小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

奈良へ その3

 月曜日、帰路に就く前にやっぱり大仏様でした。

P3300143.jpg
 圧倒されます。
 日本で一番大きな、世界で一番大きな木造建築です。

P3300145.jpg
 入口右側に「おびんずる様」いらっしゃいました。
 とにかくでかい。
 悪い所をなでると良くなるそうですが、でかすぎて手が届きません。
 そして、不気味なのです。
P3300150.jpg
 このアングルは定番ですね。
 とにかくでかい。
P3300152.jpg

P3300158.jpg
 御朱印は華厳です。
 華厳宗総本山。

P3300153.jpg
 フンフンフンフン鹿のフン。
 寄ってきました。
 愛くるしい鹿に見送られて奈良を後にしたのでした。
スポンサーサイト

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/31(火) 16:45:22|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良へ その2

 日曜日は法隆寺、中宮寺、法輪寺、長谷寺、室生寺を巡礼。

P3290117.jpg
 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」その鐘楼脇から眺めた五重塔と金堂です。
 釈迦三尊像を拝んで来るのが第一の目的でした。
 百済観音とも対面することができました。
 今で言うスレンダー美人です。
 飛鳥時代の仏様は痩せてスレンダーなのです。
 大陸から仏教が伝わった初期の仏様は皆スマートです。
 奈良、平安時代になるとふっくらとしてきます。
 P3290118.jpg
 西円堂の北を守る仏様です。
 百済観音の美しさを拝んだ後は、玉虫の厨子をゆっくり見てきました。
 一枚だけ当時の玉虫の羽が残っていましたが、輝きは失せていました。
 夢殿の救世観音は東京に旅に出ていました。
 
 ここから隣の中宮寺へ。
 ここには弥勒菩薩がいらっしゃいます。
 不思議ですね。
 足を組んで小首をかしげて。

 P3300155.jpg


P3290124.jpg

P3290130.jpg

 長谷寺。
 回廊が素晴らしい。
 桜が五分咲きで、お寺とのコントラストも素晴らしかった。
 土産物屋の親父は橋の上から眺める景色が最高で、ここで昼飯を食べるのが最高の贅沢と教えてくれた。
 正にその通り、長谷寺を見上げると桜のピンクとお寺のくすんだ色彩がいいですね。

P3290136.jpg

P3290141.jpg

P3300157.jpg

 女人高野
 室生寺
 奥の院まで階段を上ってお参りしてきました。
 六百数十段まで数えましたが、その後は意識が朦朧として何段だったか解らなくなってしまいました。
 今、太腿がパンパンです。
 

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/31(火) 16:28:45|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良へ

 土曜日から2泊3日で奈良へ行ってきました。
 前々から奥は奈良へ行きたいと言っていました。
 結婚して初めて住んだのが奈良市だったのです。
 そのため、マンネリ気味の私たちとしては原点に立ち返って己を振り返る必要があったのです。
 なんて書いちゃうと凄いのですが、ミーハーの部分もあり土曜日から休日高速料金も1000円となったことから一大決心で行ってみようかということになったのであります。
 鶴ヶ島インターから外環道経由中央自動車道をひた走り小牧インター1200円、名古屋都市高速350円から東名阪自動車道750円そして亀山ジャンクションから名阪国道を通り天理経由で奈良市内へ入りました。
 高速料金は合計で2300円となりました。
 帰りは月曜日、名古屋から東名高速経由で帰ったところ8400円でした。
 ETC休日割引は大きいですね。
 そして、経路を考えないと1000円では目的地に行けません。
P3280091.jpg
 藤原町、ここが目的地です。
 奥から2番目の2階に住んでいました。
 昔のことです。
 
 奥の希望の現地確認が澄んだら私の希望。
 当然釣りと行きたいところですが、今回は場所が場所だけに封印。
 御朱印の旅にchangeです。
P3280098.jpg
 宇和奈辺、小奈辺古墳を眺めて平城京跡へ向かいました。
 この付近には海龍王寺、法華寺があります。

P3280101.jpg
 奈良ホテルのロビーで今夜の宿探しです。
 何の予約も無しに来たもんですから、せっかくならここのロビーでゆっくりと宿探しと決めました。
 ここは雰囲気だけでお終い。
 一泊お一人様2万円はちょっと高いし満室なので、何時も出張時の宿探しテクニックを駆使して、奈良駅前のホテルを朝食付駐車料込みで2二人で9800円でゲット。
 一日目の奈良は過ぎていきました。
 ちなみに7時半に自宅発、奈良には3時前に到着していました。
 

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

  1. 2009/03/31(火) 08:21:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の大地にも春の息吹が?

