小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

ため息が出るほど美しい!


 久しぶりに綺麗なヤマメを釣った。
 パーマーク、コントラストの強さ、今年一番の別嬪さんとのご対面でした。



コピー - DSCN0745

 ピントが甘いのですが、精悍な顔が、目がこちらを向いているのでアップしました。
 体長は24,5cmぐらいですが、名栗川では大物です。
 何よりもコントラストが美しい。
 アマゴと違って朱点はありませんが、それだけに薄い茶が入った体側とパーマーク、背の斑点。
 久しぶりにため息が出ました。
 どういう訳か画像では薄く出ているのですが、実際に体側は茶色に染まっていました。
 鰭の先は白くなりイワナのようでした。



コピー - DSCN0724

 6時過ぎ、何時もの神社に参拝。
 釣行安全と大漁祈願です。
 そして、釣れたら帰りにお賽銭を入れるようにしています。
 ここから釣りあがり、二見集落で終了だから、帰りにまたここを通ります。
 しかし、お賽銭は今回なし。
 釣れたのにどうして??
 でしょう。
 ここでは釣れなかったのです。
 神社下で一投目に釣れたのはカワムツ。
 ヤマメが出ない。
 その後、カワムツのみ三匹。



コピー - DSCN0776

 諦めて移動です。
 JA前に駐車してここから釣りあがり。

葉桜並木の下をつりあがりました。
 


コピー - DSCN0729

笹伏せの横を流すとバシャっと出ました。
角度が変わるとこの色合いです。
最初の画像より実際の色彩に近いようです。
どうしたらこんな色になるのでしょうか?
同じ川で時々トーンが強い魚が釣れます。
ちょっと嬉しい瞬間です。


コピー - DSCN0755

背中も茶色が強く出ています。



コピー - DSCN0735

リリースすると、石の下に潜り込みじっとしていました。
逃げません。
時々、こんなことがあります。
全然弱っていないのにじっとして逃げないのです。
もしかして、どうして釣られちゃったんだよと、落ち込んでぐずっているのかも?



コピー - DSCN0765

カワムツ攻撃です。
ライズは全てカワムツ。
ヤマメはワンチャンスの一匹だけでしたが、カワムツの釣れること、釣れること。
ライズにキャストをすればするほどほぼ入れ掛かり。
数えるのも嫌なぐらい釣れました。



コピー - DSCN0771

水中写真も撮ってみました。


コピー - DSCN0775

赤不動です。
追い星が出て、体色も赤くなっています。
結構大きかったですよ。
20cmぐらいあったでしょうか。
手の大きさと比較してください。
一瞬、ヤマメかと思いました。


コピー - DSCN0763

そんな中、オイカワも釣れました。
たった一匹でしたがオイカワです。


今回の釣りで川の変化を強く感じました。
カワムツが極端に増えているのです。
群れになっています。
淵から瀬までテリトリーを広げています。
昨年もカワムツ多いなと感じましたが今年はそれ以上。
ヤマメのテリトリーに入っています。

それだけヤマメが少ないということでしょうか。






スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 15:14:28|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

久しぶりの小畔川、冷たくあしらわれる!

 ほぼ一月ぶりの小畔川。
 晩春から初夏へ例年ですと、良型が釣れ始める時期です。
 夕方、ワクワクしながら竿を出しました。 

DSCN0713_2015042904070475c.jpg

 金堀橋から。
 この三年間、からし菜が不作でしたが、今年はこのとおり、河川敷が黄色の絨毯のようです。
 右岸は、草刈りが始まりきれいに刈り取られています。
 黄色い中でのオイカワ釣りは情緒満点なのです。


DSCN0714_20150429040705cd9.jpg
 
 右岸を釣り下がります。
 なかなかライズが見つからない。
 からし菜の横をゆっくり下がります。


DSCN0715.jpg

 実績がある瀬頭ですがライズはありません。
 良型は何処に隠れているのか?


