FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今朝の小畔川

P4110005.jpg
 おはようございます。
 今朝も日の出前に起きてしまいました。
 いい天気ですね。
 日の出を拝んでいたら、「そうだ、朝の小畔チェックはこのところ行ってない。去年の夏以来だ。」と思い6時から7時過ぎまでどんな具合か行ってみました。
P4110009.jpg
 このガガンボでかいんですよ。
 手のひらサイズです。
 3日ほど階段の壁にへばりついています。
 今朝も居ました。
P4110011.jpg

 金堀橋から釣り下がっていきました。
 この、カラシ菜の黄色の中に溶け込んで川を下っていきます。
 誰も居ない川の中を静かに釣り下っていきます。
 
P4110013.jpg

 八幡橋まで釣って見ましたが、全く反応なしでした。
 鯉は沢山いますがオイカワは稚魚のみです。先週の状況と段違いでした。
 どうもオイカワは昼から夕方にかけてが、フライに反応してくれるようです。
 小さなユスリカがたくさん飛んでおり水面にも流れていましたが、ライズは全くなしでした。
 ここは八幡橋水位観測所です。
 川の中にある白い枠に水位計が設置されています。
 そして後ろの塔がある建物が荒川上流事務所入間川出張所です。
 荒川水系の河川管理をしている国の事務所です。
 ちなみに1級河川は国が2級河川は県が管理をしているそうです。
 小畔川と入間川は1級河川ですが東上線鉄橋を境に下流を国が上流を埼玉県が管理をしています。

P4110016.jpg

 クレソンです。
 花が咲いていました。
 小畔川にはクレソン、セリ、クルミ、ヨモギ、ノビル等々食材が沢山生えています。
 知ってる人は楽しみに、知らない人は美味しい物を見過ごしています。

P4110018.jpg

 オイカワに遊んでもらえなかったので、朝食のおかずの一品にカラシ菜を一つまみ摘んでおひたしでいただきました。
 採りたてはあくもなくとっても美味しい。

P4110017.jpg

 ちょっと残念なことが。
 御花見のシートとペットボトル、その他ゴミが沢山川の中に。
 水位が下がっており、あちらこちらに引っかかっていました。
 先週末~のものでしょう。
 水に流して???
 ゴミはお持ち帰りをお願いします。
 今日もいい天気、これからお花見に出かける方もいらっしゃると思います。
 よろしくお願いします。
 あ、そうか。
 このブログを読んでくださっている方はこんなことはありませんよね。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/11(土) 08:28:59|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小畔川、入間川の状況

 昨年はこの時期例年になく雨が降ったので入間川では瀬切れを起さなかったのですが、今年はまとまった雨が降っていないのです。
 東上線で入間川の鉄橋を渡る時、いつも上流の低い堰を気にしています。
 今は、ほとんど流れていません。
 これから田起こしそして代掻きが始まると農業用水の大量取水が始まります。
 4月1日から入間川(名栗川)は毛ばり釣りを禁止して鮎稚魚を保護していますが、ここまで水位が下がって来ると石も汚れたままで順調に成長できるのか、心配ですね。
 何より川底が干上がるとそこに生きている生物が全滅です。
 この時期は恵みの雨が降ってくれるよう気になるところです。
 そしてもう一つ気になることがあります。
 昨年からずーっと続いている河川工事です。
 八瀬大橋、から下流にかけて河床を平らにしています。
 何のための工事か解りませんが、川が無くなってしまいました。
 ここはオイカワ、鯉の良い釣り場でしたが全滅してしまいました。

 小畔川、やはり水量が少なくなっています。
 八幡橋の水位観測所では98cmと水位を観測していますが、通常は100~110の間を観測していますから水位水流ともに下がっています。
 その結果、河床が汚くなっています。
 川が再生されないのです。
 大水が出ることにより河床の石が動き、水垢が流され石の間もきれいになるのですが、大水が出ていません。
 釣り、川遊びをする方はご存じのとおり、ここの水質は最高なんですが、川岸、瀞場等流れが緩いところの石は表面がドロドロになっています。
 少なくとも50mm以上の雨が降って水位も200cmぐらいまで上がって欲しいところです。
 
 小畔川のオイカワですが、順調に釣れ出しました。
 3月までは高橋を中心とした両岸を遊歩道に囲まれ場所に限定されていたのですが、ここから下流でも釣れるようになってきました。
 不思議ですね。
 稚魚の姿は下流でも目撃できましたが、成魚は全くいなかったのです。
 それが4月の声を聞くと何時の間にやらあちらの瀬、こちらの瀬と戻って来ているのです。
 そして、嬉しいことにこの時期の戻りオイカワはデカイのです。
 釣り味抜群です。
 例年、この周期を繰り返しています。
 高橋周辺でこの冬釣れていたのは今までになかったことなのです。
 冬は魚が居なくなってしまい春になると何処からともなく現われることの繰り返しでした。
 今年も良い季節になってきました。
 あとは、雨が降ってくれると良いのですが。
 
  1. 2009/04/10(金) 05:35:51|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕方の小畔川 ブルブルっと来ましたよ!

