FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

昼の小畔川 川越祭りの前に少し!

 川越祭りは10月20,21日
 夕方から川越祭り見物に出かけるので少し小畔遊び!

DSC02003.jpg

 三時過ぎから小一時間、目の前を流れる小畔川でオイカワに癒されてきました。
 その前に、15.16.17日と二泊三日で岡山出張。
 市内、繁華街を流れる堀川でオイカワと遊んできたのですが、宿を勘違いしてしまいかなり離れているところに泊まり、現地まで25分歩いての釣行でした。
 釣れるには釣れたがイマイチの釣果、そんな訳で小畔で気分転換です。

 午前中は22日からの出張に備えかつ川越祭りで歩きまわるので、膝にヒアルロン酸注射。
 お昼を取って、時間調整に小畔遊びです。

 これには伏線があり、午前中は整形外科の時間待ちの間、上流部でオイカワ遊び。
 残念ながら全く反応なしだったのです。
 そろそろ、小畔川も秋が深まりオイカワも冬支度に入り始めたのかもしれません。
 浅場から、深場に、散開から集合にパターンが変化し始めたようです。
 今までの鉄壁ポイントが変わってきたところが出て来ました。

 自宅前付近のポイントも少しずつ変化してきているのが判ります。
 先ず、型が全般に小さくなってきていること。
 イワシサイズも出ますが、少なくなってきました。
 アベレージが10cmに下がってきたことと、今年の個体でしょうか、一番先に孵化したと思われるものが2cmから3㎝に育っておりこれがちょっかいを出し始めたこと。
 当然釣れません。

 フライへの反応時間がゆっくりとなってきたこと。
 フライを落とすと同時に、落ちる前から反応していたものが、少し遅めに反応するようになりました。
 浮かんだフライを見ているのでしょうか。
 少し流れてから、食うようになりました。
 釣りとしてはこのほうが絶対に楽しいのです。
 ドラッグをかけないようにキャストプレゼンテーションの練習になりますからね。
 こうなると、狡猾で神経質になった大物のヤマメのような。
 少し大げさなようですが、それぐらいキシっとしたキャストとプレゼンテーションをしないと釣れない時があります。
 夏のオイカワと少し違うオイカワに変わってきました。


 画像のオイカワも一発で出たわけではありません。
 ライズを対岸に見つけてキャスト。
 ドンピシャで狙った所に入り、ドラッグを避けて流れるまで無視されました。
 また、何回も流すと見切られます。

 楽しいですね。
 オイカワとのバカ仕合!
 
 
スポンサーサイト



  1. 2018/10/21(日) 11:10:51|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<川越祭り 2018  | ホーム | 夕の小畔川 丸子川のオイカワにはかなわない!>>

コメント

はじめまして

堀ゆと申します。。
小泉川の記事でよらせていただきました
わたしは投網師です。
水温が下がり川の中のオイカワたちも少しずつ深いとこに集まっているみたいですね、
冬投網も夏は早瀬を打ち、冬は淵、とろを打ちます
釣りも同じなのだなあと思いました
リンクさせていただきました
よろしくお願いします。
  1. 2018/10/24(水) 19:21:50 |
  2. URL |
  3. 堀ゆ #-
  4. [ 編集 ]

 堀ゆ さん

 リンク了解しました。
 投網はやったことがないので未知の世界です。
 宜しくお願いします。
  1. 2018/10/27(土) 18:02:51 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1051-6012cd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)