小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

中島川でオイカワを釣るつもりがカワムツだ!

 中島川でオイカワを釣ってきましたと報告したかったのですがほとんどがカワムツでした。
 ところで中島川って何処よ?
 知る人は知る、眼鏡橋がかかっている川なのです。
 そう、長崎市内を流れる中島川、この川には石橋がたくさんかかっているのであります。
 観光名所ですから、人も沢山集まっています。
 ここで釣るのはちょっと覚悟が要るのです。

P4260003.jpg

 長崎市内は坂の街。
 そして市電が走っています。
 新しい車両も入っていますがこの古いのが良いのです。
 チン、チーンと鳴らしながら走ってきます。


P4260005.jpg

 眼鏡橋。
 この川が中島川です。
 今回は水量が少なく水質は最悪でした。
 臭いますし、水垢が付いて底石は汚れていました。
 そんななか、鯉が沢山泳いでいます。
 観光名所ですね。
 ここで記念写真を撮る方が沢山いましたよ。
 そして、ここの護岸にハート形の石が埋め込んであります。
 川全体では3個あるんよと、地元の方が教えてくれました。


P4260007.jpg

 さらに上流へ。
 ここで合流します。
 坂野を揚げるためでしょう、魚道ができています。
 しかし、これはあんまり役に立たないような気がします。
 雑魚は揚がれません。
 鯉もだめでしょう。
 渓流魚、鮭とかは揚がるかと思います。
 もう少し段差を小さくしてあげること、底石を入れてあげるといいかもね。
 ここから上流はカワムツとオイカワです。



P4270019.jpg

 分かれの右側、石が入っています。
 ここでぱっちゃり太ったカワムツが出ましたよ。
 バシャッと出てグイグイ引きます。
 テンカラ竿が満月に絞られました。
 

 ところで、覚悟が要ると先に書きましたが、夕方は一寸観光客が多いので釣りはできません。
 6時から始めました。
 散歩の方が訊くんです。
 何が釣れるんですか?
 ここで釣ってるの初めてみたよ。
 そうでしょう。
 オイカワとかカワムツで遊んでいる人を見たことないですからね。
 


P4270020.jpg

 婚姻色が出てきています。
 もう少しすると顔が真っ黒になって来るんでしょうね。
 良い型でした。

P4270021.jpg

 やっと釣れたオイカワ。
 ピントは後ろの橋に合っちゃって、魚はピンボケ。
 どうですか、小畔のオイカワの方がでっかいですね。
 今年の中島川はオイカワがほとんどいません。
 カワムツが主になっています。
 朝の一時間強の釣りでしたが大満足。
 何処が一番釣れたか、それは魚道の上なんです。
 下流は魚が居るのですが全然見向きもしてくれません。


P4260013.jpg

 釣りの話をそれて ”ばさらっか”
 何なんでしょ。
 ばさらっかですよ。
 300円に釣られてふらっと入りました。
 前回来たときは無かったはずです。
 そう、いつからですかと聞きましたら一年半ほどだそうです。

P4260012.jpg

 奥にマスターが。
 このお店、立ち飲みの店です。
 眼鏡橋のすぐ横。
 今回は魔王600円、川越500円2杯、魔王のスタンダード350円と4杯も飲んでしまいご機嫌な気持ちで帰りました。
 ここのご主人、中島川を再生したいのだそうです。
 釣りも大好き、テンカラ、フライやってみたいそうです。
 そう聞いたら持ってきたフライをプレゼントしました。
 これでまた一人ズブズブのオイカワ釣りにはまり込んでしまったかも。
 だって、最高のロケーションですからね。
 目の前で遊べます。
 
スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/28(木) 00:11:33|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

昼の小畔川 オイカワも戻って絶好調!!

