小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

金澤にて 伝統の加賀毛鈎!

 5月一泊で石川県に出張となった。
 金沢市内に宿泊し、少し時間ができたので仕事前に散策。
 フライマンとしては興味津々の加賀毛針の製造元を訪れた。

DSCN2605.jpg

 目細八郎兵衛商店は、めぼそ針という名の縫い針製造を生業として、加賀前田藩が金沢城下を開く前から針の製造販売を行っており四百三十年余り続く老舗だそうです。
 江戸時代、川釣りは武士にだけ許された特権で、明治になり庶民が川釣りを楽しむようになると、毛ばりの需要も格段に増えたそうで毛ばり職人も多く誕生したとか。
 

IMG_4507.jpg

 金沢駅から真っ直ぐ大通りに少し引っ込んだところに店を構えていました。
 最初は公園かと思い覗いてみるとそこは裏口。
 釣り針製造販売の看板。
 この画像は正面。



DSCN2606.jpg

 このような鈎を製造しているのです。
 全て手仕事。


IMG_4505.jpg

 素敵なタイイングデスク。
 最近は毛ばりの他にMEBOSOフェザーアクセサリーがはやっているようです。
 この机でも右側で作っているようです。


DSCN2600.jpg

 買ってしまいました。
 鈎ではなくてアクセサリー。
 奥へのお土産。
 これだけが同じ値段で2本入っていたので迷うことなく注文。
 何時も気持ちよく送り出してくれるのでたまにはね。


スポンサーサイト
  1. 2017/05/27(土) 11:28:32|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6