小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

カワムツも釣れ始めました。


 4月28日 越辺川 宮ノ下橋
 ここは冬でもオイカワが釣れたポイントです。
 ワンコの学校の目の前なのです。
 ワンワンワン!
 しっかり釣って!
 応援されながらの釣りでした。

DSCN7564_201404290826038cd.jpg

 冗談はさておいて、この場所は少し流れのあるところとトロ場に分かれています。
 オイカワは何処?
 この前のプールは流れがあります。
 また、ライズが出ていました。
 そして釣ったのがこの一匹。
 対岸の草の間に出たライズを狙ってのキャストが必要でした。
 鏡になっていますが、流れがあります。
 たくさんのライズリングが出てましたが、ほとんどが稚魚サイズでした。
 そんな中で、少し大きめのリングを見つけて、探しながらの釣りとなりました。
 
 下流対岸にある沈みテトラ。
 こちらはカワムツポイントでした。





DSCN7569.jpg

 今日のタックルは
 RST#2
 DTF#2
 #6リーダー
 0.6号ティペット
 #20フライ 今回もブラウンのぐるぐる巻き

 流れがなくて浅いところの釣りが難しいと前記事で書きました。
 どうあるべきか?
 ロングキャストが必要です。
 10mぐらいはキャストしなければなりません。
 釣り味が良くてロングキャストができる竿。
 相反する要求を求められます。
 柔らかければキャストが難しく、硬ければ釣った時に竿はしならず引っ張るだけ?
 どうしましょうか?

 バットの強さがキャストの距離に
 ミドルの感度がリーダーコントロールに
 ティップの出来が感度に影響

 この三つの相反する条件をを如何に組み合わせるかでロッドの良し悪しが決まるわけです。
 KYOTOFLYさんに教えてもらいました。

 離れての釣りを決めましたのでかなり固いRSTを使ってみました。

 竿先のテトラ前でどろんとしたライズを発見!
 スキットしたとどろんとした違い。
 オイカワのライズとカワムツのライズって少し違うようです。
 顔先のとがり具合でしょうか?
 カワムツは鈍いリングが出るように思います。

 キャストはオイカワと同じホワンと水面に落とします。
 ここのカワムツは無警戒!
 着水するかしないかでボコッと食いつきます。
 同じ大きさでしたら体が太いので、ひきが宜しい!
 ぐいぐい来ます。
 質量なのでしょうか泳力なのでしょうか?

 入れ食い!

 この場所でテトラ沿いを丁寧に攻めたら30?40?
 たくさん出ました。
 キャストの重要性を再認識しました。
 ポイントに綺麗にホワンと落としてノードラッグで流すとガボンと出ます。
 ガボンですよ!
 バシャではないのです。
 この辺りは言葉の感覚で書いていますが釣った方は良くわかると思います、
 知らない方は、未経験の方は何なんでしょ???
 ということですね。

 ドラッグがかかったり、ポイントがずれると全く反応なし!

 こんな釣りは面白い。
 厳しい条件でいつも釣られている方は何処に行っても成果が出ていると思います。


DSCN7566.jpg

 同じぐらいの体長ですがオイカワとカワムツ、違うんですよ。
 棲み分け、食いつき、性格が出ているんでしょう!



 
スポンサーサイト
  1. 2014/04/29(火) 09:30:02|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

繊細なオイカワ釣り! センシティブ、どう釣る?

 4月27日午前9時から11時前までの釣り
 天候晴れ、微風
 気温上昇、15度から20度を超える。
 水温計らず、感覚で18度
日差しがとても強い!

