小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今季の渓流 締めは石徹白川でイワナでつ抜け!


9月29日火曜日、今季の〆渓流に行ってきました。
平日釣行、禁漁日の前々日、月曜日は土日で苛め抜かれているからきっといい釣りができるはずと取らぬ狸の皮算用、石徹白川支流峠川キャッチアンドリリース区間へ。
6時半、現地着、????
考える事は皆同じ!
人人人の峠川でしたあ。

20150930174734b8a.jpeg

遊魚券を買いに行くと昨日から泊まり込みで釣っている方がこれから始めるとのこと。
どこから入るかとりあえず川割り。
それじゃ、直ぐそこの堰堤から上流に入ります。
その方は前日この区間でつ抜けだそうです。
譲って頂きました。
期待ムンムン!
それ来い、ここは出るはず!

ウンともスントモ。

足跡が沢山。
その上は車が何台も停まっている。

大幅に場所替えを決めて下流部に行くも人人人。

仕方がない。
堰堤下にもう一度入渓。

やっと釣ったのがこのイワナ。
坊主は可哀想と挨拶に出てくれました。


201509301747355ba.jpeg

僕は渓流で並んで釣るなんて考えられません。
これで諦めがついてキャッチアンドリリース区間から撤退。

別の支流に移動しました。

誰も入っていいなようです。
反応が素晴らしい。

今日はお借りしている渡辺さんのロッドで釣りまくると決めていたので良かった。
最初の一匹。
これから釣れ始めました。



20150930174734e6b.jpeg

少し型が良くなってきたようです。


201509301747355b8.jpeg

向こうでは同行のNGHRさんが良型を釣り上げました。
ここから見ても大きそう!



20150930174733dbc.jpeg

十分に堪能したのでキャストも楽しみたい。
石徹白川と峠川の合流地点付近に移動。
そしたらこんなのが釣れてしまいました。
決して餌釣りをしたわけじゃないですよ。
初めての経験です。

そしてもう一つ。
車を停めて入渓しようとしたらお昼ご飯を食べているお二人が。
テンカラ大王さんでした。
テンカラの名手石垣先生でした。
しばしお話をしてから入渓しました。
キャストも十分にできたので渓流の釣りはこれでお終い!
有終の美を飾ることができ大満足。
このあと、温泉に入り疲れを癒し帰路につきました。
ちなみにもうダメ居眠り運転になりそうと口走ったら、すかさずNGHRさんが運転を交代してくれました。
帰路は爆睡。
どこをどう走ったか?
記憶にございません。
幸せな夢の中で自宅に帰り着きました。


20150930174809020.jpeg

今年の名古屋からの日釣り券。
この話は別項で。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 18:17:58|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕の矢田川絶好調! フライの雑誌に対抗??


27日日曜日、水没してわずか半年で半身不随となったカメラをサービスステーションで受け取り、その足で楽しみにしていたフライの雑誌を購入。
いい感じ!
それではと夕方矢田川へ。


20150928175343eb3.jpeg

こんな表紙なので同じアングルを楽しんでみました。
もう居なくなったと思っていた韋駄天がモデルになるためやってきました。


p://blog-imgs-83.fc2.com/k/o/a/koaze/201509281750068d1.jpeg" alt="201509281750068d1.jpeg" border="0" width="640" height="480" />




20150928175007275.jpeg

こんなアングル?
少し気取っています。


2015092817505973b.jpeg

こちらは普通のオス


20150928175009116.jpeg

矢田川の韋駄天は控えめで色も薄いのです。


201509281750588ed.jpeg

でも韋駄天は韋駄天


20150928175009a68.jpeg

僕の大好きなアングル
鰭の美しさが強調されます。


20150928175058b5a.jpeg

雲一つない青空


201509281750187bb.jpeg

背中も美しい


201509281751000f5.jpeg

モデルの韋駄天さん
長崎には負けますが18cm
僕の拳は丁度10cmですから比較すると良くわかります。


20150928175053c93.jpeg

オイカワ道場、活性が高く楽しめました。

  1. 2015/09/28(月) 18:14:04|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

大上戸川でビックリして大淀川で完敗!


