小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今年も終わり、来年に向けて!

 
 今年一年大変お世話になりました。
 
 ねずみおやじさん、とあさん、旋風と用心棒さん、tontonさん、ガスクさん、球磨人hideさん、いわなたろうさん、しげさん、kingfisherさん、yellowsubmarineさん、クラさん、taizouさん、tobitaniさん、TATA-GPさん、おちゃさん、つりまるさん、藪次郎さん、老眼親父さん、ストーン変人さん、Avant-qardさん、Megaceryleさん、にーささん、hiraipapaさん、x68000さん、ちょんまげさん、やまちゃんさん、ジョニーさん、晴釣雨読さん、nofishさん、glorysotさん、しろさぶろうさん、camiさん、プラントFさん、booboo-ksrさん、ルート8&ハッチさん、kyotoflyさん、farwaterさん、windknotさん、自転車通勤人さん、siroyamasakuraさん、けばりさん、ジェロさん、release-windknotさん、happycoreさん、Green Cherokeeさん、トレッキートレックさん、AMIYAの主さん、lanturさん、nishiさん、monstertroutさん、sancheさん、ダブルさん、mihiroさん、カチーフさん、ナシオさん、JICKYさん、kintaroさん、ochiさん、ギラーさん、tomさん、TOP BATTLERさん、カワセミさん、両手人65さん、SMRさん、トリさん、美樹プルーンさん、Getyさん、ふぐ使いさん、ggさん、ヒロシさん、おいかわさん、hiyopapaさん、まさるさん、瀬切れさん、埼玉県ヒロさん、NBさん、みっちーさん、だいすけさん、ティーグさん、Tenkara Okumusashiさん、かずきさん、たかしさん、上弦の月さん、ケンドーナガサキさん、TEGOさん、琵琶湖を戻す会さん、kudaさん、川越の三平さん

 貴重なコメントありがとうございました。

 DSCN6605.jpg
     今朝6時南東の空です。
     日の出は7時その前に痩せた月が昇り日が昇ると見えなくなってしまいます。
 

 今年もあと何時間で終わり!
 新しい年、2014年 平成26年を迎えます。 
 という訳で今年の重大ニュースです。

 去年の重大ニュースを振り帰ってみるとなんか同じような感じですが

 1. 猪名川オイカワ道場を開く!
    関西の同好の氏が集い、大いに楽しみ修行の場ができた。 

 2. 柳瀬川・黒目川・小畔川合同大忘年会を開催。
    獣編が集いわーわー話まくり親交をとことん深める。

 3. 第2回、3回猪名川オイカワパーティー開催
    関西オイカワFFの心意気を伝える。
 
 4. リョウさん埼玉に大遠征!
    小畔川、柳瀬川でオイカワ三昧、最後は有馬川で坊主を喰らうも大満足で帰る。

 5. 律儀に昨年と同じく喉が痛くなる。
    重大ニュースを決め始めたら風邪?? 喉がチクチク、頭ぼんやり、昨年に同じ!
 
 

 6. スマホに替えて操作法が判らず途方に暮れる??
    魔が差したかも、奥に内緒で二人分を替えたら操作が判らないと責められて離婚の危機!

 7. はなちゃんの飾り毛をバサリと切る。
    散歩に連れて行ったらバカが着いて邪魔くさかったの、そんなに責めないで!

 8. 尺寸イワナを韋駄天で釣る。
    しげさんの造った韋駄天で釣りましたよ!

