ここがポイント。
 一昨年10月に初めてここでオイカワを釣った時は、水量も多く水草もあり大型連発でひたが、全く魚影がありません。
 ここから下流へ探索開始です。


DSCN4108.jpg

 昆陽イオン前、コイが沢山居ますがオイカワは全く見えません。




DSCN4109.jpg

 更に下ると、高圧線の下釣り禁止の看板。
 何と、ここでライズ発見。
 どうにかフライで釣れそうなサイズが活発に動いていましたが、看板に従いました。




DSCN4112.jpg

 引き続き武庫川本流との合流地点までやってきました。
 途中、何箇所かでライズがありましたが、稚魚でした。
 釣りになる型は見られません。

 こちらも関東より一カ月遅れているようです。
 大雨が降り、河床がきれいに洗われないと期待できないようです。



DSCN4113.jpg

 武庫川本流も探索。
 稚魚のライズはありましたが、全く反応なし。

 久しぶりのオイカワボーズ!

 何処かに囲坊主と言うとっても美味しいお店がありましたが、オイカワボーズはいただけません。

 オイカワは何処に隠れているのでしょうか?????

  1. 2013/04/20(土) 18:27:10|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

金の鯛、戎神社の総本山? ついでに門戸厄神そして武庫川


 今日は昼過ぎまで微風と予報されていますが、帰るまでは大した風も吹かないだろうと思い出かけました。
 釣りは第一の趣味ですが第二の趣味は寺社仏閣を巡り御朱印をいただくことです。
 本来はお札を納めて又は御経を心をこめて書写したものを納めた御印として頂くものですが、私の場合はスタンプラリーみたいなものになっています。
 これはこれで、楽しいのです。
 伊丹クルーザーで出発です。

 今回は尼崎の外れを通り西宮市にある西宮神社(えべっさん)そして門戸厄神(東光寺)宝塚市外れの武庫川(仁川合流点)この三か所を回りました。
 当然、武庫川ではオイカワを釣りたいとディバッグの中には#3パックロッドが入っていますよ。


DSCN3665.jpg

 自宅を出発し、国道171号線を走ります。
 9時10分出発、冷えています。
 夜中に雪が舞ったようで車の屋根に薄らと積もっていました。
 気温は2度です。
 寒ー!
 武庫川大橋の外れの交差点。
 今回は楽勝!
 猪名川町と違ってこちらは平地ですからね。

DSCN3671.jpg

 西宮神社。
 全国区になってますね。
 十日戎では一番福を取るためにたいへんな競争です。
 赤い門から本殿まで超特急ですね。 


DSCN3675.jpg

 ここが本殿の正面。
 この門をくぐり広場を越えて本殿。
 屋根が三つ付いた不思議な形です。
 注目は屋根裏なのです。



DSCN3683.jpg

 屋根裏、右斜め上にこんなのがありました。

 説明とか案内は全くありません。
 しかも鯛には金網がかぶせてあります。
 参拝者の話を脇で聞いていたら金張りだそうです。
 かなり高価だしょうね。



DSCN3684.jpg

 歴代福男の寄せ書きがありました。




DSCN3706.jpg

 御朱印も戴き、次は門戸厄神へ向かいました。

DSCN3691.jpg

 門戸厄神??
 なんなんですか?
 何と読むのか?
 ここは何者か?


DSCN3694.jpg

 真言宗の東光寺という御寺ですが門戸厄神がポピュラーな名前です。
 「もんどやくじん」と読みます。
 名の通り厄を払うのが上手いお寺なのです。
 今日も厄払いの人が列を作っていました。


DSCN3696_20130127181940.jpg

 境内からの眺めは素晴らしいですね。
 正面、東北東が伊丹方面です。
 



DSCN3708.jpg

 ここでも御朱印をいただきました。
 私の厄もきれいに払って下さいとお願いしておきました。


DSCN3698.jpg

 ここは仁川上流、仁川駅に架かる鉄橋です。
 阪急電車が走っています。
 地味ですが、好きなカラーです。
 最近の電車は派手な色彩に塗装されていますが、この車両は昔からのシックな色で好感が持てます。
 ここから川沿いに下って行きます。


