小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

禁止ワードで迷惑をかけています。

 

 禁止ワードに引っ掛かってコメント投稿ができない、何回も文章を変更してもまた引っ掛かってイライラしてしまったというお話を何人かの方から聞いていました。
 ご迷惑と、せっかく気持ちを込めて書いたのにはねられてしまうとガッカリしてしまい気持ちも折れてしまいますね。

 最初に公開しようと思いましたが、お下品な言葉が並んでいましたから、良い子には見せられないから公開は差し控えたほうがいいのではと、温かいお言葉をいわなたろうさんから頂きました。
 実は何回も禁止ワードに引っ掛かって嫌われているのかしら?とメールをいただきました。

 こんな気使いをさせてしまい申し訳なかったのですが、良い子のために暫く様子を見ていました。
 さすがに何人もの方から同じようなお話を伺うとそろそろ公開してもいいのかなと思うようになり、今回ここに秘密の言葉を大公開いたします。

 その第一は「咥える」です。
 その他ワードはここに披露すると私の人格が疑われるので(もう既に獣偏になっているから常人ではないと思ってる??)続きの裏画面に入れておきます。

 餌を咥えるとか、フライを咥えた瞬間で等と書くと引っ掛かってしまうようです。
 こんな時はフライを食ったとかみたいな表現がよろしいかと思います。

 あちらの世界では違うものを咥えるのが大好きなようですから、この言葉は絶大でした。
 その分、真面目な獣偏には迷惑をかけてしまったようです。
 風俗関係のお誘いコメントが沢山は入りますが、禁止ワードを設けてから99パーセント入らなくなりました。

 禁止ワードは続けます。
 その他、拙ブログで登録している禁止ワードは以下のとおりです(ああ恥ずかしい)
 海外ということで気持ちがちょっと緩んでいるせいでしょうかね。

 続きを参考にしてください。

P5250024.jpg

 ミネアポリスで飲んだトマトジュース入りビール。
 美味しかったです。


 追記
 やられました。
 禁止ワードを公開したとたん5月31日(今日ですね)トラックバックに一発入って来ました。
 こんな記事まで業界の方々は読んでいらっしゃるんでしょうか?

 他の記事もしっかり読んでくれたらいいのですがね。
 オイ カワ釣りのほうが面白いから感化されて獣偏になってくださると宜しいと思いますが、同じ獣でもこちらは王様が右側に着きまして俗世間では「狂」という字を宛てます。
 つまり今まで獣偏の親父という表現は「釣り狂親父」(つりきちおやじ)というわけでありまして、あんまり活字にしたくないから獣偏で通してきた訳であります。
 
 もっと詳しく説明すると獣偏の王様ということになりまして、これで十分かと。
 
 暫くさらしものにするためにトラックバックを残しておきますが、まともな輩のすることではありません。
 どうせ、ログインをすると後で法外な請求が来たり、メールの返事はスタッフのおっちゃんが書いていたりしているのに、変に勘違いさせて俺って持てちゃってるのかしらんんなんて、期待をさせてお金ばっかり取る悪質サイトですから、この手の物には絶対に触らないでください。

 おいおい!
 どうしてそんなに詳しいの?  って??
 もしかして痛い目にあったのかって??

 違いますからね!
 これはこんなサイトは危ないですよと、本に書いてあった警告の受け売りです。
 念のため。

 そんな訳でセフレも禁止ワードに入れました。
 凄い釣りをするな!
 といった場合の凄いを禁止ワードに入れておきましたが、これは自分でしょっちゅう引っ掛かるのでだいぶ前にはずしておいたのですが、今回はトラックバックに入っていました。

 一年ぶりのその筋の書き込みでした。
 明日はさらしものの被害が出ないように削除します。











続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2010/05/28(金) 16:25:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

今朝の小畔川 反応がありません

 今朝は6時過ぎから小畔川へ。

 天気予報では低気圧の接近により、そろそろ雨が降ってくるとのことでしたから、その前にチェックです。


P5230015.jpg

 金堀橋上のプールから開始です。
 昨日に引き続き、鱒は釣れないかなと何度も流しますが反応がありません。
 水位が下がっていますからね。
 今朝は朝から濁っています。
 
