FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

今年初の小畔遊び!


 今日は今年初の小畔川オイカワ釣りです。
 例年と比べて季節の変わりは早いのですが、オイカワの動きは遅い遅い!
 何処にいるのでしょうか?

DSCN3079.jpg

 オイカワを狙っているのはこの方も。
 さっきはすぐ横の枝に止まっていましたが、向かい側に移動、水面に注意が向いていました。

DSCN3083_201804161847526e0.jpg

 カワセミは上手くオイカワを捕まえますが、僕は小ぶりのこの型を二匹。
 ライズがバンバン出ますがフライは見向きもせず。
 厳しい!
 ユスリカを食べているようです。
 #30以下の大きさ、僕のフライには見向きもせず、すぐ横で連発。
 これがジレッタイ!
 精神衛生上頗る悪いのであります。
 厳しかったな!
 
DSCN3081.jpg

 ここ癒しの瀬では5時になるとライズは始まりましたが、見向きもされずに撃沈!

DSCN3073.jpg

 下流の八幡橋付近では、ライズも無し、オイカワの気配は全くなしでした。
 不思議ですね。
 確認できた魚は鯉とニゴイとヘラブナ。
 オイカワは何時になったら湧いてくるのか知らん?
スポンサーサイト
  1. 2018/04/16(月) 19:26:20|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

土曜日は福島の渓へ

 土曜日は福島の渓へ
 K村に住むSTOさんから釣れてますぜー!
 こんな電話が来たら行かない訳には行きません。

DSCN3043_20180416184630962.jpg

 福島の山間部は春が遅く、やっと桜が満開です。
 
DSCN3046_20180416184631d91.jpg

 何時もの安近短!
 車を停めて、ハイ釣りです。
 こんなところに魚が居ますよ。
 源流に入れば沢山釣れるんでしょうが、膝も悪いし、体力もなくなったし、こういったロケーションが僕には最適です。

DSCN3049.jpg

 早速、ヤマメが挨拶にやってきました。
 律儀です。

DSCN3059.jpg

 釣れるのですが、全てヤマメ。
 今日はイワナを釣りたいのです。
 残念ながらSTOさん、今日はお仕事で、案内できないそうなので、イワナ何処??
 沢を教えていただき移動!

DSCN3063.jpg

 ここも道端のアクセス最高の所。
 こんなところから出ました。

DSCN3062_01.jpg

 曲りの石の前
 うまく流れて一発で食いました。
 こういうのが堪らないから、釣りは止められない!
  1. 2018/04/16(月) 19:08:59|
  2. 福島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初ヤマメはにんにんさんの案内で


今年初ヤマメ
やっと釣りました。
午前中は小畔遊び、野蒜を収穫して帰ると釣友のにんにんさんから連絡が入りました。
当然バイト!

2018040118555436b.jpeg

一匹は一匹。
坊主と一匹の差は天と地。
三度の釣行でやっと釣りました。

20180401185555390.jpeg

昼から出発。
現地待ち合わせ。
にんにんさんのホームグラウンドを案内していただきました。
初めてのフィールドは、ワクワクです。


20180401185557515.jpeg

最初の一匹はここで釣りましたよ。
お花見をしながら、釣りました。
理想的なフィールドです。
安近短
車を止めてウェーダーを履いたらハイ釣りですよ。

201804011855598f1.jpeg

場所を変えると、スーパーハッチの瞬間に出会いました。
気味が悪いほどの虫が集まっていました。
羽化する瞬間をしっかり観察することができました。
こんな凄いのを見たのは初めてです。

2018040118573002b.jpeg

この谷でまたヤマメを釣りました。

20180401185731d02.jpeg

この時期の定番ポイント。
淵の開きで、ここで食うだろうと思った通りに食いました。
こういう釣りは楽しいですね。

にんにんさん 今度は名栗であそびましょう。


  1. 2018/04/01(日) 19:54:37|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スモールバスの産卵床を探す