DSCN3699.jpg

 仁川と武庫川の合流点ですが、仁川からの流れは途絶えて阪神競馬場からの水流が豊かです。
 この場所は夏にオイカワが沢山居ましたが、今日は全く見えません。

 春になるまで深場に落ちたようです。

 そんな訳で、今日は釣りは無し。
 残念!
  1. 2013/01/27(日) 20:25:17|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

武庫川探索  魚は居るが釣りにくい

 雨が上がったので、久しぶりに武庫川へ。

DSCN2855.jpg
 天神川でやっと一匹。
 今朝の雨で濁り。
 ウェットに変えてやっと一匹。
 しかし、型はこの通り。
 天神川でアクセスが良く型が良いポイントはここだけ。
 天神川橋南詰。
 昨年もここで良型が釣れました。

 バスを狙っているのでしょうか、ルアーの方がおひとり居ましたよ。

DSCN2858.jpg

 天神川は魚影が濃いがアクセスが悪い。
 こんなによさげなポイントがあるのにアクセスがね。
 草が枯れないとだめ。
 長靴も必要ですね。

DSCN2860.jpg

 武庫川は堰の川。
 短い区間にこんな堰が続きます。
 堰の間はプールになっており雑魚がワンサカ通るようですが、ここも釣りにくい。
 河川敷きが直ぐ迫っているため瀬とトロ場の変化も少ない。
 でもオイカワの稚魚は沢山居ます。
 向うの橋は武庫川新橋、ここをくぐって大堀川の出会いまで行ってみましたが、増水。
 ポイントは水の下。
 川鵜と鷺は水没した中洲で固まっていました。

DSCN2861.jpg

 コイ釣りをしている方がおひとり。
 釣れてなかったです。
 僕もこちらではボーズ。

DSCN2866.jpg

 お昼は帰る途中に見つけたたこ焼き屋さんでモダン焼き。
 切り方が関東と関西では違います。
 モダン焼きとはお好み焼きの真ん中に焼きそばが入るんだす。
 うま!
 
 切り方は、関東はピザ風!
 関西は網目!


DSCN2868.jpg

 更に帰る途中に別のお店のメニュー!
 お好み焼き定食って?
 もしかして、これにご飯とみそ汁でもつくのかしらん?
 焼きそば定食も同じ?

 メニューを確認して帰りました。
 現物確認は次の機会に取っておきました。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/09/23(日) 21:47:26|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

武庫川水系 オイカワ探索

 

 八時過ぎに娘も帰り、楽しい時間は終わってしまいました。
 また一人、寂しいな!
 と言いつつ、帰っちゃったのね。
 行かなくっちゃ!
 今日は武庫川水系探索を予定していました。
 10時、伊丹クルーザーで出発。
 



DSCN1315.jpg

 昆陽池横を通り天神川へ。
 川筋をひたすら武庫川を目指しました。
 水位が下がっています。
 しかし、ライズが見られました。


DSCN1317.jpg

 天神川を下っていくと天王寺川とイオンモール前で合流、ここから天王寺川となります。
 こちらは更に期待が。
 ライズライズ。
 昼前だというのにはねてます。
 型もよさそうでしたよ。
 ここで、第2回オイカワミーティング。
 良い場所ですね。
 期待しちゃいます。

DSCN1319.jpg

 天王寺川がここで武庫川に合流します。
 ここでもライズを確認しました。



DSCN1324.jpg

 こちらは大堀川。
 ここの水門から武庫川に向かいます。
 そのまま真っすぐは用水路に取水されるようになっています。
 ここで川の様子を見ていたら川鵜が用水路に向かう水門の下から突然飛び出してきました。
 僕もびっくりしましたが、川鵜はもっとびっくり。
 腰を向かすと思ったら信じられないと僕にお辞儀をしてそのまま上流に向かって行きました。

