FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

夕の小畔川 だいぶ久しぶりのような気がしました

PA030023.jpg

 夕方遊んでくれたオイカワです。
 4時前から金堀橋上のプールから始めました。
 最初はオイカワの顔でしょう。
 久しぶりね。
 なんて話しかけてくれているようです。

PA030027.jpg

 金色に輝くオイカワですが、河床はドロドロです。
 小畔川の水質は良好な状態を保っていますが、まとまった雨が降らないため御覧のように垢がたまってきています。
 そろそろ雨が欲しいなと思っていたら台風が2つ発生しました。
 来週の中ごろからまとまった雨が降りそうです。
 来週末はピッカピカの小畔川に変身しそうです。

PA030029.jpg

 最初はドライから入りました。
 ライズリングが沢山出ているのが判るでしょうか?
 水位が下がっていますが、オイカワは元気そのものピョンピョン跳ねています。
 #21にブラウンハックルを長めに巻いていますから実際は#18ぐらいの鈎です。
 キャストごとにアタックしてきますが10cm以下は口に入る前に鈎をはじいてしまっているようで、なかなか鈎がかりしません。
 これがまた面白い。
 簡単に釣れては直ぐに飽きてしまいますからね。
 苦労して釣った一匹は価値があります。

PA030030.jpg

 ドライで楽しんだ後はウェットです。
 プールからの流れに同じフライをウェットで流すとこんな小さな流れですが確実に反応がありました。
 ヒット率も上がります。
 魚も大きく2回に一度は鈎がかりです。
 今年の秋は昨年より更に一昨年より魚影が濃くなってきています。

PA030034.jpg

 鉄橋上の瀬では美樹プルーンさんが自作ロッドで楽しんでいました。
 ここから更に上流、吉田橋上のプールです。
 魚の付き具合を確認しながら釣りあがってきました。
 吉田橋のたもとの瀬、癒しの瀬でしょうか。
 ここには良型のオイカワが群れているのが観察できました。
 残念ながらドライにはチビだけが反応し本命は知らんふりでした。
 その上は河床を均す工事があった場所ですが、右岸に水路ができその下は左岸に流れる瀬となっています。
 そしてそこから癒しの瀬と続いています。
 今日は右岸水路から瀬に近づき駆け上がりになっているところに良い型が付いており、ドライにバシャっと出てくれました。

 この写真は更にその上のプールです。
 私のお気に入りの場所です。
 いつもどおりここは釣れます。
 どこにキャストをしてもパシャンと義理堅く反応してくれました。
 ただし、必ず鈎がかりするとは限りませんよ。
  

PA030036.jpg

 吉田橋下のプールに戻ってきました。
 今日は釣り人が多いですね。
 ここのところ餌釣りの方が増えてきました。
 釣り人誌に小畔川が紹介されたからでしょうか?
 それともこのブログを読まれてでしょうか?
 ハイ、当然釣り人誌のおかげです。
 ここで美樹プルーンさんの自作ロッドをお借りしてキャストをしようと思ったら、ああああーーーー!!!!!!
 やってしまいました。
 ピックアップで少し強くロッドを後方に振ったら、ありゃ?
 軽くなってしまいました。
 グリップの真ん中からポッキリ折れてしまいました。
 美樹プルーンさんごめんなさいね。
 そんな訳でここに釣りは終了です。
 ここから高橋のプールに移動。
 新作2本目のロッドをお借りして試釣です。
 これいいですね。
 #1対応のように感じました。
 少しラインが軽いようですが、チューニングで更に良い竿になりそうです。
 そしてここでkingfisherさん、プラントFさんと合流。イブニングを楽しみました。
 暗くなって見えなくなる寸前にゲッチさんもやってきました。
 やはりイブニング。
 食い込みが違います。
 小物まで今まではじいていたフライを咥えてしまいます。
 至福の時ですね。
 あっという間の楽しみでした。

 
PA030031.jpg

 おまけです。
 今年も小畔川河川敷のクルミが良い具合になってきました。
 そろそろ収穫して土に埋めてもいいかなといったところです。
 2週間埋めて外側の皮が取れたらきれいに洗って出来上がり。
 美味しいクルミです。
 知ってる人は知っていますから一斉に収穫して根こそぎ持って行っているようですよ。

 早い者勝ち、遅い者負けです。
スポンサーサイト



テーマ:フライフィッシング - ジャンル:趣味・実用

  1. 2009/10/04(日) 00:08:56|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<今朝の小畔川1 精進場橋周辺からの釣り | ホーム | 貞山堀と小畔川>>

