FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今朝の小畔川 5月5日

 
 今朝は晴天、子供の日を祝っているようでした。
水位も146cmまで下がって来ました。


DSCN1071.jpg

 金堀橋から上流へ、今朝のルートは工事中の飛び石の橋を確認してくることです。
 水位は下がったとはいえ、平水位から40cm上がっています。

DSCN1074.jpg

 増水でなぎ倒された草が水流の強さを感じさせてくれます。
 ここはコイが着いているところですが姿が見えません。
 カメがコンクリート護岸の上で日光浴。


DSCN1085.jpg

 流れる水はササ濁り!
 ウェットには最高ですね。

DSCN1089.jpg

 しかし、ワンドに入るとこのとおり。
 自然の力でしょうか、流れは濁っていてもここは透明です。


DSCN1077.jpg

 この場所も透き通っています。
 ここは湧水がある場所で、今までは冬でも必ずオイカワが居たところです。


DSCN1079.jpg

 飛び石の橋です。


DSCN1083.jpg

 魚が登れるように魚道をに近い石を入れています。
 水量が多く水流が強すぎるのか、30cm位の魚がここを登ろうとジャンプをしていましたが、残念ながら越えることができません。
 魚は、大きなものを対象にせず、オイカワ、カワムツのような雑魚が登れるように設計して欲しかったなー!
 ここの主役は雑魚なんです。

DSCN1088.jpg

 鉄橋付近で川底の石を見て見ると、ヒラタカゲロウが着いていました。
 工事で、泥が堆積していたにもかかわらず、カゲロウが居ました。
 嬉しいですね。
 今日は大水の後ですから底石はピッカピカでした。


DSCN1091.jpg

 大水の時はこんな所に雑魚が避難しています。
 ところが、全く見えません。
 何処のワンドにも雑魚が居ないのです。
 
 工事は6月末まで続く予定です。
 今年の小畔川は期待できないようです。
 今朝の探索で残念ながら、納得しました。

 コイとニゴイとヘラブのみの状態が続きそうです。




DSCN1092.jpg

 金堀橋から下流はこのとおり。
 

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/05(土) 20:04:19|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

小畔川増水 5月3日昼

 低気圧が南岸を通過し、大雨を降らせました。
 鶴ヶ島の雨量は144㎜、小畔川の水位は3m25㎝まで上がりました。


DSCN1060.jpg
 
 ここは先日桃源郷と書いた精進場橋下流方向です。

DSCN1061.jpg

 こちらは飛び石の橋工事現場。

DSCN1062.jpg

 凄い事になっています。

DSCN1065.jpg

 仮橋に何かがひっかり河川敷まで水が上がっています。
 川をいじってしまったので底石、砂が物凄い勢いで流れてしまったようです。
 水が引いたらどうなるのでしょうか?
 気になります。

 普段の小畔川だったらこんな増水は大歓迎なんです。
 底石が上手い具合に動いて磨かれます。
 川が再生されるのです。

 しかし、工事中ですと必要以上に河床が掘られ惨憺たる状況になってしまわないか心配です。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/03(木) 17:53:39|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

弁天桜

 滝根町にある弁天桜です。
 この桜には悲しい言い伝えがあります。

 毎年ここを訪れています。

DSCN1037.jpg

 道路から杉林越しの桜です。
 暗い中に白く浮き上がり妖艶な感じがします。


DSCN1040.jpg

 廻りを杉木立に囲まれた一本桜です。
 足元に水仙が真っ盛り。
 右手の湿地には水芭蕉が群生します。

DSCN1045.jpg

 離れてみると深い緑の中に薄いピンクが一際生えます。
 このような立地の桜は少ないのです。


DSCN1048.jpg

 低気圧の接近で雨模様でしたが、こんな天気の桜もまた綺麗でした。
 仙台平に連なる山々に雲がかかり幻想的な風景となりました。


DSCN1054.jpg

 入新田に咲く一本桜。
 山桜です。
 凛として実に品がある桜でした。

  1. 2012/05/03(木) 17:45:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

夏井千本桜周辺 5月2日早朝

DSCN1013.jpg

遠く白く見える帯は千本桜!
 雨にかすんで薄いピンクの帯に見えます。

DSCN1015.jpg

 ズーッと先の先まで桜並木が川沿いに。
 千本を越えているかもしれない。

DSCN1017.jpg

 支流にも桜並木が続いている。


DSCN1021.jpg

 こちらは小町湖方面で見た桜。

DSCN1022.jpg

 二人何か話していたが。


DSCN1025.jpg

 こんな桜の下に葬られたら、春にはおちおち寝てられない。
 花が、気になって気になって、ワクワクしてしまう。


DSCN1027.jpg

 庭先の立派な枝垂桜。
 春爛漫のお庭でした。


DSCN1029.jpg

 暗い裏の森に桜一本。
 実にいい。
 思わず立ち止まってしまった。


DSCN1031.jpg

 庭先の枝垂桜。
 植えたのか、鳥が種を運んだのか?
 滝桜30km半径以内は枝垂桜が沢山生えている。
 全国でも珍しいと思う。

DSCN1033.jpg

 初節句のお祝いは鯉のぼりだけじゃない。
 この辺りでは武者が染め抜かれたのぼりを立てる。
 親族がお祝いに持ってくる習わしです。
 これが滅法高いのです。

DSCN1034.jpg

 山女もここでお花見だろうか?

