小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

夕の小畔川 気が付くと三匹! 9月9日


 今朝は野暮用があり6時に福島へ向かった。
 処々用事を済ませ4時過ぎに川越戻り。
 トンボ返りの後は、夕の小畔川。
 疲れていたが、オイカワの顔を見ると癒されますね。

DSCN2908.jpg

 上流からかなりの風が吹いていましたが、止んだ瞬間に上流へキャスト。
 ドライに出ました。
 15cmぐらいのイワシサイズが続きます。
 下流に流すとウェットでまたまた良型が。

DSCN2910.jpg

 遊び心で、生簀を作ってみました。
 釣ったらここへ、釣ったらここへ。
 何匹入れたでしょうか?
 何時も三匹います。
 ???
 そうなんです。4匹以上入ると脱走です。
 オイカワのジャンプは半端じゃありませんよ。
 韋駄天さんも入っていただきましたが瞬間、ジャンプで居無くなってしまいました。

DSCN2912.jpg

 風が止むとライズの嵐!
 この下にはイワシサイズが群れています。
 ドルフィンジャンプで空中で食いついたり、少し流してモコッとしたからゆっくり出たり。
 風が吹き、止んで、フライをソフトに落として、水面をたたいて沈めたり。
 都度、出方が変わります。
 実に面白い。
 たかがオイカワ、されどオイカワ。
 奥が深いです。
 少一時間、30ぐらいは釣ったでしょうか。
 しかし、生簀の中は三匹以上に増えないのでした。

DSCN2904_20170909184242c01.jpg

 小畔の河川敷はアクセス抜群。
 彼岸花も咲はじめました。
 このぐらいに点々と咲くのが好きです。

 雉も三匹走り回っていました。

 明日も釣れますよ。


スポンサーサイト
  1. 2017/09/09(土) 19:04:26|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川、韋駄天も挨拶に来てくれました。


 今朝は6時前から小畔川。
 河川敷の草刈りも終わりアクセス抜群。
 鉄橋上流より確実に良型が付いています。
 数もいます。
 今朝は入れ食い。
 一時間強で100とは言わないが50は釣れています。
 それも良型揃い。
 ドライが中心ですが、最後にウェットに替えてみると毎回あたりでめんどくさい。
 しかも良型揃い。

 江戸の仇を長崎で、ではなく、名栗のガッカリを小畔で癒された朝でした。


DSCN2873.jpg

 金堀橋と八幡橋の間はお気に入りの瀬が沢山あります。
 瀬頭を中心にドライで始めました。
 どれだけにオイカワが付いているのか?
 今季も数が少なく、イワシサイズなどなかなか釣れない状況でしたが今朝はどうしたことか。
 イワシサイズの連発。
 韋駄天まで挨拶に来てくれました。


DSCN2894.jpg

 まずは韋駄天から。
 今までの韋駄天とは違い小型です。
 産卵が終わったようで腹がへこんでいます。
 沢山のメスが生んだ卵に放精したのでしょう、かわいそうなくらい痩せこけています。
 君のおかげで来期のオイカワの数が決まります。
 ご苦労様ですと声をかけ放しました。




DSCN2896_20170903090925afd.jpg

 背中の色も、鰭も綺麗な韋駄天。
 極彩色が映えます。
 韋駄天に変身できる雄は極わずか。
 生殖能力が強い雄のみが韋駄天に変身するのです。
 ホルモンの量が多いと聞いています。
 変身する時のエネルギーが半端じゃないそうで、韋駄天は年を越せないと言われているのです。
 飼育されているオイカワと違い河川に生息するオイカワの環境は厳しく体力抜群の雄だけに与えられた特権のようです。
 


DSCN2875.jpg

 韋駄天以外も綺麗なお姿です。
 イワシサイズの入れ食い。
 ウェットになるとドライ仕様のLight Staff#1がグニャリと曲がります。
 ガツンときて、ドッキリ!
 切れるんじゃないかと思うほど引きます。
 流れに乗って下流へ逃げるんですね。
 実に、エキサイティング。
 最後はウェットに痺れました。

 使ったフライはドライもウェットも同じ。
 #20にブラウンハックルをぐるぐる巻き、ゴミみたいなフライです。
 これが効くんですよ。
 小畔3号の次に釣れます。 ウソ!