 先週に引き続き今週も北海道へ出張でした。
P3230057.jpg
 月曜日の朝、出勤経路の公園を突っ切る時に見た桜です。
 もう直ぐ咲きそうでした。
 先週末から暖かかったですからね。
 帰ってくる頃炉には3分咲きから5分咲きかなと思っていましたが、帰ってくるとまだ一輪2輪とちらほら咲き始めた状況でした。
 今週は寒の戻りでしょうか、川越も冷えましたからね。
P3240066.jpg
 こちらは網走湖の湖面です。
 全面結氷、まだ溶けていません。
 22日まで、ワカサギ釣りができたそうです。
 定宿の方から、遅かったですね。
 先週末で、氷上の穴釣りは終わったのですよ。
 もうすぐ春で氷も緩んできますからね、とのことでした。
 今週も出張道具にはフライロッドがどういう訳か入っていましたが、これではね。
 安近短そして快も入った私は、禁漁前でも寒くって氷上の穴釣りはちょっと無理でした。
 ご覧のとおり、湖面は氷に覆われていますが手前に地面が現われてきています。
 春はそこまで来ていますね。
 でも寒かった。
 朝はマイナス6度。
 キーンと冷えて外で写真を撮っていたら頭が痛くなってきました。
 しかし、昼間は8度まで気温が上がって暖かな北海道でした。
 湖南荘のスタッフの方、お世話になりました。
 暫く、(これが最後?)行けなくなってしまいましたよ。
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/27(金) 05:40:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯉釣り

 本日の天気予報は西から気圧の谷が接近しており、昼ごろ前線が通過する予報でした。
 何時もどおり5時過ぎに起床、7時過ぎから冬タイヤを夏タイヤに入れ替え。
 南風がビュンビュウン吹き出し今日の釣りはどうしましょうかと考えていました。
 こりゃ番手をあげて風に負けない釣りしかない訳で、小畔川に出漁と決定したのです。
 今年初のフライで鯉です。
 昨年は一回、恐らく今年もこれが最初で最後の小畔鯉釣り。
Image0651.jpg
 昼までの一時間少々の釣りと決定しました。
 プラントFさんをお誘いしました。
 鯉の経験が無いとのことで、誘ったら一発でフライに食いつきました。
 こんな釣りしたいです。失礼。
 初鯉の写真ですが、完璧ピンボケ。
 良いアングルと思ったんですが、携帯が接写モードになっていました。
 記念すべき一枚がこんなになってしまい申し訳ない。
 今日の鯉はスレていました。
 この連休中に攻められたようです。
 フライが少しでも不自然に流れると手前でUターンしたり、潜ってしまいます。
 そんな中で、プラントFさん、初鯉ながら3匹しっかり釣ってしまいました。
 はまってしまいますよ^^^^。

 
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/22(日) 16:55:54|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

