FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

冬になると良型のオイカワが消える! 仮説を裏付ける事が!



 小畔川では年末になると、遅くても年明け早々には良型のオイカワが何処かに行ってしまい不思議に思っていました。
 いろいろと考えたりフィールドを観察してある仮説とそれを証明できそうな状況がありました。


IMG_0111.jpg

 ここに掲載した画像は先日アップしたものと同じですが、ここにヒントが隠されています。


IMG_0110.jpg

 秋が深まり初冬になるまで、川鵜と鷺は離れて行動しています。
 ところが11月になると行動を共にしているのを見る機会が増えてきます。

  私が近寄ったので逃げているところです。
 川鵜の行動に鷺が従う??
 いや、川鵜を利用しているように思えました。
 つまり、この時期は川鵜の後を追うように鷺が動くのです。
 この行動と水温の変化によりオイカワの行動が変化することを併せると何故かという仮説を立てることができました。

DSC05335.jpg

 この画像では判らないのですが、水中に3羽川鵜が潜っています。
 浅瀬で鷺が待っているのです。

 川鵜は潜って水中の魚を追いかけて食べる習性があります。
 稚魚は小さいので捕えません。
 ある程度の大きさでないと捕まえて飲み込むことができないようです。
 同様に鷺もある程度の大きさでないと嘴で捕まえる事が出来ないのです。

 川鵜は夏場はほとんど小畔川を漁場としません。
 何処で魚を捕らえているかは分りません。
 ところが冬になると小畔川を漁場とします。
 
 他のところで魚が獲れなくなるからではないかと考えました。
 ここは雑魚が主ですが魚影が非常に濃い訳で、数でカバーできるのです。
 川鵜は一日に500グラムほどの魚を食べると言われています。
 良型のオイカワでしたら100ほどでしょうか。
 本流から支流の小畔川へ。
 
 瀬、淵ごとに数羽で捕食しています。
 浅瀬に逃げたオイカワは助かります。
 川鵜はついばんで捕食することはできないのです。

 ここに賢い鷺が川鵜の行動を利用しているのです。
 浅瀬に並んで待っています。
 普段は目の前に来るオイカワを根気強く待って捕食していますが、川鵜に追われたオイカワはパニック状態になり浅瀬に逃げてくるのです。
 労せずしてオイカワを頂ける訳です。

 このパターンでは一網打尽なのです。
 良型のオイカワに逃げ場はないのです。
 川鵜のみであれば浅瀬に逃げれば捕食されないのですが、鷺が食べてしまいます。
 逆に鷺だけであれば深場に逃げればよかったのですが、そこには川鵜が!

 この捕食行動を続けるのです。
 結果、良型が消えて、捕食されない稚魚のみが残ることになります。

 まだ仮説ではありますが、更に観察を続けていきたいと思っています。

 本日、川鵜が潜り、鷺が浅瀬で捕食する状況を動画に撮ったのですが、映っていなかった!
 これがとても残念で心残りでした。

 アップできればこんな文章を書かなくても一目瞭然だったんですがね。






 
 
スポンサーサイト



  1. 2019/12/09(月) 17:01:47|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

土手にカラシ菜が!

 六月末からピコア(ジム)に通って半年、小畔の土手をウォーキングで通っている。
 季節の変化を感じながら歩いていますが、ハッと気が付いたらカラシ菜が!
 
IMG_0293.jpg

 今日は雲が綺麗。
 絹雲から絹積雲の境目が良くわかる。
 恐らく10000mぐらいの上空の雲。
 流れが良くわかるという事はかなり強い風が吹いているようです。
 それに引き換え、地上はほぼ無風最高のお天気。



IMG_0294.jpg

 トレーニングの帰り道、からし菜発見!
 既に誰か先を摘んでいます。
 僕も少し摘みました。


IMG_0295.jpg

 この程度で十分。



IMG_0301.jpg

 簡単な調理で鼻がひん曲がるほど辛くなるのです。
 今夜は赤霧のアテに。
 最高に美味い!


  1. 2019/12/01(日) 20:48:56|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月18日 昼の小畔川


 旅行から帰って、久しぶりの小畔遊び!
 昼過ぎ、無風、入れ食い!

