小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昼の小畔川 もう春がそこまで来てますよ!

 今日はポッカポカのいい天気。
 昨日の天気とは打って変わって風もなく日差しは柔らか、川辺を歩いていると汗をかいてしまいました。
 一月振りの小畔川散策です。
 

P2270051.jpg

 左岸を上流へ。
 何時ものとおり、飛び石の橋。
 大減水。
 飛石がほとんど出るまで水位が下がり水流も弱まっています。
 この下は良いポイントで餌釣りの方が何時もいますが、ここまで水位が下がると魚も釣れ無いんでしょうね。
 下流からここまで来る間に釣り人は一人もいませんでした。 



P2270046.jpg

 吉田橋上のプールから瀬にかけてです。
 今までは浅瀬で稚魚が沢山泳いでいたところです。


P2270054.jpg

 魚はどこに行ってしまったのでしょう。
 どっこいしぶとく生きていました。
 ワンドなのです。
 小畔川にも小さなワンドがあります。
 ここは鉄橋下、右岸です。
 稚魚が沢山いました。
 枯草の下に隠れていました。
 ここなら川鵜にも鷺にも狙われないのかもしれません。

P2270059.jpg

 同じく、金堀橋下左岸のワンドです。
 ここの枯草の下にも沢山いました。
 大雨が降って川底の石が動いて川が再生されると本流に戻ってくるのでしょうか。
 また、下流から成魚が遡ってくるのでしょうか。
 どちらにしても雨がキーワードのようです。



P2270053.jpg

 陽気に誘われて散歩の方がいつも以上にたくさん歩いていました。




P2270045.jpg

 川辺のからし菜はここまで成長しています。
 もう食べられますよ。
 今年初のからし菜を摘みました。
 これから4月までほぼ一か月からし菜の美味しい季節です。
 去年も記事を載せていますよ。
 古い小畔川通信にも食べ方の記事があります。


P2270035.jpg

 この水草を覚えていますか。
 昨年繁殖を確認したオオフサモです。
 また生えてきました。
 荒川上流事務所が駆除をしましたが、その後また生えて来たので僕は2度引っこ抜いたのですが、生えてきました。
 驚異的な繁殖力です。
 アマゾンからの外来種ですが冬を簡単に越しています。
 今年の夏はどうなるか心配です。

P2270036.jpg

 今日はこのように引っこ抜いておきましたが、これからも定期的に観察が必要です。
昨年5月23日の記事
6月4日の結末記事
 




P2270038.jpg

 ここは金堀橋の上流50m左岸の樋管放流部にあります。
 釣りに来られる方、散歩をする方、オオフサモの実態を確認してください。
 ちぎれたかけらからも繁殖するそうで注意深く抜きましたが、根が大分深く入っているようで周りには何か所か芽が出ています。
 個人ではちょっとお手上げ気味です。
 来襲は移植ごてを持ってコンクリートの隙間に入っている根も綺麗にとってしまわなけりゃと思っています。


 忘れてました。
 釣果はゼロですよ。
 オイカワが居ません。
 川の中は鯉とニゴイとヘラブナだけでした。

 そんな中でライズを発見しました。
 コイの群れにウグイがついていました。
 20cm位のウグイが5匹群れを作っていました。
 何を食べているのか時々水面に関心を示します。
 小畔3号で狙ってみましたが、全く反応なし。
 釣りになりそうな魚はこれだけでした。
 
 軽くいなされて今日の釣りは10分で終わりました。






 



スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/27(日) 16:53:50|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

土曜日の午後はFF川越


 土曜日は川島町に野暮用がありました。
 川島町と言えばFF川越ですよね。
 どういう訳か車の中には竿と仕掛けが入っています。
 こりゃ、行かない訳にはね。
 小畔川も低調でオイカワはどこかに隠れてしまい全然遊べません。
 行かなくっちゃ。

P2260034.jpg

 1時前に到着、最後はここで遊びました。
 北風が吹いたり止んだり、活性が高かったです。
 ここはお気に入りの場所で夕方はドライで遊びました。
 3時過ぎから後半はここでした。
 松井さん考案のダブルスイッチシステムは恐ろしいほど釣れます。
 オレンジの重りにヤーン系の鈎です。
 マーカーは浮くか沈むかぎりぎりの浮力で違和感が無いようにすると、アーラ不思議。
 マーカーがピックンと沈む前の前あたりが簡単に取れます。
 駆け上がりをポイントにすると休む暇なしです。
 釣れすぎると面白くないのです。
 10匹も釣ったらシステム変更。


