小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

渾身のオイカワ


ここのところオイカワとはご無沙汰なので夕方矢田川へ。
昨夜からの大雨でカフェオーレ状態。
そんな中で、ドライで釣る事が出来ました。
値千金の釣りでした。



20150829200153b34.jpg

明朝1番で荘川へ向かう予定ですが、どうしてもオイカワを釣りたくなり矢田川道場へ。
おもったカフェオーレ状態。
ドライで釣るにはとても厳しい状態でした。
濁った時は匂いの強いエサ
王道ですね。
こんな時、フライはとても厳しいのです。
そのシルエットとハックルなどが水流と反応し
て発生する振動を利用して魚を騙して釣るのがフライフィッシング。
濁りが強くほとんど見えない状況ではお手上げ。

そんな中でエサ釣りの方が沢山釣っていました。
セオリー通りです。
匂いが強いエサを付けてオイカワを釣っていました。
私はウェットで全く反応が無いのでドライに。
ライズ?
リングが見えました。


2015082920015581c.jpg

エサ釣りの方が帰った後、前方の瀬頭で時々ライズリングが見えました。
ピンポイントにフライを落としてドラッグをかけずに自然に流して、何投目でしょうか?
やっと釣れました。
値千金の釣りでした。

いつもと違い厳しい条件で釣れたのではなく狙って釣った時の達成感。
満足の釣りでした。


オイカワ釣りは渓流釣りの全てを含んでおり、アップのドライで狙ったとおりに釣る事ができれば、渓流では怖いもの無し、最高の鍛錬ができるというのが私の考えているところです。
そのため、オイカワ釣りを敢えてオイカワ道場、鍛錬、修行などという言葉を使うようになりました。

先に書いたと思いますが、オイカワのドライフライに反応する時間は0.1秒と言われています。
ヤマメは0.5秒、イワナは1秒と言われています。
オイカワで合わせが確実に出来ればヤマメ、イワナの合わせは問題無し。
むしろ早合わせになってしまいすっぽ抜けが怖いくらいです。
変にドラッグがかかると食いません。
ナチュラルドリフトができないとドライの釣りはとても厳しいものになります。
敢えてティペットを短くして流れを読んで流す練習に心がけると渓流でもどのように流したらよろしいか直ぐに判断できるようになります。
また、流せるようになります。
鍛錬により釣れる釣りができるようになります。


と言いながら、今日はこの一匹が釣れなければ坊主でした。
厳しい釣りでした。
しかし、値千金 一匹で満足しました。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/29(土) 20:16:59|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荘川へ行こうと思ったが大雨警報で順延

今週は忙しく先週末石徹白川で楽しんできたがブログ更新もままならない状況でした。
魔道を歩む事ととなったNGHRさんの渓流デビューでした。
C&Rエリアの峠川から開始、石徹白川本流、道川と歩いたが残念ながら釣れなかったのでした。
魚は出るのですが合わせがないため魚がフライを離してしまいました。
優しい性格なのですね。
そんなわけで今日は荘川に行くつもりでしたが、大雨警報で雨量も半端ではなく勇気ある中止を4時に決定。
明朝4時NGHRさんが迎えに来ます。
リベンジ!
明日の川は増水から水位も下がりベストの状況になる予定。
初めての岩魚、ぜひ釣ってくださいね。
明日が待ち遠しい。
今夜もなかなか眠れないかも!

201507260631087bf.jpg

この画像は前回の釣行で参拝した白山中居神社、大漁 安全釣行祈願をしてきました。


ところで、アクセスカウンタがもうすぐ凄い数字になりますよ。
ヒットされた方はご連絡ください。

  1. 2015/08/29(土) 13:14:58|
  2. 名古屋の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆休暇は竿を持たずに福島へ