DSC05096.jpg

 空を見上げると飛行機雲が!
 上空に湿気が入り雲は消えずに広がっている。
 明日は雨か。
 そのとおり、今朝方、少しお湿りが。


DSC05090.jpg

 イワシサイズが出ています。
 ほぼ入れ食いですが、その中に良型が混じります。 

DSC05089.jpg

 画像の色合い、気付いていらっしゃいますか? 
 河床が写っていますが、汚いですね。
 大水が出て再生されましたが、最後の大水からもうすぐ一月。
 降っていません。 


DSC05084.jpg

 なかなか良い型でしょう。
 10㎝程度の物が入れ食いですがそんな中に交じります。


DSC05093.jpg

 ここは入間川出張所前。
 瀬頭からプールでした。
 遠くでライズがあり狙って釣るのは楽しい。


DSC05092.jpg

 先の画像の直ぐ下が小畔川八幡橋水位観測所。
 この白い枠の右側にフロートが付いている官があります。
 それで計っている訳です。


DSC05094.jpg

 そのまた下。
 八幡橋のプールです。
 良型はこれ一匹ですが魚は沢山。

 この日は4,7kmポストから八幡橋まで探りました。
 何処も魚は沢山居ます。

 十分に楽しめた一日でした。


 


  1. 2019/11/19(火) 15:55:14|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月1日 夕の小畔川 金堀橋の上下で楽しむ!

 11月1日 4時前から金堀橋を中心に上下流を左岸から釣ってみました。


DSC04736.jpg

 オイカワ釣りには絶好の水位となりました。
 河床は磨かれ言うこと無し!
 少し上から始めて、釣り下りました。
 右岸にエサ釣りの方が入っていたので、その上で釣り始め、移動されたのでここに来ました。
 最後は入れ食い!

DSC04740.jpg

 金堀橋のすぐ下流です。
 台風に引き続く増水で岸辺の形が変わりました。
 アクセスを難しくしていた葦が流されすっきりしました。
 今季初です。
 ここも良いですよ!

DSC04742.jpg

 今日の一番の型です。
 未だうっすらと色が残っていました。
 大きいです。
 引きも最高!
 


c2.com/k/o/a/koaze/DSC04730.jpg" target="_blank">DSC04730.jpg

 元気良すぎ!

 この週末は最高のコンディション、保証します。
 何処にでも良型が居ます。
 ポイントを見つけるとドライでもウェットでも良型が入れ食いになります。
 今日は4時になったらほぼ入れ食い状態でした。








  1. 2019/11/01(金) 18:16:29|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月31日 夕の小畔川 イワシサイズ入れ食い!


 小畔川は水位も下がり、120cm台となりました。
 先日は釣友にんにんさんから高橋入れ食いの一報を頂き夕方確認に行ってきました。

DSC04725.jpg

 これは今朝11月1日日の出直前とその後の状況です。


DSC04727.jpg

 30日は雨上がりで関東は霧に覆われましたが、今朝も31日に続き小畔川の土手内は霧が発生しました。
 水温が大気より高く核が浮遊して微風。
 条件がそろっています。
 遠くを見れば恐らく入間川でも同じことが起きているようです。
 送電線鉄塔の下が白くかすんでいます。
 日が昇ってきたら薄れてきました。


DSC04719.jpg

 ここからが昨日の状況です。
 金堀橋下流を釣ってみました。
 最後はこのサイズ、正にイワシサイズが入れ食いとなりました。
 アップのドライです。
 オイカワ釣りで一番興奮する釣り方です。
 そして、難しい。
 キャストごとに反応してくれました。
 


DSC04717.jpg

 場所が変わるとこのサイズ。
 面白いですね。
 オイカワも冬に向かって良型も群れになり始めました。
 良型と小型が棲み分け始めたようです。



DSC04723.jpg

 河床はこのとおり、ピッカピカ!
 きれいな流れ、気持ちが良いです。

 水位が下がり流量が減ってくると底石が動かず、垢がたまり、川虫の動きも悪くなるので着き場が変わってきます。
 川耕しでポイントを作っていますが、大雨一回で全てが綺麗になってしまいます。
 人の力のなさがむなしい!
 災害が起きない程度に時々増水して欲しいですね。




  1. 2019/11/01(金) 08:46:14|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月24日 朝の小畔川 大増水後の釣り


 昨日24日の朝、水位が139cmまで下がったので河床の状況を確認がてら試し釣りをしてみました。
 今朝は、低気圧と遠い台風の影響で20㎜程度の降水を確認していますが引き続き100㎜を超える降水が予想されています。
 現在159cmまで水位が上がっています。


