小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昼の小畔川 八幡橋から精進場橋を越えて棘橋まで

 いい天気です。
 9時過ぎから昼まで八幡橋から下流をチェックしてきました。

P4290077.jpg

 ここはいつも小畔川の水位を観測している場所です。
 八幡橋の上になります。
 今朝はここで良型のオイカワを何匹か釣れました。
 新鈎の釣れ具合を確認しながら、そしてもしかして鮎が遡上しているのではないかと期待しながら釣り下がって行きました。

P4290076.jpg

 すぐ後ろでは野草を摘んでいます。
 ヨモギの新芽をつんでいます。
 お二人で中野からやってきたそうです。
 カラシ菜については知らなかったそうで残念がっていました。
 ちょっと遅かったですね。
 そのかわりセリ、クレソン、ノビルが採れることを教えて下流に向かいました。
 
P4290085.jpg

 まだ黄色くカラシ菜は咲いていますが、こんなに種が実ってきました。
 次の楽しみがあるんですよ。
 今度はこの実を収穫します。
 茶色くなった小さい種を集めます。
 そしてこれをすり鉢で軽くつぶすと、あら不思議・・・・マスタードですよ。
 楽しみが待ってますね。
 知ってる人は知ってるが、知らない人は知りません。
 本物のマスタードをホットドックにつけて食べたら美味しいですよ。

P4290080.jpg

 建設中のゴミ焼却場前から下流の方向です。
 精進場橋が見えています。
 護岸工事をされた川とは思えない風情です。
 自然のままのように見えますね。

P4290083.jpg

 更に下って精進場橋のすぐ上ではこんな感じです。
 ちょっとした渓流気分ですね。
 だあれも居ません。
 この辺の溜りには鯉が沢山いまして鯉が恋をしていました。
 塊になって泳いでいます。
 今年の野っ込みの第一陣でしょうか?
 そばに行っても逃げません。
 恋に狂って鯉のことばっかり見ていたようです。

P4290099.jpg

 この辺まで来ると川沿いに歩いている人はだれ一人いません。
 皆さん堤防の上を散歩、ジョギング、ポたリングです。
 この方は野鳥の観察のようです。
 凄い望遠レンズをつけたカメラを構えていました。
 私は足もとから雉がケーケーとでっかい声で叫びながら飛び出したので、危うく川の中で尻もちをつくところでした。
 雉さん勘弁して下さい。
 飛ぶ時はもっと遠くからお願いです。
 心臓が止まるかと思いました。

P4290100.jpg

 釣り人も何人か歩いていました。
 餌釣りの方は、浮釣りで川には入らないようです。
 私はこの時期は川通しが大好きなんですがね。
 渓流と違って、川の中を歩いても10分もすれば直ぐに釣れ出します。

P4290097.jpg

 今日のオイカワです。
 なかなかの型でしょう。
 ヤマメを写す時と同じようなアングルです。
 このオスはでかいライズリングを作っていました。
 新作フライには反応せず。
 何時ものブラウンぐるぐる巻きフライに出てくれました。
 15cm。
 グイグイ引いてくれました。
 
 今日はもしかして鮎が遡上しているかと、期待をしながら川の中を除きつつ川を歩いてみました。
 残念ながら鮎はまだ?遡上していないようです。
 菅間堰上で放流した鮎が小畔川にも来て欲しいです。
 待ってますよ^^^^^^^。

 追加記事です。
 夕方の小畔川。
 金堀橋上のプールにプラントFさん、ちゃっきーさんがいました。
 十分に鯉釣りを堪能して今度はオイカワです。
 また、新しい方がいらっしゃいました。
 初小畔川、ブログを読んで来られたそうです。
 小畔川を楽しんで頂いたようで、良かった。
 しかし、急に濁りが入り水量が少なくなってしまいました。
 できることならきれいな流れの小畔川で遊んでもらいたかったです。
 藪次郎さんも来ましたよ。
 今日はフルキャストでした。
 下流の階段前に移動して最後は良型に恵まれました。
 今日も満足の一日でした。
 

 
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/29(水) 13:39:42|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19

夕方の小畔川  こんなになっているとは!