毎年の事ではあるが、お盆は福島で過ごしています。
今年は一大決心、竿を持たずにひたすらお盆供養です。



DSC01146.jpg

今年のお盆休みは8月8日から16日までの9日間。
充実した日々を過ごさせてもらいました。
4日から7日金曜日まで鹿児島出張。
夕方、職場に戻り書類整理の後、7時前職場から車で出発。
産業道路、伊勢湾道路、東名高速、外環道経由で自宅に到着したのは11時過ぎ。
結構疲れます。
火曜日から福島に。
竿を持たないのは初めてでした。
福島も暑い。
この画像は14日、川越に戻る朝の状況。
前日から雨模様肌寒いです。
寒暖の差が激しすぎ。




FullSizeRender_20150815174636ef5.jpg

田村市滝根町周辺のお盆は一年で一番の道路混雑。
新盆回りという風習があり新盆のお宅を回り焼香するのです。
これがはんぱではありません。
昨年、一昨年も書いています。
今回は山の中。
直ぐ先に新盆回りの御宅があります。
山に雲がかかり不穏な天候。
実は左下が問題なのです。
竿は持ってきていません。
ここを下ると沢があります。
イワナが居るんです。
人家の直ぐ脇、居るところにはいます。





FullSizeRender_2015081517442019c.jpg

こちらは母方の菩提寺。
三春町内の法蔵寺。
ハスがとても綺麗でした。




FullSizeRender_20150815174419dfb.jpg

せっかくなので、中学校に寄ってみると荒れ果てていました。
どうしたのだろうか?
同級生に聞いてみると、街中から郊外に移転したとのこと。
なんか寂しい。



FullSizeRender_20150815174635ac3.jpg

高校は昔のまま。



FullSizeRender_201508151744156e0.jpg

夕飯は田村屋で五合蕎麦とかき揚げ。
奥の手が写っています。
これが五合。
二人で腹一杯。

因みに、普通、大盛り、特盛り、五合、一升があります。
特盛りまではお一人様。
五合は二、三人で丁度良い。
一升は四、五人で十分な量。


DSC01148.jpg

14日は福島経由で親戚の新盆とお墓まいり。
途中、こんなものが道路脇に。


勿体無いことをしたなとお互いに。
福島のいとこは二十代からフライを始めている。
病気のようで、季節になると家族のことも忘れてしまい竿を持ってフラフラっと家を出る日々が続いているそうである。
もっと早く僕にうつしてくれたら早くから幸せだったのにね。
供養よりも釣りの話に夢中になってしまった。

お盆のラッシュを避けて、今朝は五時過ぎに川越を出発。外環道から中央フリーウェイを走って名古屋に戻ってきました。
渋滞なし。
10時前に到着。

明日からまた仕事だ。
なんと、東京出張です。
このまま川越から出勤したかったのが本音。

続きを読む
  1. 2015/08/15(土) 18:02:18|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今朝の小畔川 軽くあしらわれる


昨日の朝は右岸を犬の散歩を兼ねて散策でしたが今朝は左岸を上流に向かいました。

20150810221949571.jpg

金堀橋から左岸を上流に向かいました。
雰囲気が同じ川でも全く違います。
こちらは草刈り前、別の川のようです。


201508102219508bc.jpg

登り始発が鉄橋を渡りました。


20150810221948fda.jpg

飛び石の橋
今朝は左岸から。



20150810221946407.jpg

ドライ一本勝負
オートリリース
この一匹だけ手元に来ましたが、今度は岸でオートリリース。
泥だらけ。
かわいそうな事をしてしまいました。
直ぐに川に戻すと元気よく深みに戻って行きました。

ライズはどこでもあるのに、軽くあしらわれてしまいました。
少し欲求不満の釣りになりました。


  1. 2015/08/10(月) 22:31:39|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今朝の小畔川  二か月ぶり

