小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

地球ゴマが届いた!


地球ゴマを製造しているタイガー商会が廃業する事になったというニュースが流れプレミアが付いた値段で取引がされているらしい。
僕が住んでいる千種区内、すぐ近くにタイガー商会があるのです。





20150531205729731.jpg

自宅からJR千種駅に向かう通勤経路から少し外れたところにタイガー商会があるのです。
寄ってみました。
古いが味のある建物、窓は閉まっていました。
手前のくぐり戸から入ると木造の製造工場が。
表から声をかけても返事なし、くぐり戸から入り事務所を覗くと、残務整理と電話番をしている方がいらっしゃいました。
事務所の中は大分整理されて机と電話、ごく少ないダンボール箱などがあり仕事も終わる雰囲気でした。
しかし、せっかく来たので声をかけて見ました。

私は、電話番で製造の事は全くわからないので裏の工場で聞いてくるから待っててね。
僕も後ろについて行きました。




20150531205125dca.jpg

工場の中から職人さんが出てきました。
子供の頃、回して遊んだ事、不思議で今懐かしくなり欲しくなった事を話しました。
でも、そっけない返事。
在庫が無いんだよ、注文された分の製造が終わったら仕事が終わり廃業。
僕の仕事はジャイロ効果を利用した機器に囲まれているので関わりが半端じゃないことを話すと、それじゃ俺が作ってやるよと快諾してくれました。
その代わり注文書はしっかり書いてね。
書いてファックスで送りました。
条件付きで、
正式に作る事が書いてありました。
高齢なので体調が急に悪くなったりしたら、無条件にその場で製造を中止するのでこれが条件で良ければ作るぜという事でした。
おねがいします。

そしたら
届きました地球ゴマ。
せっかくだったので、大と小、二つ。

同じ地球ゴマ、大と小では対象年齢が違います。

そして、箱が変わっていました。
紙の箱からプラスチックになっていました。
透明なので中のコマが見えます。
もう手に入れるのは難しい。
宝物です。
でも、回さなかったらコマじゃなし!

さっきから説明書を読み返してニヤニヤしています。
子供の頃に戻ったようでとても幸せです。








スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 21:41:41|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

シラハエ行脚


昨日土曜日は矢作川上流の長野県を流れる根羽川流域に行ってきました。
この記事は後日。
今朝は、オイカワチェック。
いつもどおり5時には起きているので、近くの矢田川に千種クルーザーでむかいました。

2015053115515186b.jpg

五時半自宅発
名古屋ドーム前を北進です。
イオンを過ぎて名鉄瀬戸線 矢田駅前を通過矢田橋を渡ると右岸沿い、渡らずに直ぐ右折すると左岸をたどる事ができます。


20150531155152c62.jpg

今朝は右折して直ぐ土手を下り目の前が川です。
ここでライズ発見、また戻り矢田橋を渡って右岸にここから練習です。
朝から風が強く#3ロッドを持ってきましたが苦戦です。
この場所は練習には最適。
河原は広く障害物が無いので何人でも釣りができます。
この前後には瀬あり淵あり、底は小砂利でオイカワが大好きな場所です。
オイカワ道場には最適と思っていますが、先週沢山いたオイカワが何処かに行ってしまい寂しい状況です。
それでも、ライズが定番の瀬頭で発生していました。
しかし、7時過ぎにはライズもなくなり静かになってしまいました。
小畔三号#20には全く反応しなくなってしまいました。

シラハエ。
名古屋周辺ではオイカワをシラハエと呼びます。
ですからシラハエ修行、シラハエ道場ですね。

場所を変え、上流を目指します。
前回、みけんさんに案内していただいたポイント、自分でチェックしたポイントを探りながら歩いてみました。



201505311551502f4.jpg

この雰囲気、如何でしょうか。
河畔林に覆われ底は小砂利。
瀬があり淵があり
シラハエ、沢山いました。
ライズも発生していました。
中にはイワシサイズが群れになっているところも。
反応も上々。
魚影はここが一番でした。
矢田川支流、香流川です。
有望ですね。
鯉が沢山泳いでいます。
ナマズも確認できました。

問題はキャス練には全く不向き。
釣りには最高。
生活圏内で2面護岸ですが、シラハエにとっては暮らしやすい良い川です。

シラハエ釣りを通して渓流でのフライフィッシングが全て練習ができます。
名古屋に暮らして2ヶ月が過ぎました。
矢田川には週末通っていますが、フライマンを未だ見かけず。
フライで鯉も楽しいし、オイカワも熱くなれます。
ドライの釣りを練習するには最適と思っています。
特にアップでシラハエを確実に釣ることができるようになると怖いもの無し。
良い練習になると思うのですが。