 ここから武庫川への合流は稚魚が沢山いました。

 ここから上流、三面護岸ですが、誰も居ないし良い感じでした。



DSCN1330.jpg

 武庫川新橋を渡り右岸へ。
 仁川と阪神競馬場から流れる無名の川が合流する所でオイカワを釣りました。
 仁川は干上がっており阪神競馬場からの流れがこの流れを作っています。
 この、無名の川。
 良型のオイカワが沢山いました。


DSCN1326.jpg

 入れ食いとはいきませんが、飽きない程度にこの型が釣れています。

 本流でもライズがありましたよ。
 何処でもライズでした。


DSCN1321.jpg

 本流には堰が沢山あります。
 その堰には魚道が設置されています。
 全く役に立たない魚道。
 どうしてか判りますか?
 まず、魚道にたどり着く前に段差がありここを魚が肥える事ができませんから、この魚道みたいな建造物は無駄なのです。
 次に、どんな種類の魚を対象に魚道を作ったのでしょうか?
 恐らく、鮭なんでしょうね!
 ここに住む雑魚は絶対に上流には行けません。



DSCN1322.jpg

 魚道の手前が段差になっているのが良くわかると思います。
 ここの段差は水中に無ければ魚は魚道にたどり着けません。
 基本なのです。

 この魚道は典型的な作りで、ほとんどの川でこんな形になって魚道に続く構造物の付近の砂利が流されて段差になってしまっているのです。
 もったいないですね。

 


DSCN1334.jpg

 変な奴が居ました。
 逃げません。
 愛嬌のある顔をして、癒し系です。

 確か、ヌートリアという名前の世界で一番デカイネズミだったと思います。
 居るとは聞いていましたが、今回初めてみました。
 とぼけた顔をしていますね。

DSCN1336.jpg

 今年初の武庫川オイカワを釣ってルンルン気分で帰って来ました。
 それで先ほどの第2回オイカワミーティングを開こうと思っていたイオンモール前も天王寺川、御気に李の場所によく見たら、こんな立て看板が!

 来週は猪名川水系を探索して来なくっちゃね!

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/20(日) 20:15:12|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16

土曜日は日曜日のためにある? 武庫川支流仁川との出会いで釣る!

 日曜日は安息日と西洋では決まっているようであるが、僕はチャキチャキの日本人なので土日は趣味の世界にどっぷりつかって居たいにであります。
 13日、日曜日は関西オイカワミーティング(一寸大げさすぎるよね)なる催しが小畑川で。
 こんなお誘いを受けましたら行くしかないのです。
 長岡京という駅に待ち合わせ。
 それなら一日潰しても良いか!

 すると、計画上、土曜日に獅子奮闘!
 火事・・家事でした。に、自転車の空気入れ、寝袋を買って道具をそろえて。
 イオンモールに行って、散発もしなくっちゃ。
 洗濯は、飯は何でもいいから・・・・・・・・!!!!
 
 3時過ぎの全て終了!



DSCN1123.jpg

 武庫川に直行しました。
 狙っていたのは、かねて下見の時に魚は居なかったが川の様子が良い感じの仁川です。
 イオンモール、スポーツオーソリティーでの買い物はそのまま宅急便で送ってもらい身軽に釣りです。
 ディバグに中にいつもどおりパックロッドですよ。

 アッレー???
 何これ?
 ?これ珍百景??
 水が無い。
 流れが無い!!
 子供が河床で走りまわている!
 これじゃ、下見で生物反応なしと判断した原因が判りました。
 しかし、この川の源流は六甲、有馬温泉付近。
 上流では酒蔵がありこの川の伏流水を使用しているような記事を見たような気がしたのですが。

