小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今年の釣り納めは良型でシメ❗️

今年の出来事を振り返った記事を書いていたら無性にオイカワと遊びたくなりそのまま小畔遊びに出かけました。

201512312037089cf.jpeg

ドライに徹しただひたすらキャストの繰り返し。
魚は沢山いるのですがラインが頭の上を通過すると群れが驚いてサッと 散ってしまいます。
飛び石から吉田橋まで探索。
ボウズを覚悟しましたが吉田橋で良型ヒット。
釣れましたよ。
納得の釣り納めでした。



20151231203710d5e.jpeg

にんにんさんが橋上からクラクションをプップー。
久しぶりの再会でした。

その前にtaizouさんがこの下流でいつものようにウェット。
異常気象のせいか釣れ過ぎと言っていました。

20151231203712301.jpeg

金堀橋に戻ってくるとボーイスカウト君が釣っていました。
春以来の再会。
今日の釣り納め、懐かしい仲間と再会でき最高でした。


20151231203714f4a.jpeg

水量は少ないがまだまだ小畔遊びが楽しめそうです。


スポンサーサイト
  1. 2015/12/31(木) 20:52:39|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あっという間に大晦日! エキサイティングな一年でした。


 今年はエキサイティングという言葉がピッタリの一年でした。
 昨年定年を迎え、一年間遊び呆けていましたが四月から縁があり、旧職場に請われて復帰しました。
 大田区から常滑に移転したため人不足、私のところにまで応援の依頼が来ました。
 一年間限定という約束なので毎日が新鮮で、モチベーションは人生で最高、実に充実した一年を過ごすことができました。
 三月末までの約束ですから来年四月からは新しい気持ちで再出発となります。


IMG_0768.jpg

 一年を振り返って見ると。
 一月 毎日が小畔遊び幸せな日々を過ごしていました。
     併せて体力不足を補い、筋力強のためジム通い!
     体調抜群、気力充実の状態のところへ職場復帰のオファーが。
     直ぐ乗ってしまいました。
 二月 ジムで500メートルほど泳いだら強烈な頭痛。
     一瞬、脳内出血かと思い直ぐ病院へ何事もなく良かった。
     Co-Dropさんには心配をかけてしまいました。
 三月 川越藩火縄銃鉄砲隊に見習いとして入隊。
     初釣りは寒波に負けnumassanと討ち死に。
     塙にある小野田自然塾の現状報。
 四月 名古屋市千種区に引っ越し。
     単身赴任生活が始まる。
     毎日5時に起床、川越の生活パターンを崩さないようにする。
     しかし、遅くとも6時31分の始発バスに乗らないと八時半の始業時間には間に合わない?
     乗り換え二回、最後もバスですが、体力維持のためここは歩くことに。
     汗もかきます。
     8時前に到着してシャワーを浴びてお仕事開始!
     今では自宅から千種駅も歩くことがあります。
     しかし、67kgまで減った体重、ウェストも89cm~から81cmまで減ったのですが、今月始には70kg、86cmに増えていま     した。
     原因がイヤシコです。
     いやしこは福島の方言、卑し子と書くのでしょうか?
     正しい字は判りません。
     要は食いしん坊、必要以上に食べてしまう。
     若い方方と一緒に出張に出ます。
     同じく食べたら膨れるのが当たり前。
     ついつい調子に乗ってしまうのかな?
 五月 ゴールデンウイークは福島で渓流三昧。
     名栗にも行きました。
     そして矢作川に通いました。
     谷田川ではオイカワも釣れ始めシーズン到来。
     矢田橋周辺をオイカワ道場としました。
     アップした画像はここで釣れたもの、左は名鉄瀬戸線鉄橋、右は矢田橋です。
 6月 飛騨川水系に通うようになりましたが鮎解禁で渓流釣りがとっても難しい。
     少し入ったところで楽しむことにしました。
     鰭ピンのアマゴを存分に釣りました。
 七月 一週間の千歳出張。
     毎日、千歳川でヤマメ、ブラウン、ウグイと戯れることができました。
     しかも仕事の関係で、丸一日フリータイム。
     ママチャリで支笏湖まで駆け上がってきました。
 八月 石徹白に通い始める。
     釣りも楽しいが温泉三昧。
     何時も温泉。
 九月 阿寺ブルーを満喫。
     美しい。
     フライの雑誌にオイカワが特集される。
     こちらにもちょっとしたコメントが載りました。
     柳瀬川のオイカワフリークの記事も、小畔川、入間川、成木川のオイカワフリークの方方の記事も乗りました。
     日本で一番オイカワを楽しんでいるのは埼玉県かなと思った瞬間で思わずにんまりしてしまいました。
 十月 禁漁です。
     こうなるとオイカワにまたまた熱が入ります。
     こんな時、小畔川にモンスターが出現。
     鮎?、ウグイ?、化け物オイカワ?
     全部正解ではないかとないかと思いました。
     以前は菅間堰で遡上した鮎は止まっていました。
     ここに魚道ができたことにより遡上ができたのかもしれません。
     今までになかったことです。
     ウグイも30cmを超える超特大が居ます。
     カワムツも大きくなります。
     韋駄天さんも頑張っています。
     だから全部正解。
     調査では大変お世話になりました。
     そして、寺社仏閣周りを休日に再開です。
     渓流通いから御朱印の旅に。
 十一月 谷田川のオイカワも元気一杯でしたが釣れるところが少し変わってきました。
     瀬、中心から少し緩いところに移ったように感じました。
     時間帯も朝夕中心から、日向の暖かい時間が活発に動くようになり、そろそろ冬モード。
     しかし、暑い!
     11月だというのに半袖で釣っていました。
     魔王の池に遠征。
     70cmオーバーの鱒を釣る。
     完璧に肘がおかしくなりました。
     キャストができません。
     少し振ると肘が痛くて力が入らなくなってしまいました。
     この状態、今に至っています。
     キャス錬、できません。
     そして、残念なことが。
     福島の友人が急逝!
     とても大事な友人でした。
     福島に帰るたび語り合った友でした。
     63歳早すぎです。
     魔王を釣った翌日のことでした。
 十二月 念願の熊野三社詣りに行くことができました。
    今年もあっという間に駆け足で過ぎ去ったというのが今記事を書きながら振り返ってみると強く感じます。
    一年間遊び呆けて、仕事につくとやる気が出ます。
    休養は必要ですね。