 橋の下流へ。
 川通しで釣り下って行きました。


P5230022.jpg

 最後は水位観測所前まで行きましたが、時折ブルブルっと反応がありますが鈎がかりしないのです。
 昨日の朝と大違い。



P5230013.jpg

 そんな中で顔を見せてくれたオイカワですが、食いが浅くポトリと草の中に隠れてしまいました。
 大捜索。
 発見!
 無事救出直後の状況です。

 7時過ぎからポツリポツリと降りだしたので今朝は此処まで。

 これから沢山降って河床を洗って再生されればまた釣れるようになります。
 オイカワの産卵床も石が洗われて最高の状態になります。
 今夜そして明日とまとまった雨が降って欲しいですね。



P5230011.jpg


 川辺の植物です。
 何という植物でしょうか?
 これも良く判りません。
 去年は此処に生えていなかったのです。
 今年は此処でだんだん勢力を伸ばしています。
 外来の繁殖力が強い植物でしょうか?

 白い花は混生しているクレソンのものでこの植物とは関係がありません。


P5230012.jpg

 拡大するとこんな感じの水棲植物です。
 金魚鉢の中に入れる草のような感じがします。
 名前を知っている方は是非教えてください。


P5230016.jpg

 こちらの白い花もきれいでしょう。
 野バラの群生です。
 今が見ごろ、白い花が咲き乱れています。
 小畔川ではピンクの桜に始まり黄色のからし菜、そして白い花が咲いています。


P5230020.jpg

 オマケです。
 これは何??

 桑なんですよ。
 桑の実が付いています。
 これも食べられるんですよ。
 もう少しすると熟して紫色になってきます。
 子供の頃に食べました。
 家に帰るとすぐばれてしまいます。
 だって、これを食べるとベロが真っ青になりますからね。
 小畔川沿いに沢山生えていますから是非試してください。
 好みはありますが、甘酸っぱくて美味しいですよ。
 集めて砂糖を入れて煮詰めるとジャムができます。
 
 月曜日から出張。
 暫くブログはお休みの予定です。
 釣ってくるぞと勇ましく??
 何しに行って来るのかしらん??



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/23(日) 16:23:59|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

夕の小畔川  オイカワの産卵が始まりました!!


 4時過ぎからの釣りとなりました。
 まずは鱒を釣りに金堀橋上のプールから。
 全然反応無。


P5220004.jpg

 飛び石の橋へ向かいました。
 水位が下がっています。
 連休中はこの石の上まであったのが此処まで下がってきました。
 しかもカフェオレ。
 田植えが始まりましたからね。
 田には一杯水が引かれています。
 戻り水はドロドロのようです。
 反応が無いんです。
 釣れませんね。
 午前中とは打って変わって反応がありません。

P5220006.jpg

 釣り下って来るとこんな光景が見られました。
 オイカワが集まって大騒ぎです。
 初めての光景です。
 側に人が来ても逃げないのです。
 狂ったように集まってバシャバシャ瀬頭を中心に離れません。
 何十、いや百匹を越えているようです。
 瀬頭に沿って無数のオイカワがかたまってバシャバシャです。
 真っ黒な顔の雄を中心ににぎやかですね。
 産卵です。
 全ての卵が孵化してくれると良いですね。

 


P5220010.jpg

 産卵の状況をプラントFさんに教えてあげたら今車の中とのこと。
 ジョニーさんと群馬へ渓流釣りの帰りで直ぐ近くまで来ているので直行すると返事がありました。
 始めてジョニーさんと対面しました。
 バンブーロッドを早速拝見させていただきました。
 とんでもない人ですよ、この人は。
 ぶったまげ(豚玉毛)ました。
 素人さんが作ったとは思えません。
 細工が精巧、緻密です。
 しかも右の竿はリールまで手作りで、竿本体にくっついているモデル。
 楽しませてもらいました。


P5220001.jpg


 オマケです。
 これは何??

 前回はこの木の花を紹介しましたね。 
 花が咲いて実がなって胡桃の実になるんです。

 そう、これは胡桃です。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/22(土) 23:13:13|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今朝の小畔川 ウッソー! 鱒が居たぞーーー!!


