FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

8月18日 夕の小畔川 相変わらず高活性と良型


 夕方4時過ぎからの釣り
 金堀橋を中心に上流側を5時まで、下流側を6時前まで釣る。
 時合というものがあるんですね。
 五時前後からがほぼ入れ食いになりました。
 サイズも上々、韋駄天5連発も出ました。

DSC01571.jpg

 4時半小畔川の上流側へ。
 日差しが強い。
 夕方で日が陰ってきてもまだ直射日光が強い。
 夏の釣りは朝夕に限るのです。
 小畔川は金堀橋付近ではほぼ東西に流れているため、川に入ってドライのアップで釣ると夕日がもろに顔にあたります。
 眩しいし熱い!


DSC01569.jpg

 こんな時はここから釣ります。
 以前小畔道場を開いていた頃の中心スポットです。
 全天候型フライフィッシング練習場なのです。
 かっこいいことを書きましたが、要は金堀橋の下です。
 ここから更に日が落ちるまで釣りました。
 これはこれで結構難しい。
 何時もはバックをできるだけ高くとるキャストですが。
 (これは以前に通ったキャスティングスクールでの絶対の教えでおかげさまで大分改善されました。)
 橋桁までの高さでのバックとキャストです。
 斜めのループを作ってキャスト!
 それなりに距離は出ます。
 #1ラインですからたかが知れていますが、楽しめるのです。
 この釣りはキャスト、フィッシング、メイキングの三つが楽しめますから練習は継続です。

 

DSC01577.jpg

 日差しも我慢できるほどになりましたので、日陰を出て少し上流まで釣りあがり。
 瀬に入っているようで毎回アタックしてきましたが、バシャっと来るだけで食いません。
 瀬頭で4投目に出たオイカワ。
 ここからはライズに合わせての釣りです。
 久しぶりに小畔3号を使いました。


DSC01572.jpg

 ここの瀬は先に川耕しをしたところで石を返したところはまだ綺麗でこんな色をしていました。
 当然ですが石を返すと隙間ができ水生昆虫が集まります。
 ということはそこがポイントになりますね。

 ご自分でポイント造りは川耕し!
 ポイント造り、釣れる釣りの基本か魚のいるところで釣る。
 当たり前ですが、居ないところで釣って釣れないという方が多いようですね。
 


DSC01583.jpg

 5時過ぎましたので下流側に移動。
 朝方行った川耕しの成果を確認するのが一番の目的です。
 この時間ですから活性は抜群です。
 ピークは5時半でした。
 この前後が入れ食い。
 狂ったようにフライめがけて飛びついてきました。
 


DSC01588.jpg

 そんな中、三連荘で韋駄天!
 今回は小畔3号を結んでいます。
 出方がブラウンのグリフィスナットとは全く違うのです。
 同じドライで釣っても違うんですね。
 バシャではなくモコッと出るのです。
 しかも丸飲みに近いのです。
 モコに合わせているのですが今までは唇にかかっていたのが閂です。
 鈎掛かりとしては最高ですが、外すのが面倒くさい。
 フライにより食い方が大いに違うことを再発見でした。

DSC01591.jpg

 5時45分、十分に釣ったので終了。
 正味1時間の釣りでしたが、沢山良型が釣れました。
 数えていないので両手の指と足の指を超えたので沢山です。

 金堀橋の上から川耕しの成果を確認。
 ここはほんの1時間前に例のツイストで川底を掘り返したところです。
 やったところとそのままの所が一目瞭然ですね。
 流れが弱いと川底が汚れます。
 川の再生は大水が出て河床の石が転がり表面を覆う藻や泥を綺麗に洗い流し、併せて河床を掘り返すことです。
 近年の河川は水量が少なくなっていますから、人為的に少し耕すとそこが絶好のポイントとなります。
 産卵床も兼ねます。
 産卵床の条件は流速、小砂利と砂の混じったところ、そして綺麗な砂利と砂なのです。
 継続的に川耕しを実施することでこの環境を整えることができ、増殖という結果につながります。
 オイカワなどの雑魚釣りは是非川に入って釣ってもらいたいのです。
 
