小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

アマゴの顔を見に飛騨川流域へ


今週は月曜日から一週間、長崎でオイカワ遊びを楽しんできました。
金曜日、名古屋に戻ると土砂降り。
明日はゆっくりしよう。
そう思って起きた土曜日の朝。
洗濯を済ませ部屋の掃除。
天気予報では愛知県晴れ、岐阜県曇り。
どうしようか?
昨日の雨でカフェオレなんだろうな。
でも蟲が騒ぐ。
釣りは無し、川を見に行こう。

20150628045222f9b.jpg

8時過ぎ、見に行くとはいえ、もしかしてがあるので道具一式を積んで出発。
ネット検索で白川その上流が加子母川、飛騨川漁協管轄の河川。
様子を見に出発です。
高速道路を使うと中央道中津川インターから向かうと直ぐのようですが、急ぐわけでも無し。
初めてのところなので付近の川を見たりしながら行きたい。
小牧を通り美濃加茂、川辺、七宗、白川東白川を経てやってきました。




201506280453028b0.jpg

どの川も鮎でした。
水位が上がっていますが銀座のよう。
隙間なく鮎師が入っています。
6月20日解禁で一週間。
漁協も鮎を主力としていますから、日並み情報は鮎中心。
どこもこの状況で、フライを楽しめるところはなかったのです。

20150628045221a74.jpg

加子母道の駅でほうば寿司を購入。
ほうばの大きな葉っぱに酢飯に具材を乗せて包んであります。
これが3個入っていました。
美味しい。
初めての土地ではできるだけ地場産の食材を食べることにしています。

因みにお寿司を買う前に東白川村の道の駅ではツチノコの丸焼きを食べました。
あのツチノコです。
釣りキチ三平を愛読している方ならよくご存知のはずです。

加子母道の駅で渓流釣りに来たんですがと尋ねると本流は鮎中心でフライは無理とのこと。
この時期は支流に入ったほうが良いと教えてくれました。
何時の間にか釣りモードにスイッチが入ってしまいました。
オススメは源流の乙女渓谷。
ご遠慮しました。
安近短がモットー。
単独釣行は人家の直ぐ横、車を停めて即キャスト。
こんなところでないと安全が、何かあっても助けてもらえません。
支流を見ながら今来た道を戻ります。


20150628045224166.jpg

東白川村に入って直ぐ、誰もいない川を見つけました。
直ぐ横にある旅館で遊魚券を販売していたのでこの川の状況を教えてもらいました。
大明神川といいまして、蛍が飛ぶんです。
7時過ぎが一番良いですよ。
本流では飛びません。
この川だけです。
安全でしょうか?
それは大丈夫。
上流まで家があります。
軒先の釣りですから。
ただし、魚は小さいですよ。

小さかったです。
しかし、アマゴが沢山います。
このアマゴ、初一発で向こうの巻に落としたら下から出てきました。
午後1時、釣り開始です。
誰も入っていないようで、ここと思うところからは期待通りに思った出方。
合わせの練習日。
オイカワ遊びのようです。
長崎で韋駄天さん、お参りして爆釣祈願をした甲斐がありました。



20150628045225336.jpg

左は道路、川に入らなくても大丈夫なくらいです。
蜘蛛の巣が張って釣りにくい。
皆様、鮎解禁でそちらに向かったようでゆっくり楽しめます。
ここはもう止めて場所移動。
下流へ向かいます。
蜘蛛の巣が張って面倒臭い。


2015062804522651d.jpg

蜘蛛の巣は無くなったがアマゴの出が悪い。
釣れるには釣れるが、数が少なくなってきたのです。


201506280452565c5.jpg

その分釣れるのはこの方。
バシャッと派手に出ます。
ところによってはキャスト毎に。
かわむつさんは長崎で十分に堪能したのでご遠慮していただきたいのですが。
自己主張が強すぎます。

201506280452593bf.jpg

下ってくると少し型が良くなったような。
でも20cmぐらいでしょうか。
ポツポツと出ました。


20150628045259ba0.jpg

車を停めて直ぐキャスト。
理想的。
平場の川で遡行も楽です。
単独釣行は安全第一。


20150628045300133.jpg

今回のアマゴ遊びで一番嬉しかったこと。
#12のエルクヘアカディスで釣りました。
最初から最後までこのフライ一個でロストなし。
ウインドノットもなし。
当然、ティペットは最初に結んだ0.8号を最後まで。
因みにリーダーはラインを使い始めた時につけたままなんで二年もの。