 田んぼの取水も始まり、雨は降らず!
 水位が下がっています。

 ボーイスカウトさんと待ち合わせての釣りを計画したが体調不良とのこと。
 
 久しぶりに自分の釣りに没頭することにした。



DSCN7540.jpg

 吉田橋のプール。
 鉄橋寄りは、水位が下がり流れは左岸が中心となっている。
 こんな時のオイカワは敏感でとてもセンシティブなのである。
 しかし、良型が入っている。
 このイワシサイズを釣りたい!
 近寄ると逃げてしまいます。
 ラインが頭の上を通るとさっと散ります。

 そんな中での一匹!
 格別なのです。

 ナチュラルドラフトという言葉があります。
 流れの通り、自然に流すことです。




DSCN7541.jpg

 素晴らしい、グラマラス!
 よく引きます。
 完全に盛期のオイカワになっているようで、あとは婚姻色に染まるのか否か?
 ラインが頭の上を通ると逃げる?
 水位が低く流れが弱く、風がないと水面は鏡のよう。
 しかも10時過ぎ日が高くなりラインのティペットの影がはっきり出ます。
 魚は群れで行動しています。
 一番厳しい状況ですね。
 どう釣るか?
 先に書いた通りナチュラルです。
 水面に関心がありライズがあればしめたものですが、ライズもなく群れで素早く移動している状態。
 これが難しいのです。


DSCN7547.jpg

 吉田橋で試したことを高橋で確認してみました。
 これが釣れました。
 
 ロッドCFF Rightstaff#1
 ライン#1DWFF
 リーダー#6 マキシマ
 ティペット0.6号(#6相当)1m
 フライ バリバス#21
     ブラウンをクルクル巻いたもの(ドライ)
 フロータントはFLUX

 魚が着いているところを歩きながら探します。
 群れで行動しているので偵察隊があるようです。
 ここをラインが通れば魚はすぐ散ってしまいます。
 
 今回の釣りは流れに直角に立ち位置を決めました。
 岸からできるだけ離れる、水面に姿を映さない。
 手前の葦の影からキャスト。
 向こう岸に近い澪筋を狙います。
 魚がいる所の上流にフライを落とす。
 少なくとも1mは上流にフライを落とすことが大事。
 キャストも難しいですね。
 ビシッと決まったナローループは必要ありません。
 魚は虫を食べるのです。
 鳥は天敵!
 フワッとキャスト!
 虫が落ちるようにフライをフワフワッと落とせたら最高です。

 そしてラインスラッグをあえて入れておくのです。
 メンディングも必要です。
 できるだけ長く不自然な動きをさせずに流すことが肝要です。
 言葉では簡単に書けますが、実際にキャストそしてフロートアンドクルーズ
 流れに乗ってドラッグがかからず魚の上を通貨した直後キラッと光り、魚が反転、波紋が広がる。
 竿を立て左手で素早くラインを引く!
 合わせが合えばぐぐーーとラインを持っていきます。
 痺れる瞬間です。
 ドライの醍醐味はここに集約されます。

 外れれば手ごたえはありません。
 この繰り返しなのです。

 しかも、不自然なドラッグがかかれば見向きもしません。

 こんな釣り、楽しくって楽しくって!
 これで、オイカワを狙って釣れれば渓流は大丈夫です。
 後はポイントをいかに見極めるか!
 こんな目的を持っての釣り、充実感がありますね。
 釣れれば嬉し、釣れなければ何故と考える。
 この繰り返し、総括を如何にしっかりしたかで、スキルに差が出てきます。

 こんな日が一番難しく一番勉強になる時なのです。

 しかし、夕方になって日が傾くと活発なライズが始まりパラダイスタイムが始まります。
 何をやっても釣れますよ。
 でも本当に面白いのは昼の釣りなんです。

 狙って釣ったという充実感が違いますからね。

 
 


DSCN7545.jpg

 水位が下がっていますね。
 朝一、5時過ぎからワンコを連れての散歩。
 全くライズなしでした。
 魚も見えなかった。

 9時から探ると良型が群れになってクルーズ。
 ライズも発生していました。

 明日あたりから雨模様を予報されていますから今週末はいい具合になりそうです。

 オイカワ、奥が深いです。




  1. 2014/04/28(月) 09:57:05|
  2. オイカワ釣り入門
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

忙中閑あり?? いやいや暇は作るもの!