 9. 年次休暇は捨てるものと思っていたが、今年は一大決心全て消化。
    何時も切り捨てていた休暇を初めて使い切りました。

10. 正月用の黒豆絶品の出来栄え!何をトチ狂ったか味見をして砂糖と塩を間違えぶっこみオジャン!!
    29日夜から仕込んで30日早朝から焚き始めふっくらと真っ黒く味も上々出来上がり。
    重大ニュースのとおり風邪をひいてしまい咳コンコン、喉もヒリヒリ。
    こんな時は黒豆の甘い煮汁が喉に良いのです。
    お汁を増やそう!
    お湯を入れて(温度管理のために同じ温度の湯なんです。水を入れると豆がビックラこいて割れます)
    次は適量の砂糖を入れて引き続き蛍火で豆にやさしく焚き上げだな。
    待つこと3時間チョイ味見。
    無ムムムム?? エエエエーー???
    あれっレ―!!
    砂糖と塩を間違えちゃったよ!
    塩を100gは入れちゃったみたい。
    直ぐ吐きだしましたよ!
    そこからまた。
    汁を捨て湯を替えて砂糖を入れて炊き返し!
    しょっぱいぐらいで済んだくそマズイ黒豆を焚き返しました。
    
    今年一年の僕の生活を一発で思い返させた黒豆でした。
    思い返せばスマホもはなちゃんも魔が差したんです。
    やろうと思ったんじゃなくって僕の心の隅に居るあいつがそっちじゃないでしょ!
    これですよって耳元で囁いた時なんですね。

    もしかして囁くあいつに気がついたことが今年一番のニュースなのかもしれません。
    明日からささやかれたら、オイオマエー!
    ナニイッテンノジャーー!!
    喝!!!
    本道があるのじゃ!
    そうできるよう、心にゆとりを持とう!

    心にゆとりを持とう!
    これを明日からのキャッチフレーズでいこうっと! 
   
    


    今年一年大変お世話になりました。

    来年も宜しくお願いします。

 
スポンサーサイト
  1. 2013/12/30(月) 21:33:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

柳瀬川、黒目川、小畔川合同大忘年会! 痺れて気絶しちゃいました!

 12月28日土曜日午後6時
 柳瀬川・黒目川・小畔川合同大忘年会が朝霞で開催されました。
 公式日程は午後6時開催飲み放題2時間でしたが、公式なんてものは有って無いのが獣偏!

 
 日程調整会場設定一切を仕切って三次会まで行っちゃたfarwaterさん

 二次会会場を設定して下さったが三次会は電車が無いと後ろ髪を引かれつつ帰られた Green Cherokeeさん

 TNKバッジをいただき三次会も快調にこなされたカチーフさん 

白金カイロのぬくもりを熱く語りやけどしそうになりつつも雉討ちの作法を再確認して二次会で帰られたダブルさん

 素敵なオイカワブローチを着けて颯爽と現れ二次会で帰られたwind knotさん

 最年少ながらオイカワFFの雄、熱く語り一次会で帰られたmihiroさん

 沢を険しい道を何処までも歩く秘訣を語り二次会で帰られたJICKYさん

 次があるのにウーロン茶で酔わされて、聞き役に回り一次会で帰られたナシオさん 

一次会のスペシャルゲスト、オイカワはやらないBasserの Tさん

 静かに存在感を示しつつ三次会までしっかり語られたジョニーさん 

忘年会前にオイカワだーっと昼から一人忘年会の獣偏、明日は仕事と二次会で泣く泣く帰られた しげさん

 もう来ないかもの予想を見事ひっくり返し二次会途中から三次会終了最後は全員送り届けてくれたプラントFさん 

 三次会で気絶してしまったjetpapa 


 判りました???
 誰がどうやってどこまで行ったか。

 13人で公式忘年会を開催!
 10人で突入した公式の二次会
 5人で〆た三次会

 これで間違いはないはずなんですが、最後は朦朧として定かではありません。

 埼玉オイカワ関連ブロガー勢ぞろい!
 今年の忘年会も楽しくて来年に繋がる集まりとなりました。
 細部記事は各参加者の記事を読まれますと、そうだったのかと良く判ります。
 
 会を計画運営して下さいましたfarwaterさん、Green Cherokeeさん、三次会終了後深夜のドライブでオヤジを送って下さり綺麗に片づけて下さったプラントFさん
 スペシャルサンクスです。
 
  1. 2013/12/30(月) 10:09:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

燻製だー!


