小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

川越祭り

 

DSCN9327.jpg

 川越祭り
 お祭りが大好きです。

DSCN9335.jpg

 宵が始まるころからの 曳っかわせ
 お囃子で勝負!

 このピーヒャララ、ットトントントンこれが堪りません。
 僕はお囃子の笛を習いたいのです。
 粋ですね!

 お祭りの写真や記事は皆様が書かれるのでここまでです。


 もっと楽しいのは屋台
 並んでいます。
 


DSCN9223.jpg

 ワクワクしながら駅を出ました。
 ここで、パンフレットを頂きいざ出陣。
 川越市駅から本川越駅、札の辻、市役所経由で氷川神社。
 参拝後は蓮馨寺です。
 ここのお化け屋敷。
 一度はね。
 そしてまた川越市へ戻り帰ってきました。

DSCN9224.jpg DSCN9225.jpg DSCN9226.jpg DSCN9227.jpgDSCN9234.jpg DSCN9235.jpg DSCN9236.jpg DSCN9237.jpg DSCN9238.jpgDSCN9239.jpg DSCN9240.jpg DSCN9241.jpg DSCN9242.jpg DSCN9243.jpg DSCN9244.jpg DSCN9245.jpg DSCN9249.jpgDSCN9250.jpg DSCN9251.jpg

 屋台

DSCN9267.jpg DSCN9268.jpg DSCN9271.jpg
DSCN9270.jpg
DSCN9276_20141019215705f32.jpg


 蓮馨寺境内は子供の社交場
 お化け屋敷で大騒ぎ
 ああーー恐っそろしー!
 何て騒ぎながら今度は射的
 財布の中からお金を出して300円か 何て言いながらニコニコ
 大人になった気分です。

 

スポンサーサイト
  1. 2014/10/19(日) 16:10:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

台風前の小畔川  活性抜群!

 先週の日曜日から月曜日にかけて浜松付近に上陸した後関東平野南部を通過していった台風18号、小畔川周辺では185㎜の雨を降らせ、水位も326㎝まで上昇した。
 最高水位を観測した後、降り方等を考えて週末が最高のコンデッションになるだろうと先に書いた。
 その週末、土曜日にはナシオさんと、日曜日にはsmallstreamさん、夕にはにんにんさんと釣りができた。
 水位は122㎝から121cmに落ち着きオイカワの活性は抜群、堪能した。
 先週の土曜日はOMA、水位は105cmと減水気味だったが活性は高く良い釣りができた。
 今回は水位が15㎝高く、普段でも活性が高く良い釣りができる条件がそろっていた。
 今、九州に次のスーパー台風19号が上陸し、夜半から未明にかけて列島を縦断し、川越を直撃するコースを予報されている。
 明日未明3時ごろ通過していく予定である。
 先週の釣りと状況が良く似ている。
 水位の違いはあるが、24時間後には水位が急激に上昇し、流されるのをこらえるのが精いっぱいとてもエサを獲れる状況ではないことが予知能力として感じることができるのだろうか?
 そんなことを考えながらの釣りだった。

 時系列的には前後するところがあるが思いつくまま土日の出来事を書いてみようと思う。

DSCN9205.jpg

 12日、日曜日午前11時、飛び石の手前に渡ることができるようになってきたが左岸は上まで水をかぶっている。
 八幡橋水位観測所では121㎝を示していた。
 115㎝ぐらいまで下がる間は夏場、昼間でも高活性でドライにも好反応である。
 秋も深まった今、朝夕の釣りから昼の釣りに移りつつあるが、このぐらいの水位は高活性となる。


 


DSCN9170.jpg

 土日の課題はこの鈎のチェックである。
 Gamakatsu B-11B #18
 今まではこの鈎を含めてTMC 206BL、 103BL、 VARIVAS 2120WB, 2200BL-B , Gamakats R-13VH BM等の#20~#21を使用していた。
 小さな個体まで合わせると釣れてしまうので、#18の鈎で週末は通しで釣ることにした。
 釣果にどの程度影響するのか?
 魚の大きさはどうなるか?
 バイトに対するフッキング率、バレ率。
 ドライとウェットでの使い勝手。
 幸いにして小畔3号はドライ、ウェットどちらでも使えるので比較してみた。
 