コメント

jetpapaさん、おはようございます。

出張ストレスを小畦川で発散できたようでなによりですね ^^
やはり、水位が下がってるように見えます。jetpapaさんがおっしゃる通り、まとまった雨になるといい感じになるのでしょうね。
出るべきところで、出てくるオイカワ。jetpapaさんの腕なのでしょうが、まるで、慣れているような感じです。子供どうしで釣りに来ているもの、いい感じですね。
クルミ・・・・土に埋めるとは知りませんでした。てっきり、カラカラになるまで、木に着けておくものかと思ってました。
これは、早々、ゲットしておくしかないですね ^^
  1. 2009/10/04(日) 06:31:23 |
  2. URL |
  3. こげだし紋次郎 #-
  4. [ 編集 ]

クルミってそんな風にするんですか?
子供の頃遊んだ入間川沿いにも昔は有ったんですが、知りませんでした・・・

小畔川ってそんなにも魚影が濃いんですね?
このブログを読ませて頂いていると、いつも殆ど入れ食い状態のように見えます。
もっとも腕と道具の違いなのでしょうか(笑)
小畔川の妖怪「おいてけ堀」が出てきそうなシチュエーション ですね(笑)
それにしても子供も大人も川で遊んでいる風景は良いものですね?
  1. 2009/10/04(日) 07:37:32 |
  2. URL |
  3. 旋風と用心棒 #-
  4. [ 編集 ]

jetpapaさん、おはようございます。
昨日はお久しぶりでした。最近仕事がハードですね。体調には気おつけて
仕事頑張って下さい。
7月から小畔川に通っているのですが、管釣りオンリーの私には里川
の釣りはとても新鮮です。又合わせやアプローチなどいろいろと勉強に
なりマス釣りにも応用できると思います。
それから、ロッドは帰ってから修理完了しました。少し作りが甘かったよう
です。 
クルミですか、季節はすでに秋ですねー

  1. 2009/10/04(日) 09:04:07 |
  2. URL |
  3. 美樹プルーン #-
  4. [ 編集 ]

 こげだし紋次郎さん おはようございます

 水位がズーット下がっていますから魚の付き場が決まってきます。
 セオリーはプールから瀬に変わる駆け上がりここを狙えば良型が飛びついて来ます。
 誰がやっても飛びついて来ます。
 問題は合わせがバッチリ行くかでしょう。
 オイカワの合わせに慣れてしまうとヤマメでは少し早くって、イワナでは口を閉じる前に合わせてしまい釣れません。
 難しいもんですね。
  1. 2009/10/04(日) 09:08:28 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 旋風と用心棒さん おはようございます。

 胡桃ですが、子供の頃は胡桃拾いにこの時期行きました。
 川沿いに生えていますからじめじめしているところが多かったような気がします。
 本来は、これから実が腐って地面に落ちます。
 そして放っておくと外皮が分解されて、中の胡桃のかたい部分がきれいになって落っこちているのです。
 これを拾いに行くのであります。
 しかし、小畔川では目ざとい方が多いので(恐らく業者かと思います)早めに収穫して土に埋めて外皮を分解するのがよろしいかと思います。
 ただし、どこに埋めたか忘れないようにしてくださいね。

 小畔川のいいところ、好きなところは老若男女それぞれに楽しめるところが良いです。
 川がフラットなので、子連れの川遊びには最高です。
 小魚、虫、草花等々子供にはこんな楽しいところはないようですよ。
 まだ、川の中をバシャバシャ歩きまわって雑魚すくいをしている元気者もいます。
  1. 2009/10/04(日) 09:47:00 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

 美樹プルーンさん おはようございます。

 昨日はお疲れ様でした。
 ロッド修理完了ということで安心しました。
 初めて小畔でオイカワを始めてころと比べると雲泥の差、もう立派なオイカワスペシャリストですね。
 オイカワノ合わせができるようになり、後ろに吹っ飛んでいかないようになると安心して釣りができます。
 大きい魚でも力ではなくスピードの合わせができるようになると、合わせ切れあ全くなくなります。
 今季の渓流では一度も合わせ切れはなかったですよ。
 ホントは合わせ切れしてしまうような大物とは出会わなかった訳ですが。
 管釣りでもスマートな釣りができるようになりました。

 今朝は下流の方に魚影調査に行って来ました。
 後ほど情報をアップします。
  1. 2009/10/04(日) 09:54:33 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/100-1c1efea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)