 今朝は小畔散歩。
 お盆休みで二か月ぶりに名古屋から帰ってきました。


image1.jpg

 今朝5時過ぎ、金堀橋から右岸を飛び石までそして折り返し、八幡橋まで下り戻ってきました。
 金堀橋から鉄橋まで右岸はきれいに散髪。


image3.jpg

 鉄橋をくぐり吉田橋の新飛び石。
 水量が少ないようです。
 河床もフラットになったようです。
 先の台風で大水が出て以来、まとまった雨が降っていないようで水位低下。
 底石も汚れています。
 一雨欲しいところです。



image4.jpg

 今朝もありました。
 戻り看板!
 こうやってどこかに流されると心ある方が元に戻してくれる。
 ありがたいことです。


image5.jpg

 飛び石の橋です。
 二か月ぶり。
 ここで石の出具合を見ながら水位を判断すると帰って来たなと実感します。
 ここまで歩いてきながら水面を観察。
 いたるところでライズが確認できました。


image6.jpg

 飛び石で折り返し、癒しの瀬まで戻ってくると あらいさんが何時ものようにウェットで快調にオイカワを釣りあげていました。
 久しぶりです。
 最近の状況を伺いました。
 癒しの瀬は絶好調だそうです。


image7.jpg

 お手製のタックルです。
 竿、ライン、リーダー、鈎 全て自作で楽しんでいます。
 オイカワ釣りの楽しみは安近短、誰でも楽しめる釣りです。
 自作タックルで楽しむも良し。
 奥が深いです。


image8.jpg

 鈎を頂きました。
 フィールドテストを依頼されました。
 テストの必要なしです。
 見ただけで直ぐに判ります。
 大きい方の毛むくじゃら、これは入れ食いでしょう。
 今日は極小さい#30以下のユスリカのような虫が飛んでいました。
 オイカワはこれに反応、ライズしていました。
 右上のフライでしたら一発で食ってきます。
 良いフライです。

image1_20150809170305fb8.jpg
 
 あらいさんと別れて金堀橋から右岸を八幡橋に向かい散歩を続けます。
 右岸は公園前の階段まで綺麗に散髪がされていました。
 土手の上からもライズが見えます。
 サギが狙っていました。


image2_20150809170307d3b.jpg

 八幡橋から金堀橋に向かって上流側です。
 
 僕は鉄橋から上流よりも下流側を中心に釣るようにしています。
 特に朝夕は散歩の方がたくさん歩いているので後ろが気になるし、事故防止の観点からもできるだけ下流側で釣るようにしています。
 画像を見ても判るとおり、人が居ません。
 川に入ってしまうと誰に気がねすることもなく、ユックリと楽しむことができます。
 草刈りもされてアクセスも良くなっています。
 良型も出ますよ。
 ウェットでダウンクロスの釣り下がりも良し、ドライで岸沿いからのキャッストでバッシャンと出るのを楽しむのも良し。

 渓流感覚で楽しめます。

 先ほど釣友のにんにんさんから画像付メールが入りました。
 癒しの瀬で韋駄天さんとご対面だそうです。
 夕方が楽しみです。


  1. 2015/08/09(日) 17:14:08|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千歳の休日 その2


支笏湖からママチャリで千歳川をユックリ眺めながら、途中 サケマス孵化場を見学して千歳に戻りました。


20150803063613fe0.jpg

支笏湖を出発すると上り坂、そして峠を越えると下りが続きます。
しばらくは千歳川と離れていますが徐々に川に接近です。
森の中を流れています。
植物には詳しくないのですが、流れを樹々が覆い手前の土手には違った木の種類、その下には大きなフキが沢山生えています。
注意して画面を見るとトクサでしょうか、緑色の節を持ったまっすぐに生える植物が群生しています。
漢字では砥草、木賊色々な書き方がありますが、漆器などの上研ぎをする時に使うと聞いています。
この草は千歳市街からここまで日陰ではどこにも生えています。
本州ではあまり生えていないので気候が合っているのかと思いました。

2015080306361402e.jpg


サケマス孵化場が近づくとこんな看板が出ていました。
釣り自粛のお願いなんです。
自粛??
産卵場所を守るために自粛して欲しいというお願いです。
看板設置者に漁協が入っていません。
漁業権が無いところでの保護は難しいようです。
さけますセンターの名前で書かれています。
孵化場のことです。
見学に訪れたのですが、すぐ前からウェーディングステッキを持ちウェーダーが濡れたフライマンが川から上がってきました。
自粛だからどうでもいいんですけど、看板を見て事情がわかっていたら釣らないほうが良いと思います。
この川は豊かです。
いたるところがスポットですから、ここで釣らなくても十分に楽しめます。
この日、スニーカーで自転車を漕いでの散策ですが、こんな服装で大丈夫なポイントから釣りをしながら下って行きましたらしっかりと反応がありました。
バシャッと出ましたよ。
残念ながら鈎かかりはなかったですが楽しめました。