 昼前から小畔川です。
 久しぶりです。
 今日のコースは金堀橋から左岸を飛び石の橋へ、ここで昼食を近くのうどん屋さん。
 右岸を釣り下り八幡橋、そして金堀橋へ戻ってきました。

 それでは嬉しい報告をさせていただきます。

P4240017.jpg

 飛び石の橋を見ると水位が下がったままでした。
 先週30mmほどの雨が降りましたが、水位が回復することはなく下がったままでした。
 しかし、ここまで左岸を歩いてくるとあちらこちらでライズが確認できました。
 水中を覗くと、嬉しい事に良型が泳いでいました。


P42401019.jpg

 どうでしょうか。
 丸々と太ったグラマラスな別嬪さんです。
 何処に隠れていたのでしょうか?
 このクラスがドライに飛びついてきました。
 ちょっとしたヤマメなんかよりよく引きました。

P4240025.jpg

 下流のオイカワはおとなしくポーズを取ってくれました。
 こちらも同じくらいの大きさでした。
 ライズを見つけたのでアップクロスでナチュラルドリフト、狙ったところで予定通りに出てくれました。
 まるで渓流に居るような釣りができました。

P4240015.jpg

 何時もお話をする餌釣りの方です。
 今日は今一調子が悪いと言いながらしっかり釣っていました。
 この場所ではオイカワの他にウグイの良型が泳いでいました。
 狙ったのですが、残念ながらバッシャングイグイ、スッカーと外れてしまいました。
 いい型だったんですがね。

 バスも沢山いました。
 30cm程度から10cm程度が大分泳いでいました。


P4240032.jpg

 こちらは八幡橋上のプールです。
 釣れそうですがこちらは全く反応なしでした。

P4240030.jpg

 餌釣りでオイカワを狙っている方も居ました。
 上手釣れないとのことでしたが、ぽつぽつと釣りあげているようでした。
 この場所はライズもありオイカワは食い気満々でした。


P4240033.jpg

 八幡橋上の水位観測所です。
 今日の水位は100㎝です。
 柱の右側に計測用のフロートが設置されています。
 ここから下流に流してみました。
 ドっカーンと大当たり!
 グイグイ引いて背びれが見えたとたんに外れてしまいました。
 今日一かなと思ったほど良い魚でした。
 はい、見えない魚はデカいのです。


P4240004.jpg

 釣りの話はここまでで、小畔川の近況です。
 やっとからし菜が満開です。
 鉄橋を電車が通過中、黄色の中を通過して行きました。
 春ですね。
 例年でしたら堤の中はすべてこのように真っ黄色になっていますが、今年は下流部のからし菜は不調です。


P4240010.jpg

 胡桃の花も咲きました。
 河川敷には沢山の胡桃があります。
 胡桃の花はこのとおり、房のように垂れ下がります。
 この時期にB咲きます。




P4240014.jpg

 こちらでは鴨を餌で釣って撮影していました。


P4240037.jpg

 終いには川に入って遊び始めました。
 今日はいい天気。
 川遊びには最高の日でした。
 上流でも何組か遊んでいました。

 こあぜがわにはオイカワも戻り、これから良い季節になります。
 釣り人にとって最高の時期の幕開けです。
 毎週末、朝から晩まで、楽しめますよ!!!



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/24(日) 18:37:06|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

#14 パラシュートで撃沈

 先週に引き続き今朝も名栗まで行ってきました。

 ブログを書こうと思いながら釣り番組を見ていたら遠賀川のバス釣りについて放映していました。
 芦屋町に昭和53年から6年住んでいたので、懐かしく景色を見てしまいました。
 しかし、場所が解らないのです。
 何処なんだろう?
 まずびっくりしたのが遠賀川にバスが沢山いてメッカであること。
 バスボートが凄いスピードで水面を疾走していること。
 僕が芦屋に住み始めた頃、河口に水門ができ海水を遮断するとともに広い穏やかな湖水のような水面ができました。
 それまではスズキが遡上し、かなり上流でも釣れました。
 画面に新幹線が走っているのが見えたので早速地図で確認すると中間の上流でした。
 この辺りはそれこそ支流にオイカワ、小鮒などが居たように思います。
 当時、バスは全く話題になったこともなかったのですが、二十数年でバスの川になってしまったんですね。
 びっくりしてしまいました。


 さて本題です。
 先週は大渇水で雨降れと願っていました。
 その甲斐あって、30mmほどの雨が降りました。
 そして今朝もぐずついた天気となりました。

 6時過ぎ、行くぞと決めて名栗を目指しました。
 先週と同じところを釣ってみようと思いました。


P4230001.jpg

 同じところから入渓です。
 ここは上名栗、道路が右に曲がり秩父へ向かうところの分かれ道、左に向かうと登山道となります。
 先週に比べて水位が少し上がっているようです。
 釣り人には会いません。
 しかし、もう足跡がありました。
 7時過ぎからゆっくりですから、当然でしょうね。


