FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

秩父十三仏霊場 薬師如来、弥勒菩薩を拝む! 九月二十日


 午前中は渓流で遊び、帰りに参拝してきました。

DSC01731_20180920185618081.jpg

 小鹿野町薄地区にある法養寺薬師堂に鎮座する薬師如来の御朱印です。
 ここの御朱印は小鹿野町内にある十輪寺で頂きます。
 今月初めに御朱印は頂いていましたので薬師堂へ参拝です。

DSC01883.jpg

 日本三禮薬師尊という碑が入口に建っていました。
 三大薬師というと???
 こちらは入っていなかったような気がしますが、自称という事で。
 立派な山門があります。
 残念ながら薬師堂は残っているのですが、明治期の廃仏毀釈により法養寺は廃寺となってしまい、御朱印は十輪寺で頂くようになったそうです。
 

DSC01892.jpg

 お堂の薬師堂掛板 素晴らしいです。
 

DSC01889.jpg

 お堂には十二神将が安置されており、御開帳があるそうです。

DSC01902.jpg

 薬師堂から秩父市内 源蔵寺へ。
 こちらには弥勒菩薩様が須弥壇横に安置されています。
 御本尊は大日如来様と説明を受けました。

DSC01895.jpg

 瑠璃光殿と読むのでしょうか?
 本堂に掛かる立派な銘でした。
 ご住職は不在でしたが、御母堂様がご朱印をしたため、本堂で弥勒菩薩参拝を勧めてくださいました。
 
DSC01900.jpg

 参拝の後、玄関でふと気が付くと韋駄天が祭ってありました。
 許可を頂き、撮影させていただきました。

 素朴な一刀彫の韋駄天。
 先に参拝した虚空蔵菩薩の御朱印を頂いた廣見寺にも韋駄天が祭ってありました。
 
スポンサーサイト
  1. 2018/09/20(木) 19:25:29|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日御碕神社から鰐淵寺を廻る

 稲佐の浜から海岸線を日御碕へ
 ここには日御碕神社が鎮座しています。
 さらに足を延ばして鰐淵寺まで

DSC01766.jpg

 日御碕神社は海のすぐ傍、参道が海に続きそこにも鳥居があります。
 上から全体を眺めると緑に自然に溶け込み朱がインパクトとなり荘厳な雰囲気が伝わってきました。


DSC01767.jpg

 社務所で御朱印を

DSC01804.jpg

 シンプルですね。
 出雲大社と通じるところがあるようです。

DSC01775.jpg

 出雲の神々が祭られているところには大きな注連縄がかかっています。
 出雲大社が一番大きいのですがその他の神社の注連縄も立派です。

DSC01778.jpg

 参道を海に向かうと港に出ます。
 そして、向こうの島には鳥居が建っておりこの島には限られた時、限られた人しか上がることができません。
 ウミネコが沢山居るはずなんですが、一羽も見られなかったのです。

 手前の釣り人。
 何が釣れるのか、気になってしまい暫く眺めていました。
 ルアー エギング
 あまりに澄んでいるため水中から丸見えのようで苦戦していました。




DSC01794.jpg

 日御碕神社から ふと思い鰐淵寺へ向かいました。
 島根半島の日本海側です。
 荒波に削られ道路は海岸線の限られたところを通ります。
 ここに到着するまでが難産。
 駐車場から歩くこと15分。
 山門まで登っていきました。
 渓流沿いを歩いて行くので居るか居ないか、そればっかりが気になって登が気になりません。
 
 境内の緑が美しい。

DSC01791.jpg

 気になるお堂の中には所狭しと石仏が並んでいました。
 気になったのは石仏ではなく千社札!
 どうやって向こうの壁に張ったんだろう?
 