 燻製製作過程を紹介させていただきます。
 釣った鱒はその場で内臓、エラ、背ワタを取りきれいに洗って塩を振りビニール袋に入れて持ち帰り。
 6時間漬けておきます。

DSCN6588.jpg

 塩漬けの鱒をトレ―に移しこれから塩抜きです。
 流水で1時間半から2時間


DSCN6589.jpg

 外で風薫です。
 冷たくて乾燥した夜中の風に一晩晒します。
 



DSCN6592.jpg

 表面が乾いてきたら風薫完了

DSCN6596.jpg

 室温に戻します。
 1ないし2時間室内に吊るしておきます。


DSCN6597.jpg

 室温に戻ったら燻煙予備段階。
 スモーカーに吊るします。
 僕は一斗缶を使っています。
 底にチップを一つかみ。
 ヒーターのスイッチを入れます。


DSCN6598.jpg

 最初は低温で、隙間から水分を飛ばします。
 40度から50℃で1ないし1時間半。
 

DSCN6599.jpg

 60度に上げて3時間。
 温度管理は隙間を銀紙で塞ぐと簡単。
 我が家はIHとシーズーヒーターなので、温度管理がとても簡単。
 



DSCN6600.jpg

 燻すこと4時間半。

 完成


DSCN6601.jpg

 燻熟
 一日吊るしておくと味もなじんで更に美味しくなります。

 簡単な燻製製作でした。
  1. 2013/12/29(日) 21:44:44|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朝霞ガーデンに鱒を仕入れに行くが帰り打ち!

 27日 朝霞ガーデンへ。
 何のために?
 40cmの鱒を10匹揃えて燻製を作るため!
 それで???


DSCN6584.jpg

 27日から西高東低の気圧配置が強まり燻製作りには絶好の時期になりました。
 沖縄の友人に燻製を送ろうと思い、とりあえず鱒を確保とやって来たのであります。
 天気は9時には雨が上がり、その後は北西風が強く吹く予報。
 皆様、ご存じのようで10時というのに3人でこの池を独占です。
 コリャ釣れるぞ――!
 機体満々!

 ??
 ??

 大型の鱒はクルージング。
 時々バシャっと大きなライズ。
 やる気満々の鱒たちですが釣れません。
 釣れない。
 たくさん泳いでいるのに釣れない。

 3時間券で余裕で釣って型をそろえたら直ぐ帰ろう!
 そう思って来ましたが、釣れない。


DSCN6586.jpg

 釣れるのはこのサイズばっかりです。
 30cmまでのサイズばっかりです。
 大きいのが泳いでいるんですよ。
 イマージングに始まり、シンキング、浮き釣り、ドライ・・・!
 何をやってもさっぱり。
 振り出しに戻ってイマージング。
 やっと釣れ出しましたが、このサイズばかりです。




DSCN6587.jpg

 芸術的な逆さ掛けバリ!!
 スレが多いのです。
 ということは如何に魚の量が多いかということ。
 でも釣れるのはこの型まで。
 余裕が無くなり昼からキープ開始。
 結局3時間券で帰る予定が6時間に延長。

 鱒に遊ばれてしまった、朝霞ガーデン!
 管釣り、恐るべし。

  1. 2013/12/28(土) 16:08:55|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

都幾川でオイカワ、カワムツもご挨拶!


 今日は奥の定期通院日!
 毛呂の病院へアッシー君です。
 帰りを待つ間、有効に使わせていただきました。

DSCN6578.jpg

 越生高校横の流れ。
 この川は追辺川の支流!
 魚っ気が全くなし。
 それでも鯉が2匹確認できました。



DSCN6579.jpg

 直ぐに移動です。
 都幾川。
 中学校裏の大好きな場所へやってきました。
 あまり期待はしていなかったのですが、ライズ発見!
 小畔2号の実力はどの程度か?
 確認です。
 ちなみに今日も何時ものタックル。
 ライトスタッフ#1
 ラインも#1
 リーダーは#6
 ティペットは0.6号フロロ
 鈎は#21に巻いた小畔3号
 この鈎はもう1カ月使っています。


