FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

小田原 北条五代祭り武者行列に参加!

 
 5月3日日曜日、小田原城を中心として開催された第51回北条五代祭りに参加させていただく機会を得た。


DSCN0807_201505040527477e4.jpg

 この連休中は5月3、4日と獅子の会が川越でも鎧着用体験を開いており、正式な鎧着用法を伝授していただきたく思い、祐筆方を通して、お願いした。
 ところが、会長からできれば小田原の方に参加してほしい旨の依頼があり、こちらにやってきた次第なのです。
 3月28日、川越春祭り開幕イベントに参加させていただいて以来のこと、何も知らず、会員の皆様の厄介になり鎧から草鞋まで装着してもらっている身の上ととしては、せめて装束の名前部位、装着法は身に着いてからと思っていました。
 また、今回もお世話になりっぱなし。

 五代祭りについては当日テレビニュースが放映されたりしていましたからこちらを参考に。

 私は川越から旗持ちとして行列に参加でした。

 会長の図書の助様以下6名の行列の中で大将の後ろを旗持ちとして歩きました。
 そして、最も大事なのは川越火縄銃鉄砲保存会として銃士が3名鉄砲を持ち、行列をしたことです。



DSCN0808_20150504052748993.jpg

 見習いの私は、鉄砲を触ることすらできませんが、この兜をかぶり旗を持たせていただきました。


DSCN0809_2015050405275037e.jpg

 装束一式です。
 炎天下、3時間強、この姿で過ごしました。
 話すべからず。
 よそ見をしない。
 正面を向いて歩いてきました。
 当然、私たちの画像を撮ることなどできません。
 すべて終了して、鎧を脱いでから、記録が欲しいとなり撮ったのがこれでした。

 今朝も肩が痛いのです。
 鎧が合わない。
 足も痛い。
 草鞋をしっかり履けない。
 脛当てが行列の最中に緩んでしまった。
 反省しきりなのです。
 これも自分で装着できない。
 基本を理解していないからと思っています。
 少し勉強しよう。

 そうだ、今日も獅子の会が蓮馨寺で鎧着用体験を開いているので勉強しに行こう!

  1. 2015/05/04(月) 05:56:06|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川  小物ながら釣れ始めました。

 
 今日から5月、例年であればオイカワ最盛期に突入しているが今年は少し遅れている。
 4月末から夏のような気候、あまりの暑さに日も陰る5時過ぎからの釣行となった。


DSCN0780_01.jpg

 金堀橋のすぐ上のプールから釣り始めようと思い、土手を歩いて行くと釣り人が。
 綺麗なループを描いてラインが伸びている。
 暫し、土手の上から見させていただいた。
 釣果は如何かと伺うと、小さくてなかなか乗らないとのこと。
 小さなライズの中に、時々は大きなリングが発生。
 よく見るとモワッとしたリングで魚が水中のまま。
 ユスリカなどの成虫を食べている時は、派手にジャンプをする。
 特に夕方のゴールデンタイムにはドルフィンジャンプが続き雨が降っているようなライズが発生する。
 しかし、今回のライズは表面直下を流れる何かを食べているようなライズ。
 こんな時の釣りは意外と難しい。
 上流では釣れたがここは厳しいとのことであった。
 そうなんです。
 このライズは難しい。
 頑張ってくださいと、声をかけ上流へ向かった。


DSCN0784.jpg

 吉田橋、癒しの瀬。
 エサ釣りの方が二人。
 なじみの方である。
 今まではヘラが沢山釣れたが、オイカワも釣れだしたとのこと。
 ポツポツとオイカワが釣れているが、小さい。
 
 ライズはある。
 下のプールと同じでモワッとしたライズ。
 


DSCN0785.jpg

 小さなオイカワがじゃれるが釣れない。
 #20に巻いた小畔3号では大きすぎるようである。
 しかし、そのまま釣り続ける。
 時々大きなリングが出るので釣りになるサイズは居るはず。

 そんな中で釣れたのがカワムツ。
 意外でした。
 
 先ほどのフライマンが帰り支度。
 暫し情報交換をしました。
 嬉しいことに拙ブログを読んでくださっているとのこと。
 スモールが沢山居て上流で釣れたこと。
 もう少し、雨が降って水位が上がれば釣れるようになること。
 バスバスターが何人かいること。
 次からは声をかけさせていただくこと。
 ここでは皆さん和気藹々、お互いに配慮しながら楽しんでいること。
 残念ながら今年は名古屋に赴任してしまったので小畔遊びは少なくなること。
 名古屋の釣り情報。

 こうして、オイカワを楽しんで下さる方が増えるのは嬉しいですね。
 釣りも楽しいですが、お話も楽しい。
 次回はご一緒に釣りましょう。
 
  1. 2015/05/01(金) 22:25:55|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