DSCN9171.jpg

 11日土曜日午前。
 金堀橋から下流には鴨が飛来し始めプールではわがもの顔に泳いでいる。
 5mぐらいに近寄ると さすがに飛んで行く。
 階段下の瀬にこんなものが落ちていた。
 おそらく鴨の羽だと思うが、真ん中に輝くブルーが入ってとても綺麗。
 
 ドライへの反応が悪い。
 どうしたことか?
 何度か打ち込むとライズリング。
 反応してくれたがフッキングが難しい。
 どうしてかわからない。


DSCN9181.jpg

 午後3時過ぎ、ナシオさんがやってきました。
 バスバスター!
 先週のバス入れ食いに触発されて今回はバイオワーム系のバイオイソメ。
 吉田橋下のプールでオイカワから始まり。
 瀬頭で、入れ食い!
 しかし、型が小さいとか。
 もう腹いっぱいとオイカワを終了!
 イソメでシンカーを入れた仕掛けでバス。
 反応がない。
 フライをシュリンプに替えて直ぐ!
 ガッツーン!
 ギュイーーーん!
 走って堰の下に潜り込む!
 リールが外れラインが緩む!
 残念!
 鈎が外れてしまった。
 デカっかった!
 残念である。
 
 私は、延竿でバイオイソメだけで勝負。
 全く食いません。
 やはり、ミミズにはかなわない。

 暗くなるまでポイントを探りながら釣り下がって階段まで。
 お疲れ様でした。ナシオさん次回はミミズです。

 

DSCN9184.jpg

 12日日曜日11時。
 smallstreamさんから小畔に来たよと連絡が入る。
 今日も#18をチェック。
 バスを釣りに来たが見えないという。
 そう、台風後の大雨で水位が上がってから見ていない。
 どこに行ってしまったのか?
 昨日はシュリンプで食ったが、姿を見る前にブレーク!
 大きかったんだが。

 オイカワに変更して釣り開始。
 バスポイント、オイカワポイントを紹介しながら樋管から階段下の瀬まで案内。
 樋管下の瀬頭
 ここは良い
 良型連発。
 オオーー、ソコ、クッソー、ヤッター!
 デタ、フムフム、ニヤリ!
 大の大人が二人でこんな会話。

 オイカワは奥が深い!



 




DSCN9193.jpg

 昼食後、左岸に渡って同じところから釣り開始。
 昨日から同じフライを使って変化を確認。
 少し慣れたのか、フッキング率が上がってきた。
 ドライでは12cm以上の大型は50%近い確立まで上がってきた。
 残念ながら10cm以下は20%を切っている。
 