DSCN6580.jpg

 ドライに出てくれました。
 オイカワがしっかり喰っていました。
 合せ一発で釣れました。


DSCN6581.jpg

 次はカワムツ。


DSCN6582.jpg

 せっかくですからアップでもう一枚。
 カワムツの喰い方はおおらかです。
 オイカワと違い、ゆっくりがっぽんと喰います。
 ゆっくり合わせても外れがありません。
 むしろ、ゆっくりと合わせた方がかかりが良いような気がします。


DSCN6583.jpg

 カワムツは一匹のみ。
 後はオイカワが続きました。
 寒いせいでしょうか?
 今日の当たりはゆっくりしたもので、着水と同時ということはなかったのです。
 少し流れたフライにゆっくりと出てくれました。
 
 待ち時間が気にならず、もっとゆっくり診察してもらっても良かったですよ。
 今年最後のオイカワ釣りでした。

  1. 2013/12/26(木) 18:53:03|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

沖縄の友人からクリスマス海老!

 クリスマスプレゼントが沖縄から届きました。
 こんな美味しいプレゼント、大歓迎でございます。

DSCN6575.jpg

 イセエビ3匹!
 色が違いますね。
 でもイセエビなんですよ。
 茹でれば真っ赤っか!
 3匹とも御刺身で頂きました。


DSCN6577_20131226084301f0d.jpg

 お料理は私が担当しました。
 イセエビの解体は任せて下さい。
 沖縄仕込みの刺身を作ります。
 残りは味噌汁ですよ。
 
 3匹全部御刺身。
 奥と二人でイセエビパーティー!
 刺身だけで腹いっぱいになりました。
 届いた時は動いていましたから、いちおう生き作り!
 身がプリプリしていました。
 刺身にする時は注意が必要です。
 尻尾を胴体から外して内側に出刃をを入れ、身を剥がします。
 適当な大きさに切りましたら、身をざるにすくって流水で洗うのです。
 これがエビの刺身をさっぱりと食べる裏技です。
 
 コリコリのプリプリ!

 そして残りの頭と足はお約束の味噌汁ですよ。
 奥と二人分なので今回は一匹だけ使って味噌汁を作ってみました。
 
 腹から包丁を入れて足を右と左に真っ二つ。
 この時に鰓を綺麗に取ると食感が宜しい。

 鍋が沸騰したら、足と銅を入れて出汁をとります。
 胴からは味噌が良い感じで流れでます。。
 鍋の中に味噌から出た脂がウニのように表面に浮いてきます。
 うううーー!
 涎が!
 まだまだですよ。
 ゆっくり沸騰させながら灰汁を綺麗に取って行きます。
 灰汁をとるのが大事です。
 これで汁が透明になるのです。

 十分に出汁が出たらお味噌を入れ,味を調えます。
 火を止めて適量の味噌をボールで溶かして入れて行きます。
 お好みの味になったら出来上がり。
 このまま沸騰させずに置きます。

 お酒も十分に頂き刺身も無くなったら、味噌汁を温めてどんぶりに入れて出します。
 どんぶりですよ。

 どんぶりによそう前にネギを入れます。
 ネギは小ネギが宜しい。
 決して太い普通のネギを入れてはならないのです。
 小葱を5cmに切りばさっと入れるのです。

 これで味が引き立ちます。
 太いねぎは強すぎますから是非小葱を使って下さいね。


 今朝の事(26日)

 残った味噌汁で雑炊!
 これは堪らん!
 出汁がこれでもかというほど出ていました。
 ご飯を入れてグツぐつぐつ。
 とき卵を入れてネギをまぶして、ほっぺたが落ちるかもと食べたら、?????????
 大失敗!
 とき卵はエビの風味を殺してしまい、長ネギは強すぎて。
 それでも、とっても美味しいのですが、ネギ無し、溶き卵無しの方が絶対に美味しい!

 一寸、失敗の雑炊でした。

  1. 2013/12/26(木) 09:55:40|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島へ


 24日、25日と福島へ行って来ました。
 寒い!
 先週の木曜日南岸低気圧が通過して東京では雪が降ると大騒ぎでしたが、福島はこのとおりしっかり積もっていました。



DSCN6561.jpg


 田んぼの中の掘割です。
 昔はここにヤマメが居たと教えてもらいました。
 この川が少し下流で夏井川と合流します。
 最近は入水鍾乳洞の入り口にある鱒釣り場から、大水が出る度に鱒が流れてくるとか。
 冬景色!
 ドッピンカンの晴れ!
 強風!
 地吹雪!
 冬の田村は厳しい!



