FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

川越祭り 2018 

 川越祭りが始まりました。
 この週末は祭り一色の街中です。
 川越祭りは世界遺産に登録されて最初の祭り。
 盛り上がっています。
 奥と一緒に出掛けてみました。

DSC02009.jpg

 川越市駅から本川越駅まで出店を楽しみながらゆっくり歩いて行きました。
 奥をペペに残して一人ウォーキングで連繋寺!
 ここの境内にはお化け屋敷が毎年やってくる。
 堪りませんです。
 呼び込みの口上、年をとってもフラフラッと引き込まれそうになってしまいます。
 だみ声で誘うのです。
 入りたい!
 でもね、一人じゃ入れないでしょ。
 オコチャマとカップル向きですからね。
 一人で入る勇気がございません。
 近くにいる入りたさそうにしている子供を誘って入っちゃおう!
 脳の後ろ側でささやいています。
 昔だったらハイ了解と動き出すんでしょうが、今時は大変なことになってしまいます。
 誘拐だなどと騒がれると、好意で一緒に連れて入っても、誘拐犯人になってしまいますからね。

DSC02010.jpg

 入り口横のお化けが可愛い!
 触らないでくださいって?
 おどろおどろしいお化けだったら逃げるかすくんで固まります。
 
 僕にとって川越祭りの本命は連繋寺境内にあったのであります。

DSC02007.jpg

 通りには市内だけではなく近郷の祭り踊りが披露される舞台が設置されて楽しいお囃子を披露しています。
 お囃子を聞いて、踊りを見ながら歩きます。

DSC02019.jpg

 連繋寺から氷川神社に参拝し奥の待つぺぺに戻ろうかと思いましたが、ここで降りだしました。
 そのままペペにUターン。
 ウウーン!
 キツネに騙されたことにしておきましょう。
 連繋寺に向かう時、奥に連絡は携帯でと言いつつ、あれま?
 忘れてきましたのです。
 またやってしまいました。
 東日本大震災の時も、そして今回も忘れ!
 肝心な時に忘れるんですね。
 奥の対応!
 呆れて呆れて言葉も出ないそうです。
 ペペ一階か二階で待ち合わせという事で戻りましたが、凄い人ごみ。
 全く見つからず諦め!
 そこでひらめいたのが、そうだ!
 あの子が出店を出している。
 お母さんに連絡してどこにいるか聞いてちょうだい!
 何々、二階のトイレの長大な列に並んでいるって。
 その場を動くなという事で再会。
 これは余計な話でした。

DSC02034.jpg

 本川越駅前交差点、山車が動き出して直ぐに ひっかわせが始まりました。
 お囃子の勝負!
 ひっかわせのど真ん中に入ることができました。
 四台の山車が絡んでのひっかわせ!
 ピーヒャラドンドンチンチントントコリン!! チンちゃらヒョロヒョロピーヒャララ!! チロチロチャララヒョロロンロン!!
 何が何やらにぎやかになって盛り上がります。
 


DSC02038.jpg

 山車の舞台が回転します。
 くるっと回って、お囃子を撒きながら踊りを踊ります。
 ひょっとこ、おかめ、キツネ、獅子まで登場です。

DSC02045.jpg

 各町内の山車が三十台ほど練り歩きます。
 山車の後方に見える提灯の数だけ後ろに続いています。
 山車が出会うごとにひっかわせ!
 各町内の会所前では仁義を切ってのお囃子披露、いたるところでお囃子が聞こえます。
 山車を引くのは最寄り町内の方々のみ。
 飛び入りはできません。
 山車を動かしているのは町内で役職を決め定められた手順で行っているのです。
 引き子は昔から町内に住んでいる方だけのようでしたが、最近は会所に寄付をして手拭いを頂き、これをかけることで引くことができるようです。

 盛り上がりますね。

スポンサーサイト
  1. 2018/10/21(日) 12:06:56|
  2. 川越
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼の小畔川 川越祭りの前に少し!

 川越祭りは10月20,21日
 夕方から川越祭り見物に出かけるので少し小畔遊び!

