FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

涼を求めて 松木川

7月27日 金曜日

思い立ったらすぐ行かなくちゃと松木渓谷に行って来ました。
日光市足尾町 そうです。
あの鉱毒で街が人がそして自然を完全破壊した足尾銅山の脇を流れる川です。
生命反応が無くなった川を谷を再生し、渓魚が帰ってきたのです。
もう我慢ができず行ってきました。
DSCN3126.jpg
渡良瀬川の最上流部に位置する松木川、足尾町漁協が管理をしています。
遠いですね。
川越から二時間40分強かかってやってきました。
DSCN3127.jpg
渓谷への入り口はこのダムです。
ここに車を停めて歩いて行くのです。
このダムを見てキングコングを重ねて見えました。
南の国、キングコングを神と崇める種族。
結界と言うのでしょうか、人の住む世界とキングコングの領地を巨大な柵で隔てていました。
その隔たりをこのダムに重ねました。
DSCN3125_20180730060923fe4.jpg
このゲートをくぐって川を遡っていきます。
工事関係者は車で行きますが釣り人は歩いて行きます。
ここから先は全く放流はされていません。
キャッチアンドリリースの自然繁殖の魚だけが棲息しています。
DSCN3120.jpg

谷に入ると地形がいつもと違います。
禿山に河畔林が全くない広い河原。
こんなところに魚がいるのだろうか?
最初に感じました。
自然破壊はあっという間に。
回復は永遠にかかります。
その過程で渓魚が戻ってきました。
放すは一時、駆除は永遠というキャッチコピーを作りましたが ここでは言葉ではなく地形が語りかけてきます。
DSCN3111.jpg
川を遡ると良いところもあります。
堰堤の工事が所々入っていますがこんな素敵なところもあります。
DSCN3110.jpg

綺麗な流れです。
ここにネイティブイワナが隠れています。
ゲートを通過して一時間程度歩いて来ました。
工事の方から熊が歩いているから気をつけろと。
昨日もその藪から出て来たぞ!
いるんです。
熊には合わなかったのですが対岸をカモシカの親子が歩いていました。
DSCN3105.jpg
先行者ありで、入りました。
います。
先行者がありながら良型が反応しました。

泣けてくる。
バシャ、ピシッと最高の合わせ。
十数メートル先、プールの際に狙ったところで思った通りに良型が食って出ました。
どうしたことか?
反応無し!
理想の出方に合わせ!
ティペットが切れました。
合わせ切れでした。
ありえないことでした。
いつもオイカワで合わせを入れています。
合わせ切れが起きるほど強くすることはありません。
でも切れました。

次は小さかったのですが合わせで切れました。
0、6号ですから尺でも大丈夫なのですが切れました。

がっかりして川を下りました。

DSCN3123.jpg

帰りのゲートに続く橋から工事現場。
自然破壊を回復するのは不可能に近いが不可能を可能にしようと頑張っている方々がいる。

ここに来て良かった。
小畔の川遊びなどと言っているが一人で川耕しをして毎年産卵床を作るのは結構辛い作業です。
一人で始めて10年が過ぎました。
継続は力なり!
足尾の努力を目の当たりにして力をいただきました。

魚は釣れなかったが来て良かった。

スポンサーサイト
  1. 2018/07/31(火) 06:09:18|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<8月16日 今朝の小畔川  ドライで入れ食い! | ホーム | 7月10日、今日のお昼は納豆ご飯!>>

コメント

惜しかったですね

先人の過ちを正す努力というのは、本当に地道で厳しい道のりですよね。
完全な回復までは果てしなく遠いかも知れませんが、頑張って欲しいものです。
papaさんも小畦警備隊としてご苦労様です!
  1. 2018/08/01(水) 20:22:18 |
  2. URL |
  3. らんた #kBU0PDh2
  4. [ 編集 ]

 らんたさん

 御無沙汰しております。
 併せてお返事が遅れてしまい申し訳ありません。
 足尾の地は地獄のようであったと言われています。
 鉱毒による被害は自然環境のみならず住民も被害を受けこの地を去らざるを得なかったということです。
 松木川を遡って行くと当時の集落跡がありました。
 お墓もありました。
 全てを捨てて移らざるを得なかったのでしょう。

 山の木々は完全に枯はて裸のはげ山に。
 今も植林を継続していますがどうしても根を張らないところが多いようです。
 一度破壊すると回復には何倍もの気の遠くなるような時間と努力が必要と痛感しました。
 放すは一時、駆除は永遠とキャッチコピーを使っていますが同じように強く感じられました。
 安易な放流は危険です。
 
  1. 2018/08/04(土) 07:07:19 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1024-f9b0e6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)