 おはようございますと目が覚めたのが4時でした。
 まだまだ時差は解消されていないようですね。
 外は真っ暗、4時半に日が昇ってきました。
 日の出の写真はおとといのブログの続きにアップしてありますから参考に。
 この時間ですと名栗まで行っても良いのですが、まだ完全に疲れが抜けていないようでその気にならずウダウダとぼんやりしながら。
 6時半、小畔川でフライをやってる人が居るなーーー、なんて見ていました。
 そして7時やっと釣りをする気になりまして、当然この時間では小畔川ですよね。


P5220105.jpg

 此処から釣り始めました。
 ライズがあるんですよ。
 瀬頭にライズが二つ出ているのが判りますか?
 何か流れてきているのを食っています。
 最初は瀬頭左側からアップクロスのドライで攻めましたが、完全無視されてしまいました。
 それでこの位置に場所移動です。
 今度は同じフライですが少し沈め気味、水面直下をウェット風に狙ってみました。
 右から左に瀬頭を流します。

 ラインが止まりましてモコっと水面が少し盛り上がりました。
 あっれーー??
 今までにない感じ。
 どうしたのかしらん??
 とりあえず軽く合わせると、引くのですよ。
 オイカワじゃない引きで、こりゃウグイのデカイのが掛かったか?
 なんか変!
 やり取りをして手前に持ってきて取り込みをしようと良く見ると、コレって鱒じゃない??
 20cm位で背中にポツポツ模様があって、水上公園で釣っている鱒だよな。
 なんで此処に居るの??

 ランディング、写真を撮らなくっちゃ!
 と、カメラ準備をしていると鱒さんはマンマと逃げてしまいました。
 証拠が逃げるううーーー!!
 そんな訳で鱒写真は無。

 此処のプールにはコクチバスとミシシッピアカミミガメが居ますが今度は鱒ですよ。

 夕方、釣っちゃおう。
 
 誰が放したのかな。
 本来居ないものが居るというのはね。




P5220107.jpg

 ギンギンギラギラです。
 まっ盛り、男盛りのオイカワです。
 また顔が黒くなってきました。
 これでメスにアピールするんですよ。
 最後はドライで4連発!
 御付き合いありがとうございました。

 ところで朝から釣っていたのは美樹プルーンさんでした。
 流石ですね、完全に病気、重症のようでした。




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/22(土) 10:13:24|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

モントリオールの食べ物雑感

 カナダは移民の国。
 モントリオールは食の都と言われています。
 世界中の料理を食べることができます。
 此処のレストランは何件あるか判らないほどです。
 日本料理店も何軒かありまして、此処で食べる寿司はその辺のすし屋さんよりネタは良いし、美味しいのです。
 今回は西海岸で始まったカリフォルニア(アボガド)巻き、そして初物のB-52、神風も食べて来ましたよ。
 こんな時に限ってカメラを持ってないんですね。

 中華料理屋さんも沢山あります。
 安くておいしい中華屋さんです。
 世界中どこに行っても中華屋さんはありますね。

 毎晩外食でしたがその中でいくつか紹介します。

P5140040.jpg

 到着2日目に時差解消のため、昼間散歩に行った時に入ったホットドック屋さんで食べたのがこれ。
 ホットドックの上にみじん切りの玉ねぎがドッサリです。
 これは注文するときにどないするんねん??と聞かれるんです。
 多分聞かれたと思いますが、判らなかったので壁に貼ってある注文用の写真のとおりと指さして注文しました。
 これが困るんです。
 なんて言ったらいいのか判りませんからね。

 味は最高!
 美味しかったですよ。


P5140070.jpg

 これ、リブステーキです。
 注文は10本、5本、3本に分かれています。
 当然3本です。
 これがまた美味い。
 手づかみで、かじりつきます。
 少し甘いタレで焼き上げています。
 日本でやったら流行ると思いますよ。
 ビールにとっても良く合いました。

 付け出しのオニオンリング、これがまた良いんです。
 フライドポテトまたはイモそのままを焼いたベイクドポテトも注文できます。
 ご飯が入ったトマトベースのソースをつけて食べるんですがこれがまた美味い。