DSC02003.jpg

 三時過ぎから小一時間、目の前を流れる小畔川でオイカワに癒されてきました。
 その前に、15.16.17日と二泊三日で岡山出張。
 市内、繁華街を流れる堀川でオイカワと遊んできたのですが、宿を勘違いしてしまいかなり離れているところに泊まり、現地まで25分歩いての釣行でした。
 釣れるには釣れたがイマイチの釣果、そんな訳で小畔で気分転換です。

 午前中は22日からの出張に備えかつ川越祭りで歩きまわるので、膝にヒアルロン酸注射。
 お昼を取って、時間調整に小畔遊びです。

 これには伏線があり、午前中は整形外科の時間待ちの間、上流部でオイカワ遊び。
 残念ながら全く反応なしだったのです。
 そろそろ、小畔川も秋が深まりオイカワも冬支度に入り始めたのかもしれません。
 浅場から、深場に、散開から集合にパターンが変化し始めたようです。
 今までの鉄壁ポイントが変わってきたところが出て来ました。

 自宅前付近のポイントも少しずつ変化してきているのが判ります。
 先ず、型が全般に小さくなってきていること。
 イワシサイズも出ますが、少なくなってきました。
 アベレージが10cmに下がってきたことと、今年の個体でしょうか、一番先に孵化したと思われるものが2cmから3㎝に育っておりこれがちょっかいを出し始めたこと。
 当然釣れません。

 フライへの反応時間がゆっくりとなってきたこと。
 フライを落とすと同時に、落ちる前から反応していたものが、少し遅めに反応するようになりました。
 浮かんだフライを見ているのでしょうか。
 少し流れてから、食うようになりました。
 釣りとしてはこのほうが絶対に楽しいのです。
 ドラッグをかけないようにキャストプレゼンテーションの練習になりますからね。
 こうなると、狡猾で神経質になった大物のヤマメのような。
 少し大げさなようですが、それぐらいキシっとしたキャストとプレゼンテーションをしないと釣れない時があります。
 夏のオイカワと少し違うオイカワに変わってきました。


 画像のオイカワも一発で出たわけではありません。
 ライズを対岸に見つけてキャスト。
 ドンピシャで狙った所に入り、ドラッグを避けて流れるまで無視されました。
 また、何回も流すと見切られます。

 楽しいですね。
 オイカワとのバカ仕合!
 
 
  1. 2018/10/21(日) 11:10:51|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川 丸子川のオイカワにはかなわない!

 3時過ぎから小一時間、明日は岡山に出張なのでオイカワ用に巻いたフライのチェック


DSC01994.jpg

 #19に巻いたウェット用の鈎。
 アップで探るが全く反応なし、ダウンにするとコツコツとアタリがあるが鈎にはかからない。
 少し花が長すぎるようでオイカワの口には入らない。
 フライチェンジ。
 お気に入りの小畔3号。
 こちらは魚が居れば着水を待って反応がある。
 今週は丸子川でとんでもないオイカワと遊んできたので、小畔のオイカワは物足りない。
 10cmぐらいがアベレージ、そんな中での夕一!
 13㎝かな、15㎝かな。

DSC01997.jpg

 フライが沈んだので軽く合わせると、グイグイと引きます。
 オイカワだったらモンスター!
 なんか違う。
 バスが来ました。
 何時もバスが釣れるパターンは2つあります。
 ほとんどの場合、小畔3号に来ているという事。
 ドライのつもりが着水が強めで沈み始めの時に食っている。
 派手なアタリではなくもそっと食う。
 表層を引っ張り三角波が出ている時に食っている。
 釣れる場所は葦際の鏡の水面と決まっている。

 未明に降った雨の影響で水位はやや高め、もう少し活性が高いと思ったが、低調な小畔の夕でした。
 
  1. 2018/10/14(日) 16:46:24|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静岡県 安部川支流 丸子川 オイカワモンスター

 10月9,10日の一泊二日の出張で静岡へ。
 途中下車をして新しいポイントを発見。
 ここは凄い!