振り返ってみると絡まったラインの処理、枝に引っ掛けてフライロストこんなトラブルで釣っている時間より処理をしている時間の方が長いような。
魚が沢山いれば釣れるのは当たり前ですが、釣りに集中できるのはもっと大事。
ドライ一本勝負。
最後まで集中することができました。

キャストは大事。
世界が変わりつつあります。

スポンサーサイト
  1. 2015/06/28(日) 06:08:54|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

遂に韋駄天が挨拶に

木曜日早朝

長崎も4日目、明日は帰らなければなりません。
前日は韋駄天に爆釣祈願をしておいたので期待ムンムンで臨みました。



20150627044546540.jpg

中島川はここで二股に分かれます。左に西山川右が中島川本流となります。
いつもはこの分かれ目まで釣り上がりですが今回はここから釣り始めです。
このポイントはカワムツが沢山います。




20150627044547602.jpg

釣りあがって直ぐでした。
韋駄天が挨拶に。
中島川 初韋駄天。
釣った瞬間、引き方が違うのできた〜っとわかりました。
このギラギラ、大きなヒレ、正に韋駄天でした。

先にオイカワとカワムツの棲み分けについて書いたことがありますが、この場所はセオリーどおりでした。
流れの強い流心にはオイカワが。
特に瀬頭は韋駄天がしっかりと独占していました。
石裏などの淀みにはカワムツが付いています。


2015062704454951b.jpg

流れから引き上げる瞬間のオイカワ。
ピントは合っていませんが躍動感があったのでアップ。


201506270445503cb.jpg

同じところでまた釣れました。
優勢な個体が釣られると次の順位にいる個体が縄張りに入ってくるようです。
鮎の縄張り。
渓魚の縄張りと同じく種を残すために熾烈な争いを水面下で繰り広げているのがわかります。


20150627044552f2c.jpg

二面護岸で上流部は趣が少し無くなりますがこちらにも石橋はかかっています。
流れ沿いに歩道もありアクセスは抜群。

長崎オイカワ遊び、楽しめます。

因みに浦上川も車庫から少し歩いたところにポイントがあります。

長崎の方も海ばかりではなくオイカワ遊び如何でしょうか?

  1. 2015/06/27(土) 05:10:23|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本物の韋駄天と対面 聖福寺天王殿


韋駄天とやっと対面することができました。
重要文化財に指定されている聖福寺天王殿にしっかりと鎮座していました。
婚姻色に染まり機敏な動き、その雰囲気に最も当てはまるものが韋駄天。
名前をつけてから韋駄天は何処にと探し続けました。
国立博物館の学芸員に尋ねても明確な答えは返って来なかったのでした。



201506250455244fd.jpg

韋駄天
仏舎利を盗んだ者を追いかけてあっという間に捕まえたから足が速く機敏なことの例えとされています。
盗難除けとしても信仰されているようです。
このように大きな像が安置されているのは非常に珍しく通常は庫裏の廊下などに小さな像が置かれているようです。
長崎には原子爆弾が落とされ甚大な人的物質的被害をうけました。
生き残った方でも未だ後遺症に悩まされている方々がいらっしゃいます。
この地区は投下地点の山陰で爆風を避けられたようでした。
建物が当時のままに残っています。
韋駄天さんもこのとおり生き残ったのです。
その表情は温和、手を合わせ何を願っているのでしょうか。
全体の色合いは薄れ金箔が所々残っているのみですが、ギンギンギラギラまばゆいお姿だったことが想像できます。
まさに韋駄天です。



20150625045523167.jpg

お腹には虎でしょうか。
恐ろしげな顔があります。
衣装は武具か?
帷子らしきものをまとっています。
イメージ通りのお姿でした。



20150625045522b3f.jpg

韋駄天さんがいるところ。
韋駄天ファンにとってここは聖地!
長崎に来る機会があれば絶対ここにお参りし、韋駄天さんにご挨拶ですよ。

このお寺は今大変なことになっています。
修復が必要ですが、そのまま、倒壊の危険があります。


20150627041846e80.jpg

お堂を裏山から見るとこのとおり、ボロボロで屋根に穴が開き応急処置中
倒壊するのも時間の問題のようです。
これを見かねた有志が募金活動を開始しています。
長崎市内には唐寺が四寺あります。
他のお寺はしっかりとした管理がなされ綺麗に整備されているのですがこのお寺だけはボロボロ。
どうしてなんでしょうか?






