小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣り納め、今年もお世話になりました。


 今年は2月20日ラブログからFC2に引っ越しまして、ブログの大きな変化がありました。
 そんな中、楽しい、貴重な、そうなんだ、やっぱり等々沢山のコメントを頂きました。

P7130048.jpg

 
 ありがとうございました。

 サブマリンさん、しげさん、Avan-Gardeさん、kingfisherさん、ストーン変人さん、oldflymanさん、クラさん、散歩人さん、藪次郎さん、nofishさん、type r tataさん、XENAさん、眠人さん、プラントFさん、tobitaniさん、SMRさん、taizouさん、tomさん、こげだし紋次郎さん、ねずみおやじさん、フェアリーさん、つりまるさん、SAさん、Megaceryle lugupさん、若様さん、masato.mさん、enkuuさん、ラブロイグさん、旋風と用心棒さん、PPMさん、スヌスムヌリグさん、球磨人hideさん、美樹プルーンさん、ティーグさん、いわなたろうさん、camiさん、照ちゃん、しろさぶろうさん、細流さん、にーささん、jetpapaムスメさん、hiraipapaさん、豊後一番さん、X6800/Gさん、ジョニーさん、ジェロさん、イザッチさん、にんにんさん、リバーサイドの住人さん、slowfisherさん、102yさん、arukouyoさん、けばりさん、soraさん

 沢山の方がコメントを下さいました。

P7300049.jpg


 また、旧小畔川通信ラブログでは本年2月20日まで
 ひさおさん、小島さん,yajirouさん、源さん、うえくみさん、おちゃさんからコメントを頂きました。

P7310060.jpg




 大変お世話になりました。
 来年は良いお年でありますよう。


 と、ここで終ろうと思いましたが、昼から釣り収めに行って来ました。
 蟲が騒ぐんですね。
 小畔川には私だけ誰も居ません。
 帰ってくると強風が吹きだして気温がどんどん下がってきました。
 関東は晴れていますが日本海側、北日本はこれから大嵐になりそうです。
 川越の上空にも寒気が入ってきました。
 秩父から続く冬の雲が今日は出始めました。
 窓から覗くと外は砂塵嵐となっており砂埃がもうもうとたって遠くが霞んできました。
 
 PC310024.jpg
 
 嵐の前に家に入って一安心。
 このサイズが遊んでくれました。
 今年最後の釣りですから気を使ってくれたようで反応バッチリでした。

 PC310026.jpg
 
 鳥に突かれたのか背びれの前がくびれたオイカワもけなげに頑張っていました。

 PC310028.jpg

 12時から釣り始めましたが、北風の烈風となりⅠ時間で釣り納めは終了となりました。
 今年は例年になく魚影が濃く初めて通年オイカワが確認されました。
 来年もこの様子では春までオイカワが遊んでくれそうです。

 今年も拙ブログを通して沢山の方と知り合いになれました。
 来年も宜しくお願いします。

 あらためて、良いお年をお迎えください。




 


 
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

  1. 2009/12/31(木) 14:26:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

年末の渋滞は期待外れ??

 今年の高速道路の込み具合を考えて29日からⅠ泊で福島へ行って来ました。
 今年の帰省ピークは30日と踏んで29日の出発としました。
 それでもかなりの混雑を覚悟しましたが、あれーー??
 全く渋滞なし。
 何時もの土日より空いていました。
 30日の帰りはこれまた期待外れ??
 2時3時、東北自動車道はスーイスイ。
 スムーズです。
 下りより上りの車が多いのは何じゃコレ??
 奥曰く、1000円でしょう。
 どういうこと?
 何処まで行っても土日は1000円で正月に限らずしょっちゅう帰省しているから、年末に帰省する意味が無いのじゃないかしらん。
 それにしょっちゅう帰ってくるとお嫁さんが大変だからきっと無理しないで良いからねーーーーっと遠まわしに正月は遠慮しろって言っているのではないかしら。
 もう一つ、年末年始は1000円じゃないんですよね。
 今まで土日に1000円慣れしてしまい、1000円でなくちゃ嫌ーーーっと思っている人が多いんじゃないかしらん?
 そんな分析をしてくれました。
 そーっか??

