小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

FFオイカワ釣り入門(7) Hooking

今回はHooking あわせです。
 オイカワはフライを咥えてから、こりゃ餌じゃないと判断して放すまでの時間はとんでもなく早いのです。
 ドライの釣りが難しいのはここにありまして、また、この釣りに熱くなるところもここにあると言えます。 

 ドライとウェットでは全く違ったあわせとなります。



P6040027.jpg

 ドライに出たオイカワです。
 小畔3号をフラフラフラっというキャストでホワホワホワっとプレゼンテーションしたらパックンと食ってきました。
 ここであわせを入れないと鈎がかりしないのです。
 どんなあわせが必要でしょうか。
 いわな、やまめ、オイカワと鈎を咥えている時間が短くなります。
 当然、ドラッグがかかると通常はドライフライを咥えません。
 
 鈎は#21前後ですからほんの数ミリ動くだけで鈎は刺さるはずですね。
 オイカワの大きさはどんなに大きくても15cm程度、小畔アベレージは10cm、小物は5cmぐらいから喰ってきます。 ということは、大合わせでHookingしたら魚は吹っ飛んできます。
 毎回後ろの草むらを、魚は何処??と探さなければなりません。 



P5040074.jpg

 イワナが0,5秒以上、ヤマメが0,2秒ぐらいはフライを咥えていると言われています。
 このヤマメもパラシュートをパックンと咥えたので喰ったなと合わせたら良い具合に閂に鈎がかりしました。

 オイカワが凄いんですよね。
 0,1秒以下と言われています。
 何時も釣っている方は十分に体験していることと思います。
 オオオオとか、アレとか、ヨッシャとか思わず声を出してしまう程、熱くなってしまいます。
 できるだけHoookingの確率を上げるためにはどうしたら良いでしょうか。

 気持ちとしては鈎を10cmぐらい素早く動かすのです。
 先に説明したとおりドラッグがかかるとまず喰いません。
 かといってフライラインが緩んでいるとあわせを入れても鈎先まで力が伝わらないのです。
 どうしましょうか?
 ハイ、ラインスラッグを取りながらの釣りです。
 渓流でやる手順です。
 ラインが流れて手元に寄ってきたらその分、手繰って行く訳です。
 僕はエイトフィンガーを主に使っています。
 ラインが緩んでいなければ、リーダー、ティペットでドラッグがかかっていない状態でも十分に鈎先まで力が加わります。
 右手でロッドを素早く合わせると同時に左手はラインを引きます。
 これで素早いあわせができます。
 ロッドはほんの少し動かすだけで十分です。

 
  



P1010018.jpg

 この合わせを上手くできるようになると別のメリットがあるのです。
 このいわなは40cmあります。
 大合わせを入れた瞬間に反転したら恐らく0.6号のハリスではあわせ切れになってしまうと思います。
 オイカワのあわせが上手くできるようになるとこんな大きないわなでもあわせ切れが無くなります。
 僕はオイカワが主ですが、時々渓流にも行きます。
 あわせ切れが無くなりました。
 (大物が釣れないということかもしれません)

 ドライでは通常フライが着水とほぼ同時に喰ってきます。
 横で魚の動きを見ていると、底から素早い動きで飛び出してきます。
 食いが立っている時は、勢い余って水面から飛び出してきます。
 
 フライが着水したら直ぐ食ってくると思ってあわせの準備をしておくことが大事ですね。
 このあたりが、ヤマメ、イワナと大きく違うところかと思います。




スポンサーサイト

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/29(月) 21:07:20|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

FFオイカワ釣り入門(6) プレゼンテーション

 こちらは(5)で紹介したところのすぐ上です。
 (5)では橋の下から釣り下りでしたが、ここは雨が降っても橋の下から上流に向かってドライで楽しめます。
 天気が悪い時のちょっとした穴場ですね。



P8121113.jpg

 川に入らない場合は、右岸からのキャストがアクセスも良く楽ちんです。
 全体にライズが発生しますが、時として散発、又は全然無い時があります。
 ドライの釣りを楽しみたい方にとってはがっかりですね
 
