FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

初めての佐賀宿泊 クリークの奥深さ!


9月10、11日の一泊二日で佐賀出張。
初めて佐賀市内に泊まりました。
初めての地では兎に角歩き回る。
何故かって?

それは釣り場探索なのです。
出張先でスーツで釣りができるところ。
テンカラ、フライ。
こんなところを探します。

20180915195805633.jpeg

佐賀駅前の不思議な陶器のキャラ。
頭にムツゴロウを乗せたワンコ。
佐賀春。

ここから探索を開始です。
今回の宿はこの直ぐ側。
市内はバス便が充実しているのでバス利用。
県庁前まで移動。
ここから掘割、クリーク巡りです。

2018091519580663a.jpeg

掘割でハス!
これを見て頂きたかったのです。
この魚を釣るのには伏線があります。
佐賀城の周りをグルっと一回り、更に、神社仏閣、名所旧跡を歩いて周りました。
せっかくですからね。
実はこの場所が起点で歩き始め。
総歩数13000歩を過ぎてまたこの場所に戻って2度目の釣りとなりました。



201809151958025a4.jpeg

こんな掘割です。

1回目は3時前。
魚が逃げます。
影が映るとサッと逃げてしまいます。
この時、オイカワ、かわむつ、スナモグリ、ナマズ、フナは現認できましたが、直ぐに逃げる少し大きな魚はなんだろうと思いながら見ていました。

実は歩き回って2回目の釣り。
6時過ぎから遊ばせて頂きました。


201809151958044b3.jpeg

ここは与賀神社前を流れる掘割で広いところは鯉が沢山泳いでいました。
流石にここで釣ったら顰蹙をかいます。
下側での釣りですー。
上流のクリークから取水しています。
市内を歩いて気がついたのは、どこにでも魚はいるが、釣りにくい。
大きな流れより小さくて流れのあるところに良型がいるようでした。
流れが止まっているところは水も淀み、水草が密集しており釣りになりません。
また、水面まで高低差が大きく、釣りやすいところが意外に少ないのです。



20180915195800e38.jpeg

そして、カチガラス。
佐賀平野のカラス?
カササギの一種と聞いています。
だいぶ前になりますがアデレード出張時に同じような鳥を見かけました。
アデレードでは、側によっても逃げなかったのですが、佐賀のカチガラスはカメラを向けると直ぐ飛んでしまう。

20180915195930830.jpeg

佐嘉神社です。



20180915195927046.jpeg

拝殿に鏡が祀ってあり、参拝すると姿が映りました。
鏡を写すと姿ではなく、光を発しました。
ーーーーーーーーーーーん

20180915195928360.jpeg

アームストロング砲です。
佐賀鍋島藩が幕末に所持したものです。
由緒が記された銘板がありました。

記憶が正しければ、別の感情を抱きました。
司馬遼太郎のアームストロング砲という短編だったと思うのですが、あまりの威力に上野彰義隊との戦いには使わなかったと。
しかし、戊辰戦争会津の戦いでは 躊躇なく使ったと。


201809151959318df.jpeg

佐賀の夕食はチャンポン。
九州のチャンポンは美味しい。
スープの濃さが全く違います。
濃厚クリーミー、こうでなくっちゃね。
ちなみに佐賀ラーメンはもっと凄いのです。


佐賀恐るべし!
市内何処にでも雑魚が!


スポンサーサイト
  1. 2018/09/15(土) 20:54:54|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出雲巡り | ホーム | 秩父で釣りと寺社仏閣めぐり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1037-8431c569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)