P4230003.jpg

 橋の上から見るとまだ桜が咲いています。
 紫の花、いろいろな花が咲き始めています。
 今朝は雨が降ったり止んだり、しっとりとして気持ちが良いのです。
 今週は#14パラシュートで通すぞと決めていました。
 ここで一回バシャッと出ましたが鈎掛かりせず。
 ま、いいでしょ。
 ゆっくり、そのうちに釣れます。
 魚も足元を走ります。
 そう思って釣りあがりましたが、全く反応なし。
 挙句の果てはフライが着水すると魚が逃げます。



P4230004.jpg

 あきらめて二見地区に移動しました。
 ここは必ず魚がついているところですが、反応なし。
 #14パラシュート。
 見向きもされません。


P4230007.jpg

 少し上流の橋。
 昨年、可愛い女の子が二人で並んで座っていたところです。
 この下の石にも付いているのですが。
 無反応。

 完全ボーズを食らってしまいました。

P4230010.jpg

 下名栗地区。
 

P4230011.jpg

 更に下って赤工地区。
 ここまで下ると木々の緑も鮮やかになってきました。


P4230012.jpg

 ケヤキ並木も芽吹いています。


P4230014.jpg

 先週は瀬切れが発生していた取水堰です。
 雨のおかげで水位が回復、堰を越えて流れていました。


P4230015.jpg

 釣り人は一人もいませんが季節は進んでいます。
 オイカワ、早く戻っておいで!


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/23(土) 19:45:53|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

解禁はミッジでヤマメ?

P4160014.jpg

 今年の解禁は例年通り名栗へ向かった。
 3月1日に解禁となっていたが今日4月16日が渓流初釣りとなった。
 東日本大震災以来心が落ち着かず胸のもやもやが取れず、こんな気持ちでとても釣りどころではなかった。
 当然、小畔川も全くご無沙汰だったのです。

 川に来ると気持ちがいいですね。
 6時過ぎに自宅発。
 ゆっくりあちらこちらのポイントを確認しながら今8時です。
 もう虫も飛んでいました。
 ここから始めましたが、ウンともスンとも。
 無反応。
 直ぐに場所替え。

P4160028.jpg

 ここは魚が沢山いました。
 しかし、この水位を見てください。
 大減水でした。
 全く降っていませんからね。
 
 ここに良型がライズしているのを見つけました。
 ここだけライズなんです。

P4160021.jpg

 綺麗でしょ。
 ヒレピンのピッカピカ別嬪ヤマメがライズです。
 絶対釣る。
 今年の初物とと決めてじっくり楽しませてもらいました。
 今日は型を見ればいいと思っていますからね。
 時間はいくらでもありますよ。
 今日のタックルはシマノ#3ロッドに#3ライン。
 ハリスは0.8号です。
 これに#16のパラシュートを結んで第一投。
 脇を流れても無反応。
 何かを食べています。
 去年のシステムそのまんま。
 リーダーもハリスも鈎も去年使ったのをそのまんんま使っています。
 何回キャストをしても無視されています。
 でもライズは続いています。

P4160017.jpg

 小畔川スタイルに変更して攻めてみましょう。
 0.8号のハリスに0.3号を30cmほど継ぎ足して、オイカワ釣りの#21で狙ってみました。
 ふんわり落として数投目に出ました。
 すんなりとパックンと食ってくれました。
 上の写真の二つ目の石の間でした。
 ここで出ました。
 思った通り狙った魚が予定通りに喰ってくれると嬉しい。
 これは釣れたんじゃなくて釣ったんだ!
 今年の釣りはこうでなくっちゃね。

P4160025.jpg

 20cm余りの魚でしたが綺麗でした。
 水から出さず魚に触らず、放すことができました。
 私ってドジねと恥ずかしそうに流れに戻っていきました。
 愛おしいですね。


P4160031.jpg

 背景の暗さと輝く桜。
 綺麗でした。


P4160032.jpg

 釣りの帰り。
 小畔川の上流。
 農業用水の取水です。
 風船のような堰で水を止めポンプで吸い上げていました。
 ここから下は500mほど水が無くなっていました。
 水たまりでオイカワの稚魚、ヤゴ、オタマジャクシなどが右往左往。
 
 去年の4月18日同じような行動をとっていました。
 同じ場所同じ人がうつっています。
 水量を比較してください。
 田植えのためにポンプでくみ上げていると思います。
 入間川もこれから取水が始まります。
 まとまった雨が降って欲しいですね。