なんてったって、自転車ですぐそこ、街中を流れる川で遊べます。
渓流まで行けない時に、フット釣りたくなった時、そんな時気軽な釣りなんです。

しかし、雑魚釣りですが奥が深い。
僕を含めてこの釣りにはまっている人が沢山います。

名古屋の方はもったい無いですね。
矢田川、素晴らしいフィールドです。

以前の赴任先大阪でもオイカワを楽しむ方はいなかったのですが、大阪空港横を流れる猪名川にオイカワ道場を開いたところ、オイカワを楽しむ方が集まるようになりました。

こんなに楽しいところがあるのに勿体無い!

それとも名古屋ではフライで雑魚は知られていないなでしょうか?

楽しいですよ。


  1. 2015/05/31(日) 16:29:06|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

キャストの基本はハーイ!


今朝も早起き!
5時半には毎日出撃体制がとられています。
そして、これです。


20150529065041c42.jpg

キャストの基本はハーイなんです。
何か発言したい時、先生から答えが分かった人と聞かれた時の挙手します。
これが真っ直ぐぶれないでロッドを振る基本。
手のひらの向きは変わらないはず。

日曜日、ブログリンクそしてキャストの師匠でもあるKanjiroさんの工房にお邪魔所ました。
ホントにお邪魔なんです。
アメリカで行われるバンブーロッドデイに出品するために根を詰めているなか、私のために時間を割いてくれました。
再会してまず最初にこれを手渡され、ハイ エアキャストやっみて!
工房でおさらいです。
後ろで回ってはいないねと確認してもらいました。

画像のグリップ、昔作ったロッドをノコギリでゴシゴシ。
キャス練用に作ってくれました。

そしてロッドの良し悪しのこと。
製作中のロッドの事。
貴重なお話を伺いました。

今週は少しベランダでフリフリ!
夕方帰ってきてからはできないのです。
目の前は高校、部室もあります。

李下に冠を整さず、じゃなくて ベランダから竿を持って部活を覗かず!
  1. 2015/05/29(金) 07:13:21|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

矢田川 オイカワ本番! ライズに翻弄される!


矢田川のオイカワが本番を迎えている。
金曜、土曜日と探索してきたが両日、違った顔を見せてくれました。

201505240517341a2.jpg

腹がパンパンに膨れたオイカワ。
ドライでこれを釣りたかったのです。
厳しい、難しい!
この時期は良型がフライを追いかけて着水と同時に食ってくるはずと思っていましたが、違いました。
ライズが発生しても食ってくれない。
金曜日の日没前、ユスリカが水面ギリギリに飛んでいました。
スーパーライズ!
ポイントなんて関係なし、至る所でライズ、ライズ、ライズの嵐。
でも、見切られる。
ユスリカは小さい。
どう見ても#30以下の大きさです。
僕の小畔三号は#18の鈎にハックルも鈎に比べて少し長めにまいています。
完全に見切られています。

こんな時は熱くなります。
こんな時はと手を変え品を変えやっと釣れました。
嬉しい、これこそ釣った魚デス。
釣れたと釣ったでは意識が違います。

フラットな水面での釣りはごまかしが効きません。
魚はフライをしっかり見ています。
思ったところにフライを飛ばしてイメージ通りに流すことができた。
それでも食いません。
思い通りに何度も流してやっと食いついてくれました。

キャス連やってて良かった。
何度も同じところに同じ要領でキャスト。
無風ならどうにかなるが、両日とも向い風。
#1のシステムでは辛いのですが。
今まではとてもキャストは無理でした。
ライントラブルの連続だったでしょう。
ところが多摩川でのキャスティング講習会の成果が出たのです。
フライの回転によるティペットのヨレは仕方がありませんが、バックで引っ掛けたり、ターンが出来ないといった今までのトラブルは無し。

その分、釣りに集中できます。
そして釣れたではなく釣ったのがこのオイカワでした。



20150524051732e4c.jpg

連休前の矢田川は鯉ばかりが目立ち、オイカワの姿は確認できなかったのですが、今回は、どこに隠れていたのか姿を現してくれました。
この河原は如何でしょうか?
バックも十分に取れます。
広い。
10人ぐらい並んで釣りができる。
川遊びなどあまり入らない。
そんな場所を何箇所か見つけました。