 そしてパンです。
 何処に行ってもレストランでは最初にパンが出されます。
 これがまたまた美味しんですよ。
 でも、できるだけ食べないようにしているんです。
 美味しくてついつ食べ過ぎるとメインまでたどり着けなくなってしまいますからね。


 

P5170071.jpg


 店の外観です。
 旗が垂れ下がって良く判りませんが、スイス国旗が掲げられています。
 はい、スイス料理店です。
 何となく、外観もそんな感じがしますね。



P5170073.jpg


 前菜に引き続き、チーズフォンドボーではなくって今回はオイルフォンドボーを。
 これまた美味い。
 ワインに合いますね。
 赤ワインをグイグイいってしまいましたよ。

 これに引き続きソーセージとポテト天婦羅、生ハム、お好み焼き?? いろいろ出てきましたが、どれも美味しくって美味しくって残さず食べちゃった。



P5180074.jpg

 帰る前の日はオールドモントリオールで夕飯を。
 どうですか?
 なんとなくヨーロッパの街並みを感じませんか。
 低いビルに装飾された壁、窓。
 そして道路は石畳です。
 この地区は先の教会など古い建物が保存されています。

P5180077.jpg

 夕飯はステーキということでやってきました。
 私は何をトチ狂ってしまったのか、身の程を考えないで22オンスのTーボーンステーキを注文してしまいました。
 デカイーーーーー!!
 デカイのです。
 残さずに食べるには??
 考えましたよ。
 味わってゆっくり食べると直ぐにお腹いっぱいになってしまいますから、ガツガツ行きました。
 これだけの量ですからね、顎が疲れようとひたすら休まずに頑張りました。
 美味しかったですよ。
 レアーで焼いてもらいましたら、柔らかくって柔らかくって申し分無でした。
 
 皿の向こうには残骸しか残っていませんがカルマリが、右奥にはエスカルゴ、向こうの奥には何かほかの料理がありました。
 食ったぞー!
 感想は食ったぞー!!

P5170072.jpg


 オマケです。

 初めてのビールを紹介していますが、今回はシルバークリークです。
 スリーマンが出しているビールですが、ラベルを張り忘れた訳ではありません。
 これが、スタイルだそうです。
 これまた美味しい。
 グイグイ、直ぐに飲んでしまい次はワインを飲んでまた飲んで、酔っぱらいました。
 毎晩このパターンで過ごしちゃったので帰りはベルトの穴が一つずれてしまいました。
 どうしよう。


テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

  1. 2010/05/21(金) 22:00:17|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

十年目にして パイプオルガンの演奏を聴く

P5140045.jpg

 時差ボケで過ごしているモントリオールですが、毎回来るたびに立ち寄るのがノートルダム教会です。
 パリにはノートルダムのせむし男という映画の舞台になった教会がありますが、ここの境界も同じ名前なのです。
 入場料5ドルを払って中を見学できます。
 前の広場が工事中で感じが出ませんがこんな外観です。
 この右の塔には約10トンの鐘が釣り??吊り下がっているそうです。


P5140048.jpg

 ブルーです。
 青い教会と呼ばれているそうです。
 礼拝所の背景が青できれいなのでこう呼ばれるのだとか。
 どなたか名前を忘れましたがモントリオール出身の有名な女優がここで結婚式を挙げたそうです。

P5140052.jpg

 近くの寄ってみるとこんな感じです。
 1800年代に作られた教会でモントリオールでは一番歴史のあるものだそうです。
 日本ではこのぐらいのものは何処にでもありますが、新しい国ですから歴史的建造物として大事にされています。

P5140056.jpg


 今回、ここのオルガンの演奏を聴くことができました。
 何時も時差解消の散歩経路にしているので、歩いて疲れたらこの中に入って、ベンチで2,3、時間休んでからまた散歩を続けるのですが、今回は幸運なことに演奏を聴くことができたのであります。
 このオルガンは日曜日のミサでは演奏されますが平日に聞けたのはラッキー!!
 設置場所は祭壇に面した2階にあります。
 つまり祭壇に祈りをささげていると後ろからボワ―ーんっと来る訳です。