PC290008.jpg

 石ボッケとは何ぞや??
 こういうのがあると心が落ち着きません。
 この道を行ってみましたが、途中からは車で上れません。
 親戚に教えてもらいました。
 石ボッケ。
 これはね、大滝根山の尾根筋にある石群で石灰石ではなく御影石系何だそうです。
 今度ゆっくり登ってみようと思いました。

PC290009.jpg

 個の尾根は別の尾根で、よく見ると風車が何機か設置されています。
 夏井川源流域に建設されました。
 そのせいか、建設中は土砂の流入が激しくポイントが埋まってしまいました。
 調べてみると漁業補償がされたらしく夏井漁協にいくばくかのお金が支払われたようです。
 景観台無しです。
 始めてこの手の風車を見たのはドイツでした。
 丘の上に沢山の風車が並んでおり違和感を感じました。
 風景にマッチしないのです。
 なだらかな曲線の中に幾何的な直線。
 緑や茶色の中に真っ白。
 風景に合わないのです。
 そうこうしているうちに日本でも沢山建設されるようになりました。
 エコブームですからね。

PC300011.jpg

 何時もの夏井川、魚道から上流です。
 水が澄んで綺麗です。
 この流域には人家がありますが綺麗なもんです。
 今回は腫瘍があり石ボッケ入口から曲がらずに更に上流まで行って来ました。
 ここには水道の種水源があり、厳重に水質が管理されています。
 ここからも流れ込んでいます。
 この地の水は素晴らしい水質です。
 大滝根山の伏流水が泣かれています。石灰質の中を通り濾過されたミネラル豊富な水が流れているのです。
 お茶を立てますと一味違います。

PC300012.jpg

 橋の上から下流域、誰も居ませんが落ち着きます。
 畑に真ん中を護岸された流れですが、居るんですよ。
 夕方、薄暗くなってきた頃、デッカイドライを流すとバクンとバックンですよ。
 出るんです。
 冬に流れを確認すると妄想の世界に入り込んでしまい、ハッと我の帰ることがしばしばです。
 今回も、何を考えていたのやら。
 ニヤニヤして涎を垂らしそうで、きっと人が見てたら警察に通報されていたかも。

PC300013.jpg

 このラーメン550円です。
 麺が溢れそうなくらい入っていまして、昔ながらのラーメンです。
 ちなみに大盛りは650円です。
 ラーメン一本やり。
 凄い混雑です。
 このお店の向かいの造り酒屋の出身で有名な食いしんぼう。
 元東京農業大学の教授で発酵学の権威小泉先生のサインが置いてありました。
 そりゃそーでしょうね。
 お向かいさんで同じ町内ですから。
 美味しいよーって紹介してやらなくっちゃね。
 田村郡で一番の繁盛店です。
 
 ちなみに座敷に座ってラーメンを待っていると向かいに座っている奥が手を振っています。
 振りかえると伯父が順番の列に並んでいます。
 さっき寄ってお土産を沢山いただきましたが、またここでバッタリとは?
 相席して話を聞いてみると、ハマっておるそうです。
 週に2回はここに通っているそうで、美味いんだよの一言。
 ラーメン御馳走になってしまいました。
 現役ですが年金生活者に御馳走になってしまいました。
 これも伯父孝行の一つですね。
 あー美味しかった。
 お店の名前は仙台屋です。
 ラーメンを食べ終わると底に屋号と電話番号が出てきます。

テーマ:ちょっと、お出かけ - ジャンル:地域情報

  1. 2009/12/31(木) 05:18:02|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カマツカのこと