20150627041403c48.jpg

別の韋駄天です。
ピカピカでギラギラ。
金の輝きの下に青、朱、黄などの原色が隠れています。
同じ韋駄天でも別物のようです。
こちらは隠元禅師が開いたと言われる興福寺本尊の正面右脇に立っています。
堂内撮影禁止なので外から撮りました。
それでも輝きが、十分にわかります。
甲冑を纏った凛々しい姿。
色彩の鮮やかがよくわかります。
正に韋駄天でした。

実は早朝の訪問。
前日聖福寺天王殿に鎮座する前出の韋駄天に川でも会えないかお願いしていたのでした。

参拝前に川でお会いして、今度はこちらで思いかけずも会うことができたのでした。



  1. 2015/06/25(木) 05:29:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長崎は今日も雨だったが、釣りの時間は雨が止む!


今週は月曜日から長崎に来ています。
長崎と言えば眼鏡橋、中島川にかかる石橋群の中でも一番の目玉です。
この川にはオイカワ、カワムツが沢山います。
出張の釣りには最適、足場が良くてウェーダーなどは必要なし。
テンカラと何があっても大丈夫なようにフライロッドを持ってきました。
テンカラがちょうど良い感じの川ですね。


20150624101744e81.jpg

一年ぶりの中島川。
ここにオイカワ、川ムツがいるなんて地元の方知らないのです。
眼鏡橋のすぐ下流まで海水が入ってきます。
こちらの方は川釣りはしないのです。
だってすぐそこが海ですからね。
地元の方から何が釣れるかと良く聞かれます。
オイカワですと説明してもほとんどの方が知らないのです。
画像を見てもらい、へー、こんな綺麗な魚が居るんだとやっと気がつきます。


20150624101739181.jpg

観光客が沢山いるので釣りは少し上流で
ここちらには観光客がほとんどいません。
橋の下でオイカワ遊び。
足場も良く川の幅を考えるとテンカラに最適。
小畔3号に良く反応しました。
綺麗な雄ですが韋駄天までは変身できていないようです。


2015062410174121f.jpg

ググッと竿を曲げたのは赤不動!
デカイ!
こんなのがいるんです。


201506241017427ba.jpg

なんでこんな目に会わなくちゃいけないのと言っているような目。
あかふどうですね。

中島川のことで少し気になっています。
ここでオイカワを釣り始めて5年。
最初はオイカワが優勢でしたが最近は殆どがカワムツに変わってきました。
10対1ぐらいに少なくなってきました。
  1. 2015/06/24(水) 10:14:49|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

矢田川で名古屋の韋駄天とご挨拶!


矢田川 オイカワ道場!

やっと韋駄天さんと対面できました。



20150620214726743.jpg

矢田橋周辺はアクセス抜群、オイカワ遊びには最適です。
名古屋ではシラハヤと呼ばれています。
今日は活性抜群、楽しみました。
日も陰った五時から7時まで十分に楽しめました。


20150620214726a54.jpg

今季初!
矢田川韋駄天が釣れました。
定番の瀬頭。
今までの引きとは全く違う。
もしかして?
そう、もしかして韋駄天を釣りました。
名古屋で初です。
少し顔が黒くなって、体が色着いて。
埼玉の韋駄天と比べて、やや薄めの極彩色!
しかし、ヒレは発達しており引きは抜群です。



2015062021472843a.jpg




201506202148107e6.jpg

2枚泳いでいるところ。
嬉しかったのは小畔3号で狙って釣ったことです。
定番の瀬頭でライズ!
今日は風が強く僕にとっては難しい状況でしたが、狙ったところにフワッと着水。
うまい具合にドラッグもかからず自然に流れたら。
バシャッと出てくれました。
なんか悔しそうな顔に見えるんですね。


20150620214812a87.jpg

薄暗くなってきたら大きなライズリングが連発でした。
これを見逃すなんてできません。
何度キャストをしても反応無し!
オイカワ気持ちがわからない。
さっきまでは少し上流で反応してくれましたが、ここでは無視されっぱなし。
こうなると燃えます。
燃え尽きてしまい、遊ばれてしまいました。
明日の朝は仕留めるぞと誓って止め!



201506202148137de.jpg

気がつくと7時過ぎ、薄暗くなりかかり。
2時間堪能させて貰いました。

何度も矢田川に通っていますが、シラハエ遊びをしている方を見かけません。
フライでオイカワなんて方は当然ですが誰もいません。

勿体無い。
名古屋の方はフライでオイカワ・・・・・・・シラハヤの楽しさを知らないのかしらん?
以外と難しくて奥が深い。
自転車ですぐそこ、電車で来ても駅からすぐそこ。
スニーカーで🆗
お手軽釣行なのです。
この釣りでオイカワをしっかりドライで釣ることができる方は渓流なんか屁の河童!
練習に最適です。
中には雑魚釣り専門で渓流よりのめり込んでいる方も沢山います。

名古屋の方は勿体無い事をしていますね。

明日の朝も涼しいうちにリベンジだー!