 今朝は6時に水上公園へ、久しぶりです。
 波のプールでライズ狙いのドライです。
 渋かったですが十分に楽しめました。
 また、シングルハンドスペイの基礎を教えていただきました。
 昼で切り上げて、買い物等々、夕方4時から今度は小畔川に向かいました。


P4260063.jpg

 吉田橋上、癒しの瀬がこんなになっていました。
 ここは地下水がわき出ており、真冬でも型の良いオイカワが集まっているところでした。
 また、流れに変化があり期待できる釣り場でした。
 先週、名栗からの帰りにここの土手にユンボが止まっていました。
 土手の工事かと思っていましたが、違いました。

P4260066.jpg

 河川維持修繕工事?
 浚渫をするのです。
 河床が上がって来るので定期的に浚渫をして河床の高さを一定にしているようです。
 しかしね、ここに石を積んで水路を作ったり、小魚を網ですくったり、楽しみが無くなってしまいました。

P4260059.jpg

 川をきれいにしていますとこの工事看板に書いてありました。
 確かに何もなくなってさっぱりしましたが、フラットな河床ができただけ。
 気になるのはそれだけではありません。
 ここから上流が全てこんなふうになってしまうのでしょうか?
 土手からのユンボのとおり道も気になります。

P4260064.jpg

 土手から河川敷にユンボ用の通路ができました。
 これって体の良い不法投棄ではないの?
 コンクリートのかけらとアスファルトのかけらの混ざったバラスが敷かれていました。
 作業終了後は綺麗に撤去するのだろうか知らん?

P4260068.jpg

 吉田橋から工事現場を眺めてみました。
 川が真っ直ぐになり、平らになっています。
 どこまで続くこの工事。

P4260075.jpg

 こんな感じで自然のままが良いんですが、治水ということでそうはいかないようですね。

P4260072.jpg

 オイカワも切なそうな顔をしていました。
 3時前、車で吉田橋を渡った時に上流を見ると藪次郎さんが右岸に居るのが見えました。
 4時頃、川に向かいどんな具合か携帯にかけてみると今日はもう家に帰ったとのことでした。
 元気のない声でした。
 実は、癒しの瀬の名付け親は藪次郎さんだったのです。
 それが無くなってしまったんですから、がっくりですよね。
 ショックでおなかが痛くなってしまい帰ったそうです。
 私は頭が痛くなってきました。
 ビールでも飲んで気分転換したいのですが来週はどうなっているか心配です。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/26(日) 18:51:12|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

今朝の小畔川 水位も下がってきました

 おはようございます。
 昨日は低気圧の通過で一日雨が降り続きました。
 小畔川の水位は夕方157cmまで上昇し、平水位(100cm基準)から60cm弱の上昇となりました。
 これで水垢は綺麗に掃除されるかと思われます。
 4時現在では水位が115cmまで下がっているので、釣りは可能です。
 天気予報では晴れですが、9時過ぎから南寄りに風が強くなりそうで、ライトタックルのFFには厳しいかも。
 なんて言いながら昨日は釣りをしていないので、禁断症状が出そうなので釣りに出かけてしまうと思います。