そうなんです。
名古屋でもオイカワ道場を開いてみたいと思いました。
条件があります。
当然ですが魚影が濃い河川。
アクセスの良さ。
この二つは絶対条件です。

大阪では猪名川が最高の条件でした。
伊丹駅からイオンモールを抜けて猪名川。

矢田川も同じような立地のようです。
矢田駅、ドーム前駅、JRからも歩いて来れそうです。
車では土手沿いに停められる所がありました。
矢田橋周辺良いですね。


20150524051735767.jpg

土曜日の夕方。
上流に矢田橋デス。
昼間は川遊びで賑わっていました。
フライマンが一人黙々とキャストを繰り返しています。

名古屋に来ることが決まったらコメントを入れていただいた みけんさんです。
メールのやり取りでお人柄は十分に解っていました。
初対面ながら古くからの友人のように直ぐ打ち解けザックバランなお話。
ブログやってて良かったなーと思う瞬間です。
釣りをやってて良かったなーと思う瞬間です。
単身赴任で見知らぬ土地で暮らす。
若ければ夜な夜なネオンを求めて繰り出しても良いんですが、体が持ちません。
この歳になって仕事以外の友人ができるのは本当に嬉しいんですよ。

早速、ポイントを案内していただきました。
三箇所まわって最後はここです。
フライが見えなくなるまで遊んでしまいました。
その後はお話を。
真っ暗!
あれあれ、自転車の鍵番号が見えない!
そんな時間になってしまいました。
千種周辺の楽しみ方。
通勤のこと、次の釣行は飲みながら相談すること、キャストのこと。
時間はあっという間に過ぎて再会を約束して解散としました。


201505240523570b4.jpg

いつもの事ですが、こういったものを集めるのが趣味です。
嘘です。
度頭に来ますが誰かが回収しないと危険なので拾います。
今回は川の中、ピックアップ時に引っかかりました。
このラインが水中を一直線になって漂っていました。
鯉釣りの仕掛けです。
#3の道糸に重りをつけて二本鈎、パンを練って団子にした餌を付けて底餌を吸い込んでいる所を狙った仕掛けです。
道糸が30m程度付いていたのでリールを使った釣りと判断できます。
矢田川で鯉釣りをしている方々の仕掛けなんでしょうか?

どんな方が放置したのか?
恐らく根掛かりで重りが外れず無理に引っ張ったらラインが切れてしまったようです。
回収するのは大した手間ではないはず。
これってとっても危険なんです。
放置した方は解っているのかな?

この辺りは水遊びに入ります。
絡まってパニック、恐らく溺れ死ぬ事があります。
ベテランダイバーでも釣り糸に絡まってパニックに陥る事があるそうです。
素肌に釣り糸が絡まったら驚きます。

自分の家族、子供が事故に遭ったら悔やみきれないと思うのですが。

そしてもう一件。
この鈎は二本とも返しが付いていました。

刺さったら大変です。
抜けません。
無理に抜こうとすると大人でも泣きます。
バーブレスにしましょう。

最後は少しくどくなってしまいましたが、安全に釣りを楽しむための最低限のマナーデス。
お猿さんにならないようにしましょう。
もう一つオマケ。


猿は捨てるが拾わない。
ゴミを拾うは人ばかり!







  1. 2015/05/24(日) 06:34:07|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ドライに徹する!


前記事のトヨタ博物館を訪問する前に当然ではあるが渓流へ。
何時ものところで遊漁券を買って餅をご馳走になってリベンジ。

20150523052639da3.jpg

前日の雨が上がり増水、流れは水位が上がり濁りが入りドライには向かない水況。
どちらかといえばミミズで釣りたいところでしたが、ドライで通しました。
適正水速の理論は正しいようです。
増水して流れが早ければ狙う魚の大好きな速さに叶うところを中心に狙ってみると良いようです。
一匹限りでしたが、1匹は1匹!
釣れないだろうと諦め気味で、ほとんどが車で移動、川筋の確認ばかり無理かなと思っていたので、嬉しかったです。

