小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今季最後の渓流は福島で満足!

 9月21,22日と福島へ。
 野暮用を済ませ時間を作っての釣行でした。

IMG_5331.jpg

 21日、昼のひと時、山道を登り大滝根山頂にある航空自衛隊大滝根分屯基地前をとおり川内へ。
 ここは航空自衛隊のレーダー基地。
 日本の守りの為に日夜休みなく監視をしているのであります。
 その昔は沢山の隊員さんが居ましたが、最近は集中的な監視網の完成に伴い人員が少し少なくなっている様です。
 冬は厳しいところです。
 大滝根山の標高は1192mだったと思います。
 この山頂にレーダー基地がある訳で、ここに麓から通っている妻帯者とここに住んでいる独身者。
 面白いですね。
 独身の方がこちらにお住いなんですね。
 
 話が横道に行ってしまいました。

 この道はここから下りです。
 道脇にも良い川が流れていますよ。
 川内村はご存知のとおり東日本震災で避難区域に入っていたので全町民が避難をし、不便な生活を強いられました。
 やっと、解除され戻ってきたのです。
 そんな村なのです。
 時々僕はこの村に来ています。
 



IMG_5335.jpg

 ある川へ。
 良い渓相です。
 段差が少なく歩きやすい川が大好きです。
 膝の調子が悪く、トレーニングで筋肉で補強と言いながらも無理をすると痛み出します。
 そんな体に、この渓相は最高なのです。



IMG_5336.jpg

 もっといいのはこれでございます。
 車を停めてウェーダーを履いたら直ぐ釣りなんですよ。
 山道を歩いて歩いての釣り場ではありません。
 とうぜん、人も入りますから魚はスレています。
 しかし、それも楽しいですよ。
 完璧な、キャストで狙った筋をきっちり流し、魚が食い付きたそうなフライで釣れます。
 僕はへたくそなんで、うまいこと釣れません。
 この日は、魚が出るんですがフライを見ながらUターン。
 フライを見に来るんですよ。
 じっくり見て、下手くそ!
 そう言って帰っていきました。

IMG_5343.jpg

 翌日の事。
 日の出に家を出て渓流へ。
 先客が居ましたよ。
 釣り場の区分けをして僕は下流に入らせていただきました。
 ちょっと目を離したすきに、イワナがガブリ。
 殺気でしょうか?
 不思議なことに目を離した時って釣れませんか?
 今回も絶対居るというところに流すと、出てくれましたが、フライをじっくり眺めて戻っていくのです。
 ところが、よそ見をしてピックアップしようかとおもうとフライが見えない。
 緩く合わせてみると食っている。
 嬉しいような、少しがっかりするような、そんな気持ちの一匹でした。



IMG_5347.jpg

 25㎝ぐらいのイワナですが、福島県、浜通りの河川のイワナはこの模様がほとんどです。
 アメマス系なのか?
 斑点模様となっています。
 日光系のイワナは何処にいるんだろうか?


IMG_5348.jpg

 この溜まりで目を離したすきに食いついたのでした。

 さて、川割りをした方がやってきました。
 釣り方を見たいとのこと。
 恥ずかしいですね。
 お見せするほどのものではないしね。
 と言いつつ、目の前でキャスト、幸いに1バイト。
 残念ながらフッキングはしなかったのですが、フライフィッシングの基本的なキャストと合わせを見ていただけました。

 この方は、川内村在住のSTOさん。
 会津から移住されたそうでこの村がお気に入り。
 テンカラの釣りを始めて一年だそうです。
 釣りはほどほどに、いろいろと情報を頂きました。
 フライも交換させていただきました。
 次回は連絡しましょう。
 何処が宜しいのか、地元の方にお聞きするのが一番です。

 朝、一時間ほどの釣りでしたが、知り合いができて、イワナの顔を見れて、今年の福島での最後の釣りは心に残る釣りとなりました。
 終わり良ければ総て良しでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/23(土) 10:14:26|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

科学博物館 深海展



 上野の森にある国立科学博物館では深海をテーマにした特別展示が10月1日まで開催されています。
 好奇心、どうなっているんだろう、知りたい、見たい!
 好奇心には勝てません。