巷ではシルバーウィーク、家族サービス、行楽と有効に休みを過ごされたことと思いますが、僕は火曜日から土曜日まで4泊5日の出張でした。
出張族で今までも年間100泊以上の仕事ですから仕方がないのですが、やはり休みは休みとして家族と過ごしたいのが本音です。
しかし、仕事と決まったらそれなりに考えて段取りをつける。
今回の出張、中身が濃くなりました。
仕事ではなくアフターファイブの話です。

201509270853482c8.jpeg

今回の出張はシルバーウィークの真っ只中。
親父6人が出かけます。
一番の問題は宿なのです。
一昨年までは一人で出張でしたから簡単に宿を確保できましたが、今年度は6ないし7人。
厳しいです。
最初は霧島2泊でその後博多2泊で仕事をこなす予定でしたが、宿が取れない。
そこで大村2泊で宮崎2泊のプランに直前変更。
そうなるとアフターファイブプランも練り直し。

今回の出張で楽しみにしていた事がありました。
ブログリンクをしている東洋式疑似餌釣研究所のMegaceryleさんとの再会です。
三年前の出張で博多泊まり、都合がうまく合って夕飯をご一緒し雑魚の話をとことんしてきました。
今回も調整が完了、夕食がてら盛り上がる計画でした。

残念ながら宿泊先変更でお流れ。
代替プランで今回は行動しました。

一泊、2泊は大村市、長崎県です。
大村湾に面しており海釣が盛んな土地で川で釣をする人は見た事がありません。
そのせいでしょうか、オイカワが凄いのです。
釣をしていると声をかけられます。
何が釣れますかと聞かれます。

ここは大上戸川、だいじょうごがわと読みます。
この場所は河口から300mぐらい、満干の影響を受けます。
ということはチヌが居るのです。
フライでチヌは那覇市内を流れる安里川で楽しんでいました。
同じ条件ですから釣れない訳がないと信じてキャスト。
今回のフライは#12ウーリーバーガー。
引っ張りです。
さー、始めよう!




201509270853517ca.jpeg

???????
3投目!
????

何???

連合艦隊が河口から遡って来ました。
隊列を組んで直ぐ上流の堰迄遡って来ました。
直ぐ脇に海上自衛隊の大村基地が有りますからね。
白鳥が私に対して観艦礼を!
礼に答えて釣りは止めました。

と言うか釣りどころではなくなってしまっったので初日は撤退。



20150927085352111.jpeg

2日目。
チヌの反応は全く無し。
堰の上流へ。
同僚のMKMさんがやって来ました。
釣れるんですか?
釣れるんですよ。
チョットやってみる?
うん
あれ?
なんか凄い あれれ?
釣っちゃいましたよ。
デカイ
イワシサイズをはるかに超えています。
私の手と比較、中指の先から手首まで18cmですからこれ以上。
推定19.5cm
ビックリしました。
今年一番のサイズです。
ビギナーズラック恐るべし!

これで彼も完璧に魔道に迷い込んだようです。
二人目です。
ウッシッシ〜!!


201509270853507f2.jpeg

チヌを釣る!
今回の出張プランの目玉。
3泊、4泊は宮崎です。
街の直ぐ脇を大淀川が流れています。
宿は橘通り三丁目、ここまで歩いてくるのは時間が勿体無い。
仕事帰りに橘通り南詰で途中下車、橘大橋の上下を攻めてみました。
ルアーマンが2人橋脚周りとヘチの駈け上がりを攻めていました。
その他にぶっ込みで狙っている方が3人。
どこにも獣編は居るものですね。
#3ロッド、出張用に持ち歩いているロッド。
これで全て対応しています。
変えるのは鈎とティペットの太さ、リーダーはラインを新調した時に結んだまま。

岸の駈け上がりを中心に狙いました。
沈黙!
側ではボラがドボンと飛び跳ねドキリとさせられました。
ピックアップ寸前、キラリと反転する魚影が見えました。
チヌか?スズキか? ボラじゃない。
一度だけチャンスを与えてくれましたが、ものにできなかった。

次の宿題ができました。


  1. 2015/09/27(日) 10:15:01|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

矢田川道場絶好調 名古屋の雑魚FFマンと出会う!


シルバーウィークの21日月曜日巷では家族水入らず、楽しんでいることでしょう。
僕は仕事が入ってしまい日曜日に川越から名古屋に戻って来ました。
FBを覗くと雑魚釣り仲間が盛り上がっています。
それじゃ僕も矢田川で一人盛り上がろうとやってきました。

20150922054032799.jpeg

台風18号は関東から東北にかけて甚大な被害をもたらしましたが、名古屋ではイヤ矢田川には最高のプレゼントをしてくれました。
大水が出て底石をひっくり返して大掃除、川に入ると底石が緩んでいるので隙間ができています。
これが大事なんですよ。
この隙間に水生昆虫が入ります。
川虫が喜ぶ環境ができています。