 金曜日、夕方、やることはたくさんありました。
 久しぶりの福島!
 お掃除です。
 5時過ぎ!
 蟲が騒ぎました。

DSCN7414.jpg

 5時24分!
 一寸、6時まで時間ちょうだい。
 福島に来て、ヤマメが待っているのに、何もしないなんて!
 ありえません。
 ここまで10分!
 5時35分!
 この態勢になっていました。



DSCN7415.jpg

 トコトコっと歩いてこの場所。
 先の写真と比較すればよく分かりますね。石の向こう側!
 ここ絶対と思って流すと、ぱっくん!

 ここまでに2匹

 これで3匹!

 おお、5時45分
 撤収!

 6時、玄関にたどり着きました。

 こんな釣り久しぶり!
 目の前の小畔川より忙しい釣りでした。
 
 そして、この後、滝桜夜桜見物に出かけたのでした。

DSCN7447.jpg

 土曜日早朝!
 ここは鹿又川。
 昨年は禁漁。
 今年はC&R区間として復活!

 6時、気温3度、水温8度4分!
 虫は飛んでいません。
 うんともすんとも。

 やっとこの流れで出ましたが、ありゃあ?
 合わせが弱かったのか?
 ラインを少し緩ませたらオートリリース。

 なかなか良い型だったんですがね。
 そう、魚を見ないとでかいことになりますよ。
 一応、キューンと糸鳴りがしました。



DSCN7450.jpg

 やっと釣れたんですが、これではね。
 でも一匹は一匹!
 ボーズと一匹の差は雲泥の差!
 天国と地獄!
 8時!
 日が照って虫が飛び出しました!
 これからドライタイム!

 でも、後ろが切られています。
 これから常葉によって、その後は福島市。
 それから、川越に戻ります。

 また、引かれても引かれない後ろ髪を引かれながら、泣く泣く戻りました。

 福島にはたくさん魚がいるな!

 

DSCN7451.jpg

 右前の石裏から出てくれました。

 入渓点と言いながら軒先からなのですが、漁協の方から声をかけられました。
 今日は釣れるよ!
 ??
 この家の方。
 釣竿は川横の壁に棚がありそこに置いてありました。

 昨日は泣き尺が出たそうだよ。
 そろそろ田んぼの取水始まるから、その前が釣れるんだ。
 後は雨待ち!
 濁りが出ると最高!

 そうか?
 エサは確かにそうなんだけど、ここはC$R区間でエサもアリか?
 福島のC&Rはエサも良いようでした???

 ほんとかな?
  1. 2014/04/27(日) 14:13:16|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

福島は桜満開! 春!

 桜を追って金曜日から福島へ。

 満開の桜が迎えてくれました。

 何時もは画像の数も制限していますが、この記事に限り少し多めです。


DSCN7426.jpg

 この光の発散は何なんだろうか?
 偶然にもこんな写真が撮れた!
 桜の気が発散しているようであった!
 滝桜、三春町滝地区に咲く樹齢1200年とも言われる銘木であり、天然記念物に指定されている。
 パワースポットなのだろうか?
 ここに来るといつも胸が騒ぐ!
 



DSCN7423.jpg

 SMRさんから地元の新聞で報道されたと連絡があった。
 金曜日の晩、夕飯はどうしようかしらん?
 ワンコもいることだし、抜け出して釣りにってしまうし、外食は無理!
 それなら、お寿司を買って花見に行こう!
 そう提案して滝桜に向かったのです。
 ライトアップは全く期待していなかったのです。
 先週で終了したのだが今日は特別、NHKの実況中継があり、点灯したとか?

 妖艶という言葉がぴったりです。
 夜の桜は心を乱すのです。
 ただでさえ乱れているのにどうなってしまうんでしょうか?