DSCN0716_2015042904070880c.jpg

 対岸には何か所か穴が開いていました。
 ビューン!
 耳元を翡翠色が飛んで行きました。
 羽音がビューンと聞こえました。
 この穴で生活しているようです。
 


DSCN0718_20150429040710a07.jpg

 気分を変えて金堀橋から左岸を釣りあがり。
 ここも実績があるところ。
 ライズもあります。
 ドルフィンジャンプも見えます。
 でも釣れません。
 
 魚は居る、ライズもある。
 しかし、何時ものライズとは全く違いました。
 水面直下を流れるごく小さなものを食べていることがわかります。
 派手なライズではなく、オイカワにしては極控えめなモワッとしたライズでした。

 何時も爆釣を保証される小畔3号も全く歯が立たない。
 今回の鈎は何時もの#20でしたが、ごく小さい鈎が必要だったようです。
 しかし、これ以上小さい鈎は無理です。
 見えないので巻けません。

 今度は上流を散策してみましょう。
 魚は確実に戻っていますが、イマイチ活性が低い。
 原因は、水量のようです。
 極端に水量が少なくなっています。
 田植えに備えて代掻きが始まり、取水しているようです。
 入間川では雨が降らないと瀬切れが起きます。
 小畔川では大丈夫ですが、大雨が降ってくれないと底も荒れているし。
 魚も辛いようです。
 僕も釣れなくて辛かったです。
  1. 2015/04/29(水) 04:27:52|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

名古屋から福島へ

 名古屋に出稼ぎに出かけて3週間。
 ゴールデンウイークは御休みを頂き4月24日、仕事が終わるとスタコラサッサと川越に戻ってきました。
 職場がある常滑から産業道路を通り、伊勢湾岸道路、東名高速から新東名、更に東名、外環道を通り外環鶴ヶ島そして自宅へ。
 5時半に出発して10時半には自宅に到着。
 翌、土曜日は少しゆっくりして、日、月と一泊で福島に行って来ました。
 やることは沢山ありますが、忙中閑ありじゃなくて、閑を作っての釣りにも行って来ました。

DSCN0676.jpg

 こんな景色ロケーションでの釣りは大好きです。
 一仕事を終えてお風呂に入る前の釣りです。
 最近は自宅の風呂に全く入りません。
 30分強で峠を越えると川内村に。
 かわうちの湯に浸かりに行くのです。
 そして少し寄り道をしてヤマメに遊んでもらいます。
 4時釣り始め、一時間の釣りです。
 どうしてかって?
 それは夕飯もかわうちの湯で食べるからなんです。
 ラストオーダーが6時50分。
 少なくとも1時間はお風呂でゆっくりしたいので時間を決めています。

 川沿いの桜はまだですね。
 ここの桜は種類が違うのでしょう。
 他の種類は葉桜になっているのにまだでした。
 今年は暑いぐらいの日がこの1週間続いているので、開花が早く、滝桜も葉桜になってしまいました。


DSCN0678.jpg

 ドライでパックン。
 ライズを見つけてレーンを流すと素直に出てくれました。
 黒のパラシュート。
 僕の巻く雑なフライにも出てくれました。
 しかし、小さいですね。


DSCN0680.jpg

 橋の上にギャラリーが。
 こうなると修業が足りないので緊張してしまいます。
 しかも奥なんです。
 早く温泉とビームが発せられているのが。
 でも目の前で釣って見せたいですよね。


DSCN0683.jpg

 橋の上、ここは良型の実績があるところです。
 でも釣れません。
 奥曰く、いつもは橋の上から魚が見えるのに今日は見えないね。
 そうなんです。
 良型がクルーズしているはずなんですが、いませんね。
 釣れるのは幼児ばかり。
 1時間で4匹釣れましたが、幼児虐待に終わってしまいました。