 ボワオーーんん、、ブブブヒー、ピロピロピー、ザdh環mにーー、わわいjねkん!!!
 何と表現したらよいか判りませんが、最初は調律でしょうかいろんな音が出てまして、上のほうでワイワイガヤガヤやってました。

 これが済んで静かになったらパイプオルガンのいろいろな音色の説明がなされて、その音がブブブbbbbブーーとかズズズーとか腹に響く低音から中音、そして軽やかな高音まで披露されました。

 そして、待望の演奏会でした。
 教会のミサで流れる音楽とか、聞いたことのある曲を2時間ほど楽しませてもらいました。
 時差ボケでうつらうつらしながら聞いていましたが、凄い迫力!!!
 だって見てください。
 一番低い音は両端の一番長い筒から出るんですよ。
 筒の下のほうにとんでもなくでかいリードがあって、これがドッドッドッドッドーーーとうなるんです。
 凄いもんでした。

 ちなみにパイプは8000以上。
 鍵盤は6個。
 キーは99あるそうです。
 写真のとおり何人もで演奏していました。
 

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

  1. 2010/05/21(金) 05:05:02|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼の小畔川 色づいてきましたよ!!

P5200082.jpg

 何日振り釣り、小畔川でしょうか?
 変わっていましたよ。
 河川敷の草がこのとおり綺麗に床屋さんです。
 草の刈り方に人間性が出ますな。
 此処の草を刈った方は良いですね。
 野バラを残してカットしてくれました。
 草刈り機で走って刈りますからズーーーンと行ってしまえば簡単なのに一手間かけてくれました。
 一寸気分が和んだ草刈りでした。


P5200084.jpg

 時差ボケを修正するのには日に当たって体を動かすに限ります。
 昼から、いつもの休日の午前中パターンを歩いて釣りました。
 昨日は眠いのを我慢して9時過ぎまで起きていましたが、やはりダメで10時前には寝てしまいました。
 11頃に一回目を覚ましましたが、その後は5時までぐっすり良いペースでした。
 
 早速歩いてみると、飛び石の橋で釣りをしている方が。
 鯉を狙っているとのことでした。

 この橋の上流のプールでライズ。
 渋いですね。

 橋の下から本格的に確認してみました。



P5200090.jpg


 良いですね。
 こいつがパックンと食ったら禁断症状が一発で治ってしまいました。
 婚姻色が濃くなってきました。
 そして追星も現れて、凄い顔になりかかっています。
 もう少ししたら真っ黒な顔になって体はもっと青くなってくるんでしょうね。
 着き場も少し変って来たようでした。
 瀬の中に入ってきました。
 産卵のための縄張りをそろそろ意識した行動に変わってきたようです。
 ドライで釣れましたが、ダウンクロスウェットで狙う時はハッキリと差が出ました。
 クロスをゆっくり流すと食わないのですがスーーっと早く流すと追いかけて食ってきました。
 明らかに活性が高くなってきています。
 10日一寸の間でしたがオイカワは産卵に向けて元気一杯になってきました。
 また、このお腹を見て下さい。
 ポッテリと膨らんで腹いっぱいのようですね。



P5200092.jpg

 流れの緩いところではカワムツが遊んでくれました。
 同じ大きさでは太いので、時にはオイカワ以上に引きが良かったりしました。
 ドライに出た時のバっシャンはオイカワよりも派手でしたよ。


P5200096.jpg

 ウグイも釣れましたよ。
 漁協が放流してくれたようですね。
 藪次郎さんのブログに放流の情報が載っていました。
 私、今回はノータッチ、放流はお任せでしたから上流部が中心になってしまいました。
 しかし、そのうちに魚はあちらこちらと動きますから、密度は平均化されてポイントに定着するようになると思います。
 ウグイが少なかったのですが、これで自然繁殖が盛んになってくれたら嬉しいですね。
 あとは、産卵床に適した砂利底が沢山あることです。


P5200100.jpg

 飛び石の橋から金堀橋下の瀬まで確認してみましたら、ここはと思われるポイントにはこんなギラギラしたオスが着いていました。
 嬉しい季節になってきましたよ。



P5200099.jpg


 これはオマケ!
 この花が沢山咲いています。
 最初は草かなと思っていましたが、今日はこの木に咲いていました。
 何という名前なんでしょうか?
 花が咲くくらいですから、実がなるはずですね。
 どんな実かも楽しみです。
 何方か、この木の名前を知っている方、教えてください。

