小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

解禁に向けて27年度組合員証を受領に

 
 3月1日は埼玉県内の渓流解禁日です。
 この日を首を長くして待っている渓流ファン!
 もう少し、今度の日曜日ですよ。



DSCN0294_20150225142949d10.jpg

 今日は組合員証を受領するために入間漁協の事務所に行ってきました。
 入間川と成木川の合流地点のすぐ下流、飯能市阿須343-1
 木造の飯能市林業センターの中にあります。
 入間川にかかる加治橋のすぐ横、判りやすいところです。
 組合長、副組合長、事務員さんの3人が事務所にいました。

 以下の書類はPDF処置をしたのですが、使用法が判らず上手くアップできません。
 そんな訳で写真となりました。
 見にくいのは勘弁してください。

DSCN0296.jpg

 組合のホームページでは解禁に関する情報が未だ掲載されていないのでこちらから情報発信です。
 入間漁協が管理しているところは入間川東武東上線鉄橋(川越市小ヶ谷)から上流全域(流入河川を含む)、成木川末成橋まで、小畔川(流入河川を含む)全域となります。
 禁漁区、釣り専用区がありますからよく確認してくださいね。
 このブログを読んでくださっている方は釣りでしょうから、禁漁区だけ注意すれば大丈夫ですね。
 禁漁区は魚道周辺、堰周辺、名栗地区の支流に設定されています。
 年券、日釣り券などを買いますとこの画像の釣り場案内をいただけますのでよく確認してください。


DSCN0297_20150225142951372.jpg

 表(裏?)には解禁情報が書かれています。
 鮎解禁は友釣り6月1日から
 ヤマメ、鱒類は3月1日から9月30日まで
 フライは全河川大丈夫です。
 渓流は有馬橋(名栗湖に向かう時に渡る赤い橋です)から上流です。
 ここから下流は通年釣っても大丈夫です。
 当然、小畔川は一年中フライで遊んでも大丈夫ですよ。
 
 遊漁料金ですがヤマメを釣る場合には日釣り券で店売り1200円、現場売り2000円になります。
 原市場のセブンイレブンでは夜中でも売ってます。
 ここに表示されるお店の他にコンビニに設置されているチケット販売機で事前に買うことができます。
 年券は甲券を買わないといけないようです。
 7500円は高いな!
 読みようによっては特乙券4000円でも大丈夫な気もしますが。
 ちなみに私は組合員なので正券6000円です。
 
 有馬橋から下流でオイカワ、カワムツ、ウグイなどフライでで楽しむ場合は特乙券4000円 これも高い!
 日釣り700円 現場1000円 
 テンカラなら乙券2600円
 
 リリース前提の券があっても良いかなと思います。
 そして、持ち帰りは宜しいのですが、釣れた魚全部ではありません。
 魚種によって決まっています。
 ヤマメは15cm以上だったと思いますがうろ覚え、もう一度遊漁規則を確認しなければ。
 お持ち帰りの匹数に制限はないのですが、これは制限を設ける必要があると思っています。
 近所に配るほど溪魚を持ち帰ったら直ぐに居無くなってしまいますからね。
 家族分ぐらいで十分だと思うんです。
 ちなみに僕も骨酒を飲みたくなった時に持ち帰るようにしています。
 とは言えここ数年持ち帰り無しなんですが。
 捌くのがめんどくさいのと家族がもう食べ飽きたのが理由です。
 管釣りから仕入れていますからね。

 


DSCN0300.jpg

 ここで小畔川のことを少し。
 この川の管理は南小畔川との合流から下流は武蔵漁協となっていましたが、実質の管理は全くされず放置されていました。
 MCDさんと二人で管理を始めてもう5年でしょうか。
 その時の条件として、入間漁協の組合長から武蔵漁協の組合長に仁義を切ってもらうこと及び遊漁料の現場売り徴取事務はしないこととしました。
 釣り人は事前に遊漁料を払っていると思っていますし、放流もしていませんからね。
 しかし、第五種漁業権に課される増殖の義務は微力ながら果たしてきました。
 川耕しを機会あるごとに実施、川鵜が来れば石を投げ、孤軍奮闘でした。
 組合同士の話し合いで実質管理を入間漁協がすることになり、現在に至っていましたが、昨年、第5種共同漁業権の見直しを正式に行い2月20日付で正式に文書を交わすこととなりました。
 その文書がこれなのです。
 これまでの努力が報われたと一人ガッツポーズを漁協事務室から出てやってしまいました。
 
 でもね、チョット思うこともあるんです。
 協定書の小畔川に関わる部分は私からの提案で実現した訳ですから、事前に連絡があっても宜しいのではと感じています。
 今日は、組合長、副組合長が揃っていたにもかかわらず、私からどうなったのか口火を切るまで全く話題にも登らず。
 少し、イラッと来たのはまだまだ人間が未熟なんですね。

 
 
 
 今までは小畔川の上流部にはウグイが放流されたりしていますが、下流部は自然のままの繁殖となっていました。
 下流部にも放流してもらえるか以前に確認しました。
 そうしたら、
 魚の値段が違います!
 ???? どういうこと??
 ヤマメの稚魚の値段よりもオイカワ、ウグイの方が高いんだそうです。
 知らなかった!
 雑魚が高くて溪魚が安い??