 26日藪次郎さんと吉田橋下のプールの底をのぞいて居たら不思議なものを見ました。
 ここには何時も大型のオイカワが着いており絶好の釣り場で、餌釣り、フライに楽しめる場所でしたが、、、居なくなっちゃったのです。
 なにも居ない訳はないだろうと覗いていたら、茶色っぽい魚が底を這っているのを見つけました。
 鰭を広げて河床に貼りついています。
 ここは以前、細かい砂利底でしたが最近は水量が少ないせいか砂が溜まるようになってきました。
 写真を撮ってみましたが、底と同じで全く確認できないのでここのプール全体にしました。
 暫くそーーーっと覗いて見てみると、みんなでお遊戯はしていなくて、一匹で口をモグモグしていました。
 覗かれているのに気が付いたのでしょうか?
 頭を底に向けて斜めになりました。
 今度は何を食べるのかな?
 尻尾をブルルンと振ると頭が砂の中に入りました。
 ハハーーンこうやって底の餌をあさっているんだ。
 と思って観察しているとまたまた尻尾をブルルン。
 今度は背びれまで砂の中に入ってしまいました。
 一寸変!!
 ななあなんだ???
 更にブルルンブルルンブルルンルン!!
 完璧に砂の中です。
 あれー?
 始めてみました。
 カマツカを小畔川で見たのも最初なら、砂の中に潜っていくところを見たのも最初でした。
 そして、この辺だったよなとロッドのチップで川底を突いてみましたが、反応がありません。
 更に拡大して突いても居ません。
 完璧に隠れてしまったようです。
 藪次郎さんと顔を見合わせてへーーーーっということで別れました。

PC220056.jpg

ウィキペディア曰く
日本では岩手県、山形県以南の本州、四国、九州など、また国外では朝鮮半島や中国北部などに分布している。体長15~20cmほどの細長い体と、長く下に尖った吻が特徴。吻の下には1対のヒゲがある。主に河川の中流・下流域や湖沼の砂底に生息し、水生昆虫などの底性の小動物や有機物を底砂ごと口から吸い込み、同時に砂だけを鰓蓋から吐き出しながら捕食する。繁殖期は春から初夏にかけてである。

おとなしく臆病な性質で、驚いたり外敵が現れたりすると、底砂の中に潜り、目だけを出して身を隠す習性があることから「スナホリ」・「スナムグリ」・「スナモグリ」など、また生態が海水魚のキスに似ていることから「カワギス」など、また鰓蓋から勢いよく砂を吐き出す仕草から「ツチフキ」という別名もある(尚、本種とは別に、一回り小柄なツチフキという魚も存在する )。
と記載されていました。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/28(月) 09:28:47|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

昼の小畔川 soraさんと初対面

 今日は午後から下流です。
 soraさんと初めてお会いしまして、しばし釣り談義です。
 オイカワ餌釣りのエキスパート、装備品が違います。
 腰に自動餌付け機と垂らしを装備、数百匹のオイカワが釣れる装備です。
 恐るべし。
 下流のポイントを何箇所か確認すると共にフライdeオイカワを見てもらいました。

PC270002.jpg

 水位観測所からの駆け上がりにオイカワが沢山着いていますから、ここで見てもらいました。
 水面直下のフライをオイカワが追いかけて行く状況、パっシャンと水しぶきをあげて食いつく瞬間、何度も何度もフライを追いかけるオイカワを見てもらいました。
 soraさん、フライに関心を持たれ是非やりたいとおっしゃってました。
 楽しいですよ。
 これでまた獣偏が一人増えまして。。。。。

PC270003.jpg

 soraさんと別れてここです。
 オイカワが出ますが乗りません。
 難しくて奥が深いです。


 話がまた変わりまして、私、お料理大好きです。
 今日はイカニンジンを作り、ひたし豆の下ごしらえをし、最後に栗きんとんを作りました。
 奥は美味しいと大喜び。
 しかしながら最後に一言、後かたずけはしっかりお願いしますね!!
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/27(日) 21:59:57|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昼の小畔川 魚の付き場がまた変わりました

