FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今朝の小畔川 何度目の産卵でしょうか?

 今週は暑い。
 大変な暑さの一週間でした。
 今朝は少し時間が空いたので出張前に川の様子を見てきました。


P8060024.jpg

 まずはイテテテから始まりました。
 5時半、寝ぼけていたんでしょうか。
 鈎が、指が釣れてしまいました。
 あんまり地が出るのでピンボケで。
 こんな時、バーブレスは安全です。
 鈎がかかって安全でもありませんが、ゲーブの真ん中までしっかりと食い込んでしまいましたが、すんなりと抜けます。
 これがですよ、返しがあったら大の大人でも泣きます。
 状況によっては外科に行かないと鈎が外れない可能性があります。

 おかげで目がパッチリ覚めてしまいました。



P8060026.jpg

 オイカワがあちらこちらで跳ねています。
 今朝は凄いライズなんです。
 でも釣れません。
 やっと釣れたのが、このサイズ。
 大型は全く見向きもしません。
 どうなっちゃったんでしょうか?
 右岸を歩きながら所々でキャストを繰り返しましたが、釣れませんね。 



P8060028.jpg

 飛び石の橋はこのとおり、減水です。
 ここの所全然雨が降っていませんから水位が下がるのは当たり前ですが、それでもライズはあるんですよ。
 でも、釣れないんです。
 どうして?
 不思議です。



P8060031.jpg

 やっと原因がわかりました。
 大型はこのとおりです。
 大きな波紋を作って浅瀬を泳いでいます。
 ?????
 オスは縄張りをしっかり守っています。
 ほかの魚が入ってくると必死に追い払います。
 メスを抱えて必死のようです。
 時々2匹が並んでそこからモクモクと石についている垢がはばれて流れます。
 ああーー、そうか、産卵だ。
 また恋の季節がやってきたようです。
 6月の始まりから、もう終わったかと思っていましたが、続いていたようです。
 恋は盲目!
 これじゃ釣れませんね。
 暫く産卵を見ていました。
 たくましく暮らしているオイカワでした。




P8060035.jpg ウグイ。
 今回放流したのが育ったのでしょうか。
 ウグイの恩返し。
 吉田橋下流のプールで釣れました。
 7時半、暑い。
 餌釣りのおじいさんが釣れない、釣れない、どうして釣れるんじゃ?
 写真を撮っていると寄ってきました。
 毛ばりで釣れるんだとビックリしていました。
 それより、暑くなってきたからもう釣りはやめて帰ったら?
 熱射病になってしまいますよ。
 かえって心配してしまいました。 



P8060038.jpg

 ウグイもきれいですね。
 こうやってじっくりと姿を見ると流線型でパーマークを付けたらヤマメになってしまいそう。
 雑魚もきれいですね。



P8060039.jpg

 水位は下がっていますが、水質は最高です。
 水が澄んでいますよ。



P8060040.jpg

 残念だったのはこれ。
 こんな張り紙をするくらいならね。
 こんなところに捨てる輩は確信犯。
 かたずけるわけがありません。
 
 ちょっと残念な今朝の小畔川でした。



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/06(金) 08:52:28|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

今朝の小畔川 韋駄天川睦が挨拶に来たことと オオフサモ追記

 今朝は5時過ぎから、いつもの見回りです。
 この時間は爽やかなはずですが、無風、朝からムーーーっとしています。
 
 昨日の夕方はnofishさん、kingfisherさん、ちゃっきーさんが遊びに来ていました。
 6時になるとゴールデンタイム、金堀橋ではスーパーライズが始まり十分に堪能した夕方でした。
 引き続き今朝もポツリポツリとライズが見られますが、蒸し暑い。
 オイカワもお疲れモードです。




P8010001.jpg

 左岸を上流へ、いつもの飛び石の橋からチェックです。
 昨日は大雨洪水注意報が出ましたが、全く降りません。
 そんなわけで水位はこの通り下がっています。
 何時もぼやいていますが、一雨増水が必要です。
 右岸を下りながらチェックです。



P8010003.jpg

 オイカワもポツリポツリと釣れますが、ギラギラの雄が釣れません。
 こんなおとなしい顔をしたのばっかりです。


P8010004.jpg

 高橋で、対岸を狙ってキャスト!!
 階段向かいのトロ背で出ました。
 ドッポンでしょうか、ゆっくりと出ました。
 引く引く、最近になくよく引きました。
 韋駄天銀ぎら銀の雄でした。
 このぐらいになるとよく引きます。
 何が掛かったんだろうとビックリでした。



P8010009_20100801081924.jpg

 川睦をじっくり見てみると意外と綺麗なんですよ。
 追星が表れて恐ろしげな顔になっていますが、婚姻色に染まっています。
 特に鰭が美しい。
 金色に輝いています。
 イワナ、ヤマメは特に美しいのですが、どの魚にもその魚が持っている独特の美しさがあるようですね。



P8010010.jpg

 下流にフライマンが一人、絵になりますね。
 nofishさんでした。
 そのほかに、餌釣りの方が吉田橋下で釣っていました。
 寄せ餌を入れているようで、毎回流す毎に釣れていました。


P8010011.jpg

 オオフサモです。
 以前コロニーができていたので、駆除したものです。
 それが昨日の夕方、何の気なしにここを覗くとこの通り。
 また生えていました。
 大きくなる前に気が付いて良かった。
 この塊が二つできていました。



 

P8010012.jpg

 前回と比べてまだ葉っぱが大きくなっていません。
 しかし、茎が伸びて広がっています。
 完璧に根を取り去らないとこんなことになってしまうようです。
 とんでもなく強い繁殖力を持っているようです。
 今回は特に注意して茎、根を取り去りました。

 

 



P8010013_20100801082007.jpg

 駆除したオオフサモはどうしよう?
 こうしました。
 水門の上のコンクリートに日干しです。
 今週は晴れが続き気温が上がるようなので、これで完璧に息の根が止まりと思います。


P8010014_20100801082018.jpg

 オオフサモを取り去った後はこの通りさっぱりとなりました。
 今朝は、美樹プルーンさんとnofishさんにお手伝いをいただきこの作業を実施できました。
 ありがとうございました。
 最後には残りの根や茎がないか丁寧に確認してもらいました。
 これからも付近をよく見ておかなくてはなりません。
 何処で繁殖しているかわかりませんからね。

 そして、もう一つ、オオカナダモも繁殖しています。
 これは流れの中に生えている藻です。
 暇があると引っこ抜いて日干しにしています。
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/01(日) 10:14:25|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
前のページ