    フェイスブックを始め、記事のアップが少なくなってしまいました。
    時事のことはFBが宜しいかと思いますが少し考えたこと詳しく書きたいことはやはりブログだと思っています。
    更新が以前と比べるとかなり遅くなってきていますが、まだまだ続けます。
    今年一年お世話になりました。
    来年も宜しくお願いします。

  今年コメントをいただいた方方です。
  あらためて、ありがとうございました。
camiさん、yutkunさん、ねずみおやじさん、にんにんさん、八王子サラリーマンさん、pompeyさん、練馬の愛読者さん、Green Cherokeeさん、ジェロさん、numassan、Gran Lussoさん、リョウさん、うおさん、ナシオさん、いわなたろうさん、farwaterさん、ジョニーさん、トレックさん、石徹白人さん、SAさん、秋山さん、tomさん、奥武蔵の山人さん、windknotさん、自転車通勤人さん、みけんさん、kanjiroさん、カチーフさん、Ayao Kimuraさん、co-dropさん、kintaroさん、けばりさん、glorysotさん、ふぐ使いさん、らんたさん、美樹プルーンさん、JICKYさん、しげさん、あぜみちさん、ダブルさん、畔上さん、スーさん、かっしーさん、tontanさん、smallstreamsideさん、Avant-gardeさん、mihiroさん、x68000さん

 釣り納め、未だでした。
 昼の暖かい時間帯、小畔遊びで今年の最終釣行とする予定です。
 改めて良い釣りができた一年でした。
 
  1. 2015/12/31(木) 07:21:56|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

熊野速玉大社から神倉神社へ あまりに急な石段に足がすくむ!

熊野本宮大社から新宮市 熊野速玉大社へ そして天孫降臨の言い伝えがある神倉神社へと向かいました。


20151206202519da4.jpeg

熊野速玉大社、ここを参拝して念願の熊野三社参りがかないます。


2015120620252291b.jpeg

こちらの社は赤が基調。
全国熊野神社の総大社とのことで、ここに詣でると全国の熊野神社を参拝したことになる?

20151206202523c48.jpeg

速玉大社境内には八咫烏神社がありました。
熊野三社の御印として八咫烏が大事な役割を担っているのですが、やっと八咫烏そのものを祀る神社に出会いました。
私の職業にも繋がるありがたい守神、ひとしおの感慨でした。



201512062027066ba.jpeg

素晴らしい御朱印を頂きました。



201512062027009ba.jpeg

神倉神社
ここは半端じゃないのです。
上を見上げるという言葉がありますが当に参道は見上げるような急な石段が続くのです。
常識を逸脱した急な石段が積まれています。
最大斜度推定60度、平均斜度45度。
登り口には注意書きがありました。
決して石段の端を昇り降りしないこと。
斜面に落ちたら命の保証がないとのこと。
ハイヒールなどの不安定な履物で参拝しないこと。
よくわかりました。
飲酒等正常な状況でないものは参拝してはならないこと。
当たり前です。