PC260097.jpg

 吉田橋上流から下流の状況です。
 22日と23日の天皇誕生日にはここの瀬に良型が付いていました。
 更にこの下の癒しの瀬には真っ黒くなるほどオイカワが居ましたが、どこかに行ってしまい全く反応が無いのです。


PC260099.jpg

 高橋のプールにはオイカワの群れが戻ってきていました。
 しかし、渋い、下流からドライで狙ってみるとラインが頭の上を通過するなり群れがパーーーっと散ってしまいます。
 水量が少なく河床も汚れています。
 戻ってきた群れは大型も居ます。
 回遊スピードが速いのでキャストも難しいのです。
 今回は藪次郎さんと久しぶりに釣りました。
 少し離れた高いところからキャストを見て、魚の位置を見て、もっと先と蚊ァありゃラや、左に居るよなんてアドバイスしながら楽しい釣りとなりました。


PC260106.jpg

 ここから下って吉田橋下のプールにはオイカワの姿が全く見えません。
 あれだけいたオイカワ君何処に行ってしまったのでしょう。
 その代わり、鴨が沢山入っています。
 鴨に追われて散ってしまったのでしょうかね。
 最後に何時もの金堀橋下へ向かいました。
 ポツリポツリですが今日も大型が遊んでくれました。
 川の中に入って釣ると渓流気分です。
 一雨降って川が再生されると良いんですが、水垢が付いてヌルヌルです。
 気を付けて歩いています。


PC260095.jpg

 小畔川以外に行った川、湖、釣り堀の券が大掃除をしていたら出てきました。
 あそこで釣れたな、ここはダメだったなと回想?妄想??にふけってしまいしばし掃除を中断してしまいました。

 夕方はミニ忘年会。
 かすみ食堂でプラントFさん、藪次郎さんしげさんと語らいましたよ。
 去年もここでやったけど、あっという間の一年だったねとそれとなく出た言葉が今年の釣りを集約しているように感じました。
 楽しかったな!!

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/27(日) 11:05:46|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

昼の小畔川 川通しで確認してきました

 昨日に引き続き今日も小畔川です。
 セオリーどおり、昼からの釣りです。
 今日は昨日より気温が上がっています。
 水位は下がっていますが期待して下流を目指しました。

PC230073.jpg

 今朝はマイナス3度、よく晴れて放射冷却が進みました。
 何時もどおり5時には起きてしまいゆっくりとお茶を飲んで朝日が上がるのを待ちます。
 日の出前が一番綺麗です。
 輝いて一瞬茜色なってから日が昇ります。

PC230075.jpg

 金堀橋から下流を目指しました。
 ここは水位観測所です。
 ここの駆け上がりには何時も大型が付いています。
 昨日もサブマリンさんは当たりがある度にOOO--とか、ウリャリャーーとか訳のわからないことを言いながら釣っていました。
 精進場橋まで釣り下ってここに戻ってくると家族で釣っている方がいました。
 沢山釣れたでしょうね。

PC230078.jpg

 八幡橋から下流です。
 魚が沢山います。
 一昨年まではこの時期、釣りの対象になるような大きさは居なかったのですが、居るんです。
 小畔3号にしきりにアタックしてきました。
 群れになっていますが、駆け上がりにセオリーどおり付いています。
 

PC230076.jpg

 こんなのが沢山いるんです。
 川に入らずに土手から水中の魚を観ながら流すと食ってくる様子がよくわかります。
 ラインが動いたり水しぶきが上がったりして食っているのが判りますが、上から見ているとその何倍もアタックしているのです。
 フライが落ちた瞬間からオイカワは凄いスピードで追いかけます。
 落ちた瞬間にかぶりつくやつ。
 何回もフライにかぶりつく奴。
 ピックアップでアクションが付いた瞬間にかぶりつく奴。
 こんなに反応しているのに釣れないんですね。
 