DSCN2900.jpg

 秋が直ぐそこまで。
 草刈りが終わった小畔の河川敷。
 あちらこちらに女郎花。
 付近では高麗川巾着田の彼岸花が有名スポットですが、僕はポツリポツリと咲くところが好きです。

 入間川土手も沢山咲きます。
 そういえば、もう直ぐお彼岸なのですね。

 オイカワは今が一番釣れる時。
 昨年の記事も同じようなものが、一昨年は名古屋で同じようなことが。
 
 今週は鹿児島へ行く予定。
 オイカワ遊びを密かに計画。
 出張道具にいつものパックロッド。
 詰め込んでおこう!

  1. 2017/09/03(日) 09:39:07|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降り続く雨!


毎年の事ですがお盆は福島で過ごしています。
今回は八月十日木曜日から十七日木曜日まで滞在しました。
するべきことが沢山あり、なかなか時間が取れない中、雨が降ろうとやりくりをして行ってきました。

DSCN2829.jpg

お盆中、降らなかったのは到着した日と帰る日だけでした。
連日の雨で河川は増水、ドライで行こうには厳しい条件でしたが初志貫徹、濁ろうがポイントがわからなかろうがドライ一辺倒で過ごしました。
家から30分強の渓流、車を止めてハイ釣り場。
そんなところで、安近短を地で行くお盆の釣りでした。
初日はそれほどの雨ではなかったので問題ない程度の増水。
狙ったところを流すとユックリとフライを追いかけてパクッと食いついてくれました。
体高のある綺麗なヤマメです。
ここはいると思うところから、イメージに近い出方をしてくれました。

しかし、食いが極端に浅いのでした。
出るには出るが、すれっからしが食う時の様にバシャッと瞬間的。
フライをチェックして戻る奴も。
増水しているのに、違うのです。
この状態が帰るまで続いたのです。

DSCN2836_2017082018570596c.jpg

道路脇の二面護岸の川です。
こんなところで遊んでいました。
もっと良いところがあるだろうって?
蜘蛛の巣なんです。
増水時は、沢とセオリーがありますが蜘蛛の巣との戦いに疲れてしまいました。
この広さだと蜘蛛の巣が張らないのです。
水位は上がりますがまだまだ問題ない程度。
そしてアクセスですね。



DSCN2832.jpg

話が飛んで草刈り、剪定地獄!
ここから向こうの愛車の横まで垣根が続きます。
ウェポンはトリマーです。
ここが終わったら庭木の剪定。
そして終わり無き草刈り地獄が待っているのです。
こういうものは楽しみながらやる。
大変な中にも喜びを見つけてやる。
そんな事を言って偉そうな顔をしていた方がいましたが、冗談じゃない。
地獄は地獄、大変ですよ。
最後はトリマーの前に、草刈り機でジャーンと適当に剪定、虎刈りで終わりました。
家の中も片付けてお墓詣りをして、野暮用を片付けて。
あっという間に時間が過ぎていきます。

すぎる前に使えば宜しい!
と言う訳で、釣りは朝一の9時まで。
と自分で決めたのです。


DSCN2849_2017082018570715f.jpg

良い感じでしょう。
ヤマメの川!
澪筋に良型が着いていますよね。
こんなところが続きます。
あの流れに乗せて行くとあの辺りでユックリ パックンと出るんだよな。
そう思って遡って行きます。
1キロ以上歩いて流して。
ウンともスンとも!
魚も走らない。
どうしたんだろう?
下手なのは十分自覚していますがいくら何でもね。
足跡もないので先行者がいないのは確認済み。
今年の魚はどうしてしまったんだ?
5月は沢山いたんだけど?