先週、釣り友のボーイスカウトさんからの情報でバスが産卵床をつくっていると情報をいただきました。
野暮用が重なりなかなか小畔遊びができなかったので、今朝三本鍬を持って川べりを歩いてみました。

20180401094948673.jpeg

金堀橋右岸から入りました。
桜が見事🌸満開です。
今朝は竿を持たず、いつもの川耕しの鍬を担いでの探索です。

春爛漫、川辺を歩いているだけで汗ばんで来ました。


20180401094951d9d.jpeg

いつもの飛び石です。
水量が少ないですね。
水位が下がっています。
しかしこの下流は水位が上がっています。
高橋のプールから瀬にかけて小砂利が堆積したようです。

さらに下流の吉田橋上の癒やしの瀬、ここは堆積した土砂を搬出して均したところです。
オイカワの大好きな瀬に変身していました。
未だオイカワの成魚を確認していませんが、もう少しすると最高のポイントになりますよ。

本来の目的であるスモールバスの産卵小を探しに来ましたがよくわかりません。
探し方が下手くそなんでしょう、見つかりません。

2018040109490662c.jpeg

バス釣りの方と情報交換。
でかいのがいるとのことです。
産卵床もあるが、まだペアリング前で産卵はしていないようとのこと。
しかし、オスがポジション取をしているので産卵真近だそうです。
産卵床を守る性質があるため、この時期は良型が簡単に釣れます。
昨日は54cm 1、8kgを釣ったそうです。
いるんですね。
バランスでしょうか。
鯉が沢山います。
その卵は大好物のようです。
その鯉は恋の季節。
あちらこちらでバシャバシャと乗っ込み状態です。

対岸を見て下さい。
この時期、車が沢山入ってバーベキューを楽しむ方々で一杯でしたが今季は静かですね。
理由は調子に乗りすぎてゴミはそのまま大騒ぎ
その後始末は地元の有志の方々。
一部の方と思いますが、当然使えなくなりますね。
自業自得

私のキャッチコピー!

放すは一時、駆除は永遠!
繋がるような気がします。

20180401094904648.jpeg

産卵している状況が確認できなかったので、お伊勢通りの桜並木を楽しみ、左岸に渡り下って行きました。

20180401094902897.jpeg

この木良いでしょう。
しかし、そのうちに伐採されてしまう可能性があります。
根元の溜まりには鯉がグルグル、腹がパンパンの雌を追いかけていました。

20180401094949551.jpeg
良い野蒜を採取して洗っている方が居ました。
知ってる方は知ってます。
河川敷に生えていますよ。
からし菜も旬です。
ここいらあたりは、半月遅れで食べごろです。
蓬も新芽が出ています。


20180401094907068.jpeg

産卵床を耕そうかと持ってきた鍬で野蒜を掘ることになりまして、成り行きでしょうか。
少しだけ川耕しをして、野蒜は三回鍬を振るって良い野蒜がこれだけ採れました。

20180401094908fda.jpeg

最後に東上線と野蒜とからし菜と大人の川遊び用の鍬とのファイブショット。

産卵期に駆除をするのが一番効果的です。
孵化してからでは手がつけられません。

バス釣りは楽しい、僕も釣ります。
但し、小畔川ではリリース禁止です。
お持ち帰り、美味しく食べて下さい。
スズキの仲間で白身です。
ソテー、最高です。
三枚におろし、塩胡椒、小麦粉を薄くふります。
バターをフライパンに。
皮の方から火を通します。
カリッとなるまで十分に。
反対側をさっっと火を通して元の向き。
これで美味しい絶品のソテーとなりますよ。

もし、お持ち帰りがなければ、草むらに放り投げても結構です。
カラス、イタチが美味しく食べてくれます。
もし残っていれば私が、処分します。

放すは一時 駆除は永遠!

十数年続けていますが一人の力では難しいのです。
リリースをやめていただくだけでかなりの成果が出ますので、釣り人の皆様、宜しく御願いします。





  1. 2018/04/01(日) 10:32:26|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2