 この画像は一番の大物17cm
 居るんですね、
 バスがかかったと思ったらオイカワでした。
 イワシサイズ。

 ここから飛び石へ。
 そして、釣り下がってくると癒しの瀬でにんにんさんがウェット!
 5時前、薄暗くなって来たのかドライに好反応。
 〆はウェットで。
 
 あまり変わらなかったというのが結論!
 この程度の大きさでは10㎝程度のオイカワを釣る場合、大きな差は出ないようだった。
 しかし、5㎝クラスでは差が大きい。

 釣りの話と鈎の話が一緒になってしまい本題から離れてしまった。

 後日、鈎について詳しく書いてみたい。

 外は霧雨が降りだした。
 遠い台風の影響のようだ。
 今夜からが本番。
 ベランダ周りをかたずけなければ。

 皆様も、お気を付け下さい。
 備えあれば患いなし、
 やるべきことを全てやり、それで空振りならば笑って済ませることができるが、何もせず被害が出た時は、自己責任。

  1. 2014/10/12(日) 21:25:59|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

皆既月食


 にんにんさんと5時まで釣って急いで帰ってきました。
 月食を見たかったのです。
 皆既月食、銅色に変わる月を見たかったのです。
 
 ベランダで観月会。


DSCN9134.jpg

 今夜は僕一人なのでゆっくり観月。
 ベランダに椅子を出して、クーラー室外機をテーブル代わりに。
 朝ドラの竹鶴ウィスキーを飲みながら、月の変化をゆっくり楽しむ算段です。
 ちなみにおつまみは暗くてわからないでしょうが、ホウレン草の胡麻和え、ポテトサラダ、大根とサケのあわせ炊き、白菜と油揚げの煮物。
 チビリチビリやりながら、双眼鏡で月面を観察。
 上を見ています。
 決して下の窓は見ていません。
 時々写真を撮って。
 また、チビリチビリ。
 至極の時とはこんな時?

 自分だけの世界で楽しみました。


DSCN9147.jpg

 街の明かり、夜景がとってもきれいです。
 遠くにはスカイツリーが見えます。
 クルクルクルクル展望台あたりで光が回転しているのがわかります。
 双眼鏡の威力!
 昼間は気がつかない景色です。
 ウイスキーをなめながら、ゆったりです。
  
 月が昇って少しづつ、地球の影に入って欠けてきました。


DSCN9151.jpg

 ゴワーン! 


DSCN9164 - コピー

 念願の皆既月食を観察できました。

 少し冷えてきたので部屋に入りました。

 違います。
 気が短いのか、ゆっくりした天体の変化を我慢強く待つことが苦痛になってきたのであります。
 途中で、お酒も大分回ってつまみも食べてしまい、お代わりを作るのに台所まで行くのが面倒くさい。
 結局何時ものテーブルで、過ごしました。
 それでも、大本命を見ることができて満足の時でした。

 カメラの性能がね。
 イメージ通りに行きません。
 こんな時の撮影は、一眼レフが必要です。
 解像度、ピント、ISO、絞り、シャッタースピードどれをとってもマニュアルには勝てませんね。




 
  1. 2014/10/09(木) 09:15:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

台風一過、水位も下がり試し釣り!

 10月5,6日には台風18号の影響で小畔川周辺には185mmの降水があり、最高水位は6日11時ごろ321cmを記録しました。
 あれから3日、今日はどんな状況か確認に出かけました。


DSCN9111_20141009063718663.jpg

 午前10時、水位は135㎝です。
 高いですね。


DSCN9103.jpg

 吉田橋の飛び石はこんな感じでした。


DSCN9092.jpg

 八幡橋水位観測所、やはり少し水位が高いです。


DSCN9085.jpg

 金堀橋下のプール、夕方は雨のようなライズが出るところです。
 よく見るとどこまで水が上がったかわかります。
 


DSCN9115.jpg

 鉄橋上の瀬では久しぶりに韋駄天?
 だいぶ婚姻色も薄れ、追星は消えていました。
 しかし、鰭が発達しているので釣り味は抜群でした。
 ここの瀬でかなり釣れました。
 ただし、ドライへの反応はほとんどなく、ウェットで釣ってみました。
 水流が多く流れが太いときの注意事項は如何にフライを沈めるかですね。
 ターンに入る所までに自分がイメージした深度にフライを送りこむ。
 後は勝手に魚が居るところをフライが通過するので思わずパックン!
 そんなイメージで流せた時は食ってきました。



DSCN9108.jpg

 こちらは高橋のプール。
 たまにライズは出ましたが、ドライは厳しい。
 ここもウェットで攻めてみました。
 イメージが大事ですね。
 吉田橋のほうが釣れました。

 


DSCN9123.jpg

 午後はにんにんさんとご一緒に。
 実は、釣れすぎなんてとんでもない書き込みをされて、今日は2時過ぎから釣りますなんて言われたら、行かないわけにはいきません。
 ということは行くということ!
 金堀橋までお迎えに来てましたよ。
 4時前から5時まで
 あーでもない、こーでもない、釣れる、釣れないと話ながら上流へ釣りあがりました。
 渋いのです。
 昼前の釣りではそれなりに釣れていましたが、日が傾いてからはいい加減な攻め方では出てくれません。
 しっかりとイメージしたラインを流した時だけ、それも毎回ではなくたまに出るだけでした。