Image0791.jpg
 小畔の土手も春真っ盛りです。
 吉田公園の桜はこの通り、見頃です。
 ウキウキしてしまいます。
 しかし、朝から風が強く行くか行くまいか悩んでいました。
 夕方には風が収まると勝手に解釈して、とりあえず#1ラインを調達に出かけました。
 
Image0801.jpg
 話が飛んでしまいますが、この写真は携帯の写真なのであります。
 愛用のμ710の調子が悪く、金曜日に修理に出してしまいました。
 そんな訳で、土曜日からの映像は全て携帯のものです。
 しかし、きれいになったものですね。
 黙っていたら普通のデジカメで撮ったのとおんなじですからね。
 今年も土手の中は桃源郷に変わりつつあります。
 3月初めにはお浸しでいただいたカラシ菜がこんなに育ち花が咲き始めました。
 例年ですと桜が終わると咲き始めますが今年は同時に始まりました。

Image0831.jpg

 #1ラインに命を吹き込めました。
 いい型の雄オイカワです。
 こんなのが立て続けに掛りました。
 今までは高橋を中心とした地区でのみ釣れましたが、遡上も始まり何処の淵、瀬にもオイカワが見られるようになりました。
 桃源郷でオイカワ。
 頭がクラクラする程、楽しいです。

Image0851.jpg

 アイシャドーが入った良い顔をしています。
 これが夏になると顔が黒ずみ体は更にキラキラ青く光りだし、それはそれは綺麗になります。
 今年もやってきました。

Image0861.jpg

 此処で釣れました。
 夕方の1時間ほどの釣行でしたが十分に満足できました。
 来週末が待ち遠しいのであります。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/05(日) 20:17:49|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

11時間

 久しぶりの川越水上公園でした。
 6時に水上公園に到着すると、車が沢山駐車してあります。
 こんな早い時間にどうして?
 桜でした。
 水上公園は桜の名所です、早朝から沢山の花見客が訪れていました。

Image0711.jpg

 さて、水上公園入口に向かうとこんな物がありました。
 久しぶりなので面喰ってしまいました。
 水上公園も考えていますね。
 開園を6時に早めて、今度はナイター貸切営業も始めるようです。
 今までの運営から少しでも無駄を排して、利益を考えうようになって来たのでしょうか。
 良いことだと思います。

Image0741.jpg
 
 6時過ぎ入園したらこんなに釣り人が入っていました。
 多目的プールは入る隙間が全くない状況です。
 こちら波のプールも沢山入っています。
 流れるプールはまだまだ空いていました。
 桜を愛でながらの釣りができるからでしょうかね。
 ウキウキして早起きになってしまうんでしょう。
 早朝はライズがあちらこちらで発生していました。
 BFで狙ってみましたが渋い。
 ユスリカを食べているようでした。
 そんな中でもモノ好きがいるんですね。
 時々フライをパックンと食べてくれる魚がいました。

Image0771.jpg

 前日(金曜日)は放流日で、魚影は濃いのですが、私はだめなのです。
 放流日から一週間は上手いこと釣れません。
 少し落ち着いてからが好きです。

 名栗通いで一か月ぶりの水上公園でしたが、カントリーファームさん、ITOさん、OCIさん、MCDさんが釣っていました。
 ITOさんはオイカワロイヤルを新規に装備していました。
 これ最高です。
 タックルべりーで格安で入手したそうで、私も欲しい。。、。、、。
 ドライで鱒を釣る感覚は最高ですね。
 今度はオイカワで遊んでください。
 カントリーファームさんには一日お世話になってしまいました。
 ダブルハンドの扱い方、スペイとは、アンダーハンドシュートとは諸々、おまけに釣れるフライを沢山いただいてしまいました。
 道具を貸して頂きテク指導までして頂きありがとうございました。
 充実の一日でした。
 そして、釣りは1時間当たり250Kcalのエネルギーを使うと教えてもらいました。
 メタボ腹を引っ込めるために今まで無意識に釣りを続けていたんだなと、妙に納得してしまい、この話を聞いてから連続11時間、朝食はサンドイッチ、お昼はおにぎり一個で釣り続けましたよ。
 5時終了。
 家に帰るとふらふらでした。
 腹は残念ながら出たままでありました。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/05(日) 07:08:58|
  2. 水上公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

やっと釣れました

 名栗川は四月一日から本流は毛バリ禁止となります。
 鮎の稚魚放流が実施されるための措置です。
 漁協としては苦しい選択ですが、確信犯の方がいるようで、稚魚のうちにアユ毛ばりで根こそぎ釣ってお持ち帰りとなってしまうので毛バリ禁止となっています。
 6月末日までグリーンフィールドC&R区間を除き本流のフライフィッシングはできなくなります。
 そのため3月31日に行ったのです。
P3310159.jpg
 春ですね。
 わさびの花が咲いていました。
 これがうまいのです。
 これは栽培しているもので取らないで下さいと看板つきでした。
 根っこをすりおろして醤油に入れて食べますが、この時期のわさびは葉っぱと花芽が最高なのです。
 先に「古い小畔川通信」でカラシ菜(まだ食べられますよ、小畔川の土手に群生しています。)の食べ方のついて書きましたが、このとおりで結構です。
 お湯をかけて(決して煮るのではありません)冷水ですぐ冷やし、揉んでから(塩もみはしません、そのまま揉むのです)パックに保存です。
 翌日以降が食べごろです。
 パックに詰める際に、醤油1、みりん1、酒2の割合で作った出しを沸騰する寸前まで火を通し、さましてから漬け汁としていれます。
 そのままパックに入れて食べる時にだし醤油を緩くかけてもおいしい。
P3310160.jpg
 いかにも釣れそうなポイントですがここでは全く反応なし。
 今日もボーズ、いつまで続く泥濘は!
 ガマンガマン。
P3310162.jpg
 苦節1か月。
 やっとヤマメが釣れました。
 チビですが一匹は一匹。
 バシャっとでました。
 これ一度でしたが、チャンスをものにできました。
 一安心。
 ところで、魚が少なすぎます。
 入漁料に比べて放流数が極端に少ない。
 魚が全く走らないのです。
 この川はヤマメの川として有名ですが、今は入漁料と魚の数の比較で有名です。
 つまり、釣れなくて有名河川になっています。
 原因は川鵜、バスだけではないようです。
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/01(水) 05:56:14|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