 贅沢な釣り人のわがままでしょうか。
 



P2260029.jpg

 イマージャーです。
 フローティングラインにリーダー、ハリス(0,8号フロロ)#16の鈎でゆっくり水面直下をアクションを加えながら流します。
 狙った棚を虫が泳いでいるような感じでゆっくりと引っ張ると食いつきます。
 これもラインの動きで手元に感じる前に解ります。
 ルアーと同じようにラインが水面に入るところでできる波の動き、ラインの曲線の変化を注意深く見ていると触った食った放したが判ります。
 これは面白いのです。
 マーカー釣りのようにはいきませんが、それなりに釣れます。
 食いが悪いときは棚を探します。
 重りをつけていないので鈎の重さだけでハリスが沈みます。
 ゆっくりです。
 この辺かしらん?
 ここカモ?
 アッハーン、この辺だ!
 なんて探しながらの釣りも面白いのです。

 最後はドライにしました。
 ライズがバッコーンと出ますが食ってきません。
 #14の鈎には見向きもしません。
 ミッジ!
 ユスリカです。
 #25~#30でしょうか。
 #14には見向きもせず。
 こちらは撃沈でした。



P2260033.jpg

 この魚はタイガートラウト??
 なんていう名前でしょうか。
 40cm強が連続して釣れました。
 この他に定番の虹鱒が型ぞろいで釣れ、楽しめました。


P2260025.jpg

 こちら某所の掘割です。
 釣り人が居ますよ。
 先月そして今月初めまで、この脇を通ってお勉強に行っていました。
 土曜日もここを通ると釣り人が居ましたよ。
 この時期に小物が釣れる場所はとても貴重なのです。
 手前の笹の下には小さな魚が沢山いました。
 小鮒でしょうか?
 タナゴでしょうか?
 覗いたら平たい体でした。
 釣りをしている方のお話では小鮒とのことでした。
 家族連れも居ました。
 和気藹々、楽しそう!
 
 小畔川でしたらどこがポイントでどんな釣りをしたらいいか、皆様にお知らせしていますが、ここは内緒です。
 釣りだけならいいのですが、網が入ります。
 一部不心得者がみんなの楽しみを奪ってしまいます。

 付近を通ると網を使っているところを何回も目撃しているのです。
 この時期は魚が集まります。
 夏と比べて活性も低く一網打尽、一発ですくわれてしまいます。

 業者と思われる人もやってきます。

 そんな訳で内緒。


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/27(日) 07:41:07|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

葉から芽が出て花が咲きました。

 

P2190022.jpg

 「葉から芽」葉から芽が出るから葉から芽。
 解りやすい名前です。
 正式にはセイロンベンケイソウ
 5年前奄美大島の民宿に泊まった時のお土産にいただいたものがここまで育ちました。
 庭先に生えていた葉から芽の葉っぱ一枚から大きく育ちました。
 そして一昨年に引き続き今年も1月から花が咲きだしました。

P2190023.jpg

セイロンベンケイソウ

 大きな葉っぱからは根が生えてきています。
 この葉っぱを湿った土の上、水を張った皿の上に置いておくと芽が出て来るのです。

 面白いそして恐ろしいくらいの生命力、繁殖力を持った植物です。
 熱帯原産、これが沖縄や小笠原に入ってきました。
 道端に普通に生えています。
 このまま繁殖したら日本中、葉から芽だらけになってしまいます。
 大変だと思いましたが、大丈夫。
 繁殖力は物凄いのですが寒さにはめっぽう弱い。
 冬、外に出しておくと直ぐに枯れてしまいます。



テーマ:♪ 季節のお花 ♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/27(日) 05:23:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

罰が当たったのか? おバカだったのかしら?