 釣り終わりが5時。
 これから薄暗くなると良型が出るころ合いですが、温泉と夕ご飯。
 食べ終わったらまた峠を越えて帰ります。
 それこそ後ろ髪引かれました。
 
 結果論ですが、ここで止めて正解でした。
 疲れが溜まっていたようで、夕飯を食べたらウツラウツラして、8時まで寝てしまいました。


DSCN0691.jpg

 翌朝のこと。
 月曜日です。
 昨夜は帰ってきてすぐ寝てしまったので、4時には目が覚めてしまいました。
 釣りに行かないの?
 外は寒いから行かない。
 7時過ぎ、おっとり刀で出かけると、朝から暑い、日差しが強い。
 ここは標高500メートルで涼しいところなのですが、暑い。
 全国で一番気温が高かったのは福島でした。
 浜通りの浪江町では最高気温32度。
 福島市も30度、日差しが強く朝からクラクラです。
 こんなはずじゃなかったのですが。
 しかし、しかしです。
 川に入ると爽快です。
 通りすがりの方がまた釣りを見ています。
 最近は釣れていますか?
 ここには魚は居ないよ。
 ???
 穴場なんだけど。
 地元の方が釣らないから何時も良い思い。
 ここは中学校の裏ですから。
 車を停めて、はい釣りです。
 こんな細い流れにもヤマメが付いているんです。



DSCN0692.jpg

 ライズ発見!
 3回流してバッシャン!
 でも小さい!



DSCN0695.jpg

 流れの中は、葦の根が張っており、複雑です。
 直ぐに仕掛けが絡まるのでニンフには向きません。
 当然ですがエサ釣りで沈めると引っかかりやすいわけです。
 だから魚が残っているのかもしれませんね。
 ドライには最適。
 ただし、キャストがいい加減だとすぐに引っかかります。
 昨年まではしょっちゅう引っかかってばかり。
 ストレスが高かったです。
 
 ところが、今年はキャス錬の成果でしょうか?
 トラブルが少なくなりました。
 ストレスなく、同じ時間で倍の距離を進めるようになりました。
 
 ここでの釣りもあと一か月です。
 その後は葦が伸びてキャストができなくなります。
 もう少し上流からの釣りになりますから、今年はこれ一回で最後です。

 そう思って、丁寧に釣っていたのですが何処に不幸が転がっているかわかりません。
 心がけが悪かったのでしょうか?
 朝一を済ますことなく戦場へ向かった己がおバカ!
 途中からお腹が張ってきました。
 ここからがというところで、我慢の限界。
 悪いことに、もう野良仕事が始まっています。
 川の脇には人家が沢山。
 雉打ちはできない。
 無念!
 5分で行ける神俣駅ですっきりしました。

 戻って、釣りはじめましたが暑くって我慢の限界。
 10時前には終了としました。

 ここも小さかった。
 
 

DSCN0684.jpg

 釣りばかりではありません。
 釣りに来たわけではないのです。
 庭の梨の樹です。
 昨年はそのままにしていたので茂りっぱなし。
 


DSCN0685.jpg

 床屋さんの後です。
 本来ならば、新芽が出る前の剪定が必要ですが、なかなか来る訳にいかないのと、気が乗らなければやらないのでこんな季節に。
 花満開の状態でしたが、今切らないと。


FullSizeRender.jpg

 こちらも作品です。
 何時もは生垣の拷問的剪定が待っているのですが、今回はそちらをサボってお墓の生垣の剪定。
 最近は少し形になるようで、角がはっきり、面が平らになってきました。
 電気剪定機の威力が抜群です。
 
 画像はありませんが屋根の掃除、庭周りの除草と忙しかったです。
 車も洗ってワックスがけまでやってしまいました。

 そして、どうしようか?
 釣りしたかったらもう一泊しても良いですよ。
 嬉しいことを言ってくれるじゃありませんか。
 天気予報、明日は今日以上に暑くなります。

 釣りは楽しいですが、僕の釣りは短期決戦。
 一日は疲れます。
 一日釣っている時は誰かとお話をしながらがほとんど。
 このまま残って山を一日歩きまわったら体が持たない。
 自分の性格を知っています。
 疲れ具合もわかっていたので、三時過ぎ、全ての作業をおわり川越に戻りました。

 
  1. 2015/04/28(火) 08:05:20|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

名古屋で新生活??