PC230088.jpg
 
 ゴミ焼却場も大分できてきました。

 さて、魚の付いている場所です。
 上流と同じですよ。
 駆け上がりに固まっています。
 このようにゆったりした流れには今日は居なかったのです。
 これから更に寒くなってくると深場の物陰に隠れるようになるなってしまうようですが、ここには魚が居ません。
 流れがあるところに群れになっていました。

PC230084.jpg

 この付近の瀬になっているところは水垢も少なく河床は綺麗でしたよ。
 しかし、そろそろ一雨欲しいところですね。
 下流は貸切で遊べます。
 ここの溜まりの上流まで魚信がありました。
 ここから下流、八幡橋まで引き続きチェックしましたが、ここからパタッと反応が無くなってしまいました。
 精進場橋下流まで行ってみましたが、魚が見えません。
 どうしてしまったのでしょう?

PC230094.jpg

 帰りです。
 焼却場を過ぎて右岸から上流の風景です。
 この辺りのどの瀬にもオイカワの群れが付いていました。
 瀬頭で活発にフライを追いかけてくれます。
 御覧のとおり川岸の背の高い草は枯れています。
 どこからでも川に入れます。
 冬場は魚が固まって移動していますから、足で釣ることが大切です。
 一か所に腰を落ち着けず、歩いて探すことが大事です。
 群れを見つけてしまえば楽しいですよ。
 スレてきたら、諦めて次の群れを探します。
 この連続ですね。
 今日も川通しで群れを探して釣りました。
 
 まだ暫くは釣れますよ。
 魚影も濃くて楽しめます。



 
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/23(水) 21:00:01|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

昼の小畔川 火に油を注いだ方と

 昨日中国から帰って今日は代休をもらいました。
 朝から風もなくポッカポカの良い天気です。
 燃えております。
 コメントでしっかり油を注がれていますからね。
 ?時過ぎからこの時期のセオリー通り小畔川に向かいました。

PC220049.jpg

 鉄橋上のプールから釣り始めました。
 居るんですがね。
 ドライでは反応がありません。
 ラインが通ると魚が逃げます。
 方針変更、ウェットです。
 早速釣れました。

PC220052.jpg
 
 どうですか。
 良い型でしょう。
 入れ食いとは行きませんが、このサイズが釣れます。
 今回はシステムは美樹プルーンさん製作のOIKAWA PULULUN #0にSAGEの#0ダブルテーパーライン、リーダーは2年物の何番か確認できない年期もの、ティペットは0.6号30cmに0,4号を20cm繋げたもの、鈎は#21小畔3号です。

PC220054.jpg

 飛び石の橋から20m位下流右岸から釣り始めました。
 上のとおり良型が出ました。
 時々ライズがあるのですが、これに関係なく食いついて来ました。
 平面的な流れのようですが、この中に少し深くなっているところの下流はかけ上がりです。
 ここに付いています。

 写真は癒しの瀬です。
 ここの底には固まっていました。
 真黒です。
 この上の瀬では大型が元気よく当たります。
 PULULUNはプルルンプルルン!!!
 痺れましたよ。
 楽しい!!

PC220057.jpg

 話が変わりまして工事が始まっています。
 東上線鉄橋と金堀橋の間で舗装工事です。
 今までの道路で問題がなかったんですが、どうして急に始まったんでしょうか?
 散歩も土を踏みしめて歩きたいんですよ。
 ここがアスファルト舗装になると趣も無くなってしまいます。
 その向こうの金堀橋も塗装工事中です。
 &&%’()(%T())#$%#%%?????
 なんとも気にいりません。