 ブルーベリーとか食べられる実がなる木だったら嬉しいです。
続きを読む

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/20(木) 17:01:27|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ああ眠い

 眠くてたまりません。

 12日水曜日は前日まで浜松出張、それから帰ってまた出張用意をして朝5時50分家を出発、電車で成田に向かいました。
 今回はカナダのモントリオールであります。
 10年前からここには通っているので勝手知ったる街??ということになっており行きも帰りも滞在中も安心して行動できる数少ない出張先なのです。

 モントリオールと日本の時差は13時間、昼夜逆になります。
 地球の反対側ですからね。
 
 時差調整失敗。

 前日まで浜松出張、しかも、朝一にブログのコメントにお返事まで書いてきましたから、こりゃ寝不足でしょ。
 ということは最高のコンディションで出発したはずなんですがね。
 寝不足が良いんです。
 成田を出発したらひたすら寝るのです。
 シカゴには9時頃到着します。
 爽やかなお目覚めと共にですよ。
 そして乗り継いでモントリオール。
 そしたら現地時間で暮らすのですが、今回は飛行機の中でパッチリしてしまいオペラ座の怪人と釣りバカ日誌と旭山動物園等々映画をずーーと見てました。
 シカゴから眠い眠いの連続で、車に乗っても、歩いていても、食事をしていても意識が無くなってしまうのです。

 ということは眠いんじゃなくて気絶してるんだ!!
 眠いのは本人の意思ですけど、気絶は自分じゃできませんからね。
 これはしかたがないでしょう。
 という風に割り切って今回は過ごそうと決めましたよ。
 
 そんな訳で仕事中も気絶しておりました。
 誰も文句は言えませんよね。
 居眠りをしているんじゃなくて、気絶しているわけですから。

 そんな出張の始まりでした。


P5130032.jpg

ホテルの屋上からセントローレンス川が見えます。

P5130033.jpg

裏の丘は高級住宅地です。
日曜日には雪がちらついたそうですが、滞在中は輝いて素晴らしい御天気でした。
こちらも春先の天候不順から一気に夏になってしまいそうです。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

  1. 2010/05/19(水) 18:55:34|
  2. 海外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕の小畔川  リベンジができました!!

 日曜日は午後からの釣りとなりました。
 土曜日の夕は冷え込みましたからね。
 そのせいでしょうか、日曜日は朝からお腹が痛くて午前中は布団の中で悶えていたのであります。
 お腹が痛いのは堪りません。
 私のお腹は冷えて来ると良く判るのです。
 普段は暖かいお腹ですが調子が悪くなると御へその上あたりから冷たくなッてくるのです。
 そうなったら大変、直ぐにお腹が痛くなってトイレに直行です。
 そんな日曜日の午前中だったのです。


P5090002.jpg

 昼過ぎに調子も良くなってきましたので4時ごろから小畔川に。
 何時もの午後です。
 金堀橋から下流を中心に探って行きました。
 釣り始めて直ぐkingfisherさんが登場です。
 
 荒川上流事務所入間川出張所上からの眺めです。
 此処も釣れましたよ。


P5090005.jpg

 こんなに元気のいいオイカワでした。
 元気が良すぎてこんな姿でしか映りません。
 これも良いでしょう。


P5090007.jpg

 水位観測所から下です。
 ここでは一時入れ食いに。
 今まで何処かに散歩にでも行ってたのでしょうか?
 オイカワが帰ってきました。
 なかなかの型ぞろいでした。


P5090008.jpg

 そしてその上のトロ場です。
 此処はライズが出るんです。
 その代わり難しいですよ。
 水位を観測しているアーチの上の瀬から上流に向かってキャストです。
 なかなかパックリとは食ってくれません。
 



P5090009.jpg

 粘り勝ちで、これが釣れました。
 何時もの小畔3号にパっシャンと出てくれました。
 パっシャンですよ。
 活性が高い時はフライが着水いするかしないかの瞬間にパシャっと出ますが今回はちょっと遅れて出ました。




P5090018.jpg

 此処からオマケです。
 日曜日は母の日だったんですね。
 奥と私が招待されて夕飯は御寿司。
 娘に御馳走になってしまいました。



P5110021.jpg

 そして月火と浜松の出張だったのでお土産はうなぎパイv.s.o.pでした。
 うなぎパイV.S.O.Pですよ。
 今までのうなぎパイと違って、これはブランデーが入っているそうで美味いのです。
 うなぎパイ=猫またぎでしたが、考えが変わりました。

 さて、今度の土日ですが、また出張で潰れてしまいます。
 残念。
 明朝出発!!





テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/11(火) 21:58:01|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

夕の小畔川 朝の仇を夕に取るはずが帰り打ち!!

 7日夕方は4時からまた小畔川に。
 既にプラントFさんが釣っていました。

 朝、別れ際に風が強くなってきたのでこの風はいつまで吹くかと聞かれたので夕方と答えましたが、暗くなるまで吹いていました。
 この連休中昼間はフライフィッシングには強すぎる風が毎日吹いていたのです。
 御存じのとおり、先々週は雪が降るほど寒かったのが先週は夏の陽気に変わりました。
 安定した東西に延びる高気圧に日本が覆われて、日差しが強かったため、内陸部が温められるに従って上昇気流が発生します。
 そこに南から風が吹き込んできた訳で日差しが強くなるに従って南風が強く吹いたのです。
 逆に夕方になって日差しが弱くなると昼間吹いていた風が収まってきたということです。
 そんな訳で夕方5時過ぎからは風も穏やかになり6時ごろからはライズがポツリポツリと始まり楽しいドライタイムを迎えられたのです。

 しかし、昨日は一寸違いました。
 お天気判断を誤ってしまいました。
 連休中日本を覆っていた高気圧は東に抜けて金曜日の夜から寒冷前線が小畔川を越えて行きました。
 今度は冷たい空気に覆われて風向きも北西に変わっていたのです。
 そんな訳で日射による風よりも気団による風の方が強く影響したようです。

 お天気の話に飛んでしまいましたが、そんな訳で急に冷え込んだのでオイカワは寒い寒いと朝からちじこまっていたので餌も食いたくなかった??

P5080094.jpg




 朝釣れなかったから、夕方楽しむぞ――ー! と思ったのが帰り打ち!
 最後は一番釣れているここの瀬に全員集合してドライはあきらめてウェットで挑戦しましたが、ダアレも釣れなかったので、グーーの音も出ませんでした。 
 完全にやられました。

 「こんなこともあるさ」
 「たまにはオイカワも休ませてやらないとね」

 こんなことをつぶやきながら解散したのですが心の中は

 「グヤジーー!!明日はリベンジだ!!」と燃えていた親父たちでした。

 ちなみにこんなことを心の中で呟いていたのはkingfisherさん、藪次郎さん、ゲッチさんでした。

 
 釣れなかったこととは別に板橋からお客様がいらっしゃいました。
 昨年夏御一緒に釣りをした方で、都幾川、名栗川の釣り場ポイントを確認して最後は小畔川に来られたそうです。
 藪次郎さんから連絡が入り上流からこちらへやってきました。
 各ポイントの案内、そしてkingfisherさんのOIKAWA QUEENモデルを紹介することができました。
 
 話の中で、このブログにコメントを入れると「不適当な言葉が入っているから投稿できません」と表示されてオミットされてしまうということでした。
 そのとおりなんです。
 ある言葉が入っていると投稿できないように禁止ワードを設定しています。
 様子を見ながらワードを少しずつ抜いていますが、今までに沢山の方に御迷惑をおかけして申し訳ありません。
 禁止ワードを入れておかないと、アダルトサイト直通のコメントが沢山入りまして良い子が読んじゃいけないような御手紙が書かれております。
 私なんかふらふらっと返事を書いてしまいそうなんで禁止ワードを入れているのであります。
 できれば、ここに公開しておきたいのですが、そんな言葉を公開するとjetpapaは色キチガイか???と誤解されそうなんで、コメント投稿で困っている方はこそっとメールしてください。
 堂々と言葉を教えますからね。

 

 







テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/09(日) 06:22:29|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。