DSCN1121.jpg

 ペダルも重く下流へ戻って来ました。
 ここは仁川と武庫川も合流地点です。
 とはいえ、この川が武庫川ではなくこの流れが下流300mで武庫川と合流するのです。
 左の流れが止まっている堰が仁川、右のしっかりした流れが阪神競馬場からの流れ込みです。
 仁川からは全く流れ込みはないのですが、競馬場からはかなり流れ込んでいます。
 ライズが見えますか。
 オイカワが沢山いました。
 ここは良いですよ。


DSCN1120.jpg

 雑魚すくいをしていた家族の成果です。
 エビ、名前を教えてもらいましたが直ぐ忘れる。
 たしか、…沼エビ?
 めだかか?
 オイカワの稚魚
 カワムツ
 大量でしたよ。

 ところで、釣った魚のアップが無いのはどういうわけ?
 この日はもの凄い風が吹きました。
 6時過ぎに帰ったのですが、寒くていつもの雨衣をきこんでしまうほどでした。
 
 バッシャン、プッシューと合わせますが、魚が釣れない。
 明日に取っておこう!

 小畑川で釣ればいい。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/14(月) 07:15:51|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

鷺の技

 オイカワ居るかな???  と探索をしていると不思議な?? 面白い?? 光景に出くわしました。


DSCN0714.jpg

 ここは天王寺川が天神川との分岐点、その上流です。
 丁度桜満開オイカワもそろそろ動きだすかなと出かけました、
 こんな三面護岸の掘割みたいな川ですが、侮れません。
 昨年暮れはもの凄い数のオイカワが居ました。
 こんな造りの川ですから子供が川に入って遊んでいましたよ。
 左の階段の所に二人いますが、ぢょっと判りにくいですね。


DSCN0716.jpg

 更に上流へ。
 ライズらしきもの発見。
 そして、この光景です。
 何をしているかって?
 そりゃ見ればわかりますよね。
 鷺がえさの小魚を撮ろうとしているところです。
 もう少し詳しく説明しますと。
 左足が問題なんです。
 ????
 この写真ではどうってことが無いのですが、動画にするとよくわかります。
 動画の部分を文章で。
 
 左足で草の生え際をごそごそやるんです。
 ガサガサが!
 そうやって魚がエビが出てくるようにしています。
 左足でガサガサがさ、魚がピュ!
 突いてパクン!
 ガサガサ、ピュ、パクン!
 面白いのでしばらく見ていました。
 何時も見ている小鷺?ですが、こんな技を使うなんて知らなかった!



DSCN0718.jpg

 こちらでは鷺とミシシッピーアカミミガメがにらみ合っていました。
 何!
 眼つけんのかよ!!
 おんどりゃー!

 なんて、言ってたのかしらん??

  1. 2012/04/20(金) 06:10:55|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

武庫川水系を探索

 川から遠ざかる日々が続いていたが、体調も回復し外に出る事に。
 休日に自転車で出かけるのは久しぶりのことです。
 自宅から武庫川左岸を遡り宝塚で川を渡り右岸を下りました。
 武庫乃荘、塚口経由で戻ってきました。
 11時前に出発し、4時前に帰宅、
 魚が居るか、確認をし、途中寄り道をしながらのポタリングでした。
 いつもの通りフライロッドをディバッグに詰め込んで出発しましたが、残念ながら竿を出すことなく戻ってきました。
 
 40km以上走ったようで、帰ってきたら足腰ガタガタ。
 体力が落ちています。
 徐々に回復しなければ、この状態で渓流に入ったら必ず足を取られて沈します。
 運が悪ければ、怪我をすることになりそうです。
 歩いて、自転車に乗って、運動をして体力を戻さねばと切実に思った一日でした。


DSCN0225.jpg

 自宅出発。
 まずは自転車屋さんに直行し、空気をしっかり入れてここからです。
 住友電工前を通り昆陽池横をとおり天神川添いを武庫川へ。
 土手にはカラシ菜が顔を出していました。
 もうすぐ花が咲きそうなので今が一番おいしい時です。
 誰も採っていません。
 小畔川では地元の方が摘んでいますね。
 こちらではカラシ菜を食べないのでしょうか?
 美味しいですよ。
 調理の仕方は古い小畔川通信を参考にしてください。