2015080306361522a.jpg

さけますセンターでは見学コースがあり、楽しめます。
オショロコマ
ブラウンに食べられて数が減っているそうです。
河川改修で堰を作り、流れがフラットになったこと、その事で河畔林の植生が変わり日がさすようになったため、水温が上昇して生活範囲が更に狭まった。
こんな事が重なってどこにでもいたのが、上流へ北へすみかが狭まっているようです。


201508030636165c1.jpg

紅シャケの稚魚との事でした。
稚魚は皆同じに見えてサケ、マス、アメマス、見分けがつきません。
大きなヒメマスが手前に泳いでいます。
お昼ご飯にいただきました。


201508030636181c1.jpg

ブラウントラウト
模様が水玉で綺麗です。
千歳川で釣ったものと少し違うように思いました。
色が違う、顔の形が違う太さが違うように思いました。
河川に生息するものはより鮮やかであり、顔も精悍、少し尖っているように思いました。

釣り雑誌などにネイティブのブラウンとかレインボーと紹介されていますがホントと思う事があります。
どこかの釣り堀から逃げ出したり、不心得者が密放流した個体が、繁殖したもので元々生息していたわけじゃない。
現実に繁殖しているこの種の魚は野生化したと表現するのが正しいと思っています。
ネイティブのとは在来種を言うのではないかと思っています。



201508030638252fe.jpg

凄い顔をして怒っています。
何で俺がこんな狭いところに押し込められて晒し者になってなきゃいけないんだ。
でかい
名はイトウ 魚へんに鬼と書くがiPadでは変換できず!


201508030638273ef.jpg


更に下ってくるとキャス練をしている方々が
家の前の流れにキャス練用の台を設置千歳川の流れにダブルハンドのキャスト。
練習をしている方と横で見てアドバイスをされている方、良いですね。
家の前でキャス練、理想です。

更に市街地へ

10時過ぎに出発し見るもの満載。
川沿いの風景は飽きません。
6時に自転車を返却。
千歳の休日が終わりました。

ちなみに翌日曜日仕事も終了し名古屋に帰ってきました。
名古屋に到着したらむわー!
灼熱地獄!
千歳との温度差は10度です。
違う国に来たようです。
もう少し千歳に滞在したかったなー。
本音のところです。
  1. 2015/08/03(月) 07:54:35|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

千歳の休日 支笏湖でヒメマスを釣るつもりがとんだことに!



仕事の関係上連続した勤務ができないので土曜日は現地で休日となりました。
つまり千歳の休日。
ローマの休日のようなロマンチック時を過ごす方もいらっしゃいますが、根っからの獣偏、支笏湖ヒメマス、フライで釣れますに簡単に釣られました。
バスで行けば楽チンですが、途中の川を見たり寄りたいところもあるので楽チンの電動アシスト付き自転車を借りて支笏湖を目指しました。



20150802051925e4c.jpg

爽快です!
スピードも出るし、ペダルも軽い、これなら大丈夫。
ここは走り初めの千年市街、川のすぐ脇に立派なお家が並んでいます。
こんなところに住んでしまったら仕事に行きたくなくなってしまいます。

千歳市の観光協会では自転車の貸し出しをしています。
マウンテンバイク300円、電動自転車600円です。
3,000円の補償金と身分証明書を提示して借ります。
補償金は当然返却時に返してくれます。
支笏湖方面はマウンテンバイクをお勧めしていますと観光協会の担当者が勧めてくれました。
電動は20km位のアシストでその後は普通の自転車より重くなりますから。
支笏湖まで片道30km、しかも登りが連続で標高差も300m位、マウンテンバイクに限ります。
でも、膝の調子がイマイチなのでアシスト無しで行くのは辛いかも。
それじゃ、バッテリー二つ持って行ってください。
前かごに積んでいけば大丈夫。
これで決心がつきました。
往復60km、標高差300m 行くぞ!