20150523052641cfb.jpg

水量が多く遡上も大変でしたが、橋のすぐ上で釣れました。
もう少し釣ってみましたが反応無し。
次の脱渓点で終了としました。



20150523052642058.jpg

足助八幡宮で御朱印をいただきました。
前回の訪問では、少し遅い時間だったの宮司さんは不在、今回やっといただけました。
当然ですが、アマゴの顔も見ることができたので御朱印料の他にお賽銭も納めさせていただきました。
いつもどおり釣行安全、出来れば入れ食いをお願いしてきました。
ここのご利益は足腰が健康になるということで昔から旅人の信仰が厚かったと前回説明してくれました。
入れ食いはご利益外ですが釣行安全は足腰が健康で鍛錬されていることが基本ですからご利益があると信じます。



20150523052643ab5.jpg

足助の町並みは保存条例があるらしく昔ながらの景観を保っている地区があります。
巴川添いの町並みが保存されています。
こういった普通の町並みが残っているとほっとします。
昔はここを旅人が通って行ったのだと思います。
今はバイパスが出来、車でビューンですが、テクテク歩いたんですね。
川越の蔵を中心とした町並みとまた違った良さがあります。
実は釣りを始める前に岐阜県側の明智町も回ってきました。
こちらも町並みが残っていました。
この辺りの山間部は開発が進まなかったので古い町並みが残っていたように思います。
この時点で保存を目指したのは正解。
私が育った福島の町は素晴らしい道路が通って町並みが綺麗になりました。
古いような作りの新しい建物にメインストリートが変わり、道が広くなりました。
しかし、足助の町並みを歩いてみると、これが良いようです。
古い家屋の維持は大変でしょうが是非残して欲しい町並みでした。

魚も釣れて御朱印も頂けて古い町並みも歩くこともできました。

  1. 2015/05/23(土) 06:18:15|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トヨタ博物館 車好きには堪らん!



名古屋市に隣接する長久手市にはトヨタ博物館がある。

車の進化、世界の名車を見る事ができる。

矢作川水系への渓流への往復にここを通るので見学に入ってみました。
車、乗り物が好きな方は是非一度は観るべき施設と推薦します。

201505211726386e6.jpg

博物館入り口横には懐かしいボンネットバスが入場者を迎えてくれます。


20150521172644a50.jpg

ここが入り口です。



20150521172640624.jpg

受付で入場料を払い進むと最初に展示されているのがトヨタAA型乗用車。



201505211726412e4.jpg

エスカレーターで二階に向かうとベンツパテントモトウールヴァーゲン。
最初の自動車。
フライホイールが座席の後ろに。
これを手回ししてエンジンをかけるとか。


20150521172642910.jpg

三輪車の自動車。

j201505211740334ec.jpg

ロールスロイス40/50HPシルバーゴースト


20150521174035568.jpg



素晴らしすぎてこの辺りから名前が判らなくなってきました。

写真で楽しんで下さい。
知ってる方は知ってるはず


20150521174036e6c.jpg

トヨペットクラウン


20150521174038320.jpg



20150521174039bba.jpg



201505211751041ec.jpg


20150521175106da1.jpg


2015052117510784a.jpg


20150521175109126.jpg


2015052117511029a.jpg


まだまだ続きました。





  1. 2015/05/21(木) 17:44:31|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

それでも一匹は一匹! 最後に江戸の仇を長崎でlol


日曜日に再び矢作川水系の段戸川
ウーン!

201505181757015ea.jpg

先週は遊魚券を買って、お茶をご馳走になり茶飲み話に花が咲き、飽き無い程度に魚も釣れて楽しかったのですが、周辺にはお店が全くありません。
今回は下流部に、食料はコンビニで遊魚犬と一緒に調達してきました。
車を停めて坂を下りハイ釣りです。
安近短の僕には最適!
自宅から一時間強でここにくることが出来ます。





20150518175701a41.jpg


ここは段戸川の支流、フラットな渓で開けているのでキャストも楽。
大好きなシチュエーションですが、 この流れに騙されました。
ウントモスントモとはこんな事。
道路にはいたるところに名倉川漁協の立て札が立ってます。
ここで釣るには遊魚券を買わないとダメです。
これを見たら沢山いると思いますよね。
キャストは楽しい。
鍛錬の成果が現れています。
思ったところに綺麗にターンしてフライが飛んでいきます。
あの石裏の流れに乗せてここで出て喰う!
ハズ!
なんですが、ウンともスンとも。
魚も走りません。

参った!