P4160034.jpg

 これじゃね。
 魚も居なくなってしまいます。
 例年は堰の上を水が越えていきますが、今年は降っていませんからね。
 お百姓さんも生活が懸かっていますから。




テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/17(日) 11:38:31|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

東日本大震災のこと そして小畔川




 3月11日、その時、僕はとあるビルの12階にいました。
 今までに経験したことのない突き上げるような衝撃が続きその後横に揺れ始めた。
 壁がきしみ、揺れが治まらない。
 向かいのビルの屋上にある国旗掲揚塔のポールが折れるのではないかと思えるほど激しく振れているのを不思議に見ていました。
 ポールの振動数と揺れが同調したんだ。
 こんなことを考えていました。
 この瞬間、未だ経験したことのない巨大地震とそれに起因する大津波で亡くなられた方そして行方不明の方が三万人近く。
 惨いことです。
 そして被災された方の不自由な生活が始まりました。

 家族は?
 どうなっている?

 間抜けでした。
 こんな時に限って携帯を家に忘れて出勤していました。
 奥の携帯番号を覚えていない。
 
 職場に戻り情報が入って来るに従い少しづつ状況が判明してきました。
 帰宅難民となりどうやって自宅に帰るか?
 職場に泊まることを覚悟。
 そのうちに有楽町線が西武線が一部ですが動き出しました。
 東上線は動かない。
 同方面の同僚の奥様が最寄駅まで迎えに来てくれるとのこと、同乗させてもらい家まで送っていただいた。

 深夜3時過ぎ自宅到着。
 奥は通院先の病院から帰ったの12時だったそうだ。

 お互い無事を確認してまず思ったことは、福島はどうなった。
 電話もつながらない。
 テレビではとてつもない地震、津波の被害について放送しっぱなし。
 こんな時に安否確認の電話をすることで通信を混乱させることは解っていてもダイヤルをプッシュ。
 
 声を聴くという事は大事です。
 一声聞いて安心しましたが、翌日には福島第1原発の被災、それに引き続く原子炉の冷却が困難になり完全制御ができていない事項が判明。
 どうすることもできないのか?
 
 道路も寸断、ガソリンもない?
 福島へ向かったのは4月9日になってからでした。
 親戚から水道が破裂して噴水のようになっていたから行政に連絡大丈夫。
 外回りは問題ないようだと聞いていましたが、中に入ってみるとかなりに被害。
 ひっくり返って割れて吹っ飛んで外れて転がって・・・
 ガラスが散乱して危険なため、かたずけは断念。
 ゆっくり連休にすることに決定。

 東北方面のブログ仲間のことが気になっていました。
 老眼親父さんと晴釣雨読さんは日々の状況を発信していましたが、仙台のにーささんは暫くブログ更新が無くどうなったか心配していましたが、無事と連絡が入って安心しました。
 
 地震の日から心が重く胸がもやもやし、気の晴れない日々が続いています。
 被災された方々と比べればたわいのない事でしょうが、続いています。

 ブログを止め、釣りも止め、今日まで来ましたが、今朝、釣りに行きブログを更新しました。


 今年の小畔川は少し違っています。
 例年でしたら3月末から4月初めが開花ですが今年は遅れてこのとおりです。


P4110002.jpg

 今週から暖かくなってきましたが、なんとなく肌寒い日が続きました。
 そして植生が変わったように思えます。


P4110001.jpg

 桜を撮った金堀橋から小畔川を見ますと少し変ですね。
 この時期河川敷は桃源郷になっています。
 例年ですとからし菜の黄色い花と野大根の紫、そして白い花が入り混じり素晴らしい世界が広がります。
 一年で一番小畔川が輝く時期なのですがこのとおりからし菜は全くなくなってしまいました。
 理由は解りません。



P4160035.jpg

 上流の高橋から下流部です。
 こちらにはからし菜が咲いていますが、例年よりも少ないようです。

 オイカワはどうでしょうか。
 少しづつ戻ってきているようですが、少ないのです。
 昨年は通年良型が釣れましたが、今年はまだまだ型が小さいようです。
 コイは乗っ込みの最中であちらこちらでバシャバシャと産卵が始まっているようです。
 それに引き替えオイカワは低調。
 一瀬一雨と遡上してくる個体もありますがその雨も降りません。

 今年はちょっと違うようです。
  1. 2011/04/16(土) 15:42:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8