 今夜は皆既月食
 前から楽しみにしていたので、後ろ髪引かれる思いでお別れしました。


DSCN9124.jpg

 帰り道、何時ものエサ釣りのグループ
 釣れてるか??
 いまいちだそうで。


DSCN9071.jpg

 これは10月5日午前11時、最高水位の時の金堀橋です。
  続きを読む
  1. 2014/10/09(木) 07:07:38|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小畔OFF会  OMA!

 小畔川OMA??

 例年小畔川オイカワフリークの皆様と小畔オフ会と称して忘年会を開いていましたが、今回はTNKの皆様と小畔OMAという集まりを10月4日午後1時から開きました。
 OMA何とも不思議な響き!

 windknotさん

 工房渡辺さん

 かっしーさん

 numassanさん

 カチーフさん 

 ナシオさん

 Green Cherokeeさん

 ダブルさん

 Gran Lussoさん

 mihiroさん

 そして晩さん会には

 しげさんが合流

 2次会にはプラントFさんがやってきて最終的には13名も集まりとっても盛大な会になりました。
 
 
 



DSCN9055.jpg

 今回のOMA!
 気合が入っている方ばっかりで、プリOMAを開いたり、当日待ちきれず10時には釣りを始めたり、意気込みがグイグイ感じられました。
 身を清めてお掃除をしてそれからOMAと当日の計画を立てていましたが、10時には吉田橋到着と連絡が入りました。
 お風呂をシャワーに変更してお掃除は適当に僕も行っちゃいました。
 windknotさんでしたよ。
 おひとりでしたから、下流の爆釣ポイントにご案内。
 いやー!!
 釣る、釣る、釣る、釣る!
 入れ食い!
 しかも良型!
 水位が低いので心配しましたが、オイカワさんは元気一杯でした。

 12時、霞ヶ関駅で電車釣行の皆様と待ち合わせとのことで、11時半まで堪能していただきました。

 お昼ご飯を食べながらPCを開くと台湾の張さんからチャットが入っていました。
 本日の小畔OMAの情報が入っていたらしく、少しお話をさせていただきました。
 オイカワFFもインターナショナルになったものです。




DSCN9056.jpg

 1時、金堀橋で駅から歩いて来られた、カチーフさん、かっしーさん、numassanさん、渡辺さんとご挨拶。
 windknotさんの引率で金堀橋から上流に向かっていただきました。

 車組!
 飲まないナシオさんが運転手でやってきました。
 GCさん、GLさん、ダブルさん、mihiroさん ようこそいらっしゃいました。
 でも、プリを経験しているので、初めての小畔川はダブルさんとmihiroさん。
 こちらはタックルをセットしていただき、金堀橋下流を案内です。



DSCN9057.jpg

 午前中、windknotさんがウハウハ言っていたポイントにダブルさんに入ってもらいました。
 難しアップのドライ!
 ピョンピョン出ます。
 遠くから見ても良い型と判るオイカワを順調に掛ていました。

DSCN9061.jpg

 八幡橋水位観測所です。
 本日の水位は106cm。
 低すぎです。
 いつも書きますが115~120㎝ぐらいの時が一番活性が高いと思っています。
 白い枠のところで計測しています。
 ここから15㎝ぐらい高いと良いんですよ。
 ナシオさんにはこちらで釣っていただきました。
 この下流はウェットで来るんです。
 少し、手こずりましたが確実に釣っていました。