  1. 2015/06/20(土) 22:05:32|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポンシュ館???


職場復帰して始めての出張は新潟。
懐かしい街であります。
駅前の繁華街しか知りませんが十数年間通ったところです。

一年間のお休みを挟んで久しぶり、変わっていました。



2015061807171136e.jpg

こちら側は昔ながらの新潟駅ですが心なしか人通りが少ない。
6時でした。
毎朝、日の出とともに活動を始める生活習慣を変えるのは難しい。
川越では行かなくっちゃと出掛けるところが何箇所かあるので、竿を担いで一目散。
名古屋でも6時過ぎには出勤するので、朝の時間を有効に使っています。
しかし、出張先では釣りポイントが限られているので時間を持て余してしまいます。
そんな時は朝散歩。
今朝もゆっくり駅周辺を散策してみました。



20150618071712013.jpg

越後のお酒ミュージアム?
何コレ
昨日の朝も歩いた同じ道、気がつかなかった。
不覚!



20150618071714ca4.jpg

駅の西口、東口を結ぶ連絡通路にありました。
仕事が終わったらユックリ利き酒ができたのです。
新潟の酒造メーカーのほとんどのお酒が揃っているのです。
呑兵衛にとって天国みたいな場所があったのでした。
なんたる不覚!
次の泊まりでは必ず入る。
外から覗くだけではね。



20150618071715639.jpg

で、もう一つ。
新潟にはこんな納豆がありました。
今日の昼ご飯。
周りが迷惑するかもしれないがそんなこと気にするよりも好奇心の方が強いの。



20150618071716b52.jpg

こんな感じ。

次の宿泊地は仙台。
牛タンそれとも駅そば!、

  1. 2015/06/18(木) 07:45:40|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京国立博物館

上野公園には国立の博物館が二つあります。
科学博物館とこちらの博物館、巷では東博で通用しているようです。
文化財を展示しています。

四月から鳥獣戯画を特別展示していましたが、残念ながら見逃してしまいました。
特別展示がなくとも展示物を入れ替えているので、いつ行っても飽きる事なく見入ってしまいます。

お気に入りの場所です。

実は前記事の続き、虎ノ門で野暮用に続き、ステーキを喰らったその後は上野で途中下車、こちらに寄り道をして帰ったのでした。


201506170528348f0.jpg

何度通ったでしょうか。
この建物を見ると入ってしまうんです。
不思議な魅力です。
京都でも奈良でも。



20150617052833dec.jpg

実は昨年もパスポートを購入していました。
大阪勤務の時は京都博物館のパスポート、昨年は東京を購入。
いつでもフリーで入館できます。
特別展示は年間で6回無料です。
入り浸りを目論んで購入しましたが、4月から名古屋単身生活。
博物館に行くのが難しくなりました。



20150617052836d30.jpg

涅槃像です。
これも重要文化財に指定されています。
お茶目ですよね。
笑ってはいけないのでしょうがクスッと笑いそう。
お釈迦様の最後のお姿ですがなんとなくユーモラス。
国宝も沢山展示されています。

実は鳥獣戯画展示、2回に分けて行くつもりでしたがこの日の前週に展示期間が終了していました。
ガッカリ

特別展示期間は終了していましたが、一般展示の目玉として今回は日御碕神社所蔵の甲冑が展示されていました。
源頼朝が身につけていた鎧兜が展示されていました。

画像が多いので続きに画像をアップします。
因みに博物館では撮影禁止の展示物と撮影可能な展示物があります。
よく確認してから、撮影はフラッシュ厳禁です。

続きを読む
  1. 2015/06/17(水) 06:17:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

韋駄天と再会!


釣友のにんにんさんからは煽られっぱなしです。
高橋の瀬頭、鉄橋上、韋駄天釣れてます。
メールに画像添付で小畔近況を教えてくれます。

行かなくっちゃ!




20150613090409f3c.jpg

金曜日、虎の門から国立博物館、霞ヶ関に戻って全ての用事を済ませて4時過ぎ!
行かなくっちゃです。
久しぶりの飛び石。
今週は田植えもひと段落、雨も時々降っているようでちょうど良い水位。
ここから小畔遊びです。
今日も右岸を歩いて来ると餌釣りの方が3人、顔見知り。
今日はどう?
だめだ。
そうか?
昨日は釣れ過ぎ?