 

DSCN7419.jpg

 後ろの丘には神社があります。
 ここの桜もきれい。
 ぼんぼりが良いですね。
 集会場、最高の場所です。


DSCN7454.jpg

 土曜日はこちらへ
 杉木立の間から薄っすらとピンクが
 道路からの眺め。


DSCN7459.jpg

 そばによると。
 滝根町にある弁天桜
 ここ好きなんです。

DSCN7417.jpg

 金曜日の晩、三春町内のライトアップ、名もなき桜」
 滝桜へ向かう途中。
 こんな桜が沢山あります。




DSCN7460.jpg
 
 大越町の桜



DSCN7465.jpg

 常磐町
 川の曲り目に咲く桜
 この下は良いポイントなり!
 桜ヤマメが期待できますが、散り始めると花びらでフライが見えなくなるので釣れないんです。



DSCN7466.jpg

 さりげない桜

DSCN7473.jpg

 ここからこんこんと泉水が湧いています。
 この奥はどうなっているのだろうか?
 湧いているのです。
 ここから強い気が湧いているパワースポット!
 桜パワー全開!


DSCN7471.jpg

 泉水の上にはこんな巨木が。



DSCN7469.jpg

 そう、知る人ぞ知る!
 知らない方は全く分からない!
 常磐町にある鎧桜!!
 この桜は種類が違うのかピンクがとても強いのです。
 おすすめの桜です。


DSCN7494.jpg

  町の中は桜だらけ。

DSCN7501.jpg

 青空に映える桜
 桜吹雪でしたが画像には残らないんですね。
 ここで桜の花びらがお昼のお弁当にハラハラ。
 炊き込みご飯が桜弁当に。
 風流ですね。
 最高の贅沢と思います。


DSCN7504.jpg

 岩代町
 町の中は桜でむんむん
 どこの家にも桜がありました。




DSCN7505.jpg

 道の駅からお寺の桜


DSCN7509.jpg

 二本松市
 地蔵桜



DSCN7513.jpg

 有名な合戦場の桜

 この辺にしておきましょう。
 この後、福島市へ

 桃、梨、林檎の花が咲いているだろうとフラワーロード経由のお墓参り!

 梨、桃は満開、林檎は咲はじめ!

 花を満喫した福島でした。

 まだまだ続くのですが、書くのが疲れたのでこの辺で終わりにします。

  1. 2014/04/27(日) 08:03:33|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

見取り稽古!


 今朝は5時起きと書いたが家を出たのは9時過ぎ。
 メンチを食べたらすることもなく、そうだ橋立堂経由青雲寺を回って帰ることに

 だったら途中のここでしょう!


DSCN7406.jpg

 荒川支流、浦山川、その支流が橋立川でここに秩父27番?札所の橋立堂がある。
 ここをお参りしてから浦山川のC&R区間を覗いてみた。
 3000円だそうで完全予約制です。
 漁協の方がパンフレットを下さいました。
 上から見せてもらいました。
 あれま!
 魚がうじゃうじゃ入っている。
 入れ食いでしょ!
 あのレーンを流して次はここ!
 ううーーん、立ち位置はこう行ってこんな具合か。
 なんて、考えながら見ていました。
 ちょっとした流れの変化のあるところ、澪筋、溜まり、肩に着いているのです。
 上から見えます。
 しかも、でかい!

 奥がいなければ、一式積んでいますからね。 
 腰が動きそうになりましたが、我慢我慢。

 人の釣りを見ていると自分の釣りの仕方が映されたり、違ったり!
 勉強になりますね。

 この画像から思うところが沢山あります。

 管理釣り場の釣りと自然渓流の釣り釣り方は一緒です。
 魚が多いか少ないかの違いだけと思うのですが。

 



DSCN7398.jpg

 前後しますが、橋立堂でいただいたアイスクリーム!
 カシスとミルク
 サクラ
 これも美味しかったですよ。
 ご主人がわんこ用にお水を出してくださいました。
 これもちょっとした気遣いですね。





DSCN7410.jpg

 しだれ桜は終わりました。
 今は八重が盛りです。
 シーズンオフの観光地も良いんです。

 




DSCN7370.jpg

 小畔川、減水。
 夕方、様子を見に行ってきました。
 吉田橋下のプールでドライ!
 10分程度の様子見でしたが3匹釣れました。
 でも、少ない。
 雨が降らねば!