夕方4時前から釣り始めました。




20150922054034f4d.jpeg

このサイズがキャスト毎に反応してくれます。
ドライ良し、ウェット良し!
何をしても食ってきます。
そんな中、釣ったと感じるドライに徹して、おお、くっそー、やった、ガッツポーズ等々、一人芝居をしながら楽しみました。


20150922054034d53.jpeg

一週間ぶりの矢田川ですが、思ったほど水位は下がっていません。
ベストコンディション。
時間を忘れて楽しんでしまいました。



20150922054038281.jpeg

釣り人が。
矢田川でFFマンに会ったのは二人目です。
声をかけさせていただきました。
KTOさんという方でオイカワ大好きだそうです。
矢田川も釣れるんだが、天白川が凄いと情報を頂きました。
二人並んでドライの釣り。
僕は釣れないが横でバンバン釣ります。
オイカワドライはこうでなくっちゃという見本みたいな釣りで楽しんで釣っています。
オイカワの楽しさ、難しさなどなど話が尽きません。
恥ずかしながら小畔3号をお渡ししたら、バンバン釣れる鈎をいただいてしまいました。
またの出会いを約束してお別れしました。


20150922054036e4c.jpeg

ハッと気づくと夕焼けが。
子供に帰った夕方のオイカワ遊びでした。

10月になると渓流も行けなくなるので矢田川オイカワ遊びが増えると思います。
また、オイカワ遊びが大好きな方が名古屋にも沢山いらっさるはず。
釣れています。
矢田橋周辺、オイカワが沢山いてまだまだ楽しめます。

  1. 2015/09/22(火) 06:11:28|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今朝の小畔川  最適水位に近づき活性抜群!

 今朝は金堀橋周辺を探釣。
 涼しくてとても気持ちが好い朝、オイカワも活性抜群でした。


image1_20150920125720f24.jpg

 金堀橋から西の方向、高いところにフワフワした雲が。
 巻層雲?
 秋だな!

 


image2_201509201257220fd.jpg

 橋の下流にフライマン。
 お話を伺うと、釣れてますよとのこと。
 嬉しいですね。
 ドライ一本勝負で頑張っていました。


003.jpg

 こちらオイカワ道場。
 ウェットに反応抜群。
 ドライにはポツリポツリと。
 小畔3号をドライで使う。
 向こう岸の流れが緩いところにキャスト。
 メンディング。
 しかし、途中に澪筋があるので直ぐにテンションがかかります。
 そのままウェットに移行。
 ドライがだめならウェット。
 ダブルチャンスです。
 今朝も釣れました。
 毎回、反応があり爆釣!


004.jpg

 さらに一つ上のプール。
 ここの瀬頭は良型の韋駄天が着いていますが、普通のオイカワ。
 韋駄天の季節は終わったようです。

  1. 2015/09/20(日) 13:15:18|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川   オイカワの溜まり場


 夕方は金堀橋から下流、八幡橋までを釣ってみました。
 こちらは土手沿いの道だけで川沿いの遊歩道は無いのでゆったりと釣ることができお気に入りです。

image3_2015092005315248a.jpg

 10から12cmが中心でした。
 流れを読む。
 着き場を推察する。
 釣り方を考える。
 これを毎回していると魚が居るところがすぐ判ります。
 夕方の水位は131cmまた下がってきました。
 河床が写っています。
 ピカピカに磨かれています。
 水流は如何でしょうか?
 澪筋は少し早すぎですが岸際では丁度良い流れのようです。
 
 ライズが見られなかったのでウェットの釣りから開始です。
 何時もの#!right stuffに#1DTF 使い古した#6のリーダーに0.6号のハリス。
 久しぶりに小畔3号を結んでみました。
 画像ではほとんど判らないのですが、この場所の流れは中央より向こう岸側が強く、秒速40㎝ぐらいかなと思いました。
 手前側は駆け上がりになっておりこの先5mからは瀬頭に近い状況。
 流れも手前側で20~30㎝ぐらいに遅くなっています。
 オイカワは駆け上がりについています。
 流れる鈎を見つけて追いかけてきます。
 ここで少しテンションを緩めてまた元のテンションに。
 その瞬間に食います。
 面白いほどこの操作を入れると食い付きますし、釣ったという実感があります。
 

image2_20150920053150854.jpg

 この直ぐ下流にもそのまた下流にも同じようなポイントがあります。
 どこに出も魚は居るのですが、ポイントを探しながら、流し方を考えての釣りで釣果に差が出ているようです。
 フライは食い気がある時にはあまり差が出ないような気がします。
 

image1_20150920053149053.jpg

 金堀橋から上流、日没間近です。
 最後は樋管前、右岸からワンドをを横切るようにフライを見せながら流してみました。
 思った通り、緩やかな流れからの駆け上がり。
 ここにたくさんのオイカワが付いていました。
 この場所はどこに出もオイカワが付いていますが、やはりその中でもお気に入りの場所に集まるようです。
 増水で水流が早く増水気味の時にはむやみに流しても釣れません。 
 魚が居るところを探してみてください。