PC220065.jpg

 今日は愉快なことがありました。
 癒しの瀬でフライdeオイカワのサブマリンさんとバッタリ出会いました。
 半年ぶりでしょうか。
 下流から歩いて行くとポンポン釣っているフライマンが目に入りました。
 アレレ?サブマリンさんでした。
 鉄橋から下流では良い思いをしたことが無いということで今日は良い思いをしてもらいましょう。
 そしてOIKAWA PULULUNの釣り味を体験してもらいましょう。
 そんな訳で金堀橋から下流へ向かいました。
 川通しでダウンクロスのウェットです。
 良いですね。
 バシャググーン!
 コレですよ。
 久しぶりの感覚ですね。
 そそーです。
 私が楽しんでもしかたがありません。
 サブマリンさんにPULULUNを渡してここから遊んでもらいました。
 最後は八幡橋の上、水位計測所の深みからの駆け上がりで大型を釣ってもらいました。
 バっシャン、ググーン OOO--、ウウーー、ンソリャー!
 釣れる度に叫んでいましたよ。
 あっという間に時間が過ぎてしまいました。
 日が傾き寒くなってきたので今日はここまで、お別れしました。
 サブマリンさんお付き合いしていただきありがとうございました。
 楽しかった。
 


PC200037.jpg

 話変わって中国編。
 昼は一人で飲茶です。
 ホテルの地下は中華屋さんで、こんな感じで作っていました。
 中国語はニーハオとシェーシェーしか判りません。
 あ、モーちょっと知ってました。
 いー、りゃん、さん、すー、うー、ろー、ちー、ぱー、くー、それからロンとかチーとかね。
 ウェイトレスさん中国語しか話せません。
 私、日本語です。
 結論、ウェイトレスさん私の手を取って作っている前まで案内してくれました。
 メニューは判りませんが、ここにサンプルとして作りたてが一品ずつ並んでいました。
 そんな訳で簡単に注文成功。

PC200038.jpg

 肉ソバとチンタオビール。
 チャーシューが乗った温麺?
 行けますよ。
 ビールはイマイチ。
 やっぱりチンタオビールは緑の瓶が美味しい。
 
PC200039.jpg

 二品目は豚肉のリブを骨ごと適当な長さに切ってこれを甘い味噌で炒めたもの。
 そんな感じの味でしたがこれが美味い。
 前回来た時に美味しかったので注文しました。
 飲茶は良いですね。
 食べられるだけ少量ずつ何品か注文できます。
 今回はソバと肉とビールで47元。
 ホテルの地下ということでかなり現地では高いそうですが、六、七百円ですからね。
 安い、美味しい、大満足。

 美味しい中国でした。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/22(火) 21:10:17|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

沖縄から大阪

PC120021.jpg
 釣りに行く暇がありません。
 オーストラリアから帰ってきても先週末からまた出張続きで家でゆっくりする暇がありません。
 明日からはまた中国です。
 一昨日大阪からの帰り、会社に20日振りに顔を出したところ、私の机の上は書類の山、PCのメールボックスは溢れかえり、惨憺たる状況でした。
 残業で2日掛かりでやっと整理でしました。
 ああーーー、釣りをしたい。

 愚痴はこれぐらいにして、スターフルーツです。
 青い果実が黄色く熟れて良い匂いがすると食べごろです。
 切り口がお星様そっくりですね。
 ジューシー!

PC130023.jpg

 こちらはイセエビ2匹、刺身と味噌汁で頂きました。
 美味しかった。
 沖縄の友人からのお土産です。
 持つべきものは友達か!

PC130025.jpg

 もろみ酢。
 酸っぱい酢でしょと、たかをくくって飲んだら、アーラ不思議不思議。
 美味しいんです。
 奥と二人で美味しい美味しいとグーイグイ!