 今日は福島へ向かうので滝桜、弁天桜を愛でて来よう!
 鎌田川のC&R復活エリアも気になる。

 どうにか時間を作って行きたい。
 いくらでも時間はあるが僕の希望通りにはいかないのであります。
 諸々の事情を解決しながら時間を作って行く!

 いつも川に消えるのでひんしゅくを買っています。
 そんなこと気にもせず、行かなくっちゃと行く前から妄想に浸ってこの記事を書いています。

 
 
 
  1. 2014/04/25(金) 05:14:35|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

安田屋のメンチ


 いつも通りに5時起床!
 なんとなく秩父へ行ってみることにした。
 期間限定で預かっているはなちゃんと奥を連れてお昼ご飯は秩父とふらっと出かけてみた。

DSCN7395.jpg

 ぴったんこカンカンというTV番組でこの店を取り上げていた。
 安住さんとまいうーさんとゲストさんが街の食べ物屋さんを巡るコーナーがあるあの番組である。
 ここのメンチカツを食べるのに手順があることをお店の方から教えていただいた。
 1.お向かいのベーグル屋さんでプレーンを買う。
   この時、安田屋さんのメンチを挟むことを告げる。
   すると、ベーグルに切れ目を入れて、ハンバーガーなどを注文すると入れてくれる紙袋に入れてくれる。
 2.このベーグルをもって安田屋さんでメンチカツ下さいと注文する。
   すると、おばさんがパンを開いてと支持する???
   パンを開けって何でっか???
   だって、私がパンを触ったらダメでしょう。
   御客の好みでベーグルに挟むわけだからパンを開いて!
   そうしたら、私がメンチをそこにのせるからね。
   そうなんだ??
   お好みでこのソースを勝手にかけて食べてね!

 というわけでこのベーグルメンチ??が完成なのです。
 美味しい!

 11時半からメンチを売り出します。
 お向かいのベーグル屋さんはメンチの売り出し時間に合わせて開店でした。

 メンチカツ 100円
 ベーグル(プレーン)130円
 ソース ただ

 これは費用対効果を考えると最近の一番だね。

 



DSCN7381.jpg

 このお店があるのは秩父神社の門前町、番町。
 レトロですよ。
 左手のお菓子屋さんではイチゴ大福3種類ゲット!

DSCN7386.jpg

 ぱりー
 何のお店かって?
 判ります?

 答えは暖簾にあります。
 しかもその方向は右から左に書かれています。

 有形文化財という建物であります。
 背筋をピンと伸ばして食事をしなければね。



DSCN7379.jpg

 秩父神社では交通安全ステッカーをいただきました。
 フクロウ?
 後ろのマークは北斗七星?
 何を懸けているんだろう?

 後ろの窓に貼りました。
 
 後で気が付いたのですが、面白い写真になりました。
 窓に神社の建物と私が写っていました。
 これは全くの偶然なのでした。
 構図、効果の意識なし!
 こうなっていました。



 
  1. 2014/04/25(金) 04:40:25|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩ラーメン納豆って??

 



 塩ラーメン味たれ
 にんにく!黒胡椒!焙煎ゴマの三重奏!

 納豆の話なんですが、何を想像します?
 


DSCN7342.jpg

 その前に、最近はまっているアイスクリームを買ってドライアイスをたくさん入れてきましたので、こんなことを。
 シンクの底が見えません。
 カップにドライアイスを入れて熱湯を注ぐとこの通り!



DSCN7346.jpg

 だから何だって言うんですか?