DSC01805.jpg

 実に簡素な御朱印でした。



DSC01796.jpg

 万九千神社 ?????
 なんと読むのか??
 神有月なのです。
 ここに全国の神様がご挨拶にこられるそうです。

DSC01797.jpg

 拝殿は新しく造られており、直接本殿に。
 面白いですね。
 ここに鳥居が置かれていました。
 そしてやたら大きな注連縄!
 出雲の神社のパターンが読めてきました。
 残念ながら社務所は不在。
 御朱印を頂きたかったのですが、ガッカリ。 

DSC01798.jpg

 がっかりした時は、美味しいもので気を取り直す。
 大好きなお蕎麦。
 出雲そばと言えば割り子蕎麦ですね。
 お店でも定番と勧めてくれました。
 四十年程前に鳥取県境港に三年住んでいたので、懐かしく頂きました。
 こちらは出雲の有名店ですが、当時は境港、米子で食べていました。
 美味しい。
 でも、そばつゆは関東味の方が好きなんです。

 お腹もいっぱいになったので、空港に向かい、帰ってきました。
 もう少し時間があればと思いましたが、限られた時間の中、充実した参拝ができました。





  1. 2018/09/16(日) 11:46:40|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲巡り

 ハードな出張が続いています。
 月火と佐賀に。
 帰って水木金と2泊3日で境港へ出張。
 最終日は出雲空港から羽田へ。
 少し時間ができたので神の世界を巡ってみました。

DSC01799.jpg

 ご朱印帳を購入。

DSC01801.jpg

 出雲大社の御朱印を頂きました。
 ここは出雲霊場第一番の地でもあることから、霊場の御朱印も書いていただけるか尋ねると、だめだそうで。
 そちら用のご朱印帳でしたら書くそうで???
 そういうものなのかなと思いました。

DSC01740.jpg

 金曜日の昼前ですが良縁を願う方方が沢山参拝していました。
 こちらの参拝では少し変わります。
 二拝四拍一拝
 普通は二拍ですがここでは四拍。

DSC01746.jpg

 大社造というのでしょうか。高い柱の上に社殿が乗っています。
 太古にはさらに高い建物だったとか。
 
 後ろから眺めるとよくわかります。
 
DSC01742.jpg

 こちらは神有月に集まられる神様のホテル。
 こちらにお泊りになられるそうです。


DSC01755.jpg

 大社の横には流れが。
 ついつい覗いてしまいます。

DSC01759.jpg

 社殿前には祈りがありました。

DSC01760.jpg

 大社から稲佐浜に向かうとぽつんと一つの岩礁があります。
 ここは神無月に大集合をする際の上陸地点であり大社参拝の折は先にここから砂を持ち向かうとか。
 一大パワースポット!

DSC01762.jpg

 弁天島です。
 稲佐の浜の中心となるところです。

 暫く居たかったのですが、次のスポットへ移動しました。

  1. 2018/09/15(土) 22:33:24|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秩父で釣りと寺社仏閣めぐり



DSC01733.jpg

DSC01732.jpg


DSC01731.jpg


DSC01730.jpg


DSC01729.jpg


  1. 2018/09/09(日) 22:21:36|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分を替えてご朱印を頂きに!

 秩父十三仏霊場 太陽寺で御朱印を頂き秩父市内へ。
 虚空蔵禅寺の御朱印を頂きました。

DSC01715.jpg

 虚空蔵禅寺は無住の寺。
 近くの廣見寺で御朱印を書いていただきました。
 このお寺の狐狸の玄関に例の仏像が睨みを利かせていました。
 韋駄天です。
 韋駄天は仏舎利を盗んだ盗賊を追いかけて捕まえたという事で、足の速い機敏なという印象がありますが、火の下を護るという事でお寺では狐狸の玄関に祀っているところあります。
 なかなかお目にかかる機会が無いので、住職にお願いして近くで拝観させていただきました。
 こちらは一刀彫で彩色がされていません。
 これも趣があります。

DSC01716.jpg

 本堂の裏手には東司の仏様が。
 ????
 男用便器と女用便器
 当にトイレの神様なのです。
 ご利益は願いが叶うという事です。

 一礼
 男便器 女便器をさする
 望みを願う
 銅鑼を三回鳴らす
 一礼

 ユニーク!