DSC04663.jpg

  昨日7時の状況です。


DSC04450_201910250743099e1.jpg

 台風が来る前の同じところです。


DSC04664.jpg

 前の画像の右岸樋管から
 よく見ると流れが大きく変わっています。
 ここに限らず岸際が大きく削られ瀬が広がっています。


DSC04670.jpg

 ここは金堀橋のすぐ上の瀬です。
 同じく岸際が水流の激しさで広がっています。
 葦が生えており、強固な岸際ですが、広がっています。
 堆積した土が流れ小石が主体の河原になっています。
 流れにより瀬が広がり、オイカワにとっては住み易い状況に変化しました。

IMG_0031.jpg

 気になるのはこちらです。
 4㎞ポスト付近の左岸です。
 八幡橋下流500m付近です。

 大きくえぐられています。
 ここは流れに一番近いところの護岸がありません。
 何故ここがこんな状況で放っておくのかはわかりませんが、以前はこんなにひどいことになっていなかったのです。
 堤防迄直ぐのところまで削れています。
 思い当るのはこの前に河畔林がしっかり生えていましたが、それを全て伐採してからの変化のような気がします。
 早急の対策を立てないと更に形が変わってきます。
 最悪は堤防が破壊されるかもしれません。
 以前、河畔林があった頃の状況です。



  1. 2019/10/25(金) 09:28:18|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川 10月8日 雨上がりの夕、活性高し!


 夕、つかの間の小畔遊び。
 活性が高くほぼ毎キャストごとに反応有!
 良型も出ました。


DSC04554.jpg

 本夕は4時過ぎから5㎞ポストの瀬頭を中心にドライで楽しみました。
 下流には金堀橋。
 瀬下にキャストするとこのクラスが着水と同時に飛び出してきました。
 朝方まで前線通過による雨が降っていたが、夕には平水、透明な流れになり良く見えるのかも。


DSC04556.jpg

 瀬頭からこの水深で食いが立っていました。
 しかも良型!


DSC04558.jpg

 プールでは良型のライズリング。


DSC04559.jpg

 時間はあっという間に過ぎていく!
 気が付いたら日が沈んでいました。
 明日は晴れの予報。
 また釣ろう!


  1. 2019/10/08(火) 20:43:27|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川9月28日 釣れていますよ!


 夕方は4.7㎞の瀬頭を中心に小畔遊び!
 オイカワは期待通りに遊んでくれる。
 ドライとウェット!
 同じフライで十分に楽しめました。



DSC04478.jpg

  4時前に瀬頭のドライ遊び。
 今日はクロスの釣り!
 偏光グラスをかけると水中が良く見えます。
 小畔川はほぼ西から東に流れているので、アップの釣りでは水中が見えません。
 こんな時、横は見えますからね。
 風がないと水中がバッチリ見えます。
 フライが着水すると下からオイカワが突き上げてくるのが良く判ります。
 ライズがなくとも、水中が見えるので、平を打つとオイカワの居場所が直ぐわかります。
 オイカワの居場所を確認したら少し上流にプレゼンテーション!
 オイカワが上を向いたら合わせます。
 これですと5割以上のヒット率になります。
 時に100発百中になることもあります。
 ドライでオイカワのフッキング率が下がるのは咥えている時間が短く、バシャっと水面の変化を認識してから竿を上げてラインを引いても遅れてしまい、その時はフライを吐き出しているからです。
 しかし、見えている時は咥える瞬間を予測しながら合わせができるのでフッキング率が極端に良くなります。
 条件がそろったら是非お試しあれ!

 今日も飽きるほど釣りました。

DSC04482.jpg

 ドライも飽きたので下の瀬からプールに流れる頭でウェット。
 こちらは向こう合わせですからスイングをかけるだけ。
 釣られたオイカワは恨めし気!


DSC04484.jpg

 小畔のヒガンバナも最盛期!


DSC04489.jpg

 私の故郷、福島ではヒガンバナはあまり歓迎されていません。
 彼岸花、女郎花、曼珠沙華。
 彼岸時、お墓に咲くのが彼岸花、触らないように持って帰らないようにと教えられました。
 畔の花は刈り取られ、お墓にだけ生えていました。

 埼玉に来てビックリ!
 巾着田は彼岸花で有名!
 記憶が正確ならば、小学校の理科の教科書にタガメの生息地と記載されていたはずです。
 埼玉に越して来た時、ここに行ったのですがタガメには会えなかった。

 一面絨毯を敷き詰めたような景色の巾着田。
 小畔川は緑の中に朱点が散らばる景色。
 散歩も楽しいです。




  1. 2019/09/28(土) 18:20:04|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

9月23日 夕の小畔川 八幡橋から金堀橋

 夕方は小畔遊び。
 今日は八幡橋水位観測所から金堀橋の間を探索してきました。


DSC04442.jpg

 今年は少し遅れているようです。
 小畔の河川敷には曼珠沙華が沢山生えています。
 咲始めです。
 一面の絨毯のような咲き方より緑の中の朱点!
 点々と咲く花が宜しい!
 趣があります。