DSCN7352.jpg

 本題です。
 伊丹で納豆ネタを一度書いたのですが、続編を希望とコメントが入っていました。
 いろいろありまして、どれにしようか悩んでいたところこれが棚に並んでいました。

 一日2箱は食べていますからかなりの種類を食べました。
 豆の美味さが一番なんですが、今回はウケ狙いでしょうか?
 信じられません。
 ここまで来ていました。


DSCN7353.jpg

 にんにく!黒胡椒!焙煎ゴマの三重奏!
 これってどんな味??
 ラーメンの味か?
 塩ラーメン味ってなってますからね。

DSCN7354.jpg

 小粒な豆にこのタレとゴマでっす!
 少し粘り気の強いタレでした。


DSCN7355.jpg

 混ぜること30回!
 この回数は薀蓄があるのであります。
 かの北大路魯山人が納豆は30回混ぜたものが極上の味となりと言ったとか言わなかったとか。
 僕は40回ぐらいが美味しいような気がしていますが、毎回同じ回数を混ぜないと同じ条件で美味しさを確認できません。
 


DSCN7356.jpg

 豆の味は今回は評価外で純然たる塩ラーメンなのかタレの味の感想!
 微妙でした。
 塩ラーメンとは何ぞやカラ入らないといけません。

 ぜんやの塩ラーメンなのか? 
 マルちゃん正麺を基準とするのか?
 はたまた明星か?

 普通の納豆の味のような気がしたのは僕だけ?
 味覚音痴なのかな?
 美味しく食べちゃいました。



  1. 2014/04/23(水) 04:21:49|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昼の小畔川、ねずみおやじさんとボーイスカウトさんとオイカワ釣り!

 日曜日10時
 飛び石の橋前の広場でネズミ親父さんと待ち合わせ。
 オイカワを釣ろう!

 ここから下流に向かうとボーイスカウトさんもやってきてまったりとオイカワ遊びのスタートです。

DSCN7324.jpg

 今日のオイカワはこのサイズ。
 しかし、何処に居るのか?
 ライズを探しながらの釣りです。
 まるで渓流のようでした。

DSCN7325.jpg

 釣れたのは吉田橋下野プール!
 最初にねずみおやじさん、ドライでオイカワ釣りました。
 管理釣り場でのFF経験のみとのことで#1ロッドでのキャストに戸惑い気味でしたがなんのその!
 キャストも様になってます。
 遂にドライでオイカワです。
 軽くドライでオイカワと言いますが、実はかなり難しいのであります。
 ドンピシャのあわせが要求されますし、食ってる時間の短いこと。
 だいたいがフライを離した後に合わせている感じ。
 これが、慣れてくるとドンピシャになってきます。
 ねずみおやじさんもコツをつかんだようです。
 それにしてもよく釣りましたね。

 次にボーイスカウトさん
 #3ロッドを自転車に積んで颯爽と登場!
 キャスト上手!
 全く心配ありません。
 ただ一つ、フライでオイカワはまだ釣ったことがないとのこと!
 大丈夫ですよ。
 キャストができれば怖いものなしなのです。

 少し立ち位置を、流し方のコツを話したらあっという間に釣りました。

 これからが楽しみです。
 将来はリバーキーパーを目指してもらいましょう。

 


DSCN7328.jpg

 向うにライズが確認できます。
 ここを釣ってもらいました。

 今日も珍しい方と会いました。
 taizouさんが小畔チェックに。
 昨日の柳瀬川に続き今日もゲッチさんと会いました。
 ゲッチさん情報によると
 入間川ではイワシサイズがバシャバシャ跳ねているとのこと。
 ということは、もう少しすると及川も遡上か?
 一瀬一雨!
 降って欲しいですね。



 

 
  1. 2014/04/21(月) 10:41:50|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

TNK  田中じゃなくてティー、エヌ、ケーです。

 
 
 19日土曜日はTNKに初参加!
 柳瀬川水系でオイカワを楽しむ仲間の集まりです。
 曰く、釣って飲んで食らう!
 今回第6回位目で、参加させていただきました。


 細部はブログリンクの記事に重要事項が記されています。

DSCN7319.jpg


 まだ伊丹に居る時にお誘いを受けていました。
 手帳には赤丸二重印!
 どんな予定にも勝る重要事項!
 この日は完璧に開けておきました。

 11時新座駅集合!
 と言いつつ、10時半には勝手に到着してお弁当を調達、いつでもお迎えに来てモード!
 カチーフさんが駅で待っていてくれました。
 10時45分にはナシオさん提供の柳瀬クルーザーに搭乗。
 柳瀬川に向かいました。
 車内にはmihiroさんも待っていてくれました。

 Tの部11時過ぎ開始!
 ??
 釣れませんぜ??
 こんなはずは!
 オイカワどこ行った?
 柳瀬川河原の彷徨!