DSCN0227.jpg

 天神川と天王寺川の合流点です。
 昨年はここで良型のオイカワそしてバスが入れ食いとなりました。
 右が天神川、左が天王寺川です。
 残念ながら魚は確認できなかったのです。

DSCN0228.jpg

 大堀川の上流部です。
 このあたりは三面護岸ですが、砂利が堆積しておりオイカワが好きそうな河床になっています。
 武庫川の合流部で昨年オイカワが確認できていますから、この付近も有望と思われます。


DSCN0234.jpg

 宝塚市街地を抜けて途中寄り道です。
 最初は福知山線、阪急線を超えて坂を上って御寺を目指しましたが、ほんの200mで挫折。
 伊丹クルーザーの6段変速では歯が立ちません。
 当然、原動機は病み上がりでパワーが出ませんからね。
 軽く諦めて、手塚治ミュージアム。
 川を渡る道筋にあります。
 手前の鳥は火の鳥ですね。
 この鳥を食べると不老不死を手に入れる事ができると漫画に書いてありました。
 入口への石畳にはお茶の水博士、火の鳥等々の手形が押してあります。
 残念ながら中には入らず、川川川です。


DSCN0236.jpg

 武庫川のかかる橋の上から上流部を。
 川には堰があります。
 この堰は下流から段々といくつもありました。
 堰の真ん中には魚道があります。
 手前の橋は、阪急の鉄橋。
 右側の大きな建物は宝塚劇場なのです。
 そう、宝塚歌劇団のおひざ元が宝塚市、そしてこの建物で公演されるのです。
 宝塚の街は一寸おしゃれな街でした。


DSCN0239.jpg

 魚が居そうなんですがね。
 そろそろマルタが遡上する時期でしょうか。
 アユも遡上しても良いですね。
 川鵜が居てもおかしくないのですが、全然確認できなかったのです。
 ということは、まだ遡上していないのでしょうか?
 魚っ気が無いにも納得です。


DSCN0241.jpg

 こちら仁川と阪神競馬場横を流れる川の合流点、そして武庫川に注ぎます。
 川の段差が大きすぎます。
 残念ながら本流と支流を自由に泳いでいけないようです。
 この段差を越える事は出来ないので俎上もありません。
 しかし、きっとオイカワが居ると思います。

DSCN0242.jpg

 右の流れ、競馬場横を流れるのは川西川と言うようです。
 完璧な3面護岸でした。

DSCN0243.jpg

 左側が仁川。
 これなら雑魚が沢山いてもよさそうなんですが。
 全然見えません。
 何処かに居るはずなんですが。

DSCN0244.jpg

 少し上流に行くと左岸から支流が合流します。
 川の感じ、なかなか良いんです下ね。
 期待してしまいます。

DSCN0245.jpg

 本流に設置されている堰は近くで見るとこんな感じになっています。
 向うに見えるのが魚道です。
 どうしてこんなに堰があるのかわかりません??

DSCN0246.jpg

 橋の上からのぞくと魚道がどの様に設置されているかよくわかります。
 下流の橋は新幹線ですよ。

DSCN0254.jpg

 今日見てきた川の典型的な姿です。
 完璧な3面護岸です。
 右が金岡川、左が昆陽川です。

 写真をアップしなかった川はこんな感じでしたが、もう少ししたらきっとオイカワが泳ぐと思っています。
 趣はないがそれなりに釣れるところがありそうです。

 また、本流を期待できそうです。

 今日は疲れてぐったりですが、川の手ごたえを感じました。

 しかし、魚の姿をアップできないのはフラストレーションが堪ります。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/03/10(土) 23:01:11|
  2. 武庫川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。