 ところで結果拝観!
 判りにくいのですが、覗いていると川耕しをしたところには魚が定位しています。
 明らかに縄張り行動をしているようです。
 その周りには群れが集まっています。
 これだけの場所ですが、周りの川耕しをしていない黒っぽいところより魚の数、密度が高くなっています。
 わずか1時間強で成果が現れていました。
 十年来続けてきた結果に一人で喜んでいます。
 (十年前の記事ですが当時のきっかけを書いています。)

 後に続く方がいると良いんですがなんせ地味ですし、釣っている方が楽しいですからね。
 一匹釣ったら10回ツイスト!
 小畔に入る釣り人さん 宜しくお願いします。

DSC01592.jpg

 橋の上からふと西の空を見上げると?
 ×が出ていました。

 ショックだったな!
 今さっき成果を確認してきたのに、全否定かよ。





スポンサーサイト
  1. 2018/08/19(日) 07:28:56|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川 18日 韋駄天さんも挨拶に、川耕しも!

 今朝の小畔川は無風快晴
 金堀橋下のプール、公園前から入ってみました。
 昨日同様、良型がアップクロスで入れ食い。
 韋駄天も挨拶に来てくれました。


DSC01567.jpg

 どうしてこんな色になるんだろう?
 不思議ですね。
 美しい!
 

DSC01544.jpg

 今朝は肌寒いほど、今までの暑さはなんだったンだろう。
 半袖では少し寒いのです。
 朝日が昇って少し陽が差してくるとちょうど良い感じ。
 久しぶりに気持ちの良い朝です。
 流れに入ると更に宜しいです。


DSC01543.jpg

 一投目!
 フライが着水してモコッと喰いました。
 何時も一投目はドキドキです。
 反応するのかしないのか、その日の調子を計っています。
 今朝は無風だったのでキャストも教科書通りに狙ったところに狙ったように落ちました。
 フワと落とすのが肝ですね。
 虫が落ちるように。
 上流にキャストしますから、流れでラインが手元に寄ってきます。
 合わせをしっかり瞬時にできるよう処理が必要えすね。
 ハンドツイストでも右手でラインを手繰って左手に貯めても、どちらでも宜しい。
 要は、合わせが岸っとできる事。
 大合わせはだめですよ。
 フライが10㎝でもサッと動けば宜しいのです。
 大合わせをするとオイカワが吹っ飛んできますからね。

DSC01541.jpg

 ユックリ取り込みます。
 できれば途中で鈎が外れると嬉しい。
 手元まで寄せて外すのは面倒くさいのです。
 テンションを緩めると外れることがありますが毎回ではありません。
 その時はラインを使って魚に触わらずに外しますが、ひと手間増えるので、入れ食いになると面倒くさい。
 ぜいたくな悩み? 


DSC01545.jpg

 今朝のアベレージです。

DSC01556.jpg

 久しぶりの韋駄天さん。
 鰭のグラデーションが美しい。
 鼻っ柱も顔も真っ黒。
 追星もぼこぼこ出ています。
 体色も派手に出ています。
 引きが格別なんです。

 韋駄天を釣るととっても幸せな気持ちになれます。

 最近気が付いたこと。
 韋駄天の目線が気になるのです。
 何時も伏せ目がち。
 釣られてしまって恥ずかしいのでしょうか?

 体の事
 韋駄天に変身していないオイカワは粘液が強く障るとベタベタ、手が生臭くなります。
 韋駄天は粘液が弱いのです。
 べたべたしません。
 どうしてなのか判りませんが、さっぱりとした風呂上がりの体です。
 汗だくのベタベタではないのです。

 雄が韋駄天に変身するにはホルモンの変化が必要と聞いています。
 雄の中でも極めて強いホルモンを消費して韋駄天に変身するそうです。
 この時の体力消費が大変なもので死んでしまう個体もあるとか。
 雄の中の雄!
 子孫を残すために、弱い不良な遺伝子を残さないために 選別されています。
 こうやって子孫が残せるのでしょう。

 少しオイカワの世代交代にお手伝い。
 今朝も川に入ったので川耕しを少し。




  1. 2018/08/18(土) 11:17:34|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月16日 今朝の小畔川  ドライで入れ食い!

