小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

大人の川遊び 川耕しの楽しみ❗️

 大人の川遊びという標題とした訳は、少し考えることがあり、そのために楽しそうな言葉にしてみました。 
 小畔川の畔に越して来た頃は、オイカワの魚影が濃く、家内、娘にも簡単に釣れるし型も良かったのです。
 ところが、年々オイカワの生息数が少なくなってきたのです。
 あまり気にしていなかったのですが、ここ2,3年の不調は以前の小畔を知っている方から見れば悲惨な状況なのです。
 川鵜なのか、バスなのか、水量なのか鯉が増えたせいなのか?
 どれが原因かは判りませんが確かに少なくなってしまいました。

 漁協にオイカワ、ウグイ、モロコ、クチボソなどの雑魚の放流は可能か相談してみました。
 答えは目から鱗!
 そうなんだと思わず納得してしまいました。

 ヤマメ、イワナの稚魚放流の方が安価なのです。
 雑魚の養殖がほとんどなされていないため、放流用の稚魚調達にはとんでもないお金がかかるということでした。

 それで始めたのが川耕し。
 これは以前、入間漁協が行った魚再棲塾の一授業で体験したものでした。
 自分でやる。
 放流ではなく環境を整えることで魚を増やすと決めたのです。
 以来、釣りをする時の格好は長靴。
 釣りながら川に入って河床をゴリゴリすることにしていました。
 次回、同じポイントに入ると河床を掘り起こして石を動かしたところは絶好のポイントに変わっていました。
 川耕しの効果は以前から実感していた訳です。

 そんな訳で、小畔川で遊ぶ方には長靴で入ってゴリゴリ程度でも構わないので是非川耕しをしていただきたくお願いをしてきたのです。
 しかし、全員がやってくれる訳ではないのでなかなか成果が現れず、数も大きさも悲しいことになってきたのです。


201605282104080e4.jpeg

 これが僕のウェーポンです。
 一大決心で鋤を買いました。
 問題は、お値段じゃなくて体のことなのです。
 腰部椎間板ヘルニア2回、胸椎圧迫骨折1回。
 一時は再起不能と覚悟した時期もありましたが、不思議と復活しました。
 もうこりごりなので重いものは持たない、無理はしないと決めたのですがそうも行かず、できる範囲で本格的川耕しをすると決めてこの三本歯の鋤を買ってきました。
 安いんですよ。
 作業効率は向上!
 当たり前ですね。
 しかし、ツイストで済んでいたものが肩も腰も腕も使います。
 仕事量が半端ないのです。
 石を動かして洗って積みなおす。
 これで始めて産卵床ができます。
 一人で作れるのは3時間で1か所か2か所程度で精いっぱい。
 今までと違うのは産卵床を作る、整備するということなのです。
 川耕しは何年も続けていますが産卵床の構築は今年からです。
 水量、水速、地形、石の大きさ、そしてどのような形に作ればオイカワが喜んで産卵床とするのか?
 初めてのことなので全てが試行錯誤の連続です。
 とりあえずこの鋤を使って作ってみました。



20160528211514661.jpeg

 場所は瀬頭から瀬中としました。
 理由は今までの産卵行動がこの付近で行われることが多かったのを目撃していること。
 釣っているとここが最高のポイントで良型が入っていること。
 特に韋駄天さんはここが大好きなのです。
 
 最初にやったのは、石洗いです。
 雨が降らず、そこはヌルヌルで汚い石ばっかりでした。
 産卵床は綺麗な石でなければだめなのです。
 人工的に作る場合、ユンボで底を均してバラスを運んで撒いています。
 かなり大掛かりな作業が必要なのです。
 先週もテレビで産卵床のことが放映されていました。
 そう、必要なのは作業をする人数と機材なのです。
 それを一人でやったら大変ですが、大人の川遊び!
 こうゆうことなのです。
 楽しみながら、やれる範囲で継続する。
 そう決めたのです。

 僕も漁協の組合員、漁場監視員でもありますが、漁協は全然支援してくれません。
 遊漁料は個人徴取はしません。
 釣り人にはコンビニのチケット販売機で買うか、釣具屋さんで購入してくださいとお願いしています。
 自腹ですから好き勝手!
 ボランティアですから怖いものなし。
 一応、監視員としての数少ない権限はあるのですが、そんなものを行使しようなんてことはこれっぽっちもありません。
 魚が増えて、小畔にやってくる釣り人が来て良かったと思ってくれることが一番なのです。