今日はどうか知らん?



20150613090410252.jpg

何投かで釣れましたが、反応が悪い。
時合でしょうか。
もう少し日が傾くとライズも活発に出るはず。
そう思って何箇所かチェックしながら下流へ。

20150613090411e68.jpg

この看板、お馴染みですね。
ここに設置して五年以上経っています。
最初は杭を打ってそこに打ち付けてありました。
ある日、誰かが火を点けたのでしょう、看板が焦げました。
杭が折れました。
看板が外れました。
誰かがここに置いてくれました。
時々無くなります。
誰かがここに持ってきてくれます。
大雨が降って流された事もありました。
誰かが拾ってここに戻してくれました。

戻り看板!

戻り地蔵は聞いた事がありますが戻り看板はここだけです。
小畔遊びをする方にとっても愛されている看板です。
こんなのが好きですね。


因みに幾つかプラカードを設置したのですが、他は全て無くなりました。




20150613090413e98.jpg

ずーっと下って吉田橋の瀬。
やっと出ました!
韋駄天さん!
君に会いたくて、会いたくて。
やっと1年ぶりのご対面。

ズンと来る感覚が違います。
綺麗です。
ギャラリーが喜ぶ喜ぶ。
これなんですか?
見た事無い。
綺麗、綺麗。
興奮。



201506130904147fa.jpg

こちらのご家族と一緒に釣りました。
お母さんから、ブログに載っても大丈夫との事で子供さんの笑顔をアップ!

3人に釣った時のブルブル感を体験してもらいました。
大興奮。
オイカワもつかめます。
近い将来の釣りガール、釣ボーイ誕生の時でした。
オイカワも気を使ってくれて普段は良型があまり出無いのに、連発で入れ食いです。
良型ばかり、韋駄天さんまで挨拶に来てくれました。

お父さんはフライマンとか。
小畔あそび、今度はご家族で来てください。


  1. 2015/06/13(土) 09:42:21|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

急に肉が食べたくなって


金曜日は野暮用で朝一から虎の門へ。
昼に解放され新橋駅に歩いていくと、腹減った!
朝飯抜きですからね。




2015061308381440a.jpg

昼からステーキ。
素敵なステーキを喰らいました。
食べるではなく食らうなのです。
ドーンとこの量、御飯もサラダもスープまで。
値段が値段なのでそれなりかなと思いながらの注文。
当然、輸入肉。
国産霜降りの脂が乗った肉を求めてはいけません。

あまり焼かないで出しています。
お好みの焼き加減になるまで待ってから食べてくださいと説明あり。
鉄板がチンチンに熱い。
肉がジュージューいってます。
エプロンをつけてのお召し上がりでした。
美味しかった。
オーストラリアではレアは無い。
寄生虫がいるから恐ろしくて生は食べない。
現地の方は言ってました。
最近は、輸出に当たって管理されるようになり、餌、環境が抜群に良くなり安心ですよと教えられました。
毎日食べていた肉と同じ。
あちらの生活を思い出しました。

完食!





20150613083815cb1.jpg

コレって何も考えず注文しましたが300gでした。


201506130838179cc.jpg

外も観察せずにぷらっと入ってしまったので帰りに店構えをチェック。
行列ができていました。

店を挟んで手前側にずらり並んでいました。

  1. 2015/06/13(土) 09:00:30|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの小畔遊び オイカワ絶好調!n


今週は月曜日の晩に帰って来て翌火曜日から福島へ。
雑務をこなして木曜日の夕方川越に戻ってきました。
いつもでしたら、福島で忙しくても渓流に行く時間を作りますが今回は無し。
夕方、早速小畔川へ。


20150613081238d16.jpg

金堀橋の平瀬。
五時過ぎフライマンが一人入っていました。
どんな具合か暫く土手の上から見ていました。
上流川と下流川にキャスト、存分に楽しんでいます。
貸切ですからね。

釣りが終わってご挨拶。


20150613081239d16.jpg

平瀬上のプールに入りました。
時合でしょうか。
ライズ、ライズ!
瀬頭を中心に良型のライズ。
良い時期になりました。



20150613081240922.jpg

10cmぐらいがアベレージ。
そんな中、イワシを超える良型が出ましたが、カメラを準備中にドロン!
大きかったな。
小型と違い、モワッと出て食ってから瀬を下り釣り心地満点。
最近の一番でした。


201506130812421fe.jpg

このクラスは入れ食いとまではいきませんが活発に反応してくれました。

  1. 2015/06/13(土) 08:32:29|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0