DSCN6562.jpg

 向こうに車を止めて歩いてきました。
 屋根から落ちた雪が固まって底を擦ってしまいます。
 ここを頑張って上がると横滑りで蔵にぶち当たるか、反対側の植木に突っ込むか。
 無理は禁物!
 入口に停めて上ってきました。

 良く見て下さい。

 二つずつ揃っているのがウサギですよ。
 ウサギの足跡はこうなります。
 その脇には狐??狸?隣の飼い猫か?
 足跡が続いています。

 雪かきをして車をあげようという気力が湧きませんでした。


続きを読む
  1. 2013/12/26(木) 09:23:52|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

秩父名物 味つけ豚肉


 今年のお歳暮は秩父の味噌漬け豚肉を送った。
 でも、食べたことが無かったのです。

DSCN6555.jpg

 秩父市内には豚肉の味噌漬けを販売しているお店が20件ほどあるそうです。
 じばさんセンターで売り場の方から教えてもらいました。
 
 23日、2時半。
 肉は送ったが、食べたことないよね。
 うん、食べたことない。
 何種類か食べてみようか?
 そうだね。
 ということで3時前秩父に向かいました。
 ただし条件付き運行です。
 7時までに帰って来てスケートを見ること。
 そう、オリンピック代表を決める最終選考会が始まるのでした。

 とんみそは美味しいですよと売り場の方が勧めてくれました。
 どうして??
 それはね、テレビで紹介されたからですよーー!!
 早速帰ってから直ぐ食べました。
 おいしい!

 真ん中に鎮座している肉の味噌漬け。
 これは送ったものなのです。
 売り場のおねーさん、こちらは勧めてなかったのですが。
 テレビで紹介されなかったただけで味は良いんだよねと思っています。

 その墓にドライトマト、しゃくしな、生姜等折角来たんだからと買い込みました。

 滞在30分!

 2時45分出発!
 5時30分帰宅!

 弾丸買い出しツアー!!
  1. 2013/12/26(木) 08:20:45|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小畔散歩

 12月20日仕事納めとして、川越に戻ってきました。
 忙しかったのか、サボり癖がついたのか、ブログを書こうという気力が湧きません。
 12月は猪名川に何度も行きました。
 京都嵐山の管理釣り場にも行きました。
 ネタは沢山ありましたが、イマイチ書こうという気持ちにならず、今日まで死んだふり!
 小畔川散歩の後の悲惨な体験からかきましょう。


DSCN6540.jpg

 21日土曜日はなちゃんがお泊まりで遊びに来ました。
 日曜の朝、行かなくっちゃト小畔散歩です。
 竿は持たずに引き手を引いて。
 左岸を飛び石の橋までやってきました。
 水位も下がりこのとおり、釣り人も見かけません。
 あれだけ居たオイカワは何処に行ってしまったのでしょうか?
 途中、ライズも見られません。
 隠れてしまいました。


DSCN6548.jpg

 上流は確認しましたので、次は八幡橋を目指して早足から駆け足で。
 心臓バクバク、普段の不摂生が祟ります。

 こちらは橋げたの工事が入っています。
 もう一月以上工事中です。

 右岸を下って左岸を上り散歩終了。

 魚っ気が無かったのです。

 その後、お風呂に入ってついでに犬も洗って。
 穴の臭い線を絞って足裏の毛を刈って。
 ついでに前足の後ろの毛が長すぎるので綺麗に整えて!

 ああーー やってしまいました。
 魔が差すということはこういうことなんですね。
 前足の後ろの毛が邪魔くさいのでバサリと切ってしまいました。
 だって、散歩に連れて行くとバカが沢山くっつくんですからね。
 帰ってからの手入れが大変なんです。
 バカってご存知ですか?
 秋になると野草の実が熟して種になり、これがしつこくくっついて取れない。
 これを福島のごく一部ではではバカという。

 話が外れました。
 前足の後ろのふさふさした毛は飾り毛ということでした。
 ここまで伸びるのに生後4年の月日が!!!
 どうしてくれるんじゃい!!!
 平身低頭!
 お許しくだされ!!

