小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

釣れたのではなく釣ったという事! 5月26日朝の小畔川


小畔川では空気式の取水ダムが上流部の何箇所かに田植えの季節に設置されます。
今朝は田からの戻り水でひどい濁りです。
そんな中、韋駄天さんが挨拶に来てくれました。


20180526095820ebe.jpeg

はっきりと婚姻色に染まった雄のオイカワ。
韋駄天と呼ぶにはこうでなくっちゃね。
鰭も発達し、同じ大きさでも別の魚のようです。


2018052609582340c.jpeg

そんなに大きな個体ではありませんが存在感抜群。
韋駄天です。


201805260958211a7.jpeg

もう少しで韋駄天に変わるかもしれない個体



20180526095818daf.jpeg

釣友のARIさんが釣っています。この場所で釣りました。
今朝の小畔川はこの通りひどい濁りでカフェオレ!

全く期待ができない状況でした。
高橋から下りここまで来ると瀬頭にライズを見つけたのです。

実質の透明度は10cm以下では無いかと思います。
厳しい釣りとなりました。
それ故に釣った喜び満足は二倍三倍です。

釣れたではなく、釣ったのです。


2018052609582436b.jpeg

鉄橋下もこの通りいつもはライズがあるのに沈黙です。

今朝のポイントと釣り方の解説です。
まず、釣りにならないということを頭において、どうしたらよろしいか。
フライが見える所がポイントです。
綺麗な水でしたら放っておいても食いつきますが今朝は違いました。
瀬頭の浅い所でオイカワがフライを確認できそうなところを探す。
ライズがあれば大丈夫。
無くても見えている可能性があります。
キャストはピンポイントです。
いつもピンポイントを狙わなければ釣れない所で遊んでいる方にはどうってことはないでしょうが、簡単に釣れる所でばかりの釣りをしていると苦労します。
ドライでもアップクロス、アップを中心に心がけていらっしゃる方は簡単に狙えると思います。
ウェットの方が釣れると思いますが、これもピンポイントで魚の直前にフライを持っていくテクニックが必要です。
見えないんですから、スイングをするにしても狙ったピンポイントにフライを落として、水面なのか5cm沈めるのかコントロールが必要です。

イメージ通りに流しても食うとは限りません。
フライを見つけて餌と認識させなくちゃね。

釣れたでは無く釣った魚。
こうやって釣った今朝の韋駄天は値千金です。
これができればどこでも釣れますよ。

皆さま大丈夫ですね。

僕は久しぶりに決まったので有頂天なのです。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/26(土) 10:28:30|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「7月10日」 今日は納豆の日! | ホーム | 小畔川の頂点に位置する生物は外来種>>

コメント

こんばんわ

綺麗なオイカワですね
そう言えばそろそろ産卵時期も近いですもんね
多摩川では何故かこのいろがでるのは
8月辺りが多いんですよね

ここ数年あまり見かけませんが
今年はこの姿たくさん見たいです
  1. 2018/05/29(火) 19:04:52 |
  2. URL |
  3. yutkun #-
  4. [ 編集 ]

 yutkunさん

 良い季節になってきましたね。
 雑魚釣り最盛期です。
 小畔のオイカワも活性が上がって繁殖期の派手派手の韋駄天さんに変身です。
 砂礫の緩い流れでは例年ですと産卵が朝夕に始まります。
 沢山のオイカワが集まりワイワイガヤガヤ狂ったように泳ぎまくり、産卵が始まると狂乱となります。
 しかしながら、田植えがほぼ終わったにもかかわらず、カフェオーレ状態が続いています。
 上流部での河川工事が行われているようで、今年もお魚にとっては厳しい年になりそうです。
 明日あたりから少し雨が降りそうで川が再生されることを期待しています。
 大雨が降って欲しいというのが僕の願いです。
  1. 2018/05/29(火) 21:24:09 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2018/05/30(水) 22:42:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1020-f607c840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)