FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

豊平川 リベンジ


 10月2日から2泊3日の計画で札幌に出張してきました。
 今回の目的は当然仕事ですが、アフターファーブ、ビフォアエイトを有効に活用して豊平川に立てることを密かに(嘘 大ぴらに)
計画しました。

IMG_8223.jpg

 到着した初日は疲労困憊、釣りをしたいが体が答えてくれなかったのです。
 今まででしたら、チェックインと同時に竿を抱えてすっ飛んで行くのですが、今回は気が乗らないというか体が動かないというか、ネクタイを外した途端、気が緩んでしまいました。
 かなり疲れていたようで、体力の限界に近かったのではないかと思いました。
 部屋で、服を脱いだら外に出る気がなくなってしまい、食事も取らず寝てしまいました。
 年を感じた瞬間でした。

 おかげさまで翌日は4時に目を覚まして5時半過ぎに川へ向かいました。
 第一の目的は、逃がした魚は大きかったので今度は釣ってやるということ。
 漫画みたいな話ではあるが当人大真面目でした。
 仕掛けは前回と同じものですが、リーダーを4号に太くして、前記事のフライを巻いて備えたのです。

 ウントモスントモです。

 対岸に釣り人、年配の方がたたき釣りをしています。
 何を釣っているのか遠目で判らないのです。
 ただ、時々小魚を釣っており、腰の魚籠に入れています。
 何かな??
 小ヤマメ? カジカ?
 判らないと気になって気になって。


IMG_8228.jpg

 こんな格好での釣りです。
 基本出張スタイル祖のままで釣ります。
 今回はスーツに革靴。
 今回に限らず、出張時はほとんどこれです。
 好奇の目で見られることがほとんどです。
 今回は河原ですから気を遣わず楽しんだのですが、歩道の近くとか街中とか、普段釣り人を見かけないところでの釣りですから当然ですね。この格好では足場が宜しく、簡単に行けるところでないと無理ですから。
 その点、豊平川、千歳川は別格です。
 
IMG_8229.jpg

 この場所、如何でしょうか?
 渓流のベストポイントです。
 流れ落ちるところの澪筋には一番の良型が入っているはずです。
 はずですなんです。
 居るのではない。
 居ても食いつくとは限らない。
 全く反応無し。
 少しぐらい期待を持たせてくれても宜しいかと思いますがだめですね。

 アタリがあったのは前の画像のところです。
 この位置のすぐ下流です。
 中央の流れが巻いており、ウェットで流すと岸寄りに流れてきます。
 この時にツンツンと。
 三回流してツンツンが来ましたが四回目からは沈黙。
 キャストメンディングの練習を継続して日が暮れてきたので止めました。
 

IMG_8232.jpg

 この方は夕方お会いしました。
 ウェーダーを履いて歩いていました。
 川の中にも数人入っていました。
 手に持っているのはアンテナ、そしてガーガー鳴る機械を携えています。
 こんばんは
 何やっているんですか?
 鮭の追跡をしているんですよ。
 ここいら辺りに発信機とライトを着けた鮭が居るはずなんです。
 上流へ遡上してもらわないと困るんですよ。
 ほら、そこに一匹留まっているの見える??
 他のは遡上どころか下流に下ってしまったんですよ。
 へーーー?
 そうなんですか。
 判りにくいのですが、正面の石の作る波の手前に緑に光る点があります。
 ここに鮭が居ました。
 僕も確認できました。

 栽培漁業関連の方々でした。


IMG_8234.jpg

 反省会。
 二日目の朝夕川の向かいましたが残念ながら型見ず!
 倶知安の仁世古というお酒をチビリチビリとなめながらの反省ですが、そのうちにお酒が美味しくって、釣れなかったのは時の運!
 仕方がないさで、終わってしまいました。

 日が沈むころ川を去ったのですが、堰上の溜まりではライズが頻発していました。
 先ほど釣ったところでは岸際の緩い流れでライズ。
 恐らく今年孵化した小ヤマメだと思います。
 雑魚釣り用のドライでしたら一発で食ってくるはず。
スポンサーサイト
  1. 2018/10/05(金) 10:51:59|
  2. 出張の釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夕の小畔川  やっと水位も下がって釣り易く! 10月8日 | ホーム |  リベンジ #10を6本巻く!>>

コメント

jetpapaさん、こんばんは!

札幌出張、お疲れさまでした!
スーツでの渓流、すごいですね(*^^*)
リーダーを4Xに上げている時点で、あいつを釣ってやるというjetpapaさんの本気度がひしひしと感じられます。

豊平川の街中にこんな素敵な良さげなポイントがあるんですね。。
全然知りませんでした。
いかにも大物がたまっていそうなところですね。
豊平川にはニジマス、ヤマメ、ブラウンのほかにも、放流されたイトウもけっこう生息しているようで、いつか狙ってやろうと思っているんですが、こういうところに潜んでいるのかもしれませんねぇ。
近くに駐車場があれば今度偵察してきます。

たたき釣りやっている人いるんですねぇ。昔懐かしい釣り方です。
小ヤマメ釣っているのかな。。。

卵焼きうまそうです。お忙しい出張のなかでのFF、お疲れさまでした!
  1. 2018/10/07(日) 18:49:44 |
  2. URL |
  3. やまねった #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

 やまねったさん

 よそ見をしているとアタリがあってうまく合わせられない。
 しかし、しっかり見ているとアタリが出ない。
 殺気を放っているとお魚に悟られるみたいです。
 前回は食い付くわけはないと思っての釣りでしたが、今回は釣ってやるの釣りでしたから、思いっきり殺気を放っていたのではないかと反省しています。
 駐車場は何処かは判らないのですが、河原へのアクセスが良いところがいくらでもあるので、革靴で遊ばせていただきました。
 このクラスの川になると何処についているかわかりません。
 地元の方が地道に探っていくのが一番!
 たまにきてビシッと釣るのは難しいです。
 ちなみに、前記事のフライで長い白い羽が着いているものがアタリ有でした。
  1. 2018/10/07(日) 22:07:05 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1047-9523af8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)