FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

安物買いの銭失い! じゃなくって尺失い!!


そろそろ、フライを巻かなくてはと思いたちデッドストックの鈎を出してみました。
 5年前に買ったもので、100本単位でいくらかの金額以上になると送料無料の通信販売。
 当然送料無料以上の金額の鈎数を注文です。
 その鈎を使って今朝はタイイングと張り切ったのですが。


DSCN8181.jpg

 僕のタイイングデスクです。
 使い古したまな板なのです。
 この上にバイスを載せてどこにでも移動可能、今のテーブルの上だったり隣の部屋に行ったりフットワークの軽いタイイングをしています。
 本題はこれではなくってまな板に乗った鈎なのであります。
 #14です。
 在庫の約半分50本強があります。
 何の気なしにバイスに挟んでスレッドを巻いたと思ったら、グニャッと曲がりました。
 あれれ??????
 どうなっちゃってんの?

 
 

DSCN8182.jpg
 
 一番右が全く焼きが入っていないか違った材質のもの。
 鉛ですか?
 針先を注意深く見ると曲がっていると思います。
 確認のため、ペンチで軽く押さえて金属に押し付けたらこのとおり。
 鈎の曲りは指で曲げました。
 焼きが全く入っていないので曲がります。
 針金よりもやわらかいのです。
 どんな金属なのだろうと不思議?
 これはタイイングをすれば最初ののスレッド下巻で判るので絶対に使いません。
 今回、最初の一本がこれだったので暇に任せて鈎を検査してみました。

 まともな鈎を一本。
 残りの7本は粗悪品以下!!!
 粗悪品以下というのは材質も製法も違ったもので鈎ではないと思われるから。



DSCN8183.jpg

 このあたりもスレッドを少しきつく巻くと判るはずですが、そんなことはないと疑わないと判らないかも。
 曲がって復元しないのです。
 焼きが入っているのですがきわめて甘く虫ピン以下です。

 13本!



DSCN8184.jpg

 このクラスの品質が悩ましいところです。
 強度がありそうで、あるところを超えると鈎が折れてしまう。
 かといって大した力ではない。
 当然スレッドの強度で鈎を曲げることができるのですが、ここに選んだものは他メーカーのものよりも極端に弱い力で曲がるのです。
 そして、限界を超えると一発で折れました。
 折れてふっとんで、どこかに行ってしまいましたのが何本か。
 危ないので途中で折るのは止めました。
 回収できたものを横に。

 25本。
 この鈎が一番困る。
 デカいのがかかったら折れる。
 



DSCN8185.jpg

 信頼性のある鈎。
 7本+1本 8本

 53本の鈎で信頼性があると思われるものが8本
 残りが47本でもうチェックはしません。
 100本。
 使えるのは15,6本でしょうか。
 一割強はすぐ判り、7割は見た目OK、使ってポッキン??
 こうやってみると高い鈎です。
 高過ぎ!

 やっと釣った尺者!
 嗚呼ーーばれた!
 鈎を曲げるほどの大物!!
 いやー、鈎を折られたよ!!

 実は品質管理が問題だったかも。

 尺失い!
 
 この結果を見ると絶対に使えない鈎。
 捨てます。
 
 僕の買った鈎のロッド管理が悪かったのかなー?
 それともこの程度の品質管理しかできない会社なのかなー?

 安物買いの尺失い!

 おそまつでした。
  1. 2014/07/01(火) 10:50:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
前のページ