 さっきの続き。
 石洗いをしたら川耕しです。
 産卵床付近の底をできるだけ深く耕します。
 長靴の時は表面だけでしたが、とりあえず締まって硬くなった河床でも石の層2段までは頑張って耕してみました。
 そして石積み。
 どんなところにどんな具合に。
 判らないので最初の構築はV字型にしました。
 両岸から川の中心に向かって一直線、下流側がVの頂点。
 石はどう積む?
 真ん中に厚く岸に薄く。
 V頂点の下にはまた積んで。
 それがこの画像ですが判らないですね。

 こんなのをここで2か所。
 上流に一か所作ってみました。
 魚が集まってくると嬉しんですがね。

DSCN1681.jpg

 今朝の様子です。
 ここは上流部に作った産卵床です。
 底石はまだ汚れていません。
 魚が沢山ついていました。
 この横が少し深くなって石も沢山入っています。
 小さいのですが昨日いなかったのが今朝は沢山いました。
 産卵するような型は見られなかったのですが、明らかに魚はここのほうが汚い石のところより居心地が宜しいようです。
 石を洗った方が同じところだったら魚が着くということは前から判っていました。

 産卵をするにはどんな条件が良いのか?
 毎日見ていたいし、毎日いろいろな形の産卵床を作って魚の気持ちを知りたいのです。
 
 今は渇水期で丁度良いところになるだろうと予測しながら作っています。
 これから雨が降って水位が上がってくるとここが最適の場所になると確信できるまではいろいろなパターンで作りデータ取得が必要です。
 残念ながらこれはできないのです。
 宮仕えですね。
 勝手に休むわけにもいかず。
 来年は仕事辞めちゃう!
 趣味にまた戻って楽しみに生きる。
 そんな気持ちが、そんな焔が心の奥に。
 探求心と好奇心!
 楽しくて楽しくて仕方がありません。

 夕方は釣りをしよう!


 
スポンサーサイト
  1. 2016/05/28(土) 22:21:56|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

名古屋の釣友から嬉しいメール 最高です!

昨年4月から本年3月末まで勤務した前職場の釣友から痺れるほど嬉しいメールが届きました。
釣り人冥利に尽きます。
とっても嬉しくて嬉しくて思わずガッツポーズでした。






本人の承諾無しに勝手にアップで申し訳ないのですがそれぐらい嬉しいので全文アップします。


Nです。
BDのかっこいい挨拶状ありがとうございました。
今年は、毎月1回、石徹白に行くと目標を立て、今月分は今日行ってきました。

4月は、貸し切り状態でしたが、今日は5組くらいいてびっくりです。
先月に比べて、葉や草も茂り始め、投げにくくなっていました。
エルクヘアカディスみたいな虫がたくさん飛んでいて、ライズも見られました。
結果は、3匹逃げられ2匹釣りました。


昨シーズン、長崎出張のおり、皆様ご存知の眼鏡橋がかかる中島川に誘ったのが始まりでした。
テンカラでオイカワでした。
川釣り、ましてテンカラの経験は無し、海釣りの方でした。
 感が宜しいというか、最初は合わせも全くできなかったのですが、そのうちに放っておいたら釣っちゃいました。

 ハマったんでしょうね。
 テンカラセットを買って、矢田川デビュー!

 そして遂に#3フライセット一式調達!
 初めてのイワナは小鳥川、石徹白川支流で入れ食い。 完全にはまったようです。

 今季の誓い!

 決心が素晴らしい!
 毎月一度の石徹白通い。
 オフシーズンにはKanjiroさんが主宰するキャスティング講習会に通い、こちらでも精進しました。
 講師は知る人ぞ知る、矢崎プロ。
 これで上手くならないわけがない。
 今季の活躍期待です。
 ただし、安全第一、無理は禁物!
 楽しんでください。
 魔道にはまった獣編がまた一人完成です。

 僕は嬉しいんですがフィッシングウィドーをお一人作ってしまった罪の意識がね!
 