 魔が差すということがあるのです。
 心の中のどかで切っちゃえとっささやかれたのであります。

 許してもらうのにそりゃ大変なエネルギーが要りました。
 大変な思いをして許してもらったのは飼い主様からでして、当のはなちゃんはさっぱりして気持ちが良いはずなんだがな!
  1. 2013/12/26(木) 06:40:44|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

猪名川オイカワ道場 技を磨く!

 
 猪名川道場のオイカワ、元気にしていました。
 昨年は11月末で釣れなくなりましたが、今日もイワシサイズが挨拶にきてくれました。
 このまま、釣れ続けてくれると嬉しいのですが。


DSCN6472.jpg

 10時過ぎ道場三番瀬下にに来てみると、YMTさんが釣っていました。
 活性が高くドライに出るとのこと。
 
 最近のお気に入り三番瀬瀬頭に移動、修行です。
 瀬頭についているオイカワは元気いっぱい。
 YMTさんはバシバシ釣ります。
 上のプールはライズもありますがイマイチ喰いが悪い。
 少し場所が、環境が変わると別の魚に変わってしまいます。
 冬のオイカワは難しい。
 寒くなってくると冬を越すためにでしょうか、荒食いの時期があります。
 今週あたりなのか、来週がそうなのか、今まで釣れていたイワシサイズが何処かに消えます。
 水温が少しでも高いところに集まるようで、塊になっている時があります。
 こうなると、フライではなかなか厳しいのです。

 稚魚サイズはいるんですが、イワシサイズは何処に行ってしまうのでしょうね。

 


DSCN6494.jpg

 今日もこんなサイズが釣れています。
 釣れない時に釣る!
 どうしたら釣れるのでしょうか?
 一番は魚がいる事なのです。
 夏季のオイカワは広く散っており、活性も高いのです。
 どこでも釣れますね。
 冬は、魚は一か所に集まり活性も下がります。
 どこでも釣れるという訳ではないのです。

 渓流のように川を歩いてポイントを探すのです。
 魚がいなければ釣れません。

 活性が下がっている時は、目の前に餌が来ないと喰ってくれません。
 どうしましょうか?
 今日はそんな時の一方策を練習しました。
 
 渓流の練習!
 管理釣り場の練習!

 オイカワを練習すれば、この時期にドライでアップをピシャリと釣れれば怖いもの無しです。

 来春の解禁時にアレレ??
 そうなりますかもね!




DSCN6503.jpg

 判りにくい画像で申し訳ないのですが、20cmぐらいのオイカワが無数に集まっています。
 ヒラを打ち、活性が高く元気一杯です。
 しかし、ライズはありません。
 これは凄いところを見つけてしまったのです。
 ライズが無くても釣る方法はいくらでも
 イワシサイズオーバーが固まって沢山いるんですよ。
 喉がゴクンとなって、口が渇いてアアーーとかムフムフと訳のわからない言葉が無意識に。



DSCN6505.jpg

 イワシサイズオーバーが群れていたのはここでした。
 駄六川、何時も猪名川道場に通う道筋、JRを越える陸橋下です。
 川に降りられないのであります。
 指をくわえて、嗚呼嗚呼ーーーとかウウウウウーー!
 ググググーーっと堪えて帰りました。
 ここを乗り越えて行くのはねーー。

 いくら獣編でも、この壁は乗り越えられませんでした。
 無念!


DSCN6507.jpg

 こちら金岡川!
 この橋の名前は新千僧大橋。
 大橋???
 大橋ねーー。

 この川? 堀ですね。
 この堀にオイカワが居たのです。
 今日は見当たりません。

 そろそろオイカワ終了の時期の予感なのです。
  1. 2013/12/07(土) 20:45:39|
  2. 猪名川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
次のページ