 これって、知らない方が多いのでは!

スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 18:08:19|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

季節外れの滝桜を愛でてラーメンを喰らう!

 週末は福島へ
 野暮用をこなし、滝桜経由で村田屋さんへ。
 その後、塩原温泉に泊まり温泉三昧。
 ポカポカになって帰ってきました。

DSCN0265.jpg

 滝桜
 日本三大桜、樹齢1200年
 季節に関係なく機会があれば訪れています。
 当然ですが、春爛漫の4月が花満開で最高なんですが、冬の滝桜も宜しい。
 訪れる人もなく木漏れ日の中でゆっくりとくつろぐ滝桜。
 好きなんです。


DSCN0267.jpg

 根元にある小さな祠
 近寄ることはできないので遠くから手を合わせています。
 桜の神様が居て何か良いことがありそうな・
 いつもそう思って手を合わせています。


DSCN0271.jpg

 お次はこちら
 三春町斎藤地区


DSCN0273.jpg

 フーフーチュルチュル!
 無口になっています。


DSCN0276.jpg

 ワンタン麺と中華蕎麦。
 どちらがワンタンメンかわかりますか?

DSCN0275.jpg

 とら食堂からの暖簾分け。
 美味しい。
 日曜日は寒かったなー
 吹雪になった。

DSCN0277.jpg

 前記事のCherryを作っている笹の川酒造の入れ口?
 日曜日で御休みなのですが工場の規模に比べ、実にショボイ!

  1. 2015/02/16(月) 19:17:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

今年は一個

 今年は一個です。
 もらえただけ幸せなんでしょうね。

DSCN0256.jpg

 チョコレートのおまけに財布が付いていました。
 ありがとうございます。
 ホワイトデーは何にしようか今から悩んでいます。



  1. 2015/02/16(月) 18:52:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

東京そぞろ歩き 牡蠣を食べたい!


 13日の金曜日!
 キリスト教では災い日であるが、仏教徒の僕は気にしないことにしている。
 虎の門で野暮用があり11時45分に午前の部が終了、午後は1時50分までに集合ということで2時間ほど時間ができたので歩いてきました。


DSCN0211.jpg

 虎の門から新橋駅を目指して歩き始め、途中で左折、、日比谷公園横を真っ直ぐ公会堂を左に見て歩き続けます。
 牡蠣、牡蠣、牡蠣


DSCN0214.jpg

 帝国劇場を過ぎると


DSCN0217.jpg

 右手に東京駅が


DSCN0227_20150216165845199.jpg

 もう一つ先の神田駅
 西口歩いて一分のここが目的地。
 牡蠣、牡蠣牡蠣と念じながら
 歩いてきました。


DSCN0228_20150216165847c77.jpg

 牡蠣ご飯DXセット950円
 牡蠣ご飯に書きのお澄まし、書きフライが2個と生の牡蠣が一つです。
 ちなみに牡蠣ご飯ですとご飯とお澄ましで500円
 沢山牡蠣が入っていました。
 ご飯の中には11個、お澄ましにも3個はいっていました。
 大満足
 このために歩いてきたのです。
 帰りも歩いて帰りますよ。

DSCN0230.jpg

 ここに立ち寄りたかったのです。
 絆という文字が台座にあります。
 ここは正月に開催される箱根駅伝のゴール地点です。
 読売新聞社社屋前なのです。
 我が家のすぐ傍で東洋大学駅伝部が毎日練習をしています。
 合宿所があるのです。
 正月は毎年応援をしています。



DSCN0235.jpg

 皇居前広場を通り桜田門をくぐりました。
 警視庁、国土交通省、外務省、財務省、文科省前を通り帰ってきました。
 

DSCN0238.jpg

 午後の部は45分で終了。
 また来ました国立博物館。
 今回はみちのく仏像展。



DSCN0245_20150216170031b30.jpg

 これはみちのくの仏像展に展示されているものではなく常設展示場の仏像です。
 みちのくの仏像展は撮影禁止です。
 仏像を観賞すると妙に落ち着くのです。

DSCN0247.jpg

 これは水差し。
 硯に差すのです。
 今回は沢山展示されていました。
 その中で魚がこれです。


DSCN0255.jpg

 東洋館にも魚がありました。

 あっという間の5時です。
 閉館!
 また歩いて秋葉原。
 夜は同期と2か月ごとの定例飲み会。
 帰り着いたのは10時過ぎ。
 玄関で奥とばったり。
 なんか見たことあるような人が歩いてくるんで立ち止まって見ていたとか?
 ところであんたはどうしてここに居るのかしらん?
 実に中身の濃い一日でした。

  1. 2015/02/16(月) 18:49:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キャスティング講習会は雨にたたられ寒かった!