IMG_5316.jpg

 少し早く出張先から東京に戻ってきたので、即、上野に向かいました。
 これがお目当て。
 海の底は深いところはどうなっているのかしらん?
 不思議です。
 1600円の入場料が高いのか安いのかわかりませんが、大盛況。
 水曜日の2時過ぎに行きましたが行列です。
 一分間にxx人入っていくから、一日当りの入場者がxxx人で1600円だとxxxx円の入場料が入って期間は何日だから、歳費がいくらぐらいで・・・・・・・
 これなら独立行政法人としては成功か???
 つまらんゲスのカングリを入れながらの入場でした。


IMG_5318.jpg

 深海というとこれなんでしょうか?
 ここは人だかりがなかったの撮影。
 どこかの水族館では5年以上何も食べないで生き続けているとか。
 深海生物の食性については興味深い展示がありました。
 いっぺんに食べられるだけ食べる、食いだめ型。
 エコ対応でほとんど食べなくても生き続ける型。
 エサの撮り方などなど、太く短くとか人生にも似ているなと妙に納得。



IMG_5320.jpg

 これが凄い。
 その昔、子供だった頃、トリネステ号だったと思うがマリアナ海溝の最深部まで到達したという記事で大興奮。
 見たい行きたいどんなのが居るんだと今でもワクワクです。
 しんかい
 乗ってみたい、操縦したい、深海を見たい!
 こんな気持ちで見てきましたよ。


IMG_5322.jpg

 しんかいの操縦席。
 大好きな光景です。
 これがあれが、計器を見ながら機能を確認。



IMG_5328.jpg

 展示も素晴らしいのですが本館の常設展示が素晴らしいですよ。
 こちらはおすすめです。

 そして、もっと素晴らしいなと思っているのは建物なんです。
 このドーム、良いですね。
 階段の大理石等々見どころ満載なのです。

 同じようにすぐ横の国立博物館、前記事で紹介していますが、こちらの建物も素晴らしいのです。

 来週からは運慶展が始まります。
 また暇を作って国立博物館へ行こう!



  1. 2017/09/23(土) 09:18:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別府 春木川でテラピアと遊ぶ!

 この記事は9月11日から二泊で大分出張時のものです。
 その後、台風が日本列島を縦断し、大分県では津久見、佐伯市を中心に河川氾濫が発生し甚大な被害が発生しました。
 今回紹介する春木川は別府を作る扇状地を鶴見岳から流れる極めて急な流れです。
 氾濫する前に激流となり海に至ってしまうような急流で、ちょっとした渓流よりも急なのです。

IMG_5271.jpg

 可愛いテラピア。
 これはオイカワを釣っている#20のフライで釣ってみました。
 このサイズは沢山居ます。
 これをドライで釣るという目的でした。
 しかし、厳しい。
 貪欲なテラピアですがとても神経質なのです。
 この一匹を釣るために小一時間かかってしまいました。

 今回の釣果はこの一匹。
 その他に、ウェットで良型を3匹釣っていますが全て途中でラインブレイク!
 しかもティペット部ではなくリーダーが切れてしまいました。
 0.8号のティペットですから30cmから40cmでは十分に耐えるはずなんですが切れました。
 経年変化のようでした。
 ラインメインテナンスは大事ですね。
 丁寧に使っていたらいつの間にか2シーズン、#5のリーダーは切れました。


IMG_5270.jpg

 急な流れで上流部は完璧な三面護岸、アクセスできません。

IMG_5267.jpg

釣りはこの付近からです。
上流部の完璧三面護岸が終了し、遊歩道が現れるところからです。
ここからは水路と流れを緩める堰の上に作られた池。
この池が狙い目です。
ここには良型から稚魚まで沢山テラピアが居ます。
この流れに居るのかとビックリですがしぶとくついています。
しかも、50cm近い大物もいました。

釣り方
今回のロッドもいつも出張時に携帯している River Runs Brown Stone 7’6”#3  Pack Rodです。
5パックで僕のディバッグにすっぽり入ります。
数年前に9000円ぐらいで買ったものですが重宝しています。
ロッドアクションに問題がありますが、値段と機能性を考えると必要しにして十分です。
ドライの釣りはオイカワそのままのナチュラルドリフトです。
少しでもドラッグがかかると今まで興味を示していたのがスッと離れていきます。
如何に自然に流すかが大事。

良型は沈めての釣りでした。
ウェイトとして金玉をチモトにつけたフライでの釣りです。
スイングも大事ですが、底に置きながらアクションを与える、最後は流れに乗せてスイング。
ラインが止まったり、リーダーに動きがあったら合わせます。
鈎かかりをすると走りますから太いラインがおすすめです。
水中では1号でも問題なしですよ。