DSC01717.jpg

 別のお堂には東国三十三観音と西国三十三観音が祭られていました。


 どうしてこちらへ?
 実は安田屋のメンチを食べたくて時間を調整するのに少し足を延ばしました。
 11時前に向かうと、11時半から揚げ始めるので??
 1時間も待たせるの?
 待つの大嫌いなんで、ガッカリしてそのまま川越に帰ってきました。


  1. 2018/09/08(土) 17:59:31|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十番札所 得度山 灌頂院 切幡寺


十番札所 得度山 灌頂院 切幡寺
十時にレンタカーを借りて最後の切幡寺に参拝し返却したのは3時半。
五時間半で廻りました。

20180326181313680.jpeg

こちらは山頂の本院
下から歩いてくるのは大変です。
今回は直ぐ下まで車で登って来ました。

20180326181308fa4.jpeg


201803261813108b5.jpeg

この大塔は豊臣秀頼が住吉大社神宮寺に寄進したものとか。
明治初頭、神仏判然令により廃寺となったため、こちらの御住職が買い受け解体移築したものだそうです。
国指定重要文化財


20180326181311669.jpeg

塔屋には祭壇が設置されていました。

20180326181332d93.jpeg


2018032618133397e.jpeg
  1. 2018/03/26(月) 18:30:51|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九番札所 正覚山 菩提院 法輪寺


正覚山 菩提院 法輪寺


20180326175504bbe.jpeg

山門をくぐり本堂へ。



20180326174651cd0.jpeg

団体の巡礼の方が先達の説明を受け般若心経を唱えていました。
本来の巡礼の作法です。


201803261746521eb.jpeg

太子堂の中には草鞋の山
足腰達者の祈願でしょうか。
旅路の安全祈願でしょうか。


20180326174759fff.jpeg



20180326175217c80.jpeg



  1. 2018/03/26(月) 18:08:50|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八番札所 普明山 真光院 熊谷寺


普明山 真光院 熊谷寺


20180326145747fb0.jpeg

山門が立派

201803261457496a1.jpeg

本堂

2018032614575033d.jpeg

こちらの多宝塔は立派でした。

20180326145751d70.jpeg


2018032614575280d.jpeg
  1. 2018/03/26(月) 15:00:49|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七番札所 光明山 蓮華院 十楽寺


光明山 蓮華院 十楽寺

2018032614414600d.jpeg

竜宮城を彷彿させる山門

20180326144147fa3.jpeg

本堂

20180326144149ec7.jpeg

本堂書面に向かって左にお賓頭盧様が安置されていました。
川越の蓮馨寺に参拝するたびに頭、目、肩、腰、膝をさすっていますが、こちらでも同じところを同じようにさすってきました。
お賓頭盧様は各地の寺院にいらっしゃるのですが、こちらは祠の中でお過ごしになられています。
なかなか粋な造りでした。


20180326144151fb0.jpeg


20180326144152096.jpeg
  1. 2018/03/26(月) 14:50:23|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六番札所 温泉山 瑠璃光院 安楽寺

温泉山 瑠璃光院 安楽寺



20180326140651b13.jpeg

こちらの山門は表通りから少し中に入ったところにありました。

201803261406528a3.jpeg

正面が本堂になります。

20180326140553d5e.jpeg

御本尊にお参りして太子堂へ

20180326140653c81.jpeg

今回十寺参拝しましたが、二寺を除き御婦人が御朱印を書いていました。
友人の話によると、秩父では檀家の筆達が交代で書いているとのこと。
八十八ケ所でも檀家の筆達の方が書いているのでしょうか。
参拝者の多いところでは御住職が書いていたら御勤めが疎かになってしまいますからね。
直々に頂くものはそれはそれは価値があるものと思っています。

201803261405529ea.jpeg


20180326140554772.jpeg


  1. 2018/03/26(月) 14:24:12|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