場所替え。





20150518175658dba.jpg

段戸川本流に移動。
あちらこちらに車が停まっています。
日曜日、名古屋から一時間、激戦区ですよね。
先週釣ったところの下流域、ここも厳しい。
魚は見えたが、フンと鼻で笑って無視されました。




201505181756589b4.jpg



20150518175657f00.jpg



20150518175633fc2.jpg
  1. 2015/05/18(月) 18:04:02|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

気合を入れて渓流へ

名古屋に越して来て一月。
先月18日に渓流を少し探索
本格的に川を歩いていないので昨日は朝から渓流を歩いてみました。
愛知県内でもアマゴ、イワナが釣れるのです。
こちらに来る前に何も情報取集に関しては準備せず、どうにかなるかと来てしまいました。
どうにかなってっしまったようです。
矢作川水系には沢山の漁協があります。
稚鮎、アマゴ中にはイワナまで放流している漁協があります。
愛知県を過ぎて上流は岐阜県の漁協です。
今回は名倉川漁業協同組合管理下の河川を釣ってみました。
因みに、この付近は豊田市です。
トヨタの豊田市。
市町村合併で県境まで広がる都市になったそうです。

当方武州川越からの新参者地理不案内故釣果良好なるところを案内頂ければと連絡してみました。
三重の川越。
軽く間違われてしまいました。
事務の方が対応してくれました。
大多賀か野入あたりがイワナが釣れて良いでしょうと教えてくれました。

9日土曜日4時半出発、大多賀地区を流れる段戸川を目指しました。
早朝ということもあり、1時間で現着です。
まだ6時前、大橋の袂にある遊漁券販売のお宅に伺ってみました。
誰か来たようだど。
中から戸を開けて入ってくださと声が。
奥のコタツに入ってそこからのお話でした。
上がってコタツに入れと。
いや、釣り券を買いに来たので。
ま、いいからお茶でもあり飲んで
そういうことなら、急ぐわけでもなし、虫もまだ飛ばないので、ゆっくりさせてもらいましょう。
お茶にあんこ餅、お代わりを頂いて、釣り券に必要事項を記入し遊漁料を支払ったら、茶飲話が始まりました。
この地域の歴史、釣りの事、季節の事、どうして川越から来たのか、フライの事、魚はほとんどリリースする事、しまいにはアンタはボランティアの釣り人だねと言われてしまいました。
僕にとって最高のお言葉をいただきました。
201505111251504a4.jpg

7時過ぎ目の前から釣り始めです。
向こうに見えるのが大橋です。
地理不案内、初めてのところは勝手がわからないので、すぐ前が川でも入渓点を探すのが大変です。
二面護岸が続くので、水面までの高さをどうにかしないと入れないのです。
結局、100メートルほど下って田んぼの横から入りました。

ウンともスントモ。
静かなものです。

201505111251511fa.jpg

今回はこんなフライで釣ってみました。
不器用ながら連休中に巻いてみました。

20150511125154d84.jpg


最初の一匹は別嬪さんのアマゴ。
一昨年、リョウさんと北山村で釣って以来のご対面。
朱点が美しい。
小型ながら派手に出てくれました。
フライはエルクでした。
何度かフライを見に来る魚は居たのですが、鍛えられているようで目が肥えていました。
やっと釣れました。


20150511125156051.jpg


こんな流れが続きます。
フラットで歩くのも楽です。
しかし、ここは護岸が続き道路に出るには場所が限られ、初めてですからキョロキョロしながらの遡上です。


2015051112523294d.jpg



3匹目はこの魚?
形はヤマメ、薄く朱点が見えるのでアマゴのような、ウロコマークは鱒のよう??
何なんだろうか。


20150511125234cd4.jpg

途中から、全く反応が無くなってしまいました。
新しい足跡もあります。
先行者。
そろそろ道路に上がりたいので、先行者を追いかけて教えてもらおう。
そう思いスピードアップ。
見えてきました。
ポイントに的確に振り込んでいます。
上手です。
すぐ後ろまで追いつき、こんにちはと声をかけました。
凄い反応で死ぬところでした。
ビックリしてそっくり返り、ああああーーっと大きな声を出して。
申し訳ない事をしてしまいました。
危うく人殺しになるところでした。
釣果を伺うとアマゴ、岩魚、鱒併せて15匹。
見ている前でまた釣りました。
15cmぐらいでしたが即魚籠の中。
この少し上から脱渓しました。