DSCN9062.jpg

 感謝、感謝です。
 G.C.さんはバスバスターに徹してくださいました。
 ここいら辺りで釣り方の練習をして、吉田橋では爆釣になりました。


DSCN9066.jpg

 吉田橋のプールです。
 分散して十分に釣ってもらった後は、こちらで渡辺さんが作ったバンブーロッドの試し振り、試し釣り。
 mihiroさんは手前で華麗なキャスト、その向こうでは渡辺さんがロッドの講釈、それにダブルさんは聞き入ってました。



DSCN9069.jpg

 金堀橋下のプールではカチーフさんとかっしーさんがドライでライズを捕るぞーと真剣にキャスト!
 ここはオイカワもカワムツも出ます。
 夕方、こっそりと釣るには最高のポイントなのです。




20141004_10.jpg

 ここからの画像はGreen Cherokeeさんが提供されたものです。

 バスバスターの続きです。
 このクラスのスモールが入れ食いでした。
 吉田橋にかかる飛び石の左岸すぐ下の葦の横!
 居るんですよ。
 その上の癒しの瀬もたくさん入っています。
 


20141004_12.jpg

 mihiroさんが釣ったスモールをナシオさんが記念撮影をしてそれをGreen Cherokeeさんが撮影!
 実にややこしいのですが楽しみながら釣っています。
 mihiroさんのミミズフックスモールニンフフィッシング!
 絶妙のテクニックでスモールを釣って行く。
 このペースで毎日釣っていただくと駆除もはかどります。
 このテクニック、僕にも伝授してくださいね。



20141004_22.jpg

 近所の子供も大喜び!
 バスを初めてみたようです。
 numassanさんが楽しそうに撮ってます。
 こうやって、将来の釣り人に魚の種類,習性を遊びながら伝える、撒き餌を沢山撒きまして獣編予備軍を養殖する。
 釣り人の鏡です。

  放すは一時、駆除は永遠!

 この意味をやんわりと浸み込むように、お話をしてくださったようです。
 
 こうやって駆除に協力してくださると嬉しくってねー!
 
 


20141004_23.jpg

 ここからが凄いところですよ。
 G.Cさんは釣ったバスを〆て、塩コショウ?
 自宅にお持ち帰りです。

 皆様ご存知ですか?
 バスはスズキの仲間なんですよ!
 白身で上品なお味。
 料理次第では。



20141004_30.jpg

 こんな料理に変身です。
 スモールのムニエル、小畔川風
 三枚おろしのバター風味

 Green Cherokeeさんは凄いな。
 こんなに美味しいお料理を作ってしまいました。

 皆様も挑戦されては如何でしょうか?

DSCN9070.jpg

 5時 かすみ食堂
 いつも釣り仲間とここで楽しんでいます。
 夜の営業は5時から9時まで、その時間を通しで座敷を占有です。
 5分前、暖簾がかけられるのと同時に店内へ、おおーー!
 しげさんが既に座敷に鎮座しておりました。
 嬉しいですね。
 今日のお料理は大好きなおばあちゃんと相談しながら先に注文、徒歩でこちらに向かった5人としげさん、挨拶もそこそこに乾杯です。
 プッハー!
 美味い!
 これで口も滑らか!
 そうこうしているうちに後発組が到着、更にビールが運ばれ全員で乾杯!
 晩餐会の開始です。
 大きな声で喋りまくった方が一番ですから、そうならないように予防薬を!
 山椒ですよ。
 福島の庭になった山椒です。
 食事の前に一粒、口の中で噛みつぶすと痺れます。
 この痺れが心地よい。
 舌も敏感になりお料理も美味しくなるのです。
 そして、ついでに唇も痺れさせてお話の音量を下げる!
 これって、内緒の作戦でしたが、ダブルさんに軽く見破られていました。

 話が尽きない。
 タブーの話と言いながら、何でもかんでもいい放題。
 こんな会合が最高。
 同じ楽しみを持つ仲間の特権でしょう。

 9時、二次会へ。
 プラントFさんが合流。
 10時電車が気になりお開き!