DSCN2850.jpg

初日の所へ。
居るんですが口を使わない。
食っても浅い。

ゴボッと出て下流へ走る、足元を通って下流へ、デカイと思った瞬間軽くなったよ。
食いが浅いんですね。
今回の一番の魚に逃げられてしまいました。

そのあと釣ったヤマメにモデルをお願いしての画像です。


今回は降り続く雨、増水とドライには厳しい条項でしたが場所、時間によっては十分に釣りができました。
しかし、とても気になったのが食いが浅くなかなかフッキングしない。

雨続きで魚もお疲れモード、それともお盆に釣りはダメとそれとなく御先祖様が導いてくれたのか?

ほんとに釣れないお盆の釣りでした。

  1. 2017/08/21(月) 07:24:30|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕の小畔川 反応バッチリしかし好事魔多し!

 今日は夕方小畔遊びと決めていた。
 程よく水量があり、オイカワも絶好調!
 釣らないわけにはいきません。

 今回は久しぶりに小畔3号を巻いてみました。
 

DSCN2822.jpg

 金堀橋のすぐ上、オイカワ道場です。
 日差しが強ければ橋の下からキャスト、雨が降っても大丈夫、全天候型雑魚フライ練習場です。
 今日は4時過ぎからのオイカワ遊びです。
 水量が程よく、橋の上から覗いてもライズが確認できました。
 
 オイカワ映したつもりが、水中で糸だけ?
 こんなこともありですからね。
 4時30分から始めました。
 日が陰り、大好きな時間です。
 夏はこの時間帯に限ります。
 



DSCN2823.jpg

 大好きなドライの釣りを堪能できます。
 久しぶりに巻いた小畔3号!
 今日の反応は?
 絶好調です。
 着水直前から宙返りをして食ってきます。
 でもなかなか鈎かかりしない。
 むずかしー!
 だから楽しい。
 釣れたではなく釣るのですからね。
 狙って釣った一匹は、釣れた100匹に勝る!
 今日の名言でしょうか。

 しかし、好事魔多しというのでしょうか。
 わずか30分で釣りを止めました。
 小畔3号には抜群の反応ですが止めました。
 この画像のとおりなのです。
 久しぶりにやってしまいました。
 ティペットグチャグチャです。
 #1ロッドに#6リーダー、0.6号のティペット。小畔3号は#20の鈎です。
 これでグチャグチャですからへたくそですね。
 追い風のキャストになるとやってしまいます。
 またキャスティング教室で矯正してもらわないとね。

DSCN2824.jpg

 そして、とどめがこれです。
 サングラスがすぐ外れてポッチャンと落ちるのであります。
 釣り終わってよく見たら折れていました。
 ダブルパンチでノックアウトされましたので30分で夕の小畔川は終了となりました。

 実は、午前中、上流の外環道脇の完全日かげの釣り場で釣り始めた瞬間、第二投目でラインをひっかけて、泣きながら強制終了という悲しいことがありました。


  1. 2017/08/05(土) 20:55:58|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月28日夕の小畔川  丁度良い水位!

 仕事が少し早く終わったので、夕方の小畔遊び。
 五時過ぎから暗くなるまでオイカワと戯れました。



DSCN2817.jpg

 金堀橋は保守工事中、やっと工事のめども付いて夜間工事はなくなりました。
 河床は綺麗なものです。
 熊本出張中に降った雨で泥が流されピカピカになっていました。
 橋の上から覗くとそこかしこにライズリング。
 反応良好。
 ドライに出てくれました。
 曇天、微風、渇水から少し回復、河床は綺麗!
 これだけに条件がそろえば釣れない訳がないですね。
 何時もの釣りですがワクワクです。
 最初は小さいのが出ました。
 ドライで小さいのを釣るのは難しいですね。
 それを鈎かかりさせるのがまた、難しいから釣った喜びも大きい。

 