2015051112523889d.jpg


もう11時です。
4時間歩きました。
道の駅に寄っておひるごはん。

1時前から野入川。
沢筋になります。
リーダーキャストを中心に釣りあがって行きます。
岩魚発見。
そっと落として流すと一発で食いましたが、合わせ切れ。
今季3度目の合わせ切れなのです。
実はフライを始めてから渓流で合わせ切れをした事がなかったのですが、今季3度目なのです。
落ち込みます。
三度ともリーダーキャストの状態で切れました。
思い当たるところはあるのですが。
どうして岩魚がいるかって?
それは合わせ切れをしたのですが、この岩魚逃げなかったのでティペットを変えてフライも結び直し、流してみたら喰いました。
先ほどのティペット付きフライを外してリリースできました。

6時間歩いて釣りました。
里川ですがさすがに疲れました。

20150511125402848.jpg

帰りに足助八幡宮に参拝してきました。




  1. 2015/05/10(日) 06:35:51|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

タイガー商会

北千種というところに住んでいるが、同じ千種区の豊年町というところにタイガー商会という会社がある。
1928年創業の町工場で熟練工が手作業で製品を作っているのである。
その会社が今年で廃業するそうである。
社長は80過ぎ、従業員もシルバーで後継者が育っていないのです。

タイガー商会では思い当たることは無いと思いますが、地球ゴマと言ったらアアアそれと気がつくと思います。
あの地球ゴマです。
ジャイロ効果を使った画期的なおもちゃです。
初めて手にした時の驚き、ガツンときました。
小学生でジャイロ効果なんてものはわかりません。
不思議な力は何処から?どんな原理で?
解らない?!

どうしてなんだろうと分解しました。
ジンバルの回転体とそれを支える外輪だけです。
ジンバル、軸受け、外輪の加工精度。
子供でもなんて精巧なんだろうと感心しました。
元に戻しても最初の動きは無くなりました。
調整ができなかったのです。

そのままの状態で放ったらかしに。

科学少年はこんなことをしたんだろうな。
シンプルながら奥が深い。

この原理を使った機材は乗り物にたくさん使われています。
その原理を理解する上で最高の教材でした。

因みにカーナビにも付いていますよ。

飛行機の姿勢指示器、航法装置、リモコンヘリ、最近話題の首相官邸に墜落したヤツ。
三次元の動きを記録することも制御することもできる。
そんな機材の心臓がこれなんです。

もったいないな。

ネットではプレミアが付いて高値取引だそうです。
直接、タイガー商会に行ったら売ってくれるだろうか?

思い出に一つ欲しくなりました。
続きを読む
  1. 2015/05/07(木) 07:10:23|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

蓮馨寺で鎧着用体験のお手伝い!

 獅子の会に入会させて頂き、見習いの身として活動のお手伝いをさせていただいています。
 一昨日の小田原 北条五代祭りに引き続き昨日は蓮馨寺境内で鎧着用体験のお手伝いをさせていただきました。
 3月28日の小江戸川越春祭り開催イベントの演武に始まり今回が春祭りとして最後のイベントです。
 
DSCN0818.jpg

 会員の皆様は鎧をてきぱきと着せていきます。
 子供たちを中心に中には大人も。
 やんちゃな坊主が鎧を着ると顔が変わります。
 うるさい、無作法な動作も袴を履き、脛当てを着け、胴を付けるころになると静かになってきます。
 兜をかぶるともう侍です。
 やんちゃ坊主が、行儀作法を極めた侍に変身です。
 外に出て、お寺に参拝を済ませ、戻ってくると顔つきも変わっています。
 挨拶もできず、無作法な子供が鎧を外す段階になり全てが終了すると、ありがとうございましたと敬語でお礼を言って帰ります。
 何を指導するわけではありませんが、脇で見ていて子供たちの変身ぶりには驚きです。
 この鎧は全て本物であり、年代物です。
 形から入るというのでしょうか、気持ちが変化するのが良く判りました。
 伝統の素晴らしさとつくづく思いました。

DSCN0823 - コピー

 さて、私はというと鎧を一人で着用できません。
 今回は自分の勉強です。
 袴の履き方、鎧の装着法、草鞋の履き方を3度練習。
 どうにか形になってきました。
 川越に帰って一番の収穫でした。
 会の皆様には細部までお気遣いを頂き、装着にあたってのコツを指導して下さいました。
 何の役にも立てないので、今回はこの格好で立っていました。
 ちなみにこの兜は徳川初期、400年前の物だそうです。

 この連休は有意義に過ごすことができました。
 明日、名古屋に戻ります。
  1. 2015/05/05(火) 21:16:48|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