 話がここでも尽きない。
 後ろ髪引かれる思いで解散としました。

 楽しかったなー!
 日曜の朝に記事をアップしようと思いましたが、張り切りすぎたのでしょう、膝もいたくなりウツラウツラ。
 ぐったり過ごしまして、今日のアップとなりました。
 ご参加くださった皆様ありがとうございました。

 そして、ご近所にお住いのkingfisherさんが4時ごろいらっしゃいまして、何人かとお話をされました。
 taizouさんは金堀橋から下を釣って魚の着き場情報を下さいました。
 陰で、お世話になりました。

 今日は台風18号が上陸し、今まさに川越周辺を通過しようとしています。
 水位も上がりまして10時30分現在、雨量も200㎜を超え水位は321㎝まで上昇しています。
 2m以上の増水です。

 次の土日は最高のコンディションです。
 これって雨男さんに感謝することなんでしょうか?

  1. 2014/10/06(月) 10:40:11|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

 明日に備えて小畔川試し釣り! 10月3日午後3時


 午後3時、1時間ほどの小畔チェック
 ここのところ好天が続き雨が降りません。
 水位も下がっているので、活性も下がって厳しい釣りを想像していましたが、意外と釣れました。

DSCN9039.jpg

 飛び石の水位はこのとおり
 石がむき出し
 水量が下がっています。
 期待はできないのです。
 今朝6時、八幡橋観測所の値は106cmでした。
 最適の120~115cmから比べると低いですね。
 最下値です。

DSCN9041.jpg

 飛び石から高橋プールまで探りながら釣ってみました。
 飛び石下で直ぐ出ました。
 しかし、かなりナイーブ!
 ラインが魚の上を通るとサーーっと逃げてしまいます。
 川の中を見ながら魚の群れを探しながらの釣りです。
 どちらかというと今日は渓流に近い釣りでした。

DSCN9042.jpg

 ドライが着水した瞬間。
 やる気のあるオイカワがバシャっと出ます。
 群れによってやる気が全く違います。
 食い気のある群れを見つけたら良型がすぐ釣れます。
 一番大きいのから食いついてきました。

DSCN9045.jpg

 今日一はこれです。

 正味一時間
 15匹釣れました。

 明日も釣れると良いですね。

 少し気になったことは、バスがやたらと多かったのです。
 オイカワを釣るとその後を追いかけてくるのでした。

  1. 2014/10/03(金) 17:34:09|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

10月3日 都幾川、越辺川でオイカワ、カワムツと遊ぶ!


 野暮用で毛呂山町へ
 奥の用事が終わるまで、時間の有効活用!
 都幾川と越辺川の状況を確認してきました。


DSCN9006.jpg

 玉川中学校横
 大好きなところです。
 フワ、ストン、バシャ!
 オイカワが小気味よく出てくれました。


DSCN9018.jpg

 今日はカワムツが遊んでくれます。
 流れの弱いところはカワムツのオンパレード!

DSCN9033.jpg

 追星もまだ残っています。
 今日一のカワムツでした。

DSCN9036.jpg

 工事中の橋の上のプール
 カンカンカン、キンキンキン、ガっちゃーン、ドンドン!
 振動もあります。
 でも入れ食い!


DSCN9004.jpg

 実はこの方が上流からここを通って下流へ!
 投網でした。
 袋にぎっしり雑魚が入っていました。
 推定3~5kg

 これじゃ釣れないだろうなと思いながらの第一投!
 しっかり食ってきました。

 雑魚は湧いてくる!
 こんな言葉を聞いたことがありました。



DSCN9037.jpg

 釣れすぎてつまらないので越辺川に移動!(わがままですね)
 鉄橋上のプールでカワムツが入れ食い!
 オイカワの姿は見えませんでした。
 楽しい!
 プルプルプル!
 楽しさも半分で奥からお迎え依頼の連絡が入りました。
  1. 2014/10/03(金) 17:17:29|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

草津良いとこ一度はおいで!

