小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

昼の小畔川 少し上流へ




 今年2度目の小畔川釣行です。
 1月3日、高橋周辺でウグイを狙うもあえなくボーズ。
 
 昨年放流したウグイの生息状況、オイカワの付き具合等々。
 久しぶりに上流へやってきました。

P1090028.jpg

 ここは小畔川がさらに二つに分かれるところ、左は鉄橋をくぐって高萩へ県道沿いにとおります。
 鉄橋と言ってもこちらは川越線です。
 右方面が高萩です。
 真っ直ぐ上流は高萩交差点の北側を通り西へ向かいます。
 この辺りは護岸がしっかりできて四角四面の流れです。

P1090029.jpg

 少し下流へ向かうと河床が判ります。
 コンクリートですよ。
 コイが居ましたがオイカワは確認できません。
 護岸の高さは2メートル以上。
 落っこちたら大変ですよ。

P1090030.jpg
 
 はるか向こうに愛車が止まっています。
 護岸の高さが判りますね。
 ここから更に下流へ。


P1090034.jpg

 オイカワが固まっていました。
 ライズもあります。
 今日は釣る予定はなかったのですが、ライズに誘われてしまいました。
 この時期にしては良型でしょう。

 しかし、リリースが大変です。
 落っこちないように美味いこと放してやらないと。
 オイカワも命がけ。
 上手く水面に落ちないと即死です。

 恐らく、ここではもう釣らないと思います。
 オイカワも、釣り人も気を付けないと危ない。






スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/10(月) 11:25:47|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

今年も宜しくお願いします。

 新年明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。


 昨年12月31日、大荒れの天候が予想されている福島へ出発。
 年を越してまいりました。

 25日には会津で300台を超える車両が国道49号線で雪のために立ち往生と聞きまして万全の準備で出かけたのです。
 当然ガソリンは機会あるごとに給油、ホッカイロとお菓子類を沢山買い込みどうなっても大丈夫と意気込んで出発したのです。



PC310005.jpg

 高速道路を順調に北上していきます。
 綺麗ですね。
 こんな雪景色は最高です。
 もうすぐ福島県です。

PC310008.jpg

 三春町の滝桜です。
 機会があるとここに寄っています。
 樹齢1200年、国指定の天然記念物です。
 春の開花時期はインターチェンジから延々の渋滞が続きますが、冬はこのとおり訪れる人は誰も居ません。
 こんな時に来るのが通なんですよ。
 違いました、状況認識ができないおバカかも。


PC310010.jpg

 こちらは田村市船引町の入り口にある下里工芸のディスプレイです。
 ここも毎回紹介してますのでもうおなじみですね。
 通り道なもんでつい写真を撮ってしまいます。
 今年はうさぎ年です。
 こんなうさぎは 思いつきませんよね。
 素晴らしい発想です。
 しょんべんおじさんがまた良いんです。



P1010011.jpg

 本題はこちらからです。
 1月1日行ってきました。
 白河フォーレスト・スプリングス
 31日から元旦にかけて強烈な寒波が本邦上空に入って来るとの予報で初釣りはできないかもとあきらめていたのです。
 山陰鳥取では1000台を超える車が大雪で立ち往生、会津の二の舞です。
 米子では90cmの積雪。
 大山では雪崩でパトロール4名死亡、三保が関は交通途絶。
 こんな雪は境港に3年住んでいましたが経験したことがありません。

 これがやって来るんだと思って紅白歌合戦も見ないで9時過ぎには寝てしまったのです。

P1010018.jpg

 天気予報大外れ!
 元旦、無風です。
 青空も一部見えています。
 とりあえず朝ぶろ。
 10時過ぎ出発。
 12時から午後券で釣り始めました。
 この魚が今年の初一発です。
 ヒレピンで最高のコンディッション。
 首を振ってグングン引きます。
 水質抜群。
 魚最高。
 堪能しました。


P1010020.jpg

 池から北の方を見ると大した雪雲はありません。
 風も吹かないのです。
 水面は鏡のよう。
 発達した低気圧が抜けて強い冬型北西風がビュンビュン吹いてもいいのですが、福島県は浜通りに強風注意報が会津地方に大雪注意報が出ているだけで中通には警報も注意報も出ていません。
 風が無いので寒くない。
 気温も4度まで上がり快適です。
 川越スタイルに発熱下着、その上にアウターを着ただけで快適に半日釣りができました。

P1010021.jpg

 ここでは直ぐ脇を流れる黒川から豊富な流水を入れています。
 ポンドの横を川が流れていますから取水は簡単かつ大量に入れています。

 ちなみにここは林養魚場がやっていますから魚は最高のコンディションなのです。

 6時に家族そろって夕食の約束です。
 4時半、終了。
 急いで帰らねば!
 大満足の初釣りとなりました。



PC300063.jpg


 お正月らしく初日の出と言いたいところですが、12月30日の川越の日の出です。
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/01/03(月) 04:15:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22