 2月9日日曜日、昨年暮れに引き続き、矢崎講師による第2回目のキャスティング教室。
 昨日のポカポカ陽気から一変!
 練習を開始したら雨が降りだし、本降りに、誰か雨男が居るのか?
 そう言えば前回も西から黒い雲が近づいて来て降りだした。
 jetpapaにキャスティングは無理という暗示でしょうか?

 基本はとても大事、上達するにはトリッキーな道具ではなく基本的な素直な道具が一番と再認識しました。

DSCN0191.jpg

 8時半府中市の郷土の森駐車場に集合。
 僕は8時10分に一番乗りと到着したが既に講師とAZKさんが到着しており歓談されていた。
 9時講習開始予定であったが本日は低気圧が通過する影響で関東は昼前から雨が降りだす予報。
 しかも、昼過ぎには一時本降りになるとか。
 少し早めの講習開始となりました。
 すぐ目の前の多摩川。
 渡渉、中州で講習会です。
 



DSCN0184_201502091839193c8.jpg

 熱血指導の開始です。
 理論に始まり各自の個癖修正。
 まずはピックアップレイダウンをおさらい。
 これが全ての基本。
 これさえしっかりできれば全てができる。
 降ってきました。
 昼には本降りになりました。
 水位も少し増水、帰りが心配でしたが、この位置から左の受講生の足元まででおさまり帰りも無事川を渡ることができました。

 何を習ったかって??
 とっても大事で事の本質を再確認しました。
 弘法は筆を選ばないが、普通の釣り人はロッドを選ぶ。
 キャスティングもスポーツ。
 ゴルフ、テニス、野球、剣道、弓道、どれをとっても良い道具を使うことで上達が早い。
 登山では装備品により命を守ることができる。
 しっかりとした道具を揃えるのが筋肉運動をする場合、上達の第一歩。
 当たり前のことですが、最高のパフォーマンスを発揮する場合の補助ですから。
 で、私の竿。
 前回も言われています。
 なんか変??
 そう、前回はグリップから指導していただきました。
 そして竿も問題あり。
 バットの根元から曲がってしまうそうです。
 如何もワイドループを基本として設計されたロッドでキャスティングの練習には向かないそうで。
 こんなこともわからずに講習を受けています。
 ところがです。
 今回あれれ、jetpapaのピックアップレイダウン、抜群に良くなりました!
 えええ??
 バックキャストが前回と比べると高いところにありきれいにターンしています。
 何も変わらないはずではあるが??
 いや、一つ変わりました。
 車からの出し入れでティップをポッキンと折ってしまいました。
 ティップの輪になった先端の金具のすぐ下です。
 自称不器用の王様、細かい作業は全くダメなんですが、自己流でエポキシ接着剤でくっつけて修理しました。
 その結果、先端の部分が3㎝ぐらい短くなりました。
 変わったと言えばこれだけ。
 でもバットの曲りが不自然なようで。

 他人の竿をラインを伸ばして振る機会はないと思います。
 交換して振ってみてください。
 講師からのアドバイス。
 あれま!
 違うんですね。
 なんか、急にお上手になっちゃったみたい。
 道具は大事なんだなと再確認。
 ここまではピックアップレイダウンに始まる前回のおさらいと道具のこと。

 今回の少し進歩した練習法。
 この講習会を受講している目的はフルラインのシュートが完璧にできることなのです。
 100ftのラインをトラブルなしに綺麗なターンでキャストできることを目的にしています。
 第2段階に入りました。
 ピックアップレイダウンにホールを入れてみる。
 ホール無しだと上手いこといっているが少しラインを出すとバックキャストで手の甲が反っているため、ロッドが直線を動いていないそうです。
 バックが大きな問題。
 ラインを引かれる感じを習得しよう。
 自分でも良く判ります。
 他の方はラインが直線に近く伸びているのに僕のラインは波うっています。
 力学的にも力が分散していることが良く判ります。
 たまに真っ直ぐ行くとラインが引かれる感じがします。
 これなんでしょうね。
 しばらく練習です。

 さて、ロッドのことです。
 もう一本あります。
 どうしようかしらん??
 悩みますね。

続きを読む
  1. 2015/02/10(火) 06:38:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

