FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

秩父で釣りと寺社仏閣めぐり



DSC01733.jpg

DSC01732.jpg


DSC01731.jpg


DSC01730.jpg


DSC01729.jpg


  1. 2018/09/09(日) 22:21:36|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川  活性抜群!

 秩父から帰って夕方1時間

DSC01718_20180909212602fa0.jpg


 小畔の水量は適度に多いのです。
 上流域の水源地となる飯能地区には台風21号の通過時60mm程度の降雨がありました。
 それ以前も降っていたので丁度良い水位、水量を保っています。

 4.6kmポストから4.8kmの間で楽しんでいます。
 今日も韋駄天さんが挨拶に来てくれました。
 
 いつもの道具立て、何時もの釣り方。
 アップのドライは楽しい!
 痺れます。
 この場所は不思議と良型が付いているのです。
 駆け上がりを中心とした釣りですが、浅いプールが上流側にあるので流速が産卵に適しており、良型が集まるのではと思っています。
 

DSC01688.jpg

 小畔の土手と河川敷は草刈りが終わり、アクセス抜群となっています。
 河川敷には曼珠沙華が伸びてきました。
 秩父では開花していたので、この1週間で小畔の曼珠沙華も咲き始めると思います。

  1. 2018/09/08(土) 18:18:34|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気分を替えてご朱印を頂きに!

 秩父十三仏霊場 太陽寺で御朱印を頂き秩父市内へ。
 虚空蔵禅寺の御朱印を頂きました。

DSC01715.jpg

 虚空蔵禅寺は無住の寺。
 近くの廣見寺で御朱印を書いていただきました。
 このお寺の狐狸の玄関に例の仏像が睨みを利かせていました。
 韋駄天です。
 韋駄天は仏舎利を盗んだ盗賊を追いかけて捕まえたという事で、足の速い機敏なという印象がありますが、火の下を護るという事でお寺では狐狸の玄関に祀っているところあります。
 なかなかお目にかかる機会が無いので、住職にお願いして近くで拝観させていただきました。
 こちらは一刀彫で彩色がされていません。
 これも趣があります。

DSC01716.jpg

 本堂の裏手には東司の仏様が。
 ????
 男用便器と女用便器
 当にトイレの神様なのです。
 ご利益は願いが叶うという事です。

 一礼
 男便器 女便器をさする
 望みを願う
 銅鑼を三回鳴らす
 一礼

 ユニーク!


DSC01717.jpg

 別のお堂には東国三十三観音と西国三十三観音が祭られていました。


 どうしてこちらへ?
 実は安田屋のメンチを食べたくて時間を調整するのに少し足を延ばしました。
 11時前に向かうと、11時半から揚げ始めるので??
 1時間も待たせるの?
 待つの大嫌いなんで、ガッカリしてそのまま川越に帰ってきました。


  1. 2018/09/08(土) 17:59:31|
  2. 寺社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝は秩父を目指す

 3時半 自宅発 秩父へ
 中津川上流、滝沢ダムを越え上流へ

DSC01704.jpg

 現地6時釣り始め。
 7時半釣り終わり!
 全く反応無し。
 どうしちゃったんだろう。
 下手なんだな。
 納得。

-imgs-122.fc2.com/k/o/a/koaze/DSC01697.jpg" target="_blank">DSC01697.jpg

 気分を変えてご朱印を頂くことにしよう。
 絶景ですね。
 秩父方面からT字路を右折して滝沢ダムに向かいますが、左折側に向かうと三峰神社。
 そのままどこまでもどこまでも、三峰神社を通過して三峰トンネルを抜けると大血川最源流域に
 向こうの山は何と言う山なんだろう?

 途中の太陽寺に参拝し御朱印を頂く。
 ビックリ、ゴールデンレトリーバーが群れを成して僕の所に走ってきた。
 大きな声で「待て」右手を水平に出したら、期待外れ!
 おとなしくその場に座るかと思ったらまとわりつてきた。
 かわいいんだがビックリ。
 何と犬舎は冷暖房完備の戸建て。我が家より立派?
 不思議なお寺さんだった。

  1. 2018/09/08(土) 17:22:08|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那覇でガーラ?を釣る!


8月最後の出張は那覇
気になっていた国場川から久茂川合流地点を中心に探索してみました。

2018090305452615e.jpeg

国場川にかかる国道58号線を通す明治橋には龍がいます。
下流は1km強で河口となり、右岸は離島を結ぶフェリー乗り場があります。
対岸は米軍施設が残っており河口の燃料揚陸用埠頭まで行かないと釣りは難しい。
上流は奥武山公園に隣接した遊歩道が続きどこでも大丈夫。
右岸も上流は遊歩道が整備されています。

201809030545271f3.jpeg

左が明治橋、そのすぐ脇が久茂川で合流地点です。
ここに那覇市市営?の船舶揚陸所?があります。
要は小型船舶用船だまり。
橋の上からライズが確認できました。
久茂川は合流地点から街中を流れ、旭橋駅から県庁前、美栄橋駅と運河のように続きます。
モノレールは川の上に施設されました。
当日の干潮は3時過ぎ、釣りは6時頃からですから時合いとしては良いところでした。
久茂川が逆流しているのがよくわかりました。
海水が入り、この流れに乗ってチヌ、ガーラ、サメ?等の海水魚が入って来ます。

街中はルアーが宜しい。
フライは難しいのです。
街路樹が川べりに生えているため、キャストが困難。
場所が限られて、時間も限られます。

2018090305452904e.jpeg

やっと釣ったのがチビガーラ。
船溜りのライズにキャストしたら食いついてきました。
一匹は一匹!
坊主とは雲泥の差。

国場川沿いはどこでも大丈夫ですが奥武山公園前がお勧めです。
水中には沢山の魚が見えます。
ボラはわかりましたがそのほかは名前がわからない。

海の雑魚釣り場、また一つ開拓しました。
朝から数キロ歩き何箇所もチェックしました。
結果、せっかく磨いた革靴が埃にまみれ、シャツは汗でベトベト。
参った、これで帰らないと。
とりえず宿に帰ってファブリーズ。

総括です。
街中を流れる久茂川は釣り場に難あり、今までのメイン安里川の方が釣りやすかったかな?

水面ばかり覗いている出張の合間、今回も楽しみました。

  1. 2018/09/03(月) 06:42:58|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