20150802051930804.jpg

途中、登りの区間でチャリにどんどん追い越されます。
皆様、すごいスピードで登っていきます。
僕は安全運転、じゃなくて一番低いギアでゆっくりです。
電動自転車なんて言ってもこの程度の実力か、宣伝過剰だななんて内心思って余裕で抜かされました。



20150802051930913.jpg

この川、如何でしょうか?
市街地を抜けると千歳川の表情が変わります。
森の中、河畔林が水面を覆うところがほとんどです。
あの下に、キャスト ドライが流れると下からデカイ アメマスがブラウンがヤマメがヌッと顔を出しパクんと食いつく。
一呼吸置いて合わせると、猛烈な引きが。
鼓動が高鳴り腕が震える!
そんな妄想の世界に引っ張り込まれながら、ポイントごとに足を止め、ううんとかそこだよななどと独り言を言いながら登っていきました。


201508020519286ef.jpg

こんな看板がありました。
5月31日まではヤマメを釣ってはいけないということです。
勉強不足でした。
千年川に通い釣っていますがこの看板を見たことがありませんでした。
下流市街地にはないです。
警察署の記載もあります。
僕は千歳警察署の真ん前で釣りますが未だご指導を受けたことはありません。
漁業権が無いと言われる北海道の川の管理、もう少し勉強しなければとおもいました。



20150802051931c39.jpg

川から離れて森の中。
ヒグマ注意の看板があちらこちらに立ち始めました。
そんな中、これが一番のインパクト。
実際にご対面された方がいらっしゃったようです。
桑原桑原。
こんな時は電動自転車でスイーっと逃げればいいかなどと思っていましたが、重いのです。
アシストね。
そろそろ15キロ、バッテリーが全く減りません。
少し気になりだしました。
アシストってどんなかんじかな?
思いっきり漕いでもちからぐあいはかわらないし。
なんか変??


2015080206012890d.jpg

疲労困憊
支笏湖到着。
チャリが違うって?
電動自転車のはずがママチャリに変身!
そうなんですよ。
無知の罪なんでしょうか?
辛いわけです。モーターが最初から壊れていたそうでアシストじゃなくてアンアシスト、抵抗になっていました。
知らないって凄いぜ!
そんな自転車をここまで引っ張ってきたんだ!
途中で乗り捨ても考えたが、せっかくだからとビジターセンターまで押し上げてきました。
そこで代わりのママチャリにチェンジ。
こっちの方がよっぽど楽だわ?!
割り切れない気持と、頑張ったおバカな自分を褒めるしか無いとーーーー。


やりきれ無い気持ちと頑張った気持ちがぶつかります。

あ、そうか!
解りました。
坂登の支笏湖方面はマウンテンバイクを勧めて、市内は電動自転車か。
これは元々アシストはなくて電動自転車風になってるのだ。
そういえば係りの人が言っていました。
クレームが多いと。
しっかり整備して確認して貸し出さ無いとね。
戻ってきて言われました。
電動はおまけしてマウンテンバイクの300円にします。
この一言でブチ切れそうになったのですが、今は裃を着ている身、大人の対応を。
ふーーん。
千歳観光協会は電動無しの電動自転車を電動と称して貸し出しおかしいと言った客には返金ですか。
ここまでです。
二時間余計にかかってヒメマス釣りができなくなっちゃたよ、別仕立てで船を出して送り迎えをしろ何てことは言えなかったです。

ヒメマス釣りの気力がなくなってしまいました。
これが一番辛かった!


20150802060127727.jpg

ご褒美に支笏湖名物 ヒメマス丼。
こりゃ美味い。
最高の調味料は空腹、解りました。
これで、疲れも少し吹き飛びました。

続きは二部で

  1. 2015/08/02(日) 06:29:20|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4