 8月16日朝 小畔の活性は最高でした。
 第一投目からドライに活発に反応していました。

DSC01512.jpg

 今朝は二時過ぎに一度目が覚め、4時前に目が覚めたら渓流にでもと思って二度寝。
 五時まで寝まして朝焼けを拝みました。
 こうなると小畔遊びです。
 本当に久しぶりの小畔川。
 自宅から歩いて30秒走って10秒ですが、ここのところ全くご無沙汰でした。
 危険な酷暑が続いたのも一つの理由でしたが、どうも足が向かなかったのです。
 
 

DSC01515.jpg

 小畔川で日の出。
 

DSC01516.jpg

 吉田橋まで歩いてここからに釣りです。
 到着すると所沢のARIさんが竿をつないでいました。
 僕は何時でも釣れるように(面倒くさいので)繋ぎっぱなしなので、まず一投。
 元気良く、こ奴が食い付いてきました。
 ライズリングがポワーンと出てその上流側にフワッと落とすとバシャっと出ます。
 狙ったところで狙って釣った時の快感。
 ビジュアルの釣りの醍醐味ですね。

 ARIさんが仕掛けの準備完了でやってきましたので10匹ほど連続で釣った場所を譲りました。
 上流へ!

DSC01518.jpg

 高橋のプールへ。
 対岸の瀬頭に良型が付いていました。
 こちらはライズの感覚を計りながら狙います。
 吉田橋と違い、こちらは一テンポ遅らせてあわせます。
 面白いですね。
 同じオイカワですが、流れ方、場所、天候等々によって当たりフライも違うし、合わせも変わってきます。
 オイカワ、奥が深いですね。


DSC01521.jpg

 何時もの道具立てですが、ライトスタッフ#1 2ピース #7リーダー 0.4号ティペット #21のフライ
 ちなみに、リーダーはマキシマ。
 今は何処にも売っていないようです。
 そんな訳で一年近くこのリーダーは繋ぎっぱなしなのです。
 当然ですが先のほうが切れたりしますから、ティペット部はありません。
 0.6号のハリスで少しテーパーを作ってその先に0.4号のハリスとなります。
 今回のフライは当たりだったようです。
 フライを替えたら当たり少なくなってしまいました。

DSC01524.jpg

 吉田橋上の癒しの瀬。
 良い流れですね。
DSC01525.jpg

 十分に釣ったのでARIさんと別れて帰り道。
 東上線鉄橋と青空。
 空が高く高く感じました。

 


DSC01526.jpg

 金堀橋上の瀬です。
 プールから瀬頭が凄いのでした。
 釣れたオイカワを寄せてくるとその後ろに数十匹のオイカワが付いてくるのです。
 プールでゆっくり流すとそこからドカーンと飛び出してきます。
 勢い余って宙返りをしたり、ジャンプをしたり、元気一杯!

 十分に楽しんだ朝でした。
 8時には暑くて退散しました。

 金堀橋を渡っているとフワッと風が吹きストローハットが!
 僕の麦わら帽子は何処に飛んで行ったのでしょう?

 橋の上から場所を定めて河川敷に降りて分け入ったのですが藪が強烈で捜索難航!
 回収不能でした。
 お気に入りだったのでちょっと残念。
 あちらこちら破けていましたが、お気に入りはお気に入り。
 満足とガッカリが交差した朝でした。
  1. 2018/08/16(木) 15:44:24|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

釣れたのではなく釣ったという事! 5月26日朝の小畔川


小畔川では空気式の取水ダムが上流部の何箇所かに田植えの季節に設置されます。
今朝は田からの戻り水でひどい濁りです。
そんな中、韋駄天さんが挨拶に来てくれました。


20180526095820ebe.jpeg

はっきりと婚姻色に染まった雄のオイカワ。
韋駄天と呼ぶにはこうでなくっちゃね。
鰭も発達し、同じ大きさでも別の魚のようです。


2018052609582340c.jpeg

そんなに大きな個体ではありませんが存在感抜群。
韋駄天です。


201805260958211a7.jpeg

もう少しで韋駄天に変わるかもしれない個体



20180526095818daf.jpeg

釣友のARIさんが釣っています。この場所で釣りました。
今朝の小畔川はこの通りひどい濁りでカフェオレ!