 話は変わりますが、昨日の読売新聞の地域版に鮎の放流の記事が出ていました。
 以前から放流後の調査について組合長からそれとなくお願いされていましたが本日菅間堰上で行われるようです。
 荒川流域ネットワークというNPO法人が5~6000匹の稚鮎を放流するそうです。
 油鰭を切り取って識別できるようにして放流するそうなので、釣れましたら日時場所体長等の情報を提供してくださいと記事にありました。
 ちなみに連絡先は090-7804-5722となっていました。
 以前に秋ヶ瀬の取水堰及び入間川にある数々の堰について気がついたことを書いたことがあります。
 昨年度の秋ヶ瀬魚道を遡った稚鮎は100万匹を超えています。
 これらの鮎は荒川から別れて入間川へ遡って来ますが、菅間堰で完全に遡上を止められてしまいます。
 更に上戸小学校横の取水堰に始まり名栗までたどり着こうと思ったら途中に遡上できない堰が沢山あります。 
 絶対に遡上できないように堰が作られているのです。
 追辺川はどうでしょうか。
 小畔川に分かれるところで第一関門ですね。
 此処に堰があります。
 その後も沢山の堰があり高麗川に別れてからも難所があり遡上は止められてしまいます。
 そんな訳で入間川は上戸小学校脇の堰で遡上は止められると予想しています。
 追辺川は小畔川との合流地点の堰を是非超えて遡上して欲しい。
 小畔川に鮎が昇って欲しいです。
 年配の方は子供の頃は鮎が沢山いたよと、話してくれました。
 取水堰があちらこちらにできる前のことだそうです。
 小畔川で鮎を観察したいです。
 今回のプロジェクト、jetpapaは応援しています。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/26(日) 05:29:18|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕方の小畔川 ここでもライズが

P4190024.jpg
 小畔川は川辺に沢山の人が集まります。
 特に土日は川辺の散歩を楽しんでいらっしゃる方が多いですね。
 釣り人もこの時期から増えてきます。
 日曜日は鉄橋上で釣りをしたら、後ろを人が通るので気になって途中で止めてしまいました。
 そんな訳で今回は金堀橋周辺から下流です。
 今後は下流域が中心の釣りになるかと思います。
 濁りが入っています。
 土曜日に確認した工事現場で発生している濁りでしょうか。
 田圃に入った水の流れ出しでしょうか。
 雨も降っていないのに濁っています。
 それでも、ライズがあります。
 ここは夏になると平を打つ様子が橋の上からよく見えました。
 
P4190026.jpg

 こちらの瀬でも良い型が出ました。
 
P4190025.jpg

 4時頃から釣り始めましたが、今回もプラントFさんとご一緒しました。
 金堀橋上で釣っていると釣り上ってきました。
 お互いに獣偏ですね。
 
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/20(月) 05:19:30|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

名栗川から小畔川

 土曜日は3度も釣りをするチャンスがありました。

P4180007.jpg

 何時もどおり5時前の起床です。
 名栗川にあるグリーンフィールドを目指しました。
 6時湯の田ドライブイン到着。
 だあれもいません。
 貸し切りでここから上流を目指しました。
 今週は2回雨が降っているので、水位も上がり魚の活性も上がっているだろうという期待を込めてやって来たのです。
 この通りです。
 水位は低く、水垢が流されていません。
 少し雨が足りなかったようです。
 今回の釣りは、放流された魚が残っているのかいないのか。
 残っていれば、釣れないのは上手いか下手かによるのか。
 これを確認するためにやって来たのです。
 幸いに先行者無し。
 一番に入ることができたのでコンディッションを確認するには最高の条件だったのです。
 此処で本格的に釣りをするのは、初めてです。
 湯の田から赤沢橋まで2時間で釣り上がりました。
 かなり速いペースで、この時期の魚が付いているポイントを中心に歩いてみました。
 ところで釣果は?
 6回バシャっと出ましたが一匹も釣れませんでした。
 これは腕が悪くてヘボだからでっす。
 さかなの付き具合ですが、ウグイは沢山いました。
 たるみには稚魚が群れていました。
 ところどころではライズもありました。
 ヤマメはどんな具合でしょう。
 こんな歩き方はよくないのですが、ヤマメがいるかいないかを見極めるために魚が走るのを見て確認しました。
 何ってったて下手くそで釣れないもんですから。
 水明橋を過ぎてマンション裏を過ぎるまで魚は走りません。
 何箇所かでバシャっときましたが鈎掛りは無しです。
 魚が走ったのは赤沢橋下流500mぐらいからでした。
 なかなかの型が数匹大石の下から上流にビュンと泳いで行きました。
 魚がいないことはないと思います。
 C&Rエリア以外と比べると残っているように思えました。
 放流はここだけに限らず、餌釣りエリアにも十分に放したらどうかと思いながらの川歩きでした。
 帰りに湯の田の奥さんと話をしたら、とにかく釣り人が少ないということでした。
 今年は魚も少ないし、よくないと嘆いていました。
 「名栗は釣れるぜ」
 「ヒレピンのいい魚がたくさん泳いでいるぞ」
 釣り人の間で噂になれば直ぐに沢山の人がやってきます。
 魚が釣れれば釣り人は集まります。
 