 そうだ
 TOMさんが柳瀬川の状況を教えてくれたんだっけ。
 釣れませんぜ!
 丸太はいっぱいいるんだけどね。
 
 納得!
 食事

 午後の部開始!
 さらに上流へ!
 彷徨は続く!
 jickyさん合流!
 4時には終了!
 さて肝心の釣果は?
 つれましたぜ!
 カチーフさん4匹
 ミヒロさん3匹
 jickyさん3匹
 ナシオさん2匹
 jetopapa0匹
 合計12匹
 のべ釣り時間14時間

 流石ですね。
 こんな厳しい状況でも柳瀬フリークは確実に釣っていました。
 僕はボーズを食らってしまいましたよ。
 このあたりが腕の差なんでしょう!
 
 移動して中華屋さん。
 N,Kの部スタート

 farwaterさんとco-dropさんは既にご到着!
 首が2倍ぐらいに伸びていました。
 そして、wind knotさんが">wind knotさんが自転車で到着。
 Green Cherokeeさんはなんと韓国からここへ直行してくれました。
 そしてしげさん到着!

 総勢10名でNK部開始でした。
 10時過ぎお開き!
 何時間だ?
 5時前にはいいや4時過ぎには始まって。
 ??5時間半狂!
 そう、5時間半強ではなくて5時間半狂、しゃべるシャベル止まらない!
 釣りに始まり、何で終わったんだっけみたいな不思議なオカルトまで!
 ミヒロ君がいたけどそれはそれとして大人のお話。
 ここで大人のレベルがばれちゃいましたが。

 実に楽しく止まらないTNKでした。

 今回の下準備から一切の手配を全うされたカチーフさんありがとうございました。

 ところで、farwaterさんのおっしゃたのはKMA(小畔水辺を愛する)でしたっけ?
 完璧酔っ払ってしまい、今朝思い出しながらKMA??、MADA??
 ちょい、記事を書きながら頭が混乱してしまいました。

  1. 2014/04/21(月) 07:24:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

気分を変えて

 

 17日も暑かった。
 まるで初夏の陽気。
 つれない?釣れないヤマメを見たくて水系を替えてみました。

DSCN7305.jpg

 少し急な流れです。
 足跡がありました。
 ついさっき通ったんでしょう。
 うんともすんとも。
 撤収!
 

DSCN7306.jpg

 こちらへ。
 川に降りるとおじさんが蓬取り。
 草餅にするとか。
 目の前ではポンプで取水中。
 ここから下はかき混ぜたから、釣れないよ。
 上をやってみたら。 
 アドバイスを受けました。
 


DSCN7307.jpg

 久しぶりに会ったような。
 ドライに出てくれました。 

DSCN7309.jpg

 この流れ
 どこから出てくれるかは皆さんご存知ですね。 

DSCN7310.jpg

 帰りは大谷川をチェック
 オイカワでも釣れtらいいかなと思い行ってみると。
 からし菜真っ盛り!
 これはアブラナではありません。
 からし菜。
 花が咲くと旬を過ぎますがまだ蕾の状態のものもありました。

 そうだ、しげさんにお土産!
 コメントに辛くならないと入っていましたからね。

 釣りは止めてからし菜摘みに変更!

 今日は夕方定例の飲み会、ここにも持っていこう。

 明日は柳瀬川に持っていこう。

 何人の鼻が曲がるか楽しみだなー!




  1. 2014/04/18(金) 13:43:08|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