全く期待ができない状況でした。
高橋から下りここまで来ると瀬頭にライズを見つけたのです。

実質の透明度は10cm以下では無いかと思います。
厳しい釣りとなりました。
それ故に釣った喜び満足は二倍三倍です。

釣れたではなく、釣ったのです。


2018052609582436b.jpeg

鉄橋下もこの通りいつもはライズがあるのに沈黙です。

今朝のポイントと釣り方の解説です。
まず、釣りにならないということを頭において、どうしたらよろしいか。
フライが見える所がポイントです。
綺麗な水でしたら放っておいても食いつきますが今朝は違いました。
瀬頭の浅い所でオイカワがフライを確認できそうなところを探す。
ライズがあれば大丈夫。
無くても見えている可能性があります。
キャストはピンポイントです。
いつもピンポイントを狙わなければ釣れない所で遊んでいる方にはどうってことはないでしょうが、簡単に釣れる所でばかりの釣りをしていると苦労します。
ドライでもアップクロス、アップを中心に心がけていらっしゃる方は簡単に狙えると思います。
ウェットの方が釣れると思いますが、これもピンポイントで魚の直前にフライを持っていくテクニックが必要です。
見えないんですから、スイングをするにしても狙ったピンポイントにフライを落として、水面なのか5cm沈めるのかコントロールが必要です。

イメージ通りに流しても食うとは限りません。
フライを見つけて餌と認識させなくちゃね。

釣れたでは無く釣った魚。
こうやって釣った今朝の韋駄天は値千金です。
これができればどこでも釣れますよ。

皆さま大丈夫ですね。

僕は久しぶりに決まったので有頂天なのです。

  1. 2018/05/26(土) 10:28:30|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

小畔川の頂点に位置する生物は外来種


釣友 ボーイスカウト君から凄い報告がありました。

20180513170202151.jpeg

先日、釣友を小畔川に案内したときに釣ったのがカムルチー
ジグヘッドにオイカワを背掛けで釣ったそうです。
大きいですね。
指を突っ込んだら噛みちぎられてしまいそうです。

2018051317020059d.jpeg

今日はバスが釣れたそうです。
半端なく大きいですよ。
ネットの直径は50cmです。
はみ出していますね。
ベイトはオイカワのようで丸ごと一匹吐き出したとか?
ルアーですね。

昨日も泳いでいるのが目撃されましたが、仕留めたのは立派!

バスはスズキの仲間です。
白身で上品な味ですよ。
ムニエルがオススメです。

キャッチアンドイート
このバスはお持ち帰りされました。

バスバスター 宜しくお願いします。

小畔川にいつのまにかこういった魚食魚が居着き、繁殖するようになりました。
こういった魚の繁殖と同じくしてオイカワの数が少なくなってきました。
特に良型、イワシサイズと呼んでいた13cm以上の個体が目に見えて少なくなってきています。
大きいのから食われるので当然だと思われます。
カワウでしょうか。
水量の減少でしょうか。
原因は複合したものと思われます。

私たちにできることは食われる以上に生産量を増やすか、原因である魚食魚の駆除をすることです。
川耕しによる河床の再生、産卵床の整備。
リリースをしない。
釣ったら〆る。
草むらに置くとイタチ、たぬき、カラスなどの動物が喜んで食べています。
お持ち帰り、ソテーにして食べるのが一番のおすすめです。