P4180008.jpg

 名栗の里は春真っ盛りです。
 こんなところで日長一日フライフィッシング、ルアーで遊ぶのも楽しいし癒されますね。

P4180011.jpg

 名栗の釣りを終えて、小畔川の上流から川沿いに帰ってきました。
 お昼のお弁当を川沿いで食べようと思ったからでした。
 田島橋の一つ上の橋を渡ろうとしたら何か変だったのです。
 堰の上に人が立っていますが、今日から農業用に取水を開始したとのことでした。
 この堰はコンクリート製の固定の堰ではないのです。
 風船なのです。
 両端を金具で護岸に取り付けられています。
 一年中この状態で堰になっていますから、魚は遡上できません。
 取水しない時は外してくれるといいんですが、手間もかかるのでこのままにしているともことでした。
 しかし、台風などで水位が急に上がると直ぐに壊れてしまうので、コンクリート製の固定堰が使いやすいとのことでした。
 此処で取水を開始したので早朝は極端に水位が下がったようです。
P4180016.jpg

 田島橋下流では護岸工事をしていました。
 上流の堰がやっと満タンになり水が流れ出し始めたところでした。
 泥水でした。
 河川工事についてはコメントなしです。

P4180012.jpg

 工事発注者と請負業者です。
 一昨年の南小畔川上流外環道付近の護岸工事も確かこの業者だったと思います。
 南小畔川はこれで土手が無くなり、石の壁になってしまいました。

P4180017.jpg

 田島橋から上流を眺めたところです。
 こんな感じの川になってしまうようです。
 しかし、ここのプールで雨のようなライズでした。
 こうなったら決まっていますよね。
 今朝は名栗に#1ロッドを持って行ったのです。
 小畔3号もあります。
 左岸に車を止めて始めてしまいました。
 上流の橋~ここまで歩いて往復、魚がいることを確認してから、こちらに車を回しての釣りでした。
 いやー、凄い反応です。
 ピョンピョンピョン、フライに食いついてきます。
 こりゃー面白いと思ったのは10投目ぐらいまで、最初のキャストでヒットしたので期待ワクワクだったのですが、小さくてフライを咥えられないのです。
 シラスみたいに小さくてカワイイオイカワでした。

 ここの堰では魚が行き来できるように魚道らしき物を設置していますが、上手いこと機能していないようです。

P4180022.jpg

 夕方、本日3度目の釣りです。
 此処までやると獣偏そのままですが、事実は事実楽しんでしまいました。
 昼過ぎプラントFさんから、小畔で遊ボとメールが入ってきたのです。
 当然、夕方から行ってしまいました。
 出かけようとしたら今度は、しげさんからこれから小畔に向かうという連絡が入ってきました。
 鉄橋上のプールではFさんとtaizouさんが釣っていましたよ。
 taizouさんウェーダー装備で下流で鯉をしっかり釣ったとのことでした。
 久しぶりでしたね。
 ここのところ湖でダブルハンドをバンバン振っているので会っていなかったのです。
 Fさんはお手製のラインでオイカワをしっかり釣っていました。
 しげさん登場です。
 お子さん二人を連れてやって来ました。
 しげさんは子連れで迷惑をかけると何時も恐縮されるのですが、私はこの子たちと遊ぶのが楽しみなのであります。
 一人の釣りも楽しいが、みんなでワイワイガヤガヤの釣りも楽しいですね。