 試験合格のため、釣り断ち、ブログ断ち、週刊誌断ちをしたと書きましたが、さすがに釣り断ちは右手が震えて訓練にならないため1月にFF川越と朝霞ガーデンに行きました。
 ここまでは普通のお話なんですが。


P2130016.jpg

 朝霞ガーデンで一心不乱に釣っているとtoystoryさんからひょいと声をかけられました。
 なんと隣どおしで釣っていました。
 観たことあるようなと思っていましたがお互いに完全装備でしたから顔も解らずに。
 彼が目撃者です。

 1月にあたった罰は上の写真なのです。

 CFFライトスタッフ#3でご機嫌だったのですが、キャストをした瞬間リールが吹っ飛んでいきました。
 握りの一番後ろにある留め金が外れてしまったのでした。
 幸いにキャップは足元に落ちており、アアーー良かった。
 帰ったら接着剤でくっつけて一件落着。
 そんな訳で修理も完了、安心したのです。


 そして一週間後この竿を持ってFF川越へ。

 あれれれーー????
 あれれ??
 あれれれれ??

 力が抜けてへたり込んでしまいました。

 修理はしたんですが、リールを固定する輪を入れないでキャップを接着していました。

 おバカな僕。

 この竿は上がライトスタッフ#3ショックの素。
 下が同じく#2です。

 この竿を見る度にクラクラ来てまーーーす。

 ここで別の発想ですと、そーか、君は釣竿なんかうわの空で修理するほど集中して勉強してたんだね。

 こうやって心を落ち着けようと思ってますが竿を見る度にクラクラ来てまーーす。






テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/18(金) 23:20:38|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

川越水上公園で大鱒を釣る

 久しぶりのブログ更新です。

 年が明けてから資格取得のため、釣り断ち、ブログ断ち、週刊誌断ちをして2月9日試験を受けまして無事合格しました。
 この間、何人かの方からかブログが止まってどうしたの?
 具合が悪いのじゃないか?
 等々、メール、電話を頂いてしまいました。
 御心配をおかけしました。

 ブログ断ち、週刊誌断ちはしっかり守りましたが、釣り断ちは時々右手が震えて訓練ができなくなってしまうので、仕方がないので朝霞ガーデンとFF川越に行ってリハビリをしておきました。

 この一か月の間にブログネタは沢山ありました。
 おバカネタ。興味ネタ。温泉ネタ。
 書きたくて仕方がなかったのですが、ググーッと我慢の一か月でした。

 この間、小畔川は水位が下がりオイカワはどこかに行ってしまい、鯉と鴨が川を独占していました。
 
 今日は久しぶりの水上公園です。


P2130012.jpg

 この模様、如何でしょうか?
 車のフロントガラスです。
 車内からこんな見え方。
 子供の頃、冬の朝、風呂場の窓がこんな具合に花が咲いていたことを思い出しました。
 昨日、福島から板室温泉で一泊して帰ってきたのですが、今朝の川越の方が冷え込んだようです。
 8時半です。


P2130013.jpg

 9時前にプールに到着。
 釣り人が沢山います。
 流れるプールから波のプールと釣り歩きましたが、当たりがありません。
 タコベイト、何時もは活発に食いついてくるベージュとオレンジに無反応です。
 イマージングにも反応がありません。
 他の方もポツリポツリと釣れている程度で活性が低いようです。




P2130014.jpg

 引張の釣りも当たりが無くてはつまらないですね。
 大好きなのはドライとイマージング。
 魚が食いつくところが見えるのは良いですね。 
 興奮します。
 今日は全然反応なし。

 そこで、普段はやらないマーカーです。
 ダブルスイッチシステム。
 釣り方を変えたとたん、入れ食いです。
 魚を外してキャストをすると必ず当たりがあります。

 何匹釣ったでしょうか。

 そんな中で今日一番の大物です。
 60㎝オーバーの大鱒です。
 このネットは隣の方が貸してくれました。
 ランディングまで十数分、右手がパンパンです。
 #3ロッドでやり取り、楽しい!
 
 はっと気が付くとenkuuさんが後ろで見ていました。
 へったくそなやり取りを最後まで見られてしまいました。

 その後、小畔川のこと、システムのことをお話しして僕は12時に終了となりました。
 また遊んでくださいね。

 満足の水上公園でした。

 小畔川は3月になって大雨が降ってからでしょうね。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/02/13(日) 17:35:21|
  2. 水上公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。