バスを狙っている方、リリースはやめてくださいね。

私は魚場監視員として小畔川を見ています。
釣りをされる方からは遊漁料を徴収して、遊漁規則、県条例に反する行為を行うものに対しては、規則を守ってください、危ないことはやめましょう。
等等のお願いをする義務があります。
小畔川で釣りを楽しんでいただきたい。
たくさん釣っていただきたい。
トラブルはご法度!
こんな気持ちで釣り人と接しています。

沢山の釣り人が入るとカワウも寄り付きません。
いいことだらけ。

宜しくお願いします。


今日はボーイスカウト君、お友達の釣り人さん ありがとうございました。





  1. 2018/05/13(日) 17:48:01|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

もうすぐ韋駄天に 5月13日 朝の釣り

お約束通り今朝も小畔川
良型が出ています。
韋駄天もどきもでました。

2018051309144531a.jpeg

6時過ぎから高橋のプール瀬頭から鉄橋まで
このクラスはほぼ毎回つついてきました。


20180513091443ff2.jpeg

今期初の韋駄天?
もう少しで韋駄天に完全変身する個体。
小畔川では最大クラスになります。
14cmのメジャーを少し超えていました。
12cmクラスはだいぶ釣れましたよ。


201805130914453b3.jpeg

ARIさんと久しぶりに会いました。
嬉しいプレゼント毛針ホルダー。
大事に使わせて頂きます。

NZEさんとも今朝はお会いしました。

餌釣りの方三人

ルアーの方四人

20180513163719255.jpeg

ARIさんからいただいたのは毛鉤ストラップ
毛鉤を配置してレジンで固めたそうです。
加賀毛鉤の記事を以前アップしたことがあり、それを参考に制作されたそうです。

商品になるレベルの腕前です。
素晴らしい!



  1. 2018/05/13(日) 09:22:49|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガッカリした! 5月12日 夕の小畔川


ガッカリです。
夕方は入れ食いと川に向かうと お汁粉!


201805121719134ca.jpeg

四時過ぎ、午前中の良い思いを思い出しながらニヤニヤして川に向かうとこの通り!
ガッカリです。

気持ちを切り替えて、今日の釣りはおしまい。
明日の朝に期待しましょう。



201805121719127fa.jpeg

この花はなあに?
普段は余り気にしませんが今日は釣りおしまいなのでこんなところに咲いた花を見ました。

20180512171910504.jpeg

空模様は微妙だけど、明日の午前中は大丈夫でしょう。
入れ食い期待。

夕方若い方が流し毛針でオイカワ狙い。
日が悪かったですね。
カフェオレでは毛鉤が見えないのです。
そして流す場所も大事。
明日の午前中は大丈夫でしょう。

ガッカリしたなー!


  1. 2018/05/12(土) 17:28:46|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

到来の予感! 5月12日 朝の釣り


今朝も小畔川
流れが澄んでいます。
期待上々の小畔川でした。

20180512141621f35.jpeg

6時 金堀橋から上流へ遡りました。
昨日とは雲泥の差、正に泥濁りから澄んだ流れに変わっていました。
フライがよく見えるようで、アタックの回数が半端じゃない。
着水と同時にバイト、フライが流れているのを見つけてバイト。
このパターンがワクワクします。
着水したフライを見つけて底から水面に飛び出して来ます。
底の方でキラッとヒラを打ったように見えるとフライめがけて浮上して来ます。
ドキドキする瞬間なのです。
朝方はこの大きさが主でした。


201805121416265ec.jpeg

矢車草もそろそろ終わります。
鉄橋を渡る電車とのコラボ。
日曜日の朝、こんな番組がBSでやっていますね。
その気になって撮って見ました。



20180512141622d3d.jpeg

鉄橋を潜り抜け上に行くとフライマン!
手を振っています。
NZEさんでした。
久しぶりです。
釣りはそっちのけ、日陰に行こう❗️
時事、釣り、電車に乗って思うこと、隣近所のこと等等。
話が尽きません。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
釣り友で話友達、こういうお付き合いは肩が凝らず本音で話せていい関係。
釣りの話。
昨日の昼は最高で、良型が五連発、イワシサイズのオンパレード。
えええ!
昨日の夕方は おしるこ状態でウンともスンとも。
昼間は凄かったんだ。
そんな話で煽られてしまいました。