DSC01991.jpg

 東海道本線 安倍川駅ここは静岡から一駅浜松寄りです。
 北口を出て西に向かうと丸子川が流れています。
 一級河川で山際の街中を流れ安部川に合流します。

IMG_8241.jpg

 下流部はこの大きさがアベレージです。
 小畔川ではここまで育ちません。
 


DSC01980.jpg

 上流部に向かうと護岸の形が変わってきます。
 下流部は逆三角形ですが、こちらはほぼ垂直な二面護岸に変わってきました。
 街中を流れますが水質は良好でした。
 場所場所で流れの変化があり魚が喜ぶ隠れ家がそこここにあります。

DSC01982.jpg

 この場所から釣り始め、下流に釣り下がっていきました。
 見てのとおり瀬からの平場ですが、こんな平凡な流れにも良型が着いていました。

DSC01988.jpg

 下流部よりスリムですが、十分に楽しめる大きさです。
 イワシサイズと呼んでいるもので、引きが強い。

DSC01986.jpg

 綺麗な魚です。
 これで15㎝ぐらいです。

 今回は#3ロッドにDT3-F 前回札幌で使った#4リーダーをそのまま使いました。
 ハリスを0.6号とし、何時もの#20オイカワフライを結びました。

 釣り人がほとんど入っていないようで、フライへの反応抜群。
 空中でも食ってきました。

 ここまでは釣れた話ですが、釣れなかった話もあります。
 良型のオイカワが写っている最初の場所から更に下流、新幹線の通る橋の100m上流で凄いのが泳いでいたのでした。
 見た目で20cmを越えるやつが沢山居ます。
 ボコ、ボコっと、時にはバッシャンとライズをしています。
 それ以外は石に付いた藻を食べています。
 これを見たら燃えますね。
 ライズに合わせてドラッグフリーで流せば一発だなと軽い気持ちで第一投。
 あれー?
 あの石の横で絶対喰うはずなんだが。
 何度、流しても食いません。
 アップでもダウンでも無視されます。
 すぐ横でボコっとライズをするのですが、フライには見向きもせず。

 極小のエサが流れてきているようです。
 これに特化してそれ以外は無視のようです。
 #30なのか40なのかわかりません。
 #20は無視されたのです。
 フライを替えても同じ、奴隷からウェットに替えても同じ。
 全て反応なし。
 
 こんな魚もいました。
 だからこんなに大きくなったんでしょう。
 それなりの理由があります。
 しかし、釣りたい。
 課題が残りました。


  1. 2018/10/12(金) 22:22:37|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕の小畔川  やっと水位も下がって釣り易く! 10月8日

 久しぶりの小畔遊び。
 台風が次々と列島を縦断した影響で2週間で100mm程度の雨が降りました。
 ここ数日、大して降らなかったので、水位も下がってきました。
 

DSC01963.jpg
 
 リールとラインをセットで替えたので筆おろしです。
 良型のオイカワがあっけなくかかり、入魂完了。
 リールの性能は十分に満足なのですが、ラインが宜しくない。
 僕はダブルテーパーラインを渓流でもオイカワでも使っています。
 ラインはDT1F/30.5M どこのメーカーかわかりませんが新品箱なしで安かったのです。
 安いだけありました。
 この前にはRSTコヒノールに、S.A. DT1F ラインの組み合わせでした。
 ラインの張りが全く違い、ロッドにまつわりつくため、距離が出ません。
 やっぱり、第一のメーカーは違いますね。
 高いだけありました。

 同じものを2本買っちゃって少しがっかりしています。


DSC01968.jpg

 今日一のオイカワ
 十分に引きを楽しませていただきました。

DSC01977.jpg

 今季最小の一匹
 やっちまいました。
 スレで脳天にグサ!
 可哀そうなことをしてしまいました。

DSC01976.jpg

 今日は4時前から1時間少々の小畔遊び、この場所は移動して金堀橋のすぐ下流にある溜まりから瀬に続くところ。
 瀬頭でエキサイティングな釣りを楽しみました。
 瀬頭上の鏡のところ、緩い駆け上がりになっています。
 手前から駆け上がり野50㎝ぐらい前にフライを落とすとガバッと下から突き上げてきます。
 良型が一発で食いつてきます。
 その後が楽しい、合わせを入れて鈎かかりすると、オイカワは下流の瀬の中を必死に下ります。
 ドライで楽しみ引きはウェットのグググーん!
 一投で二度楽しめる。
 これが連続して続いたのですから楽しいですよ。
 最後は対岸でライズ。
 狙って釣るのです。
 ライズの上流にフライを落とし流れに沿って流すと釣れますね。
 ところがドラグが入ったりすると全く食い付きません。
 こういう釣りは大好きです。