春は直ぐそこまで


 2月7日土曜日、低気圧が来る前のポカポカ陽気に誘われて入間川沿いに散策

DSCN0175.jpg

 石田本郷にある天満宮の梅が咲き始めていた。
 春は直ぐそこまで来ているようである。


DSCN0179.jpg

 工業団地入口裏にある流れの溜まりが池になっている。
 ここは隠れヘラの釣り場?
 風もなく、絶好の釣り日和。
 しかし、釣れていなかった。

 
  1. 2015/02/09(月) 18:34:05|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Cherry 



 注文していたウィスキーが先ほど届いた。
 福島県の笹の川酒造が製造するCherryという銘柄である。
 せっかくだから焼酎も追加してしまった。
 

DSCN0171_20150205112434c23.jpg

 笹の川酒造は福島県郡山市にある。
 名前のとおり清酒メーカーであるがウィスキーも作っているのである。
 朝ドラでニッカウィスキーが注目を浴びているがこちらも不思議なオーラを放っているウィスキーである。
 私は福島県出身ながら国産ウィスキーはサントリーとニッカだけと思っていた。
 数年前のことである。
 イチローズモルトという超人気のウィスキーが秩父で製造されていることを知った。
 なぜ秩父でウィスキーかということは長くなるのでここでは省くが、最初のモルトは笹の川酒造で保管したといわれている。
 あのおいしい世界的な評価がされているイチローズモルトの今があるのは笹野川酒造が少し(かなり)かかわっているのである。

 今回購入したのは左のでかい瓶
 一升瓶のウィスキーである。
 37度。
 味はこれから確認しなければならない。

 2番目は前に買った(落札した)720mm40度のもの。
 一升瓶のウィスキーをこの瓶に移してチビリチビリ飲むつもり。
 これはかなり古いものでおいしかったです。

 3番目は今回注文したCherry EX
 40度、右が裏です。
 変わった味で癖になりそう。
 普通のウィスキーに黒糖を混ぜたような濃い色で味も濃い。

 源粒と吟粒
 これは焼酎
 どちらも日本酒を蒸留したもので源粒が30度吟粒が25度
 日本酒を蒸留しているところが違うのです。
 東北の焼酎はとても高級品なのです。
 お値段もそれなり。

 


DSCN0172.jpg

 何が好きかと言われれば最後は日本酒。
 しかし、根っからの飲兵衛はアルコールならなんでも大丈夫なはず。
 おいしいウィスキーです。

 毎晩チビリチビリと飲んでいるとあっという間になくなってしまう。
 最後の一滴がしたたり落ちた時の喪失感!
 これで終わりか!

 そんなわけで物は試しの一升瓶!

  1. 2015/02/05(木) 12:05:37|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

解禁まで渓流を飲んで待つ!


 中部地方では2月1日に解禁河川が。
 太公望が並んでいるところが放映された。

 埼玉県は3月1日が解禁日。
 あと一か月。


DSCN0164.jpg

 新聞紙に包んで販売されているお酒。
 朝しぼり
 出品貯蔵酒
 そして渓流と書いてあります。




DSCN0165.jpg

 新聞紙を剥くと、同じラベルが貼ってあります。
 アルコール分20度

 これが美味いんです。
 冷でコップ一杯を晩酌に。

 なかなか解禁にならないので、もう3本も飲んでしまいました。
 夢の中で渓流!
 また買に行こう!

  1. 2015/02/02(月) 15:09:08|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

やっぱり十分に発酵した方が美味しい

 今回は4種類のまとめ買い。
  

DSCN0159_201502021448361cb.jpg

 サミットの棚を探索していたらこの4種類が100円以下だったのでいつも食べていながらまた買ってしまいました。
 おかめ納豆の旨味と国産 AZUMA納豆のごはんによく合う納豆 くらし良好の北海道やわらか納豆。


DSCN0160.jpg           
 左側は 前回と同じ”国産”
 出来立て賞味期限は9日まで。

 右はどの納豆でしょうか?
 熟成具合が全く違います。
 完全に発酵しており美味しい。

 これは4個の後ろに写っていた一パックです。
 前回サラりだしをパック買っておいたのが最後の一個で残っていました。
 前記事と同じ納豆の食べ比べ。
 違うのは賞味期限だけです。

 やっぱり期限切れが美味しいです。
 糸の引き具合、豆の潰れ具合、堪りませんです。

 最近、ねばーる君がブレイクしていますが、納豆の美味しさをしっかりと宣伝して欲しい。
 キャラではなく納豆の真髄を伝えて欲しいと思っているのは僕だけ??



 
  1. 2015/02/02(月) 15:00:11|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8