DSCN2815.jpg

 この時間になると薄暗くなってきます。
 まして雲がかかっていますからね。
 明るく撮れていますが、薄暗いのです。
 オイカワがブレブレなので良く判ると思います。

 魚の種類が代わったような反応となりました。
 アグレッシブ!
 一言で言えばアグレッシブ!
 フライが着水する前に出るようになりました。
 良型も出るようになりました。
 残念ながらオートリリースがほとんどで画像なしです。
 これから渓流へ向かうので練習には最高でした。
 キャストをチェックして、プレゼンテーションをチェックして、合わせで魚が水面かに居るように、素早く鋭く。
 
 満足の小畔遊びでした。


  1. 2017/07/29(土) 02:23:58|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕の小畔川 7月22日  夕方少し川耕し!

  なかなか雨が降らない小畔川。
 湖沼は汚れて泥が石についています。
 オイカワは綺麗な砂利底が大好き。
 ご機嫌斜めなのです。
 土曜日の夕方、少し川耕しをしてみました。

DSCN2811.jpg

 金堀橋のすぐ上、オイカワ道場と称して一時期、練習をしていたところです。
 あまりに悲惨な状況になっているので、釣りどころではなくなり川の中でツイスト。
 底石を返して、小砂利を表面に。
 石を返したところは綺麗になりました。
 オイカワも現金な奴です。
 底の砂利が綺麗になったところにはすぐ集まってきました。
 ライズが始まりました。

 小畔川に釣りに来る方方にお願いです。
 川に入って釣っていただくと宜しいのです。
 できれば底砂利をいじりまわして綺麗にしてくださるということ無し。

 そこはオイカワ天国に変わります。

DSCN2810.jpg

 アップクロスで遊びました。
 難しい釣りですがこれをしっかりできる方は怖いもの無しですよ。
 その日の気分で違うのでしょうか、ドライが良かったりウェットが良かったり、オイカワは気まぐれです。
 しかし、究極はアップのドライを楽しんでください。
 プレゼンテーション、ポイント、等々注意することがたくさんあります。

 イワナ、ヤマメと同じ密度でしかオイカワが生息しないとしたら、とても難しくなかなか釣れない幻の魚と言われるかもしれません。
 
 練習あるのみですね。

 答えは結果で直ぐわかります。

  1. 2017/07/22(土) 19:36:57|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川 7月17日  Megaceryleさんがやってきた。

 昼前に思いがけなくもブログリンクしている東洋式疑似餌研究所のMegaceryleさんから小畔川でオイカワ釣りをしたいと連絡が入りました。
 当然、OK!
 夕方からご一緒の釣りを楽しみました。


DSCN2782.jpg

 今日も暑い一日でした。
 4時半に小畔川に入り、あまりの暑さに金堀橋の下、Megaceryleさんを待ちながら日陰からのキャスト、一人遊びです。
 何匹か釣ったら直ぐ到着。
 久しぶりです。
 福岡で夕飯を食べて以来、静岡でのニアミスを経て本当に久しぶりです。
 上流に移動して下りながらの釣りとすることに。


DSCN2792_201707172024428c3.jpg

 友が友を呼ぶということでしょうか。
 Megaceryleさんから連絡が入って直ぐ、にんにんさんから連絡が入りました。
 今日はMegaceryleさんが来るので4時過ぎから金堀橋あたりを中心に釣ることを教えました。
 吉田橋に移動すると上流からにんにんさんが下ってきました。
 おお?
 対岸にはボーイスカウト君が自転車でやってきました。
 お互いを紹介して高橋のプールへ。
 並んでオイカワです。
 4人もFFマンが並ぶのはめったにありませんよ。
 みんな久しぶりなのです。
 