お詫びです。
 記事ページに上手くリンクを張れないのでカテゴリーにリンクです。
 その中の記事にあります。



 
  1. 2016/05/20(金) 07:54:00|
  2. 名古屋のオイカワ釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿角毛製のDHC渓流でチェック

一昨日頂いたディアホーンヘアで巻いた#16のカディス、名栗でチェックしてきました。


20160507114133106.jpeg

6時 現着!
山に霧?がかかっていました。
清々しい朝です。
これで釣れたら言うことなし。


2016050711413415a.jpeg

釣れました。
ポイントに着水させると出ます。
出る出る出る!
カワムツが出る。
本命のヤマメは一度も反応なし!
6時から2時間の名栗遊びでした。

フライの使い勝手です。
エルクヘアと遜色ありません。
しかし、色が色だけに流れに溶け込み少し見にくいです。
魚の出方は同じようでした。

20160507171740959.jpeg

忘れてました。
今朝は鮎もかかりました。
鮎解禁は6月1日!
流れに戻っていただきましたよ。


  1. 2016/05/07(土) 11:49:52|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新旧二人の揃い踏み


ちょっと時間ができたので

201605071116193b0.jpeg

越生黒山三滝に向かう途中を右折し川沿いに登って行くと龍穏寺がある。
太田道灌のお墓があり、川越とは縁が深いお寺。


201605071119256f2.jpeg

御朱印を頂き境内を散策。
そして気になるのは脇の流れ。
絶対居る。
煩悩が捨てきれません。


20160507111617c08.jpeg

毛呂には出雲伊波比神社が鎮座しています。
本殿は重要文化財に指定されています。
その横にある立て札は何?
似顔絵が描かれています。
毛呂町出身のスイマー。
オリンピック代表。
瀬戸大也君の立て札です。
素晴らしい。


20160507111923fee.jpeg

丁寧に書いて頂きました。
ちなみにもう一つ看板がありました。
「むやみに猫に餌を与えないこと」
確かに猫が何匹も居ました。

  1. 2016/05/07(土) 11:36:19|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川  今朝頂いた鹿角根元の毛で作ったフライの結果!


 今朝頂いた鹿角の根元に生えている毛で作ったフライのチェックの話です。

IMG_3001.jpg

 夕方、せっかくだからフライを巻いてみようと思い頂いた例の物で巻いてみました。
 奥の大きいのが#16、手前が#22です。
 鈎の種類が全て違うの大きさが不揃いですが、全てディアホーンヘアカディス(僕の命名ですから本当は何というかわかりませんよ)を巻いてみました。
 巻き具合は素直ですが、ヘアを鈎に乗せて巻締めても広がりが全くないのできれいに収まります。
 これが良いのか悪いのかは実釣で確認です。
 当然ですが、部品の数が多くなりますから#22と言いながら今までの#22より一回り大きくなってしまいます。
 出来具合は我ながらよくやっと言うことです。
 不器用の私ですがどういう訳かそれなりに巻けてしまいました。


IMG_3006.jpg

 実釣編です。
 夕方5時、日も傾き涼しくなってきたので目の前の川へ向かいました。
 ライズが出てますよ。
 ただし小さい。
 八幡橋から下流へところどころで小さなライズ。
 ここへキャストですが鈎を咥えきれません。
 反応は先ず先ず。
 これ使えると確信です。
 そしてその時がやってきました。
 6時!
 急にライズリングが数倍に大きくなりました。
 ポッチャン、バシャ!
 食い始めました。
 大きいのが動きだしたようです。
 今まで釣れなかったのがウソのよう。
 しっかりと食ってしっかりと鈎掛かり。
 オイカワには十分に使えることがわかりました。
 次はフライの見え具合と浮き具合です。
 良く見えますし、浮きます。
 フルックスのフロータントの二度塗りです。
 渓流ではこれをやると浮力の持続が抜群に良くなります。
 このフライも同じでした。
 全くストレスなし。
 最後まで浮いていました。
 
 次は#16を渓流でチェックしたいと思いました。


 
  1. 2016/05/05(木) 20:52:51|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今朝の小畔川  7時半を過ぎるとライズも少なく!




 今朝も早朝散歩。
 金堀橋から八幡橋経由、上流の飛び石まで川を見ながらのライズ探し。
 

IMG_2222.jpg

 金堀橋から下流は土手の上からも確認できるライズが数か所。
 公園前の階段下までは瀬に続くプール全てでライズ確認。
 ここから下流八幡橋まではライズが見えず。
 
 金堀橋のすぐ上のプール。
 水門から流れ込みに良型と思われるライズが。

 今朝は飛び石まで小さなライズは散髪するが良型と思われるリングは見えず。
 
 水位が低い。
 低気圧の通過でまとまった雨を期待したが空振り、併せて田植え前の代掻きが始まるのでしっかり取水されていました。
 そのせいでしょうか、活性が極端に低いのです。
 水面を#30より小さなユスリカの一種が飛んでいますがジャンプが見られません。
 水面を流れる極小のエサに静かに反応していました。