IMG_5272.jpg

 ここのバス停から真っ直ぐ春木川へ向かうと直ぐ釣り場です。
 別府駅前から路線バスが出ています。

 出張先の事務所まえに細い水路があるのです。
 何気なく覗くと、魚が泳いでいました。
 満ち潮に乘って魚が入ってきます。
 チヌですよ。
 それも20~40cmぐらいの良型が群れになって通り過ぎていきます。
 ここが訪問先の職場で無かったら・・・・・・・
 恨めしい気持ちで別府に戻ってからのティラピア遊びでした。



  1. 2017/09/23(土) 08:47:35|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

獅子の会 川越藩火縄銃鉄砲隊保存会列図

 川越に住んで二十年余
 地域に結び付く活動らしきものは何もしていなかったので、一念発起。
 三年越しの活動が認められ、獅子の会に本年三月認めていただき正会員となることができました。
 何か記念になるものはと考え印を彫ってみました。

 素人の手慰み、誰に師事したこともなく、印刀の使い方も我流で刀法もその場の雰囲気。
 彫った印が二十一石。
 数の勝負。
 面白いことに彫れる時はいくつでも。
 刀が停まると幾日も動かず。

 印面が決まるのに一月以上かかるときあり、ほんの数分で決まるときあり。
 後は一気呵成に刀を進めるのみ。
 
 やっと完成しました。

 印は会長以下先輩会員に祝い印として記念品として配る予定でいます。

 押印図は記念に奉納出来れば嬉しいですね。
 

DSC02875.jpg

 川越藩火縄銃鉄砲隊保存会某日の参加者を並べてみました。



DSC02873_01.jpg

 某日の演武列図を印図としてみました。

  1. 2017/09/10(日) 16:27:57|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夕の小畔川 気が付くと三匹! 9月9日


 今朝は野暮用があり6時に福島へ向かった。
 処々用事を済ませ4時過ぎに川越戻り。
 トンボ返りの後は、夕の小畔川。
 疲れていたが、オイカワの顔を見ると癒されますね。

DSCN2908.jpg

 上流からかなりの風が吹いていましたが、止んだ瞬間に上流へキャスト。
 ドライに出ました。
 15cmぐらいのイワシサイズが続きます。
 下流に流すとウェットでまたまた良型が。

DSCN2910.jpg

 遊び心で、生簀を作ってみました。
 釣ったらここへ、釣ったらここへ。
 何匹入れたでしょうか?
 何時も三匹います。
 ???
 そうなんです。4匹以上入ると脱走です。
 オイカワのジャンプは半端じゃありませんよ。
 韋駄天さんも入っていただきましたが瞬間、ジャンプで居無くなってしまいました。

DSCN2912.jpg

 風が止むとライズの嵐!
 この下にはイワシサイズが群れています。
 ドルフィンジャンプで空中で食いついたり、少し流してモコッとしたからゆっくり出たり。
 風が吹き、止んで、フライをソフトに落として、水面をたたいて沈めたり。
 都度、出方が変わります。
 実に面白い。
 たかがオイカワ、されどオイカワ。
 奥が深いです。
 少一時間、30ぐらいは釣ったでしょうか。
 しかし、生簀の中は三匹以上に増えないのでした。

DSCN2904_20170909184242c01.jpg

 小畔の河川敷はアクセス抜群。
 彼岸花も咲はじめました。
 このぐらいに点々と咲くのが好きです。

 雉も三匹走り回っていました。

 明日も釣れますよ。


  1. 2017/09/09(土) 19:04:26|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の小畔川、韋駄天も挨拶に来てくれました。


 今朝は6時前から小畔川。
 河川敷の草刈りも終わりアクセス抜群。
 鉄橋上流より確実に良型が付いています。
 数もいます。
 今朝は入れ食い。
 一時間強で100とは言わないが50は釣れています。
 それも良型揃い。
 ドライが中心ですが、最後にウェットに替えてみると毎回あたりでめんどくさい。
 しかも良型揃い。

 江戸の仇を長崎で、ではなく、名栗のガッカリを小畔で癒された朝でした。


DSCN2873.jpg

 金堀橋と八幡橋の間はお気に入りの瀬が沢山あります。
 瀬頭を中心にドライで始めました。
 どれだけにオイカワが付いているのか?
 今季も数が少なく、イワシサイズなどなかなか釣れない状況でしたが今朝はどうしたことか。
 イワシサイズの連発。
 韋駄天まで挨拶に来てくれました。