DSCN2786_20170717202440c3b.jpg

 こんなのが釣れました。
 スモールバス、オイカワフライに出ました。
 #20の鈎、オイカワフライに出ました。
 オイカワが飛び跳ねて懸命に逃げるその後ろを追いかけていたのがこのバスでした。
 着水して少しアクションを加えた瞬間でした。
 ぐぐーんと引き始め止まりません。
 オイカワとは全く違ったグイグイとトルクフルで早い動き。
 もう一匹、Megaceryleさんも釣りました。
 今日は2匹駆除。
 遊びに来てくれたMegaceryleさんへのプレゼントでしょうか。
 厳しい中、坊主は無し、ライズが頻発です。



DSCN2800.jpg

 最後はオイカワ道場まで下ってきました。
 一番難しいアップでのドライです。
 風が止むとライズがポンポンとでます。
 クッソー!
 嗚呼ー!
 よっし!
 やった!
 色んな言葉が飛びかいます。
 熱くなりますね。
 この釣りの究極です。
 
 ボーイスカウト君のキャストは磨きがかかったなー!
 素晴らしいキャストをするようになりました。
 少し見ないうちに更に進化していました。

 Megaceryleさんとは初めての釣り。
 スタイルを見せていただきました。
 7時です。
 そろそろフライも見えなくなり川から上がりました。
 名残惜しく、釣り談義。

 またの釣行を約束して解散としました。

 今日は懐かしく楽しい釣りとなりました。

 Megaceryleさん、にんにんさん、ボーイスカウト君 ありがとうございました。

  1. 2017/07/17(月) 21:21:44|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今朝の小畔川 7月17日  流し毛バリで一投必釣!


 福島から帰り、チョット疲れが残り今朝は6時起床。
 
 8時、BSの朝ドラを見て、ベランダから川を見るとやっていますね。
 暫く眺めていました。


コピー - DSCN2773

 昨日の雨で少し水位の上がった小畔川です。
 ここから見てもわかるよう、笹濁りで水位が上がりお魚にとって動きやすい状況です。
 見逃さない方がいるんですね。
 流し毛バリです。

 一投一匹でしょうか?
 よく釣ります。
 リズムよく、見ていて気持ちが良い。
 
 週末、朝夕に良型のライズが頻発し始めた小畔川。
 楽しい状況になってきましたよ。

 今日も夕方は涼しくなったら小畔遊び。
 それまで部屋の掃除とかたずけをしましょう。

  1. 2017/07/17(月) 10:44:11|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のオイカワ遊び

 夕方小畔でオイカワ遊び。
 なかなか調子が出ません。

DSCN2747.jpg

 金堀橋からの小畔川。
 夕方には、ライズが出るようになり、今期のオイカワも最盛期入りかと予感がします。
 しかし、ここ数年、数が減ってきたのが良く判ります。
 特に一昨年から顕著で、今年はどうしようもない状況です。
 ライズが出るようになりやっと遊べるぞと思っての釣りなのです。

DSCN2750.jpg

 オイカワの面白さは何処にあるのでしょうか。
 釣法の種類により難しくも簡単にもできるということではないかと思っています。
 雑魚は湧いてくると言われています。
 オイカワは数が多くて当たり前なのです。
 少なくなってしまったらオイカワ釣りの原点が崩れてしまうのです。
 渓流のイワナは幻の魚、釣るのが難しいと言われていますが、そんなことはありません。
 数が少なく、源流など人の入らないところに行かないとなかなか釣れないからそういうのです。
 ちっとも難し釣りではありません。
 イワナが居て、エサが流れて来れば食いつきます。
 下流から近づいて気付かれずに流すことができれば一発で食いつきます。
 数と生息場所の違いが難しいと思わせているのです。
 オイカワ、如何でしょうか?
 ウェットとドライ。
 ドライでも下流に流すのと上流を狙うので難しさが違ってきます。
 アップのドライで確実に釣ることができる方はどれほどいらっしゃるか?
 これができれば渓流問題なし。
 イワナでもヤマメでも釣れますよというのが僕の持論です。

 そんなオイカワが少ないのです。
 韋駄天は何処に行ってしまったのでしょうか?