 今日はどうでしょうか?
 また水位が下がり最適になりつつあります。
 どこでも釣れるようになってきます。

 話が変わりますが、画像が変わったのにお気づきでしょうか?
 水をかぶったカメラは作動しなくなってしまい、スマホでの画像となりました。
 とっても撮影が難しい。
 

  1. 2015/09/20(日) 06:02:21|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今朝の小畔川 水位がまだ高いがポイントを押さえれば良型が


一月ぶりの小畔川です。
にんにんさん、ゲッチさんから釣れてるよとメールをいただいていました。
今朝はワクワクしながら小畔を楽しんで来ました。

20150919105100d08.jpeg

7時、いつもどおり金堀橋から左岸を上流に向かいます。
もう秋の気配、曼珠沙華が緑の中に朱点を落としています。
辺り一面の群生も見事ですが緑の中に朱点が点在する景色も趣があります。
この季節のお気に入りの風景です。


201509191051014ad.jpeg

川を見て草木を見て上流に向かいますと釣り人一人。
バス狙い。
台風18号の大水で流れが変わり、釣れ無いそうです。
コクチもオオクチも居るのでそのうちに戻ってくるでしょう。
ちなみに今朝はニゴイの反応が良かったそうです。



20150919105058c8c.jpeg

戻り看板
愛されています。
今回はにんにんさんが戻してくれました。



20150919105059885.jpeg

飛び石の上を流れています。
八幡橋の水位は133cm少し水位が高すぎですが、釣れるでしょうと期待して釣り開始です。



20150919105056622.jpeg

飛び石下から開始。
ここで1発目に反応があったのですが、その後は反応なし。

20150919105145fbc.jpeg

高橋のプールまで来たら反応が出てきました。
ライズも確認できました。
最初の一匹は何とカワムツ。
オイカワのテリトリーである瀬頭付近で派手にバシャッと出ました。
普段は流れの弱い淵の方が大好きなカワムツですが今朝は意外なところから出てくれました。


20150919105152b2c.jpeg

同じところを流すと次からはオイカワのオンパレード。
やはりここはオイカワポイント。
瀬頭に続く駈け上がりからの流れ、オイカワはここが大好きです。
ライズはなかなか見られませんがウェットのターン、ドライのダウンクロスどちらにも好反応でした。


2015091910514831a.jpeg

金堀橋から下流の状況です。
大水が出た跡がはっきりと判ります。
流れも変わっています。
自然河川にとって大水が時々出るのは普通のサイクルで、大水が出ないと河川は死んでしまいます。
災害が発生するほどの大雨は困りますが定期的な増水は必要です。
底石を動かし河床を清掃、水生昆虫の棲家を作ります。
渇水が続くときは川耕しをおねがいしています。
水量が多ければそんな事をしなくても川は健全に保たれます。


増水の時のポイントはどこでしょう。
どこを釣っていけば良いのでしょうか?
よく聞かれます。
釣りにならない、釣れないと言われます。
オイカワの好きな流速はどの位でしょうか?
透明度はどの位まで餌を食べるのでしょうか?
こんなことを普段観察しながら釣っている方はポイントを狙ってフライを流しています。
当然ですが確実に釣っています。

今朝のポイントは流速20〜30cmぐらいの駈け上がりを探して流してみました。
歩きながらの釣りです。

夕方は更に水位が下がってくるのでどこでも釣れるようになると思います。
ライズも盛んに出ると思います。
大釣りをするパターンに入ったように思います。

3時過ぎから日没まで、至福の時がやってきますよ。



  1. 2015/09/19(土) 11:14:23|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またボーズ!

