小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

10時過ぎから強風が吹くも釣る!  11月11日

  低気圧が急激に発達し寒冷前線が通過した川越。
 朝方は無風快晴であったが10時過ぎから風が強まり11時には10m以上の風が吹き出した。
 そんな中、飛び石の橋から鉄橋までの状況を確認してきました。

DSC02948.jpg

 台風22、23号が通過して大分経ち小畔の状況も安定してきました。
 そんな中、河原を金堀橋から飛び石の橋まで確認してみました。
 増水によりかなり変化しています。
 当然ですが河床が変化しています。
 また、河川敷の草が剥ぎ取られ、川へのアクセスが格段に良くなっています。
 水量は平水時よりも多い状態が続いています。
 秋の長雨、台風とかなりの量が降っていますから、日が経っても湧水の量が多いのだと思います。
 オイカワにとっては嬉しいことでしょう。

 大きな変化は河床が上がりました。
 歩くと良く判ります。
 河床は洗われてその後も水量が多いのできれいな状況が保たれています。
 しかし、砂が多いのです。
 今まで砂利底であったところが砂の堆積で河床の状況が変わっているところが多々あります。
 
 高橋下のプールは瀬が少し高くなりました。
 プールに砂利が溜まって上流部の水路の水深が深くなっています。
 これは飛び石の橋でも確認できます。
 ここはコンクリートでできているので構造は変わらないのですが、その下流の水深が深くなりました。
 原因は高橋下のプールの背が高くなりダムのようになったからでしょうか。

 今回の大水でかなりの土砂が上流から流れたようです。
 オイカワにとって良かったのか悪かったのか。
 来期に結果が出ると思います。
 


DSC02968.jpg

 先週は金堀橋周辺を探索したところ良型が沢山ついていました。
 一週間たっての確認です。
 しかも風が強くキャストが厳しい。

 金堀橋から覗くと良型が着いているのが判りましたが、グッとこらえて上流へ。
 飛び石から確認を始めました。

 そろそろ冬のオイカワに変わり始めたようです。
 深場のトロ場に集まり始めたオイカワと流れの中でフライを追いかける元気者。
 変わり目のようでした。
 飛び石下の背は実績があるところですが地形が変わったせいでしょうか、いまいち魚の乗りが悪かったです。
 ここから吉田橋下の瀬まで釣り下ってみました。

 高橋下はプールが浅くなっていました。
 魚は着いています。
 今日は時々ライズも見られましたが強風でヘッポコキャストではプレゼンテーションもままならず、ウェット主体で釣りました。
 着いていますよ。
 やる気のあるオイカワはまだまだいます。

 癒しの瀬、ここにも着いています。

 今までと変わっていたのは、どこでも釣れるわけではなく、群れになり固まり始めたので探すことからです。
 当たればいくらでも。
 風が治まればドライでも楽しめます。

 まだまだ楽しめますよ。
 明日は昼からが良いように思います。



DSC02974.jpg

 家の前のプラタナス。
 綺麗に色づきました。
 強風に葉っぱが舞っていました。

 
スポンサーサイト
  1. 2017/11/11(土) 17:00:13|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

11月4日 夕の小畔川  水温が異常に高い!


 小畔川は絶好調です。
 台風が二つ通り大雨が降りました。
 小畔の河床は、十分に耕され再生されました。
 オイカワは元気一杯で泳いでいます。

DSC02928.jpg

 昼から遊んでくれたオイカワです。
 なかなかの良型ですね。
 たまにはポーズを取ってもらいましょう。
 何時ものLight Staff#1 #19の鈎です。
 これまたいつもどおりの0.6号ハリス。

 釣れますね。
 昼からは状況によっては分速2ないし3。
 つまり、流すたびに釣れてしまいます。
 リリースの手間がかからなければもっと数が出ると思います。
 それぐらい魚影が濃いのと活性が高いのです。 
 2時前から3時頃まで八幡橋上から金堀橋、その上流まで魚の着き具合を確認しました。


DSC02910.jpg

 今日は午前中に上流部、寺橋周辺をチェック。
 2時過ぎから下流部の状況を確認しました。
 大雨は河床を耕し、流れも変えました。
 流れを変えるほどの大雨、氾濫水位まで増水し、台風が接近時には夜半に避難勧告まで出ました。
 幸いに氾濫することもなく小畔流域では被害はなかったようです。
 ここも左の堆積土砂が削られて小砂利が流れ込み河原ができました。
 オイカワにとっては住み易い環境に変わったようです。


DSC02930.jpg

 河床はこのとおりピッカピカです。
 大水が出る前に溜まっていた汚泥、ノロなどは綺麗に洗い流されました。
 僕が時々やっている川耕しを流域全面に渡って台風がやってくれました。
 大雨が降って被害が出ると大変ですが、河川にとっては命の洗濯、とても大事なことなのです。
 石が動き隙間ができます。
 そこには水生昆虫が入り込みます。
 水流の弱いところの石についた汚泥、ノロがきれいに洗い流されます。
 新品に生まれ変わるのです。
 川魚にとっては新居に移ることになるのです。
 さぞ気分が宜しいことと思います。
 


DSC02920.jpg

 今日はドライとウェットで楽しみました。
 午前はほとんど風がなかったのでドライ中心、午後は風が出てきたのでウェット中心に楽しみました。
 このクラスが来ると竿も曲がります。
 ウェットではガツっと来て竿を十分に曲げてくれます。
 これはドライでアップクロスで釣ったものですが、よく引きました。
 バシャっと出て、
 ラインコントロールが上手くいってすぐ合わせが入りゆっくりランディング。
 イメージ通りに流して、出ると思ったところで出て、ラインコントロールが上手いき、合わせが決まってゆっくりランディング。
 こんな釣りができると嬉しいです。


DSC02917.jpg

 恨めしそうな顔ですね。


DSC02912.jpg

 このクラスが上流、下流共にアベレージ。
 その中にイワシサイズが混じります。

DSC02929.jpg

 はるか向こう、北西の方向に暗雲が!
 エンジェルウィングも見えて居ました。
 寒気が入り、雨雲接近。
 上流部に向かいました。
 ここでも入れ食い。
 確認ですから移動です。

 気になったのが水温です。
 この時期にしては異常に高いのです。
 活性抜群、ドライに飛びついてきます。
 ウェットにはガツガツと何回もアタックしてくるのです。
 そろそろオイカワも冬ごもりの準備ですが、この付近では全く気配がありません。
 上流の寺橋下では水温もこちらより低く、冬ごもりに備えオイカワは集団を作っていました。
 冬の状況で群れになり固まっていました。

 
 


DSC02938.jpg

 釣り人二人
 ポツリポツリと降りはじめたのでそろそろ上がろうと戻ってくると釣り人二人。
 楽しんでいました。
 どんなものか声をかけてみました。
 鴻巣から来られたそうでウェットで楽しんでいました。
 お一人は10分で5匹と言っていました。
 もう一人はあたりはあるがなかなか乗らないとのこと。
 お楽しみを期待してお別れしました。
 左岸を見ると良く判りますが水が出たところは草木も流され茶色に合わっています。
 水の力は凄いものですね。

 久しぶりの釣りでしたが、オイカワは元気一杯。
 未だ、夏のオイカワ、瀬を中心としたところに付いています。
 水温が下がるまで楽しめる小畔川です。
 
 
  1. 2017/11/04(土) 21:11:46|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6