 今日も釣れず。

 
  1. 2017/07/09(日) 21:38:57|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

6月28日夕の小畔川  遊漁規則を守ってください!


 川で何をやってもいい訳ではありません。
 やってはいけないこともあります。

DSCN2673.jpg

 小畔川は南小畔川と小畔川の合流点から下流は武蔵漁協の管理ですが、現在は入間漁協と協定書を交わして管理を入間漁協に委託しています。
 つまり私、jetpapaが管理をしています。
 第5種漁業権が設定されており、遊漁者は県と漁業組合が定める遊漁規則を守ってお魚釣りをしてもらうことになっています。
 小畔川は釣り専用区としていますので網を入れるのはだめですよ。
 遊漁券の種類によっては網も使えますが、網目の大きさなど一網打尽を防ぐために細かい規定が定まっています。

 夕方、金堀橋の上流でオイカワ遊びをしようと思ったら網が設置されていました。
 いつからかわかりませんが、細かい網目で稚魚まで全て採ってしまう違法なものでした。
 釣り専用区に網を入れてはいけません。
 この時点で密漁、遊漁規則違反です。
 密漁者とのトラブル防止、直接の警告は危険な場合がある為、悪質なものは直接警察へ通報するよう指導されています。
 今回の設置は川の中に入り、ワンドを巻くようにしっかりと固定してありました。
 網を外して護岸に上げるのも大変でした。

 昨年、今年と極端に雑魚が減っています。
 この時期は産卵の最盛期。
 ただでさえ、少なくなっているのが根こそぎ持っていかれると資源枯渇です。
 こんなことをしているとは気が付きませんでした。
 漁場監視員として失格です。

 網を外しておきました。
 警察には通報していませんが、次に発見した場合は問答無用で通報します。

 


DSCN2674.jpg

 ここに設置してありました。

 僕は監視員として、小畔川に遊びに来てくださる方々が、楽しくお互いに気持ちよく釣り、川遊びができるようにと願っています。
 遊漁料を徴収しなければならないのでしょうが、したことがありません。
 その気のある方は、コンビニで払って下さればいい訳で、徴収しないことを条件に監視員を引き受けました。
 報酬は受けていません。
 全くのボランティアであり、自分の時間を使って魚を増やす努力もしています。
 昨年は産卵場所を造成しました。
 誰に頼まれたわけではなく、魚が少なくなってきたので、少しでも増えたらいいなと、大人の川遊びと称して川耕しを続けてきました。

 雑魚は釣り切ることはできませんが、網では稚魚をかなりとってしまうので止めていただきたい。

 小畔川で釣りを楽しんでいらっしゃる方々にお願いです。
 これからも長く楽しめるよう、おかしいなと思うようなことがありましたら連絡してください。
 みんなの川です。
 私は、土日は比較的開いている日があるので対応ができる事が多いです。
 入間漁協に直接連絡しても大丈夫です。


DSCN2675.jpg

 つまらん話でした。
 口直しに今日の状況です。
 金堀橋の上下をチェックしてみました。
 先ず河床の汚れが気になりました。
 せっかく綺麗になったのに、水量が少なくなってくると直ぐに汚れてしまいます。
 砂利に泥が付くと産卵行動をしなくなるのです。

 オイカワがどこかに移動してしまいました。
 ここではほとんどライズが出ない。
 ダウンに流そうがほとんど反応なしでした。


DSCN2678_2017062820552916d.jpg

 オイカワが付いていたのはこちらでした。
 ライズは見られなかったのですが、フライが着水して少し流すと下から出て来ます。
 最初はこの大きさでしたが釣っているうちにだんだん小さくなってきました。

 金堀橋すぐ下の瀬です。
 ドライで遊ばせてもらいました。

 韋駄天さんは挨拶に来てくれなかったのです。

 雨が降って水量が増えて河床を洗い綺麗な砂利底になって欲しいです。
 
 
  1. 2017/06/28(水) 21:39:14|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