 三春町内を散策していると雨が降りだし本降りに。
 別件があり移動、奥が用を足しているうちに川を見に。

DSC01249.jpg

 本降りの川を眺めていたらいつの間にか居眠り。
 目が覚めると小降りに。
 当然、釣り。

 ポツポツと飽きない程度に反応があるのですが、鈎がかりが。
 全然釣れない。
 魚が反応するが鈎にかからない。
 ここはというポイントから出るのだが釣れない。

DSC01250.jpg

 ここでは釣れるかと思ったがウンともスンとも。
 昨日に続いて今日もボーズ。
 釣れない福島の渓流でした。

 最高のコンディションだったんですがね。
 
  1. 2015/09/18(金) 19:30:58|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞鶴館道場が無くなってしまった。

 朝ご飯を 食べてから少し時間があったので三春町内の懐かしいところを歩いてみた。


DSC01246.jpg

 大町の四つ角から松葉屋パン屋と村上食堂の間を抜けると左の倉の先の角に出る。
 この角を曲がってこの前を通りすぎると川に橋がかかっていた。



DSC01244.jpg

 この土塀の前に橋がかかっており向かい側に道場があったのでした。
 舞鶴館道場。
 剣道、柔道、弓道の鍛錬をする道場であった。
 目の前を流れる桜川の河川改修工事で川幅を広げたため、道場は撤去されたと聞きました。
 古い木造で小学6年生から高校まで稽古をつけていただいた。
 無くなって整然とした石垣に変わった桜川が流れていた。
 道も石畳に変わっていた。


DSC01233.jpg

 こちらは三春大神宮。
 秋の大祭では大獅子が街を練り歩く。
 この時期はまだ閑散としていた。

DSC01234.jpg

 神馬
 境内には神馬がいる。
 三春駒
 阿武隈山地は古くから馬の産地として知られ、大戦では軍馬が供出された。
 桜肉も沢山出されている。



DSC01241.jpg

 もう一か所。
 お寺を訪れた。
 

DSC01242.jpg

 お参りをして御朱印を頂きました。

FullSizeRender_201509181819262bc.jpg

 こちらのお寺は少し所以があります。
 ご住職に御朱印を書いていただいて。
 ご活躍をTVで見ていますと話すとちと怪訝な顔?
 宗久君だよね?
 ???
 誰だという顔。
 当たり前ですね。
 50年ぶりですから。
 先ほど訪れた舞鶴館道場で一緒に稽古をしたのでした。
 安斎先生はご健在。
 長谷川先生は亡くなり、引導は彼が渡したとのこと。
 道場はなくなったが時の門下生が後を引き継ぎ別のところで稽古をしていること。
 中学の本田先生のこと。
 話をしているうちに昔のことが思い出されました。
 とても懐かしく大事な時間を持つことができました。
 これから葬儀があるとのこと、明日は山梨へ行くとのこと。
 忙しく活躍していることを聞いてとても嬉しかったです。
 ありがとうございました。
 帰り際に頂いた本、面白いですね。
 心の内が、道理を突き詰めるとどうなるか。
 短いエッセーの中で良く判りました。

 
  1. 2015/09/18(金) 19:15:09|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安近短の典型! 車を止めてハイ渓流、奥が見ている前でドボン!


 強行スケジュール!
 15日15時、常滑にある職場を出発!
 東名経由で8時に自宅到着。
 翌16日福島へ。
 とりあえずの作業を済ませ安近短の川へ。

DSC01227.jpg

 自宅から20数分でこの川へ。
 車を停めて直ぐ釣りで、私のモットーとする安近短の典型です。
 安近短をどのように理解するかと言いますと、
 安とは安全第一で安易に行けること。
 近とは近くで釣り場に労せずして行けること。
 短とは短小ではなくて簡単に釣りができるということ。
 つまり、安全な近くでよく釣れる釣りを安近短と申しております。
 この条件に合うところはオイカワ道場と申して練習をしています。
 渓流にはこの三条件がすべて含まれるところがほとんどありません。


DSC01228.jpg

 良い流れでしょう。
 台風18号がもたらした大雨の影響がまだ残って水位が高い状況ですが、釣れそうな感じムンムンです。
 前回はイワナにヤマメ、釣れました。
 昨年同時期はギューンと引かれて竿はのされてしまい岩の下に潜り込まれたこともありました。
 期待ムンムンなのです。


DSC01229.jpg

 ギャラリー有り。
 ここで釣らなくっちゃ!
 ????
 全く反応なし。
 おまけ。
 御仕舞、帰ると川を渡ったら躓いて手を着いてしまいました。
 ポケットにカメラを入れておいたらお水がジャブン!
 まだ半年のカメラが水をかぶってしまいました。
 よく拭いて乾かしタラ翌日は作動。
 ああよかった。
 でも、ボーズ。
 全く反応なし。
 こんなのは初めてでした。
  1. 2015/09/18(金) 15:06:46|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