FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

11月30日昼の小畔川 リハビリを兼ねてオイカワ遊び


 一月ぶりの更新です。
 今月がどうゆう訳か体調が悪く、下痢と便秘は続き物貰いができついにお腹が痛くなり入院することとなりました。
 昨日退院し、リハビリを兼ねてのオイカワ遊び。
 

DSC02278.jpg

 午後2時半、金堀橋から下流を覗く。
 今日は、あの瀬頭から上で遊ぼう!
 いつも橋の上で様子を見ながら決めるのです。
 人影は私。

DSC02280.jpg

 一番遠くに見える流れへやってきました。
 瀬頭でライズが。
 ここからキャストです。
 オイカワは一発で食いつきました。
 大好きなアップの釣り。
 気分が爽快になりました。


DSC02283.jpg

 今日一番はこの大きさ。
 グイグイ引きます。
 面白いもので、フライの着水の仕方で出方が違いました。
 完璧にターンオーバーして、一直線になってフライが着水しても反応が悪いのです。
 完璧にターンオーバーしながらもフライが30cmぐらい上空からフラフラと虫が落ちるように着水すると反応が宜しい。
 オイカワも見ているようです。
 この状態で流しても、着水時に反応が無い場合はその後期待はできません。

 完璧なターンオーバーをしないでU字型又はティペットを弛ませてフライが着水した場合は、しばらく流すとボコっと出ます。
 このあたりが面白いのです。
 ちょっとしたドラッグを感じる訳です。
 見ているんでしょう。
 ユスリカが飛んでいますからフライはイミテーション、本物とは違います。
 大きさも違います。
 でも食いつくのは何故?

DSC02282.jpg

 瀬頭の上はフラットな流れで駆け上がりができています。
 ここは川耕しもしていますから、オイカワが好きな河床の状況です。
 良型のライズが出ています。
 
 どんなキャストが良いのか?
 練習の中で発見があります。
 面白いもので、日々発見と初体験、ああそうなんだという発見がありますね。
 
 毎回同じところにキャストをするのが宜しいのか、扇型が良いか、ランダムが良いか。
 今日は群れが回遊していたのか、ライズの発生状況と釣れ具合を勘案し、狙ってみました。
 なかなか、思い通りにはなりませんね。
 しかし、狙ったところから思った通りに出てくれた時は、やったぜですね。
 これが楽しいのです。
 釣れたではなく釣ったでなければならないのです
 過程を総括することにより次の釣りにつながります。

DSC02284.jpg

 このクラスがアベレージ。
 十分に楽しんだ午後でした。

 明日は今日にも増して暖かくなるとか。
 今年の冬はどうなっちゃうんでしょうか?
 暖かすぎ!
 

スポンサーサイト



  1. 2018/11/30(金) 18:15:24|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寿命でしょうか? | ホーム | 入間基地航空祭から帰って小畔遊び!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1054-2cf50efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)