 今回の本題に入ります。
 この場所は対岸(左岸)に魚が集まることが多いようです。
 よく観察すると最初のライズは岸ギリギリのところで始まります。

 ここの魚を狙って#21のフライをキャストする訳です。
 10m強のキャストです。
 #1ロッド#1ラインの組み合わせですから風が吹くとなかなか狙った所にコントロールができません。

 活性が高く空中のフライにも飛びついてくるような時は、どんなキャストをしても魚は飛びついて来ます。
 問題は渋い時です。
 結論が先です。
 ラインスピードがゆっくりで、ティペットから先は失速してフライがフラフラ落ちるようなプレゼンテーションが最高です。
 アーラ不思議!
 今まで反応しなかったオイカワがバッシャンと出るんです。
 僕のキャストはへったくそなんで、意識しなくてもこんなキャストになってしまいます。
 ターンオーバーがきしっとされた完璧なかっこいいキャストよりも釣れます。
 へなちょこキャストに、へっぽこプレゼンテーションですよ。
 キャストの上手な方はコントロールしてこんなキャストができると思います。



 どうして釣れるか?
 思い当たることがあるんですよ。
 FFを始めたころです。
 キャストはへたくそ思った所には飛んでいきません。
 まして、ループ?見たいなものでラインスピードもゆっくりでした。
 でも、釣れたんですよ。
 ビギナーズラックかなと思っていたんですが、セオリー通りだったんです。
 ゆっくりなスピード、フラフラっと虫が落っこちてくるようなプレゼンテーション。
 ティペットはクチャクッチャとその辺に落ちればドラッグもかかるまで少し時間がかかります。
 こんなイメージでオイカワを狙うのも面白いですよ。


 オイカワはドラッグにとても敏感です。
 空中のフライに飛びついてくるのに着水したドライフライはドラッグがかかった瞬間から全く食いません。
 これがウェットにすると、着水後沈んでいく間にも食いつきますし、ドラッグをかけて少しゆっくり流しても喰ってきます。
 この辺が面白いところです。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/25(木) 11:04:14|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

FFオイカワ釣り入門(5) 流し方

 しばらく釣りができないので、気になっていましたFFオイカワの釣り方の続きを書いてみたいと思います。
 毎回思うのですが、へたくそなキャストでうんちくを述べていると、釣り友からはとりあえずキャストを真面目に練習するのが先じゃなーい!
 と 言われそうですが、そちらはそれなりに練習しているので無視をして本題に入ります。



P7050024.jpg


 この場所はご存知でしょうか?
 金堀橋から下流を覗いたところです。
 最近は何時も釣り人が入っていますね。
 ということは、魚が着いているということになります。
 
 橋の下から川に入ると瀬になっています。
 左岸は葦が程良く生えてその根元は流れが当たり少しえぐれています。右岸はブロックで護岸ができています。
 右岸のほうが少し浅くなっています。
 少し下ると(20mぐらい)大きな桑の木が生えています。
 ここまで下ると右岸は深みとなり左岸は駆け上がりになっています。
 つまり、桑の木の下は深く(とはいっても平水時で7,80cmぐらい)なっている訳です。

 ここの区間はどの様に釣ったら良いでしょうか?


 おすすめは、川に入っての釣り下りです。
 両側ともに草が背丈ほど生えていますからキャストが難しいですね。
 桑の木まで下ればそこから下は次の桑の木まで岸沿いに行けそうですね。

 ここの瀬はほとんどの方が釣り下っています。
 ダウンクロスで流すと瀬付きのオイカワが元気よく飛び出してきます。
 水位が高めの時は絶好のポイントですね。
 
 桑の木の手前から左岸に上がって桑の木の下を流します。
 ドライが面白いですよ。
 ここで注意が必要です。
 川幅が狭いので少し上流からのキャストが必要になってきます。
 不用意に近付いての釣りは厳禁です。
 オイカワはすぐに何処かに行ってしまいますよ。
 
 駆け上がりから瀬頭にかけて次は流します。
 そして最後にウェットで同じところを流してここの場所は終わりです。
 右岸の樋管の流れ込みまででです。
 
 僕はこの区間は桑の木の下から右岸から釣っています。
 釣る順番は同じです。


 
  






