FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

8月25日 今朝の小畔川  水位安定河床もピッカピカ!

 昨夜は宴会があり午前様となりましたが、どういう訳か5時前に覚めてしまいました。
 そうなったら行かなくっちゃね。
 韋駄天さんが待っています。

DSC01601.jpg

 東の空が明るくなってきました。
 今日も暑くなりそう。
 ベランダに出るとベタッとした空気が肌にまとわりつきます。
 日差しが強くなる前に、釣ろう。

DSC01616.jpg

 今朝も韋駄天が挨拶に来てくれました。
 先日から結びっぱなしの小畔3号です。
 アップクロスのドライ。
 楽しいですね。
 小畔3号はドライシェイクが効かなくなると着水と同時にゆっくり沈み始めます。
 出方が少し遅くなるのです。
 食いが立っている時は着水と同時に、亦空中にある時からフライが見えているようでジャンプをしながら空中で食ってくるやる気満々のオイカワもいます。
 今朝は着水後、少したってからモワッとリングが出ることが多かったです。
 これって意外と難しい釣りになります。
 ほとんど毎回あたりがありますが、きっちりしたどんぴしゃりの合わせが難しいのです。
 ラインの動き、周辺の水面の変化を見逃すことなく、集中です。

 もう一つ難しくしているのは、流れなのです。
 上流にキャストしますからラインを処理して合わせをきしっと入れられるようにするには、ライン処理は必至ですね。
 また、キャストも真っ直ぐではなくティペットがU字型になりフライが先に流れるようにキャストをしなければなりません。
 ということは、ラインがたるんでしまうと合わせができないのです。
 
 こういったことを考えながら釣るのが楽しい。

 そしてこの一匹の価値。
 痺れますね。

DSC01608.jpg

 キッチリ閂に鈎がかりです。
 

DSC01604.jpg
 
 河床が綺麗でしょう。
 川越では30mm程度、上流の飯能では50mm程度の雨量でしたが、集中的に降ったようで平水位より1m程度上がったようです。
 今朝は平水位に戻っており川に入っての釣りができました。
 いつもきれいな河床であれば川耕しなど必要なしです。


DSC01623.jpg

 狙ったところにフライを落とし、思ったところを思ったように流す。
 ここで出るんだよねというところで考えた通りに出る。
 こんな釣りが楽しい。
 ところがなかなか思い通りになりません。

 だから楽しい。
 考えて、キャストを練習して、流し方も考えて。
 フライもこれでどうかと試行錯誤。

 オイカワ釣りは奥が深いです。


DSC01633.jpg

 こちらはjetpapaプールの瀬頭。
 ウェットでダウンクロス。
 ほぼ毎回、アタリがあり向こう合わせで釣れます。
 水面上に鈎を遊ばせると果敢にオイカワがアタックしてきます。
 釣れすぎ。
 向こう合わせなので魚のいるところに流せば釣れてしまいます。
 こちらの釣りは釣ったのではなく釣れたの釣り。


DSC01636.jpg

 ここは吉田橋、癒しの瀬。
 ドライではポツポツアタリが出ます。
 ダウンクロスのウェットでは毎回当たりました。

DSC01639.jpg

 鉄橋下、水門前。
 魚は居るが型がイマイチ。



DSC01630.jpg

 7時 暑くなってきました。
 そろそろ潮時です。
 暑くてたまりません。
 金堀橋から釣り始め左岸を上流へ吉田橋から右岸に渡り釣り下てみました。
 どこに出も魚が着いています。
 
 しかし、良型はセオリー通り、瀬頭についていました。
 ポイントを確認しながら、歩きながらの釣りは渓流のようで面白いです。
 今朝も満足の小畔遊びでした。



スポンサーサイト
  1. 2018/08/25(土) 11:50:52|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今朝の小畔川 8月26日 フライで食い方が違う! | ホーム | 8月18日 夕の小畔川 相変わらず高活性と良型>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1028-4b5aefd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)