201512062027035c6.jpeg

下を見ると四苦八苦している方が。
僕も下を見たら足がすくみました。

20151206202704d0f.jpeg

急な参道を登りきると神倉神社が鎮座しています。


201512062028254bc.jpeg
神社の後ろの大岩の間には神域がありました。
岩戸だそうです。



20151206202827c2d.jpeg

神社まで登ってきたご褒美がこの眺めです。
新宮市がその先の熊野灘が一望できるのです。

2015120620282898d.jpeg

こちらは女坂。
石段が男坂、こちらは女坂。
これが女坂?
とんでもない急傾斜のけもの道。



201512062028295ec.jpeg

御朱印は熊野速玉大社で頂きました。
こちらの社務所には常駐していないらしく大社が代行していました。

20151206202702bc5.jpeg

昇龍です。
参道脇に生えているこのヒノキはねじれています。
こんなの初めて見ました。
毎日ここを登る方が何人もいます。
今回、地元の方で87歳、参拝するのが日課になっているそうです。
毎日参拝しているそうです。
この方がいろいろと教えてくださいました。
石段を上から見ると降り龍。
シロアリに食われても生き続けるシイ。
こちらも気配を感じるところでした。
参拝した価値が十分にありました。

  1. 2015/12/06(日) 20:32:49|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

熊野本宮大社の厳かな気配に神を感じる!



今朝は新宮市高田地区にある雲取温泉からの出発。
昨夜9時に寝たら4時前に起きてしまった。
7時出発、本宮大社へ向かいました。

20151206200036019.jpeg

8時前に田辺市にある熊野本宮大社に到着。
早速鳥居をくぐり参拝。


20151206195842e5e.jpeg

社殿に向かうと不思議なことに涙が流れてきた。
厳かな雰囲気。
神を感じたのかもしれない。


20151206195845146.jpeg

御朱印をいただきました。



201512061958442be.jpeg

そして、烏牛王印もいただきました。
詳しくは書きませんが守護お札です。


20151206200000556.jpeg

人と人を結ぶ社です。
家族の絆、友との絆。
人の絆を守ってくださるそうです。


20151206200002053.jpeg

ここにも古道がありました。

20151206200002e81.jpeg

八咫烏も飛んでいました。
八咫烏の足は3本あるのです。

20151206200004f53.jpeg

こちらは以前の大社があったところです。
熊野川の中州に以前は鎮座していたそうですが、明治の大水害で社殿が流出。
残った社殿を丘の上に移し再建したそうです。

20151206200005b2e.jpeg

流された社殿に祀った神をこの場所に引き続き祀ってありました。
  1. 2015/12/06(日) 20:22:10|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

急に思い立って熊野三社参り 那智を目指す!


土曜日の朝、那智勝浦の観光スポットをポッチャリのお笑いタレントが回る番組が放映されていた。
そうだ、熊野へ行こう!
急に思い立ち10時過ぎに名古屋を出発した。

平等院は10月に参拝してきた。

熊野三社参りはなかなか気持ちが動かず行こうと思っても踏ん切りがつかなかった。
それがテレビ番組を見ていたら気持ちが固まった。
不思議なものです。


20151206190152bba.jpeg

2時過ぎ、那智大社に到着。
大社からは那智の滝が遠くに見える。
お決まりのカット。


20151206190152fbf.jpeg

お詣りを済まして御朱印をいただきました。


201512061901500d6.jpeg

はるばるやってきた甲斐がありました。
素晴らしい。

20151206190154775.jpeg


本社の脇からは熊野古道の登り口が。
ここからは雲取を通り吉野へ向かう道が続いています。

201512061901550b7.jpeg

大社から下って那智の滝へやってきました。
神職がお祓いをして説明をしていました。
那智の滝はご神体なのです。


201512061902505ac.jpeg

那智の滝社御朱印です。

日も陰り名古屋まで戻るのも大変。
まだ、熊野本宮大社と熊野速玉大社の参拝が。
新宮に泊まることにしました。

20151206193937179.jpeg

参拝を終え辺りも薄暗くなってきました。
やっと取れた。
雲取温泉。
奇しくも那智大社横から始まる雲取ルートに近い。
温泉には真っ暗になってからの到着で周りの状況がわからなかった。

今朝も4時に起きそとは真っ暗。
6時から温泉に入り外が明るくなると、何と部屋の外は、窓の下に良さげな川が流れていました。
この上流は絶対アマゴがいるはず。
そんな思いで今朝は7時に本宮大社を目指しました。


  1. 2015/12/06(日) 19:53:39|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0