PC140031.jpg

 大阪駅の食堂街にあるカレーうどん。
 ここのお店、入るなり「時間かかりまっせ、よろしいか?」
 間口一間椅子が6つのカウンターだけの店です。
 作り置き無、客が来るたびにスープを作り天婦羅を揚げます。
 お昼のかきいれどきでしたが、マイペース。
 この竹輪天とカボチャ、じっくりと揚げてくれました。
 癖になりそうな味。 
 完食。
 通はライスを注文してうどんを食べ終わったらカレーライスで2度美味しいそうです。

 釣りができないので美味い物で気を紛らわせてリフレッシュ。
 ああーー、釣りをしたい。
 

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/18(金) 21:52:03|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

昼の小畔川 なかなかの良型がモッコンっと!

PC100008.jpg

 出張から帰っての小畔川です。
 2時過ぎから鉄橋を起点に上流をチェックしてみました。
 今日は高気圧の真ん中、風もなく日差し燦々、春のような陽気です。
 オイカワも当然活性が上がっていると踏んで、2時過ぎから釣り始めました。
 吉田橋下のプールです。
 ここは良型が沢山入っているようです。
 何時も話をする餌釣りの老人と情報交換をしていると、ビックリするような情報が。
 なんとニジマスが釣れたそうです。
 ここには居ない魚なんですが。
 一寸複雑。
 ウグイの25cmが釣れたそうです。
 嬉しい知らせです。

PC100010.jpg

 癒しの瀬ではこんなオイカワが釣れました。
 今日はウェットよりもドライに反応が良く、モコっと出るのです。
 何時もはフライが着水と同時にバチャっと出ますが今日は一呼吸置いてモコっと出ました。
 ちょっぴり渓流気分で満足でした。
 
 更に上流、高橋まで行ってみましたが、今日は小さな稚魚サイズのみで盛んにアタックしますが咥えることができません。
 ここの大型は何処に行ってしまったのでしょうか?


PC100011.jpg

 鉄橋下流の堤防上にある管理道路の舗装化工事が始まりました。
 発注者は国土交通省関東地方整備局荒川上流事務所です。
 小畔川は1級河川であり東上線鉄橋を境に下流を国が管理しているのです。
 ホントに必要なの?
 できることなら今までのように地面を踏みながら歩けるようにしておいて貰いたいです。
 
 一昨年、国に掛け合って八幡橋下流左岸管理道路を舗装させたと成果を誇っていた市議会議員が居ましたが、ここもそうなんでしょうか。
 問題がないのであれば、できるだけ手を加えないで欲しいと思っている者も居ることを知ってください。

PC100012.jpg

 こんな感じで工事が始まりました。
 来年春まで工事が続くそうです。

PC100007.jpg

 この蕎麦如何でしょうか。
 ハッキリ言って美味かったです。
 今日のお昼ご飯。
 大盛り、天婦羅追加で800円でした。



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/12/10(木) 17:16:12|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

拍手にコメントを下さった方、その他機能にコメントを下さった方にお詫び

 



 拙ブログをご愛読頂きありがとうございます。
 私の無知と勉強不足で一部のコメントを頂いた方に非常に不愉快な思いをさせたのではと気づきました。
 実は、PC音痴でFC2ブログの機能をよく理解していませんで、拍手に関連したコメント、ブロ友申請のコメント等見逃していました。
 今朝、コミュニケーションってなんだろうと一つ一つ観ていたらコメントが入っているのを発見したのです。
 数ヶ月前から入っていました。
 返事も書かず申し訳ありませんでした。
 決して悪意で無視した訳ではありませんが、ブログ管理者として失格であり私の無知が引き起こした事態で申し訳なく思っています。
 今後このようなことが無いよう管理をしっかりしたいと思いますが、あんまり機能関連の所を観る機会がありませんし、知識もありません。
 お許しください。
 コメントはできましたらブログのコメントに入れて頂きますと確実に返信ができます。
 今後とも宜しくお願いします。

 小畔川に来られる方、何時でも大歓迎です。
 土日は原則休みですから時間が合えば御一緒に遊べます。
 これから冬の時期、日並みを考えないと釣りが難しくなりますが、どうぞお気軽にご連絡ください。

 jetpapa


  1. 2009/12/10(木) 08:01:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。