 手前の方、バスを狙っています。
 目の前の見えバス!
 夕方、ベイトフィッシュを追いかける時ならルアーを追いかけるのでしょうが、日が上がってくるとソフトルアーでも厳しいようでした。
 
 今日は子供の日。
 ここは絶好のBBQ広場。
 朝から場所取り合戦!
 お疲れ様です。
 終了したら完璧なお掃除とゴミの持ち帰り宜しくお願いします。
 小畔川にゴミは捨てないでくださいね。

 使うは勝手、もとより綺麗にして帰るは人の道!



IMG_2227.jpg

 今朝はARIさんにばったり。
 自作釣り具でオイカワと遊んでいる方です。
 今日の釣果は如何?と聞く前に目の前で釣りあげました。


IMG_2229.jpg

 これ何だ?
 ARIさんから頂きました。
 知る人ぞ知る鹿角の根元の毛です。
 これでオイカワ用のフライを巻けるかどうか相談されました。
 エルクヘアカディスがあるぐらいですから、ディアホーンヘアカディスがあっても良いですよね。
 角の付け根の毛。
 どうなるか作ってみます。
  1. 2016/05/05(木) 10:38:19|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名栗川 夕方1時間の勝負!

 夕方のこと
 行ってみようと思い立ち、前回のポイントに入渓!
 4時過ぎから5時までの一時間、渋いながらも挨拶に来てくれました。

DSC02448.jpg

 エルクヘアカディスが釣れるのです。
 前回、パラシュートを流しても全く反応なし。
 カワムツすら知らん顔。
 EHCに替えてから反応が出てきました。
 そんな訳で5本巻いてやってきました。

DSC02449.jpg

 同じところを釣りあがっていきます。
 右のテラスが張り出したお宅、嫉妬しますよ!
 目の前が渓流、そのまま竿を担いで直ぐキャスト!
 堪りませんね。
 テラスからはレトリーバーが2匹ワンワンとご挨拶。
 その後は静かに見ています。
 
 ここは釣れませんよ!
 ポイントはありませんからね。
 もう少し上流からが本命です。


DSC02450.jpg

 ボコッとフライが沈むとカワムツさん。
 群れになって泳いでいますが頭の上をラインが通るとサっと逃げていくのが見えます。
 意外と難しんですよ。
 暫くカワムツばかりの反応です。

 よく見ると真新しい足跡があります。
 水辺の砂の上に崩れずに綺麗な足跡です。
 ということは通ってあまり時間が経っていない。
 竿抜けポイントは何処?
 樹の下とか、枝の張り出しの下、釣りにくい、キャストが難しいところを中心に探っていきました。


DSC02453.jpg

 やっと出てくれました。
 名栗では最高サイズに近い大きさです。
 ぽこんという小さな当たり、フライが沈んだので合わせると物凄い引き!
 0.6号のハリスなので尺クラスが来ても全く問題はないのですが、ノットができたのに物ぐさでそのまま釣っていたので無理は禁物です。
 なかなか寄ってきません。
 糸鳴りがしてグイグイ引きます。
 魚が見えたら変な格好です。
 スレか?
 スレなら判る。
 ローリングでハリスが絡んだようです。
 そのため、体全体で引いたので強い引きになったようでした。
 
 リョウネットの長径は27cmです。
 少し足りないので25、6cm ぐらいかと思います。


DSC02454.jpg

 閂にしっかりかかっていました。
 理想的なフッキング。
 ここは放流していないので流れの中で2年過ごした個体です。
 精悍な顔ですね。



DSC02460.jpg

 向かい側、竹林の上流、2つの石の下、澪筋から流して張り出した竹の下に入った瞬間に出ました。
 ここが竿抜けだったようです。

 一匹でしたが納得の釣りでした。


  1. 2016/05/03(火) 13:33:56|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕の小畔川 古くからの釣り友と話が尽きず!!