4月1日から名古屋市民となりました。
丸一年、釣りにジム、気の向くままに暮らしてきましたがある筋から人が足りない、助けてと悲鳴に近いお誘いがありました。
助けてと言われて、無視もできず、また裃を着ることになりました。
しかし、気ままな暮らしから毎日出勤、天と地ほどの違いです。
遊び呆けた報いでしょうか、午後4時を過ぎると毎日居眠り、机に座ると1時間が限度??
早く退社時間にならないかしらん!
そんな生活が始まりました。
土日は釣りでリフレッシュ!
そうしないともたないかも。



2015041205390870a.jpg

名古屋と言えばドラゴンズ!
ドーム、この前はイオンモール、ここを通って釣りに行くのです。
ユニフォームを着たファンがたくさん歩いています。
自宅から北に真っ直ぐ1キロです。
本音を言えば野球にはほとんど興味が無く、ドーム観戦もまだです。
最近の野球は一昨年、甲子園夏の大会準決勝を観戦、その前は所沢に住んでいた頃に西武戦を観戦、その前は小学校の頃でしょうか、神宮球場で巨人ヤクルト戦。





2015041205391199c.jpg

目的地はこちら。
ドームを過ぎて更に北、矢田川が流れています。
この川は整備され管理された都市河川です。
アクセス抜群、どこでも釣りができます。
今回はその中でもオイカワ道場を開けるような川原があり何人もでゆったり釣れるところを探してみました。
第一釣り人発見。
鯉です。
パン餌で釣っていました。
でかいのが釣れるよ。
凄いね。
釣り人同士は直ぐに打ち解けちゃいますね。
矢田川情報をしっかり正確に教えていただきました。
あと二週間過ぎればオイカワも動き出すとのことでした。
鯉はたくさんいます。

でも、オイカワは見当たらない、当然ですがライズなし。

ドームから更に北へ矢田駅を過ぎると矢田橋、ここから上流を探索です。
千種クルーザーです。
カッコいいでしょう!
小畔クルーザー、伊丹クルーザーに引き続き三代目です。
釣りに名古屋市内散策のweaponです。

上流へ、東名高速道路の下まで左岸を行きました。

いいところを何箇所か見つけましたが、一番有望なのは矢田橋前後の川原かな?
竿を出しぞびれてしまったので確認はなし。
しかし、ここが有望、アクセスも一番か。
ドーム前矢田駅、瀬戸線矢田駅、イオンモールもあるし。
伊丹の猪名川オイカワ道場と同じような環境です。
名古屋にはオイカワと遊ぶ同好の志が居るのか居ないのか?
すこしワクワクです。
オイカワが釣れ始めたらもう少し詳しく情報発信です。

2015041205391033b.jpg

水辺で食事
大好きなんです。
名栗では必ず川の中で石に腰を下ろしゆっくり流れを見ながら食べていました。
今回も途中のイオンでお弁当と名古屋定番の味噌串を調達、河川敷のベンチでいただきました。
気持ちがいい。


20150412053909dd8.jpg

帰りは右岸を下ってきました。
流入する支流????? 水路にライズはないか見逃さないよう下ってきました。
河川敷の車止め?
遠くから何なんだろうと気にしながら近寄ると魚か?
目玉があって口があってヒレもある?
パーマーク??
アマゴ??

不思議な物



20150412053906390.jpg

出来町通りに不思議な車線があるのです。
ここはドーム前の通りとのT次路、ここを通り右折して行くのですが、知らないととっても危険!
川越から車で来た初日、まごついてしまいました。
右折しようと右車線に停車したらいきなりクラクション。
鳴らされっぱなし。
左には停車しているし????
危うく後ろから突っ込まれるところでした。
僕が悪いんですよ。
この道路の右折は右から二車線目なんです。
マーキングもその通りです。
名古屋に常識は通じない。
それともこれが常識か?

電車もイマイチ合わない。
並んでいても電車のドア位置がずれるとその前の方から乗車、並んでいる意味がない。
運転手が定位置に止まれないほど下手なんだろうか、それとも地域性か?

早く名古屋モードにならなくては!


m
  1. 2015/04/12(日) 09:17:36|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25