DSCN1036.jpg

 庭先の桜。
 地味なのがいい。

  1. 2012/05/03(木) 17:43:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

滝桜の子供  庭先の桜行脚!

 5月1日、滝桜を愛でた後は桜行脚!
 あっちへ行ったりこっちへ行ったり、帰る途中の桜をいくつか。


DSCN0977.jpg

 お堂の脇に立つこれも枝垂桜。
 滝桜を中心に半径2.30km以内にはこの手の作田が沢山生えています。
 名も知れぬ桜、名のある桜いろいろです。
 恐らく野鳥が実を食べて糞と一緒に付近に蒔かれたのではと言われています。


DSCN0980.jpg

 こちら付近のお宅のお庭に入らせてもらっての一枚。


DSCN0983.jpg

 峠を越えた反対側


DSCN0985.jpg

 その向かい

DSCN0991.jpg
とあるお堂の桜

DSCN0995.jpg

 郡山市中田町にある紅枝垂地蔵桜
 滝桜の子供だそうです。

DSCN1001.jpg

 こちらのお堂は木の下のあるのもかかわらず立派です。
 他の木の下にある桜の神様は小さな祠が多いようです。


DSCN1006.jpg

 浮金へ向かう途中のお寺。
 何とものどかです。
 この時間になると(8時)日も上り青空となりました。

  1. 2012/05/03(木) 17:39:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

チョンの間のヤマメ釣り  4月30日夕

 夕方一寸時間が空いたので付近の川へ。
 その前に老眼親父さんの家を訪問したがあいにく不在、そこでチョイ釣りへ。
 ところが、川へ向かっていると、見たことのある(ブログで)めったに走っていない色の車が前方から。
 ダメもとでパッシング。
 アーラ、やっぱり親父さん。
 久しぶりのご対面でした。

 話は戻ってヤマメ釣り。

DSCN0938.jpg

 川を渡して鯉のぼり。
 端午の節句ですね。
 こんな所で釣ります。
 庭先をお邪魔して川に入りました。
 

DSCN0942.jpg


 鯉のぼりの下から鯉じゃなくてヤマメがパックン。
 一発目からフライを咥えてくれました。
 

DSCN0945.jpg

 このサイズ、20cm弱が直ぐに3匹。
 この先楽勝と先に進みましたがこの三匹であとはウンともスンとも。


DSCN0947.jpg

 手前左側、底が見えると思います。
 砂なんです。
 上流から砂が流れているようです。
 石底から砂底に変わると渓魚は住めなくなってしまいます。
 大好きな川虫は石の下に住むのです。
 これが流れて餌となります。

 数年前の風力発電機設置工事で山を切り開き沢山木を切った結果ではないかと思われます。
 
 

DSCN0948.jpg

 こちら、必ず着いているポイントですが浅くなってかすりもせず。


 写真がまだまだ、狙ったところに行きません。
 途中で切れてしまって、これでは何にもなりません。

テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/03(木) 17:26:58|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滝桜

 5月1日午前5時

 最近滝桜への抜け道と言うキーワードで検索が何件もも入っていました。
 答えは、人の来ない時間帯、季節の訪れることですよ。
 このとおり、この時間帯は日の出前です。
 人影まばら。
 逆に取れば、こんな時間からもう来ているの??
 という事になっちゃいますね。



DSCN0952.jpg

 朝日が上がる寸前です。

DSCN0955.jpg

 今年は、春の訪れが遅かったせいかまだ花が残っていました。
 カメラ片手に、この時間帯を狙って撮影をする方が幾人も。

DSCN0957.jpg

 桜の神様が祭られています。

DSCN0960.jpg

 少し上の方から眺めてみますと滝桜の下手には集落があります。
 この集落の名前は滝、滝と言う集落です。
 ここな方々が桜守となり、滝桜を世話しているという事です。
 

DSCN0969.jpg

 朝日が当たり、また違った顔を見せてくれました。

 去年の滝桜 

おととしの滝桜

  1. 2012/05/03(木) 17:00:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

福島は春真っ盛り!  4月30日

 ふくしまへ。

 須賀川インターチェンジから下道を田村市へ

DSCN0923.jpg

 須賀川郊外では梨の花が真っ盛り

DSCN0925.jpg

 道を隔てて桃の花が今が盛りと咲いていました。


DSCN0926.jpg

 49号線谷田川交差点の桜
 名もない桜でしょうか。

DSCN0936.jpg

 田村市滝根中学校前の桜。
 見事也!!
  1. 2012/05/03(木) 16:39:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

4月23日 大阪造幣局桜通り抜け


 4月23日大阪造幣局桜の通り抜け最終日。
 八重桜、カップル。
 おじさんに場違いの感じが!

 ここから桜行脚が


DSCN0815.jpg

 八重桜。
 綺麗でした。

DSCN0814.jpg

 9時閉門間際の賑わい。

DSCN0831.jpg

 こちらの方が。
 花より団子!

DSCN0840.jpg

 天満橋から大川越しに造幣局遠景。

  1. 2012/05/03(木) 16:06:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