2018051214162491d.jpeg

高橋のプールから釣り下り。
日が昇り気温水温が上がって来ると反応が全く違って来ました。
今まで静かだった良型が動き始めました。


20180512141706f15.jpeg

だんだん型がよくなり、最後はこれが入れ食いに。
引きが全く違いますね。
到来宣言をしましょう。
小畔川、雑魚シーズン開幕です。

水温が上がって虫が飛び出してそれを狙ってライズ。
ワクワクする時間がやって来たのです。

どこにでも居ますが良型は探して釣る。
渓流気分でポイントを探しながら、これは楽しい、飽きない!


201805121416203e9.jpeg

野ばらも旬です。

今期はどう判断していいかわからない日々が続きました。
正直言って、年々魚が少なく、小さくなって来ているように思えます。
川耕し、産卵床も作っていますが、なかなか増えません。
原因はどこにあるかわかりませんが、現状を守って行くしかありません。

夕方も時間を作って行ってみよう!


小畔シーズン到来です。
どこでも釣れますよ。

どうしても釣れないときはコメント入れてください。
ポイント、フライ、流し方、これがいいかもとアドバイスしますよ。


  1. 2018/05/12(土) 15:02:36|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルンルンから愕然と 5月11日夕の小畔川

昨日の夕方、カフェオレで坊主
田植え時期なので濁りが強烈なのは仕方がないと思っていたが、今朝、出勤時はクリア
今日も早帰りとしましたが!


20180511182659420.jpeg

今朝出勤時の小畔川は濁りも取れて少しだけ水位が高く、これは釣れると期待。
早めの帰宅とし5時過ぎから川へと思っていました。

しかし、金堀橋を渡りながら水面を覗くと昨日以上の濁り。
カフェオレを通り越しおしるこ状態。
田植えの影響ではなく上流部に土木工事が入っているようです。
ガッカリ!


201805111826340a9.jpeg

とは言え、せっかく帰ってきたわけだし、釣らなくっちゃと出かけました。
ドロドロです。
全く期待できませんが、そこは病気ですから、キャストの繰り返し。
何箇所か場所を変えフライを変え流し方を変え!
一度バイトがありましたが小さくて釣りにならず。
今日も坊主
明日の朝、再挑戦


20180511182633786.jpeg

ケシでしょうか。
この花が咲いてます。

また向こうでケーンと鳴いています。

ツバメは飛びながら水面を嘴でなぞって水を飲んでいます。
季節の変わりは着々と進んでいるようです。

オイカワも動いて欲しい!



  1. 2018/05/11(金) 18:41:10|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨上がり 坊主を喰らう! 5月10日夕の釣り


雨後の小畔
活性も高く入れ食いを期待
しかし!

20180511042344613.jpeg

この時期小畔の河川敷は矢車草が咲きほこり紫が点々と続いています。
鉄橋から下流は草刈りが進んでいますが上流は手付かず草いきれの中を歩くことができます。

20180511042345199.jpeg

水位は観測所115cm
最高のコンディション
期待して金堀橋から覗くとカフェオレ!
????
都心ではかなり降ったようだがこちらはさほど降っていないはず。
もしかして以前の河川工事箇所からの濁りかと思い鉄橋上へ向かう。
濁りっぱなし。

失念していました。
この時期は田起こし、田植えの時期なのです。
田に引いた水の戻りで濁りが半端ないのでした。

せっかくだから流してみるもたいしたあたりがありません。
流れがゆるい所、瀬上のトロなど狙いました。
何度かバイトがありましたが乗らず!

坊主!
ガッカリでした。


20180511042346f6a.jpeg

早帰りで五時から三十分の釣り。
不思議なことにヘリコプターが目の前でグルグル回り始めました。
何か事件?
川越での事件は報じられなかった!

釣れない小畔でした。
明日も挑戦してみよう。
  1. 2018/05/11(金) 04:40:45|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