小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

猪名川オイカワ道場 キャスト!キャスト!! キャスト!!!

 
 1月25日
 伊丹の天気予報は無風晴れ、昼ごろから弱い南風と上空に雲という予報であった。
 オイカワ日和。
 予報通りの天候となった。
 兼ねてから懸案だったしげさん制作の韋駄天、孟宗とプラントFさん制作のSalt Riverの試し振りをリョウさんに体験してもらうことがやっと実現できました。
 そして、僕の今年初の釣行となりました。


DSCN6654.jpg

 桑津橋から上流
 昨年からの河川工事でここまでいじりまくっています。
 何のためでしょうか??
 改修(ユンボで掘り返して平らにしているだけで税金の無駄使い)しても大雨が降れば直ぐに元通り!
 オイカワ道場は無残な姿です。



DSCN6659.jpg

 しかし、今日はオイカワが居ないのは当たり前と割り切ってキャストなのです。
 バンブー4本の試し振り!
 楽しいですね。
 皆違ったフィーリング。



DSCN6661.jpg

 僕は背中肩腕肘手指と右側の調子が宜しくない。
 数キャストで御仕舞!
 リョウさんが振ってくれました。
 人のキャストを見るのも楽しいですね。
 勉強になります。



DSCN6665.jpg

 魚が居ないとつまりません。
 本流は期待できず。
 何時も必ずいるこの流れ。
 ライズがありました。
 なんと3cm程度の稚魚の幼稚園。
 これじゃ釣りになりません。
 撤退!

 でもね、小春日和!
 最高の御天気です。
 川にも来れました。
 ストレスが一発で無くなってしまいました。

 リョウさん
 ありがとう。


スポンサーサイト
  1. 2014/01/25(土) 22:06:14|
  2. 猪名川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

猪名川オイカワ道場三番瀬、キャストの練習でも! 


 今年初の釣りはキャスティングと思い、本日(25日土曜日)昼前に猪名川に向かう予定です。
 イオン前は工事中ですが、ここから3つ上流の瀬では釣りになるかもと期待して出かけてみます。
 昼過ぎまで遊ぼうと思っています。
 オイカワは釣れないかもしれないが、今年初めてのキャストを体と相談しながらやってみようと思っています。

 急なことですが、オイカワ道場へ時間が取れる方は是非来たれ。

 桑津橋上流3つ目の瀬付近に行こうと思っています。
  1. 2014/01/25(土) 05:30:46|
  2. 猪名川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

塾長が亡くなり、がっかりしてしまった。

 
 主義主張、思想的なことについてはブログに書かないことにしているが今回のことについては、書こうと思った。
 金曜日に訃報を聞いて今日、気持ちの整理がついたので書くことにしました。
 こんな考えもあるのかと思って読んでください。 


 17日金曜日、遅いお昼ご飯を食べて食堂から出ると娘からメールが入っていた。
 小野田さんが亡くなったということであった。
 直ぐに沖縄に友人に電話を入れると、先ほど他の仲間から連絡が入って呆然としているとのことであった。
 事情を聴くと昨日亡くなり、今日の報道となったらしい。
 たまたま、御自宅近くに居たため、直ぐに弔問に伺うとともに状況を沖縄に知らせることとなった。
 到着すると閑散としており、鍵もかかって誰もいなかった。

 帰りの時間も迫っていたので、それ以上の連絡は避けて空港に直行し伊丹に帰った。
 帰宅後、事務局長に連絡を入れると事情を説明してくれた。
 近親者のみの葬儀を行い、後日お別れの会を開くとのことであり報道のとおりであった。
 連絡をせず申し訳ないと頭を下げられたが、事務局の御苦労は並大抵ではなく事務局長に宜しくお願いしますとお願いするのが精一杯であった。

 暮れの沖縄出張で塾長のことが話題に上った。
 小野田寛郎、私たちはあえて塾長と呼ばせて頂いている。
 一人でこれからブラジルに行ってくるとのことであった。
 そりゃ、無茶だよ。
 肺気腫で体も弱っているし、そんなことをしたら死んでしまうから止めなくちゃ。
 塾長の代理として人を出せないか?
 そんな話をした矢先のことであった。
 
 


 小野田自然塾との関わりは転職する前からである。
 平成5年、塾長の講演を拝聴して翌6年から塾との関わりを持つこととなった。
 指導者キャンプを経て塾のキャンプのお手伝いをさせていただいた。
 ここでできた人脈は私にとって貴重なものとなり、人生を通しての友が何人かできた。

 平成10年、転職と共に忙しさにかまけて塾のお手伝いをサボっていたが仲間との連絡は密に絶やさないようにしていた。
 今春からまた塾のお手伝いを始めようと決めていた矢先の出来事であり残念でならない。

 キャンプ指導の合間の、ちょっとした暇な時の雑談で塾長の御考え、行動方針をそれとなく伺うことができた。
 押しつけがましいことは無く、淡々とお考えを話され、これが私の考え方、行動方針に大きく影響した。
 本質は何か?
 どうあるべきか。
 本質を見極めて行動すること。
 この3つが行動の指針となった。

 塾長のお考えの基本は、人は一人では生きていけないということである。
 国を持たない流浪の民族の悲劇。
 家族を愛し守るということは、安定した政治、経済、国防、しっかりした誇りを持った国を造ることである。
 そのためにはしっかりした考え、判断、行動ができる人を育てることである。
 そのために小野田自然塾が設立された。
 趣旨に賛同し、私のできることは塾のお手伝いだった。
 

 ルバング島から帰還して、当たり前のことをしゃべり、当たり前のことをしたらバッシングされた。
 耳触りのいいことばかりでなく本質を話さねばならない時はしっかりと話されていた。
 判る人は判っていたと思う。
 
 塾長、安らかにお眠りください。

 
 

 

  1. 2014/01/19(日) 22:00:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新年明けましておめでとうございます。

 新年明けましておめでとうございます。


DSCN6621.jpg

 7時52分初日の出を拝みました。
  6時52分の間違いでした。


DSCN6606.jpg

 蛇から馬へ!
 
 人生の転機になる歳です。


  1. 2014/01/01(水) 07:16:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:48