 
 
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/18(土) 21:22:15|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今朝の小畔川  輝いています

P4150001.jpg

 出勤時の小畔川です。
 昨夜来の雨が上がり、今朝はさわやかです。
 遠くに富士山がくっきりと良く見えます。
 小畔川はカフェオーレ水位は平水位に近くなっていますが濁っています。
 何時もより濁りがひどいように思えました。
 清廉な大気の中、さわやかな気分で出勤。
 今朝は最高の気分でした。
 何ってったって大好きな富士山がくっきり見えましたから。
 今週末はいい感じと思いますよ。
 期待したほどの雨は降らなかったけど、活性は確実に上がっています。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/15(水) 22:05:07|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

今朝の小畔川 待望の雨が降りましたが

 おはようございます。
 昨夜半から待望の雨が降りました。
 何日ぶりのまとまった雨でしょうか。
 20mm強の降水量があったようです。
 小畔川の水位は140cm台まで上がりましたがまた下がっています。
 この時間には、明けの明星が輝き、月も出ています。
 期待したほどの雨は降らずがっかりしています。
 入間川も田起こしが始まり田圃への通水が一斉に始まると瀬切れの心配があります。
 更に何日か降って欲しいですね。

 この程度の増水では河床の石はあまり動かないので、水垢は完全に取れないようです。
 しかし、雑魚にとっては恵みの雨となったと思います。
 この時期、オイカワ等の遡上は一瀬一日、一雨一瀬などと言われ活性が上がってくる時期です。
 週末にはさらに活性が上がり、面白い釣りができると思います。

 つまらない話で申し訳ないのですが、ゴミが沢山流れてきました。
 家庭ごみのでかい袋を捨てたお猿さんもいます。
 花見で御伊勢公園付近から流れて来たもの、またアクセスのいい場所からお猿さんがめんどくさくて捨てたものでしょう。
 ゴミ拾いをしてくださいなんてことは言いませんが、自分で出したゴミは是非お持ち帰りをお願いしたいです。
 家庭ごみの不法投棄をするお猿さんは論外です。
 今回の出水で流れたようですが、またどこかに溜まります。
 ゴミは捨てないでね。
 お願い。
 
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/15(水) 05:11:50|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今朝の小畔川 楽しく釣りをするために

 おはようございます。
 今朝は釣りに行っていません。
 今日から今週もお仕事が待っていますからね。
 週末までお預けです。
 
 小畔川は、散歩道が良く整備されています。
 そのため、川を愛する人、健康のため、野鳥観察、釣り、いろんな方々が川辺に集まってきます。
 この川は川越市の郊外を流れていますが一部は住宅地の脇を流れているので周辺の住民にとってはかけがえのない憩いの場となっているのです。
 
 上流から下流まで沢山の人が歩いていますが、特に川辺に人が集中するのは御伊勢橋から金堀橋の区間です。
 他は堤防の上を歩くのですが、ここは流れと並行して散歩道が整備されているのです。
 朝から晩までひっきりなしに散歩の方が通ります。
 また、これからは川に入って遊ぶ子供たちも沢山いることと思います。
 水深が無く、適度に流れて魚も居れば子供にとって最高の遊び場ですからね。
 親も安心して遊ばせているようです。

 前置きが長くなりましたが、この区間は釣り人と散歩の方がクロスします。
 後ろを十分に気を付けて人を(犬もいます)釣らないよう気を付けてください。
 寒かった時期はここにしかオイカワがいなかったので何時もこの区間で遊んでいましたが、これからは下流部でも十分に釣れます。
 長靴装備で川に入ってください。

 参考ですが、リンク欄に釣り場情報を張り付けてあります。
 是非活用してください。
 これはkingfisherさんのサイトからお借りしているものですが、駐車場、トイレ、ポイントが判り安く記載されています。
 
