FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

常葉町5月2日昼 我慢できない!

 この日は朝から家のかたずけをしていましたが、ひと段落ついたところで、別件最重要事項のため奥と二人で常葉町に向かいました。
 行は大越町から山越えで何時もの道を行きましたが、帰りはどうしても釣り場を見たくて早稲川経由で帰ってきました。
 どうして早稲川(わせがわ)かって?
 それは簡単な答えです。
 この道路沿いに大滝根川が流れているからです。
 そして桜も咲いているからです。
 

P4300033.jpg

 常磐町常葉地区からすぐの所です。
 市営住宅の上流ですね。
 この桜が宜しい!
 ここに山女が居るから釣りなさいと誘ってくれています。
 田越しが始まり水は笹濁り絶好のコンディションです。
 桜を愛でながらの釣りは楽しいだろうな。
 手前のボサ脇からキャスト。
 白泡の右左がポイントか?
 流れの筋にもいるんだろうな?
 なんんて妄想の世界に入り込んでしまいました。
 通るだけなんですよ。
 道具一式車に積んでいますが、釣りは無し、辛いです。
 こんな道路脇が大好きなところなんですがね。


P4300034.jpg

 気を取り直して上流へ!
 途中のお寺の桜です。
 満開!!
 この石段を登り川を見ながらチビリチビリ!
 また妄想の世界へ!


P4300036.jpg

 さらに上流へ向かうとフライマンが居ましたよ。
 ここから上流が僕の大好きな釣り場です。
 右の斜面に、銀色の屋根の大きな農家があります。
 ここの上り口に何時も車を停めさせてもらっています。
 今日は素通りですから。

 この方の釣りを暫く眺めていましたが、やっぱり蟲が。
 話しかけてしまいました。
 今年数回目の釣りだそうです。
 ポツリポツリと出ますよ!
 ええ!
 釣りたい!
 観ている前でしっかり釣られました。
 バシャ! ピュ!
 華麗に!

 引かれもしない後ろ髪を引かれながら後にしました。

 ここの道ですがこのまま300mほど直進するとT字路に当たります。
 ここが僕の駐車場、時々ここのおじさんとお話をします。

 右に向かうと早稲川経由大越へ。
 途中川に流れに沿って遡ると早稲川経由仙台平を通って滝根町に至ります。

 左に曲がると大滝根山の山頂を経由して川内です。
 峠に航空自衛隊大滝根山分屯基地があります。
 ここは30km圏内に入っています。
 ここから原発が見えるはずなんですが。

 餌釣りをしていた頃はこの辺りを歩きました。

 


P4300038.jpg

 T字路を右に曲がって滝根を目指しました。
 右折して坂を上るとこんなポイントがありました。
 一般の民家ですが上り口に立派な桜が咲いていました。
 
 時間を作ってまた来よう!
 今度は釣りだ!!


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/07(土) 08:26:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

夕まず目に山女と遊ぶ


 5月1日夕方、そろそろ後かたずけも一段落、蟲が疼いてきました。
 5時から一時間ほど遊んできました。


P5010049.jpg

 何時ものとおり車で5分集会場の駐車場に車を停めて、ウェーダーに履き替え、竿を伸ばしてフライを結ぶ。
 なんと幸福な時間でしょう。
 釣りをしている時は当然なんですが、この時は必ず釣れると思っていますから、鈎を結ぶ時間ももどかしく思っちゃうんですね。
 ワクワクしながら妄想にふけっています。
 今年は釣り人が入っていないのか?
 とにかくヤマメが出ます。
 #12 プードル(僕は不器用なのでこの鈎は3年ぐらい前に貰ったものです)出ますね。
 ほとんどキャスト毎に出ます。
 場所によっては数匹出ます。
 でも下手くそなんですよ。
 バクの釣りも下手くそですが、ヤマメも下手なんですね。
 ヤマメの下手ってナアンダ??
 下手なんです。
 上手い事ドラグもかからず、ハリスがU字型になってフライ先行で流れますとヤマメはドバっと飛び出して喰います。
 ここまでは想定内で、その先で出ると思言えばほぼ予定通りの所で出ましたが、外れてしまうのです。
 コスイというのか何なんでしょ。
 そんななか、100回(ちょっと大げさですが)位当たりがあってやっと鈎掛かりした一匹です。
 嬉しかったです。




P5010047.jpg

 こんな所を釣りあがっていきました。
 右の山が矢大臣山?、左の尾根が先記事の風量発電のプロペラが立ってまして、その向こうが小白井そして少し左のずーっと向こうが原発です。

 民家の軒先を釣りあがっていきます。
 安近短の私にはうってつけの川なのです。

 川が段になっているところ、必ずいますよね。
 流れが左下で当たって右に変わります。
 こんな所のボサの下から飛び出します。
 右側コンクリートには鉄製の手すり式階段が付いています。
 こんな所を見つけて川に入り、また終わったらここから上がります。
 ここで3匹遊んでくれましたが結局鈎がかりせず。

 良い時間帯でしたが、がっかりでした。
 リベンジを誓い6時には終わりました。
 賞味45分の釣りでしたが、久しぶりの里川、楽しい!!
 先ほどまでの疲れが吹っ飛びました。
 でも少しストレスが残りました。
 これは明日作業が終わったらまた来よう!
 その時ストレス発散だと勝手に決めて今日は終わりにしました。










テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/05/07(土) 06:50:30|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴールデンウェークは福島へ

 4月29日から5月6日まで、福島県田村市に滞在していました。
 原発から30数キロの所です。
 震災後、四月始めに帰りましたが、土日ではかたずけができないため連休を利用しての後かたずけを計画しました。
 根拠もない風評被害に腹が立ち!
 福島県というだけで危険というイメージです。
 そんなことはありませんよ。

 

P5041062.jpg

 日の出前の朝霧。
 こんなきれいな風景が見られます。



P5010046.jpg

 この尾根の向こうに原発があります。
 現地では命を懸けて作業にあたっています。
 毎朝、自衛隊のヘリコプターが、軽飛行機が飛んできます。



P5060116.jpg

 帰りの高速道路では陸上自衛隊の災害派遣隊が車列を組んで移動していました。
 田村市内も自衛隊車両がいたるところで活動していました。

 ご苦労様です。
 そしてありがとう。

 帰りにJAで地元の野菜を沢山買って帰りました。

テーマ:福島県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/05/06(金) 19:28:25|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