 夕方、上流に散歩に行くとあれえ?
 待っていてくれたかのように、古くからの釣り友3人が並んでオイカワ遊び!
 釣りそっちのけで盛り上がりました。

 併せてこの場で報告させていただきます。
 昨年4月からの名古屋単身赴任解消、5月からは職場が東京となり自宅からの通勤となりました。
 そんな訳で、土日はいつでも小畔遊びができるようになりました。


DSC02442.jpg

 何たる偶然、美樹プルーンさんがnofishさんにメールしてkingfisherさんは出先から合流、そして僕は何も知らずに散歩に出たら3人そろって釣りしてた?
 久しぶりです。
 還暦過ぎた親父とほぼ還暦親父の4人、話すことは決まっているのであります。
 腰がイテ-! 膝も曲がらない!血圧が高すぎ-!
 近況報告から始まり、体調のこと、今後の正しい生活の在り方?
 いやいや、話が尽きません。
 幸せな時間は早く過ぎていくのであります。
 暗くなったから解散!
 またご一緒に釣りましょう!
 
 大丈夫ですよ。
 土日の朝夕はそのあたりでフーラフラしてますからね。


 




 
  1. 2016/05/03(火) 12:56:57|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

名栗のヤマメがやっと挨拶に来てくれた。

 久しぶりのヤマメ釣り。
 釣友からイブニングで良型が出ていると煽られて行ってきました。
 しかし、この日はゆっくりと8時過ぎからの釣り。

DSCN1633.jpg

 今回は良型のヤマメが二匹挨拶に来てくれた。
 今季最大のヤマメ。
 しかもこの区間は放流をしていないので居付きのようである。
 実に精悍な顔つきであった。


DSCN1623.jpg

 名栗にはクジラが生息するらしい。
 以前は黒かったがいつの間にか青く変わっていた。
 名栗のクジラは年を重ねると体色が変化してくるらしい。
 クジラに挨拶してからの釣りでした。

DSCN1625_20160501091439a63.jpg

 この景観、大好きです。
 深山、入渓の難しい谷に一人で行くことはできません。
 また、安近短がモットーそして最近は快も入ってきましたとプロフィールで照会しているとおり、安全第一で釣行をしている私にとってこんな所は最高の場所になります。
 しかしね、釣り人はどこからでもやってくるし、ヤマメは釣り切られカワムツばかりの場所がほとんどです。
 そんな高いプレッシャーで狡っからい正確になったヤマメをしとめる快感。
 釣れたではなく釣ったなのです。
 ここで釣れれば何処に行っても怖いものなし。
 そう思って釣らなくっちゃね。

DSCN1629.jpg

 午前9時ちょうど。
 瀬を流したら出ました。
 リョウさんネットにランディング。
 結構良い型でしょう。
 糸鳴りがしました。
 瀬で食って走りました。
 へたくそな毛が長すぎて形になったのかどうかわからないような#14エルクヘアカディス。
 #3DTF #5リーダーに0.8号50㎝その先に0.6号ハリス50㎝の仕掛けでアップにキャスト。
 ライトスタッフ#3ロッド
 リールはダイワ

DSCN1636_2016050109144101d.jpg

 ネットから出しても静かに逃げずにいました。
 すぐに鈎を外してお帰り願いました。

DSCN1639.jpg

 二匹目は少し小ぶりでしたがなかなかの引き。
 岸際の葦の横でライズを見つけ狙って釣った値千金の一匹でした。
 同じ仕掛けです。


DSCN1627.jpg

 ヤマメ二匹の後はカワムツが釣れる釣れる。
 狙って釣る訳ではないがフライが流れるとパクっと食ってくる。
 瀬では着水してフライの場所が見えないと思ったらもう食っていた。
 


DSCN1628.jpg

 澪筋。
 絶対に良型が着いている流れですね。
 この位置から流れにフワッと落としてドラッグなしを狙って流したらガバっと出るでしょう。
 石の横のヤマメが着いているはずです。
 出ましたよ。
 カワムツがヤマメの代わりの出てくれます。
 こんなところを中心に狙ってみましたが、カワムツ攻撃!
 
 以前はカワムツは居なかったのですが、ここのところ勢力拡大。
 ほとんどのところにカワムツが生息するようになりました。
 上流でも二見はカワムツが沢山います。
 
 オイカワは見かけないのです。
 飯能から下流では沢山居るのですが、このあたりでは主たる勢力になってきたようです。



DSCN1640.jpg

 下名栗、諏訪神社。
 今回も釣行安全、爆釣を祈願してきました。
 僕だけじゃないですよ。
 皆様の安全、爆釣をお願いしてきました。

 釣りはあくまでも遊び 安全第一ですから。
  1. 2016/05/01(日) 10:18:25|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6