 最後になりますが、釣りをされる方ご自分の安全はもとより近くにいる人にも気を配ってください。
 何も分からない人がほとんどと思った方がいいですよ。
 釣っているポイントで川を覗いて釣れますか?というパターンがほとんどです。
 そこに立たれると魚が散ってしまい迷惑。
 または、忍者の如く後ろに立って釣れますか?
 こちらはドキーっというパターン。
 遠くから近寄って来るのが判っていればいいのですが何時もそうとは限りません。
 付近を見渡してからキャストしましょう。
 大漁を期待しています。

 ちなみに古い小畔川通信の釣りの仕方という項にうんちくを入れてあります。
 餌釣りのオイカワ初心者用です。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/13(月) 05:38:49|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さいたま水上公園

 上尾にあるさいたま水上公園に行ってきました。
 今日は午後から上尾で釣りインストラクター連絡機構の総会だったのであります。
 午後から?
 午前中は何をするの?
 水上公園。
 そうだ、上尾には水上公園があったのです。

P4120024.jpg

 水上公園に10時前に到着、1時過ぎまで3時間ほどの釣りでした。
 ご覧のとおり、カフェオーレです。
 透明度20cm?
 第一印象は汚いな、そしていい臭いがして来るのです。
 近くに豚舎か養鶏場があるのでしょうか、風向きによっては臭ってきます。
 しかし、広い。
 ゆったりと釣りができます。
 
P4120025.jpg

 こちらは第2プールです。
 メインプールより狭く川越水上公園の多目的プールと同じようです。
 此処もカフェオーレ、魚が見えません。
 華吹雪となっており、メインプール第2プールの中には花びらが沢山入っていました。
 周りが森のように大きな木で囲まれているので、落ち着いた雰囲気の釣り場になっていました。

P4120027.jpg

 厳しい^^^。
 激渋でした。
 川越で何時も釣っているシステムで挑戦してみました。
 フローティングラインで水面直下のゆっくりとした引っ張り。
 タコによる底付近の引っ張り。
 BF
 小畔3号のシェイク。
 手を変え品を変えあれやこれやと。

P4120028.jpg

 昼ごろになると第2プールでライズが散発ですが始まりました。
 当然、BFと小畔シェイク。
 これも厳しくやっと10匹でした。
 常連さんでしょう、マーカーを使った釣りに徹しています。
 良く釣れていました。
 今回釣れていたのはマーカーを使って中層以下をエッグ系で釣っている方でした。
 また、ルアーでは水車の水流をクロスするように底を取って狙っている方が良く釣れていました。

 昨日に引き続きいいお天気。
 日差しも強く、疲れました。

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/12(日) 19:46:26|
  2. 水上公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

夕方の小畔川 鯉の練習

P4110019.jpg
 4時前からまた小畔川に立ってしまいました。
 午後は打って変わって強風です。
 夕方、オイカワと遊ぶ予定でしたが、この風ではキャストもままなりません。
 当然、ライズなんかは出ていません。
 金堀橋から下流へ、桃源郷のようですね。
 花畑の中を歩くと花粉で服が黄色く染まってしまいます。

P4110021.jpg

P4110022.jpg
 恋の練習です。
 だったらいいんですが、ホントは鯉の練習です。
 最初の2匹です。
 上70cm、下65cm。
 #8ロッド、#8DT-F、ハリス2号、パンフライです。
 この後は鯉も必死でチャミングの食パンとフライを見分けていました。
 唇に触れると鈎の感触が判ってしまうようで、バシャっと音を立てて反転します。
 鯉は賢いですね。
 引きはダンプカーのようです。
 鱒と違ってゆっくりですがトルクフル、ダンプカーのようです。
 5時過ぎに少し風が弱まるとライズが見られました。
 オイカワは夕方が好きなようですね。
 

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/04/11(土) 20:41:31|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。