千歳川

 今週は北海道千歳市に出張でした。
 不思議なことに今回もフライロッドが出張バッグに入っていました。
 これでは行かない訳にはいきませんね。
 そんな訳で千歳市内を流れる千歳川に出かけてみました。
P3180026.jpg
 宿泊ホテルから徒歩5分でここに到着です。
 早朝6時、気温0度。
 この時期の気温としては驚異的に暖かいのであります。
 ちなみにこの日は昼に10℃まで上がりました。
P3180027.jpg
 先ほどの場所から釣り下がってきました。
 実は、誰も釣りなんかしていません。
 寒いんであります。
 ここはインディアン水車が設置されているところの直ぐ上流です。
 この下に何時もでかいブラウンが付いているのです。
 ブラウンは岸よりの流れが弱い所に付いています。
 ここの流れ込みが合流するところは少し掘れているため、いい場所になっているようで盛期には必ず魚が入っています。
 今回は何にも居ませんでした。
P3180033.jpg
 今回もボーズ当たりも無し、修行が続いております。
 この魚、何かわかりますか?
 鮭の稚魚なんです。
 インディアン水車が設置される(冬場は撤去されています)鮭の博物館?の池に居ました。
 今はこんな状況なんでしょうか?
 昨秋に産卵した卵が孵ってこの大きさになっているようです。
 稚魚が川を下って4年後に大きな鮭に育って遡上してくるのですね。
 頑張れと応援してここを後にしました。
P3170023.jpg
 久しぶりに美味しいお店の紹介です。
 札幌ジンギスカン。
 千歳市内にありながらその名は札幌ジンギスカン。
P3170024.jpg
 ここの親父は生後4か月程の羊を仕入れてくるそうです。
 この肉は4か月の子羊なのです。
 その日出す分だけ、1頭仕入れてさばいて目の前で肉を細かく切り分けます。
 とにかく肉を捨てるのです。
 脇にあるごみ袋に切る端から捨てていきます。
 客に出されるのは極上の部分のみです。
 P3170025.jpg
 味は、これがマトン?
 羊独特の臭みが全くありません。
 タレで味を変えたり、臭みを抑えるようなこともしません。
 肉そのままの味で勝負しています。
 此処で指導されるのはただ一つ。
 押すな!!
 何なの?
 看板の提灯に書いてありますね。
 押すな!
 肉を焼く時に押さないで柔らかく焼き上げるのです。
 絶品でした。
 今回4回目の訪問でした。
 ちなみにこの箸は同僚が出したもので、肉を押さえつけると親父のダメ出しがあります。
P3180041.jpg
 此処まで書いたらおまけです。
 日糧パンです。
 北海道に来ると何時も買います。
 お昼ご飯はこのパンを食べることが多いのです。
 今回はラッキョカレーと焼きそばウインナーパン。
 美味しいです。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/21(土) 20:54:17|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

殺気を殺して。

 今朝は10時にグリーンフィールド経由上名栗へ向かいました。
 湯の田駐車場には5台入っています。
 ここの水温は7度でした。
 tataさんが下から遡ってきました。
 声をかけたのですが私には気がつかなかったようでそのまま釣りを続けていました。

P3150013.jpg
 今日は上流へ向かいました。
 上名栗です。
 水は少なめですが清んでいます。
 11時水温は8度まで上がってきました。
 釣り上がっていくと待望のアタックがありましたが釣れません。
 どうしてか。
 しっかり釣るぞと流している時には全く反応がありません。
 しかし、よそ見をしたりピックアップをする寸前にバシャっと出ます。
 魚は手に取るように私の気持ちを読んでいるのではと思ってしまいました。
 釣る気が無くて殺気が出なくなるとバシャですもんね。

 P3150012.jpg

 今日は今年初のライズを見ることができました。
 ユスリカでしょうか、淵尻で時々バシャっと跳ねています。
 こいつを釣りたーーーい。

P3150016.jpg

 そして、遂に釣りました。
 名栗川初ものです。
 ウウン?????
 ヤマメじゃない。
 確かにライズはヤマメだったんですが、釣れたのはこいつでした。
 修行はまだまだ続きそうです。

P3150021.jpg

 これデカイですよね。
 名栗から小畔川へ第2ラウンドです。
 残念ながらこれはプラントFさんが釣ったオイカワです。
 デカイ。
 藪次郎さんも良型を釣っていました。
 この時期まだオイカワが釣れているので遡上が早ければ、このまま通年釣れそうです。
 こんな年は初めてです。
 私は、高級煮干しサイズを釣りました。

P3150022.jpg

 プロムナードです。
 人通りが絶えることがありません。
 小畔川河畔は皆さんの憩いの場となっています。
 

 
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/15(日) 18:02:15|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

どっちでしょう?