DSC04439.jpg

 ここは八幡橋の水位観測所です。
 小畔川の釣りで参考にする水位はここで観測されています。 
 白い枠の向こう側、塩ビパイプに水深計が入っています。
 ちなみにこの時の水位は118㎝となっていました。


DSC04438.jpg

 瀬では反応なし。
 瀬頭から鏡で活発に食ってきました。
 ドライで十分に食い。

DSC04441.jpg

 もう一つ上の瀬です。
 こちらはドライの反応が悪い。
 瀬の中をウェットで攻めると良型が連発でした。

DSC04444.jpg

 こちらは4,7kmの瀬頭。
 ドライでバッシャン。
 楽しい!

DSC04446.jpg

 金堀橋下の瀬をとばして、金堀橋の瀬頭。
 ここにも着いています。
 向かいの浅瀬に群れが付いていました。


DSC04450.jpg

 金堀橋下の瀬をやらなかったのは、フライマンが入っていたから。
 ご挨拶をするとここは釣れるからと返事をくれました。
 時々見かける方かな?
 こんな風に遊べるのは楽しいですね。

DSC04448.jpg

 日が沈むまで遊んでしまいました。


DSC04451.jpg

 今日は秋分の日。
 国旗を掲げました。




  1. 2019/09/23(月) 18:49:01|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川 9月18日  竿を持たずに水辺散歩!


 今朝は御伊勢橋までウォーキング。
 適水位、水質抜群、活性も高く良型が釣れていました。


IMG_9725.jpg

 吉田橋から高橋に向かっていると、見たことのある方が練習中!
 ゲッチさんが初心者にキャス錬中。
 ロールキャストが決まっていました。
 お連れの方は横浜方面からいらっしゃったそうで、キャス錬に引き続きのオイカワ釣り。
 目の前でお見事!
 オイカワ連荘で釣りました。

 ゲッチさんって罪なことをしちゃいましたね。
 オイカワフリークお二人様誕生、そして、フィッシングウィドウが二人できてしまったような。

 冗談はさておき、十分に楽しんでいただいているようです。




IMG_9717.jpg

 飛び石です。
 いつもより水量が多く、オイカワの活性は高めですね。



IMG_9716.jpg

 河畔林 バッサリです。
 御伊勢橋から下流のお気に入りの木々が全て切られてしまいました。
 この木は思い出があります。
 ボーイスカウトの野外訓練でテント泊の場所でした。
 地区の訓練場所のようでした。
 釣友、ボーイスカウト君と初めて会ったのもこの場所でした。


IMG_9719.jpg

 御伊勢橋から上流は未だ伐採されていないので河畔林が残っています。
 このままにしておいて欲しいです。


 さて、今朝の巡回で気になることがありました。
 釣りは楽しい。
 沢山釣りたい。

 何でもあり。
 私に言うか? もっとひどい釣り人がいるよ。
 ここは、放流がされていないはずだが、管理は何処の漁協か?
 
 大したお願いでは無いのですが、お持ち帰りで無かったら魚籠に入れずに放していただけませんでしょうか。

 放すと魚が散ってしまうんだよ。
 最後に放すから。

 放流をしていないから魚が少しでもダメージを受けないように。
 沢山の魚が魚籠に入った場合、スレによるダメージが大きい。
 何時までも楽しめるようにと釣り人にお願いしています。

 魚籠にはハリスによる鈎外しがセットしてあり、十分にベテランの釣り師と思います。
 魚に触らないという事で手返しの良さと魚へのダメージを考えていると思いました。
 もしかしてどこかの釣り会に所属しオイカワの釣り大会などに参加している方かもしれません。
 年齢も私より上の方と思われたので丁寧にお話をさせていただきました。

 魚籠を開放する素振りが無いのでこれ以上の御願いは止めました。

 1放流がないという事を知っていて漁協は何処かと聞いた事
 2もっとひどいことをしている釣り人が沢山居ると言った事
 3私より年配者であろう事

 上記1,2,3 分別あるだろうベテランと思われる老人との対話で今日は不機嫌です。
 
 どうして不機嫌なのか細かく書くとまた不機嫌になるのでここまでに。
 ちなみに私は漁場監視員です。
 人が見ていないところで魚を増やす努力をしています。


 
 

  1. 2019/09/18(水) 16:14:03|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