P7050031.jpg


 ここは右岸、桑の木の下です。
 僕はここから釣り始めます。
 理由は、長靴で橋の下から入ると沈。
 バカ長じゃないのでちょっと無理なのです。
 
 ここからドライで始めています。
 桑の木の下へアップでキャスト。
 対岸の駆け上がり。
そして流れに乗せてみます。
 これでで無ければウェットにします。
 狙いは瀬頭にかけてですが、対岸の流れが分岐しているところから手前まで上手く流れに乗るとオイカワが追いかけてきます。
 何回も喰ってきます。
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/23(火) 20:22:03|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今朝の小畔川 釣れる釣れる! 8月12日

 夏休みになりましたが相変わらず5時前には目が覚めてしまいます。
 昨日は少し休めたので今朝は絶好調。
 リベンジに向かいました。
 小畔川も久しぶり。
 川に向かうとライズが遠くから見えます。

P8121110.jpg

 5時、第一投からパックンと食ってきました。
 韋駄天さんです。
 今日一が韋駄天さん、嬉しいですね。
 これで昨日の欲求不満が解消です。
 
 ここは金堀橋上のプールです。
 瀬頭のセオリーポイントで出ました。
 活性が高くフライが着水すると直ぐに喰ってきました。

 まだ、水位が高いので魚は嬉しいんでしょう。



P8121113.jpg

 橋の傍まで移動。
 ここも釣れますよ。
 ドライに面白いように出ます。
 先週末の強烈な雷雨のおかげでしょう。
 河床はピカピカ、水位も高め。
 活性が高い。
 


P8121115.jpg

 こんな良型もでました。


P8121117.jpg

 こちらは橋の下流です。
 イマイチ。
 釣れますが小型中心。
 今朝は橋の上流がドライ向きでした。

 ここのところ夜中も気温が下がらず熱帯夜が続いています。
 日の出から釣り始めましたが、日が昇ると直ぐ気温が上がってしまいます。
 5時40分には止めてしまいました。
 やはり夕方が良いのでしょうかね。

 話が変わって、お盆です。
 今日から田舎でお盆行事。
 今朝は渋滞の状況をニュースで伝えています。
 大変だ、覚悟して行かねば!


テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/12(金) 06:59:33|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:36

久しぶりの名栗

 暑い、アツ。
 8月11日、僕は今日から夏休みです。
 ここのところ忙しく(能力が無いから仕事が遅い、他の人はさっさと終わっている。)帰りが遅くて寝不足気味。
 朝飯を食べた後、3時過ぎまでまた寝てしまった。
 天気予報では山間部で夕立がありそう。
 でも行ってみるか、イブニングがある!

P8110001.jpg
 
 4月以来でしょうか。
 久しぶりです。
 到着と同時に夕立。
 大粒の雨がボツボツ落ちてきました。

P8110002.jpg

 ここは、名栗湖の放水路から本流に合流するところの上流100m名栗湖側です。
 ここは不意の放流があった場合にとても危険なので禁漁にしています。


P8110008.jpg
 
 名栗川からここを見るとこんな感じです。
 赤い橋の上から上流部を見たのが前の写真です。

 夕立で本流は濁りが入っています。
 ダムからの放流水は全く濁っていません。
 こんな時のねらい目は二つの流れの合流点ですね。
 
 そしてウェットでしょう。


P8110007.jpg

 合流点を狙ってトライ。
 #3の竿で#12のフライで挑戦です。
 右岸の草の際がポイントと思いここを中心に、本流と流れがあわさるところをまで流してみました。
 6時前から始めました。
 全く反応がありません。
 釣り人も居ません。
 数年前、同じところで刺し網を入れたことがありました。
 再棲塾でコクチバス駆除のため名栗湖からの流れ出しから右岸に網を張ったところ沢山のバスが掛かっていました。
 濁りと澄んだ流れの合わせ目は一級ポイントと思いヤマメが飛びついてくれたらと期待しましたが スカでした。

 バスでもかかればと期待しましたが、これもハズレでした。

 日も傾いてきたので帰ることにしました。
 正味20分の釣りでした。

 久しぶりの釣りです。
 これでは欲求不満ですね。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/08/12(金) 06:27:46|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2