 年末年始に実家を訪れた際のお土産にこれを持たされました。

P3150009.jpg

 帰り際に玄関でお土産に持って帰るように渡されました。
 内心やった^^^。
 何処の地酒かしらん?
 とりあえず、夜にでもと思ったのですが戴いたのは左のものでした。
 玄関先で天国から地獄に突き落とされたような、雪で滑ってお尻からどっ寸と転んだようなそんな気持ちに瞬間的に変わってしまいました。
 ちなみに、右は娘からもらったもので美味しく頂いております。
 今回は左側のお話でございます。
 普通、これってお酒と思いますよね。
 左党だったら内心にんまりですよね。
 よくよく見たら醤油だったのです。

 そんな訳で今日は醤油ネタです。
 今朝は、ストックしておいた醤油を使い切ったので、この醤油を空き瓶に移し替えて使い始めました。
 3か月寝かしたから美味くなっているかも。
 仁井田醤油醸造元 仁井田トシ製造 濃口醤油 富壽(ふじ)
 郡山市田村町金沢高屋敷137
 住所と製造者を見てあれれと思いました。
 自然酒というお酒があります。
 仁井田本家が造っています。
 住所は高屋敷139ですから、すぐ隣で親戚?
 ここのお酒はゆっくり何日かかけて飲むと美味しさが変わって不思議な体験ができるのです。
 当然一升瓶ですよ。
 一本で数種類の味が楽しめるのです。
 1月ぐらいかけて飲むと(常温が宜しい)徐々に醗酵して旨みが増す不思議な酒なのです。
 決して酸っぱくなって飲めなくなってしまうのではありません。
 私の好きな銘柄のひとつです。
 話を戻して醤油ですが、とりあえず朝食の納豆にかけて食べてみました。
 良く判らなかったが、たぶん美味いのでしょう。
 卵かけごはんに使うと美味さが判るのですが、朝食が終わってから気が付きました。
 私の持論、調味料類は少々高くてもおいしい物を使う。
 少々高くても大した量は使わないし、これで美味しさが倍増するんなら言うこと無しだからです。
 栓を抜いてしまったので、なくなるまでこの醤油を使います。
 ところで、醤油醸造元はたくさんあるんですね。
 今朝方、奥からこの醤油はどんな使い方をすればいいか調べてと言われネット検索をしたら出るは出るは、ほとんどの町に数件の醸造元があるようで、地域の味が守られているようです。
 川越周辺にもたくさんありますね。
 有名どころ金笛、日高には弓削田醤油がありますね。

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/15(日) 08:09:25|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修行が続いています

 今朝は10時前に名栗川へ。
P3110058.jpg
 赤沢橋からここ鹿の戸堰まで、釣り上がってみました。
 全く魚が走りません。
 当然、当たりなんかありません。
 生物反応が感じられません。
 パラシュートを無くさずにここまで来てしまいました。
 水温6度。
 釣れません。
 初ものは何時になることやら。
 修行が続きます。

P3110059.jpg
 赤工地区の梅林では満開になっていました。
 私の開花はいつになることやら。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/11(水) 15:43:09|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

3連荘ボーズ 始めの一匹は遠い道のり

 3連荘名栗川ボーズでした。
 今日は先月の休日出勤の代休を頂いて懲りもせず、名栗にやってきました。
Image0541.jpg
 今日はデジカメを忘れてしまい携帯での撮影です。
 バシャっと来てくれました。
 今季初のヤマメです。
 しかし、これは釣れたのではなくひっかかったのです。
 ヒレピン、オレンジ色で良く引きましたが、腹鰭にしっかり引っかかっていました。
 合わせもばっちり決まったと思ったのでしたが、食っていなかったようで反転した時に鈎掛りしたようです。
 錆びも取れて綺麗な魚体だったんですが残念。
 一匹は遠いです。

Image0561.jpg
 帰りに鹿戸堰を覗くと笹伏せが岸に打ち上がっていました。
 川に入って定位置に戻しておきました。
 恐らく釣りにくいので、岸に揚げてしまったようです。
 これは鵜から魚を守るためのものなので、川の中に沈めて置いて下さいね。
 よろしくお願いします。

Image0581.jpg

 今度は小畔川です。
 高橋から下流を眺めてみました。
 左岸で、ライズです。
 なかなかいい型が泳いでいました。
 しかし、河床には泥が堆積していました。
 今日も帰りは小畔川沿いに走って来たのですが工事個所は確認できませんでした。
 水も濁り気味でした。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/03/09(月) 19:50:15|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