 草津良いとこ一度はおいでのフレーズに誘われて草津温泉初体験の話です。
 近くまで釣りに行ったことはあっても、この年になるまで草津に行ったことがなかったのです。

 御岳山が噴火して、戦後最大の人的被害が発生しました。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 草津白根山、浅間山は噴火の可能性が高く先に噴火するのではと言われていたので、少し心配でしたが行って来ました。


DSCN8916.jpg

 草津温泉名物の湯畑
 ここで湧き出している源泉が樋を伝って流れる間に温度が下がる仕組みだそうで素晴らしい。 
 やたら熱いお湯で源泉の湧出温度は50度台から90度台までとっても熱い。
 幾つかある源泉の一つがここです。



DSCN8937.jpg
 
 近くで見るとこのとおり。
 上の画像の左下です。


DSCN8948.jpg

 今回泊まった宿の温泉成分表。
 注目は温泉のph値。
 真ん中あたりの茶色の枠に1.5と書いてあります。
 1.5というと五寸釘を入れておくと一週間で溶けて無くなるそうです。
 
 おバカな話ですが。
 トイレに入って髭をそってから温泉にやってきました。
 ピリピリです。
 熱い、ピリピリ。
 そして、気持ちいい!

 ここで一句
 
 草津の湯 成分強く 効きすぎて 尻の穴まで ピーリピリ

 ちなみに今回は一泊でしたが、着いて直ぐ、夕食前にもう一度、翌朝起きてまず一回、朝食後にもう一度
 4回入りました。
 今までの出張中のパターンと同じでした。




DSCN8926.jpg

 湯揉み
 デモンストレーション
 長い板で湯をかき回していますが、これが難しい。
 こちらでは観光として見せてくれます。

 温泉療法というのがあり、47度ほどの非常に熱いお湯に入り体質を改善するのだそうです。
 危険なので指導の下、3分入って湯を上がり休んでまた入るの繰り返し。
 食事は自然食
 一か月以上療養を繰り返すことで体質を改善していくとのこと。
 アトピーには特によく効くとか。


DSCN8993.jpg

 行き当たりばったりの旅。
 翌日は万座経由で軽井沢に行こうと思いましたが、万座からの道は通行止め、また草津に戻ってこなければならないとのこと
 そこでロープウェーに乗って白根山を目指しました。
 
 紅葉真っ盛り!
 きれいですね。
 カエデ、紅葉、ナナカマドが真っ赤赤!
 針葉樹の緑で余計に映えて見えます。
 奥と、来てよかったね。
 道路からの景色と高いところからの景色の違い。
 絶景、絶景。



DSCN8986.jpg

 山頂駅から名物ドライバーの舌好調!
 ドライバーヤマダ!
 楽しいですよ。
 独特の語りで抱腹絶頂。
 笑いの渦
 ユックリとバスを走らせところどころ停まりながらの案内です。

 警戒態勢2、入山規制がかかっているので、万座へ抜ける道路は駐停車禁止徐行禁止!
 火口横をさっと通り抜けるようになっています。
 夜間は通行禁止です。

 ロープウェイを使い別の角度から景色を堪能でき正解でした。


DSCN9003.jpg

 ドライバー ヤマダがこのステッカーをくれました。
 とっても貴重なんだからねと自画自賛していました。
 次はカラー版を製作中とか。
 YouTubeで人気だそうで、この日も次の便にTV局の取材が入っていました。
 


DSCN8998.jpg

 ロマンティック街道を通り浅間山のすぐ横を通り軽井沢経由でここまでやってきました。
 旧18号線のつづら折りを下ってきました。
 この橋も廃線となり使われなくなりました。
 明治時代に碓氷峠越えるという目標の下、作られた橋梁です。
 


DSCN9001.jpg

 横川駅で線路が途切れてしまいました。
 
 峠の釜めし。
 おぎのやさんは釜飯発祥と宣伝していました。
 以前に来た時には本家なんとか屋と二軒あったはずでしたが、いつの間にか一軒になっていました。

 また、草津にピリピリを体験に来ようと思いましたよ。
 流石、日本一の温泉でした。


 
  1. 2014/10/02(木) 09:46:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2