DSC01958.jpg

 河川敷に咲く紫のコスモスと黄色いのは菊芋???
 コントラストが素晴らしいです。
 そして、心臓が止まりそうになりました。
 カメラを構えた瞬間、雄の雉が足元からバサバサっと飛び立ちました。



  1. 2018/10/08(月) 18:08:09|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

豊平川 リベンジ


 10月2日から2泊3日の計画で札幌に出張してきました。
 今回の目的は当然仕事ですが、アフターファーブ、ビフォアエイトを有効に活用して豊平川に立てることを密かに(嘘 大ぴらに)
計画しました。

IMG_8223.jpg

 到着した初日は疲労困憊、釣りをしたいが体が答えてくれなかったのです。
 今まででしたら、チェックインと同時に竿を抱えてすっ飛んで行くのですが、今回は気が乗らないというか体が動かないというか、ネクタイを外した途端、気が緩んでしまいました。
 かなり疲れていたようで、体力の限界に近かったのではないかと思いました。
 部屋で、服を脱いだら外に出る気がなくなってしまい、食事も取らず寝てしまいました。
 年を感じた瞬間でした。

 おかげさまで翌日は4時に目を覚まして5時半過ぎに川へ向かいました。
 第一の目的は、逃がした魚は大きかったので今度は釣ってやるということ。
 漫画みたいな話ではあるが当人大真面目でした。
 仕掛けは前回と同じものですが、リーダーを4号に太くして、前記事のフライを巻いて備えたのです。

 ウントモスントモです。

 対岸に釣り人、年配の方がたたき釣りをしています。
 何を釣っているのか遠目で判らないのです。
 ただ、時々小魚を釣っており、腰の魚籠に入れています。
 何かな??
 小ヤマメ? カジカ?
 判らないと気になって気になって。


IMG_8228.jpg

 こんな格好での釣りです。
 基本出張スタイル祖のままで釣ります。
 今回はスーツに革靴。
 今回に限らず、出張時はほとんどこれです。
 好奇の目で見られることがほとんどです。
 今回は河原ですから気を遣わず楽しんだのですが、歩道の近くとか街中とか、普段釣り人を見かけないところでの釣りですから当然ですね。この格好では足場が宜しく、簡単に行けるところでないと無理ですから。
 その点、豊平川、千歳川は別格です。
 
IMG_8229.jpg

 この場所、如何でしょうか?
 渓流のベストポイントです。
 流れ落ちるところの澪筋には一番の良型が入っているはずです。
 はずですなんです。
 居るのではない。
 居ても食いつくとは限らない。
 全く反応無し。
 少しぐらい期待を持たせてくれても宜しいかと思いますがだめですね。

 アタリがあったのは前の画像のところです。
 この位置のすぐ下流です。
 中央の流れが巻いており、ウェットで流すと岸寄りに流れてきます。
 この時にツンツンと。
 三回流してツンツンが来ましたが四回目からは沈黙。
 キャストメンディングの練習を継続して日が暮れてきたので止めました。
 

IMG_8232.jpg

 この方は夕方お会いしました。
 ウェーダーを履いて歩いていました。
 川の中にも数人入っていました。
 手に持っているのはアンテナ、そしてガーガー鳴る機械を携えています。
 こんばんは
 何やっているんですか?
 鮭の追跡をしているんですよ。
 ここいら辺りに発信機とライトを着けた鮭が居るはずなんです。
 上流へ遡上してもらわないと困るんですよ。
 ほら、そこに一匹留まっているの見える??
 他のは遡上どころか下流に下ってしまったんですよ。
 へーーー?
 そうなんですか。
 判りにくいのですが、正面の石の作る波の手前に緑に光る点があります。
 ここに鮭が居ました。
 僕も確認できました。

 栽培漁業関連の方々でした。


IMG_8234.jpg

 反省会。
 二日目の朝夕川の向かいましたが残念ながら型見ず!
 倶知安の仁世古というお酒をチビリチビリとなめながらの反省ですが、そのうちにお酒が美味しくって、釣れなかったのは時の運!
 仕方がないさで、終わってしまいました。

 日が沈むころ川を去ったのですが、堰上の溜まりではライズが頻発していました。
 先ほど釣ったところでは岸際の緩い流れでライズ。
 恐らく今年孵化した小ヤマメだと思います。
 雑魚釣り用のドライでしたら一発で食ってくるはず。
  1. 2018/10/05(金) 10:51:59|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2