DSCN2894.jpg

 まずは韋駄天から。
 今までの韋駄天とは違い小型です。
 産卵が終わったようで腹がへこんでいます。
 沢山のメスが生んだ卵に放精したのでしょう、かわいそうなくらい痩せこけています。
 君のおかげで来期のオイカワの数が決まります。
 ご苦労様ですと声をかけ放しました。




DSCN2896_20170903090925afd.jpg

 背中の色も、鰭も綺麗な韋駄天。
 極彩色が映えます。
 韋駄天に変身できる雄は極わずか。
 生殖能力が強い雄のみが韋駄天に変身するのです。
 ホルモンの量が多いと聞いています。
 変身する時のエネルギーが半端じゃないそうで、韋駄天は年を越せないと言われているのです。
 飼育されているオイカワと違い河川に生息するオイカワの環境は厳しく体力抜群の雄だけに与えられた特権のようです。
 


DSCN2875.jpg

 韋駄天以外も綺麗なお姿です。
 イワシサイズの入れ食い。
 ウェットになるとドライ仕様のLight Staff#1がグニャリと曲がります。
 ガツンときて、ドッキリ!
 切れるんじゃないかと思うほど引きます。
 流れに乗って下流へ逃げるんですね。
 実に、エキサイティング。
 最後はウェットに痺れました。

 使ったフライはドライもウェットも同じ。
 #20にブラウンハックルをぐるぐる巻き、ゴミみたいなフライです。
 これが効くんですよ。
 小畔3号の次に釣れます。 ウソ!


DSCN2900.jpg

 秋が直ぐそこまで。
 草刈りが終わった小畔の河川敷。
 あちらこちらに女郎花。
 付近では高麗川巾着田の彼岸花が有名スポットですが、僕はポツリポツリと咲くところが好きです。

 入間川土手も沢山咲きます。
 そういえば、もう直ぐお彼岸なのですね。

 オイカワは今が一番釣れる時。
 昨年の記事も同じようなものが、一昨年は名古屋で同じようなことが。
 
 今週は鹿児島へ行く予定。
 オイカワ遊びを密かに計画。
 出張道具にいつものパックロッド。
 詰め込んでおこう!

  1. 2017/09/03(日) 09:39:07|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々の名栗! 釣れない!

 九月最初の土曜日。
 昨夜から遠く台風の影響による雨。
 昼前に止んだので名栗遊びに出かけてみました。

DSCN2864.jpg

 魚は居る。
 しかし釣れない。
 #12のEHKをキャストすると頭の上をラインが通った瞬間に逃げるのが見える。
 そして、フライが着水するとパッと逃げるのです。
 先行者は無し、水量豊富。
 どうしてカシラ?
 #18のパラシュートに換えても反応なし。
 カワムツだろうか?一度パシャっときただけ。
 川を歩きに?トレーニングに来たようなもの。
 帰りに道路から覗くと沢山居るんですよ。

 ヘッポコフライマンには反応してくださいませんでした。

 流石にへこみました。
 一匹と坊主の差は雲泥の差!
 参りました。

DSCN2867.jpg

 お不動様にお参りして次は絶対釣れますようにと都合の良いお願い。
 ここのお水は美味しいんですよ。
 道端の御不動様!
 脇に上流からパイプで引いてあります。
 知ってる方は大きなポリタンクを抱えて水くみにやってきます。

 僕は手の平に二口。
 しみいります。
 美味しかった。

 汗をかいた後の清水は甘露甘露!

 


DSCN2869.jpg

 車に戻ろうとお気に入りの橋を渡ろうと近づくとフライマン。
 静かに拝見しているとこちらに気が付かれご挨拶。
 なんと、名栗川愛好会のMSTさんでした。
 初対面でしたが、釣り場の事、共通の友人の名前が出て、もしかして名栗川愛好会?
 こういった出会いは大切ですね。
 この方は名栗のエキスパート!
 フライ歴が長くノーハウを沢山教えていただきました。
 今日は全く反応無し、坊主でしたと告白すると。
 そうなんです。
 ドライはなかなか釣れない。
 6月になると水中に目が向くので釣り方を変える事が大事と教えてくれました。
 いつも通っている方にはかないませんよね。
 良いことを教えてもらいました。
 面識ができたので次はオイカワ遊びをご一緒にする約束をして別れました。
 
 ちなみにこの後、下流に移り釣りをされました。
 僕は帰宅。
 明日オイカワに癒してもらおう!


  1. 2017/09/03(日) 09:05:12|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1