FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

尺の引きはスレ! 今季二度目の名栗川 3月9日

 春一番が観測された3月9日
 野暮用を済ませてからの出発。
 11時過ぎからの釣りでした。


DSC02601.jpg

 名栗の溪は水不足、水量が少なく石が白くなっていました。
 この場所は実績のある場所です。
 溜まりには何時も良型のヤマメが着いています。
 今朝はこの下からの入渓でした。
 11時過ぎ、水温は7度
 まだ虫は飛んでいません。
 でも、ドライで行こう!


DSC02604.jpg

 全く反応無し。
 とりあえずお昼ご飯。
 握り飯を食べて英気を養う。
 さあ、気分転換、大分暖かくなってきたし、虫も飛び出した。
 水温は8度。
 カワムツが律儀に出てくれました。
 参った。
 カワムツの入れ食い!
 この大きさを頭に15㎝程度のグラマラスなカワムツの入れ食い。
 この橋の下流には大きいのが沢山居ました。
 これが、ヤマメだったらね。 

DSC02608.jpg

 カワムツ地獄を通り越しここはヤマメとカワムツが一緒に泳いでいる。
 ヤマメは底近くに10匹程度泳いでいるのが見えるのですが、フライが着水すると同時にバシャっと出るのはカワムツ。
 ヤマメは底をグルグル回遊。
 フライを沈めて目の前を通すと興味を持って追いかけるが、口は使わない。
 暫く、キャストを繰り返したが、釣れるのはカワムツのみ。
 難しい。


DSC02613.jpg

 良いポイントですね。
 石の左右は狙い目です。
 絶対、着いています。
 期待を込めて右の流れを沈め気味に流すと、ズーンとラインが張ってグググーと重い引きが。
 直感で大きい、無理は禁物、とりあえず竿を立てて待とう。

DSC02612.jpg

 あれマー?
 これ?
 フライが腹にスレ掛かり。
 尺じゃなくて半尺!
 期待が外れてガッカリ。


DSC02614.jpg

 名栗の橋は流れ橋!
 固定橋の他に流れ橋が沢山かかっています。
 なかなか良いですよ。

 今日はカワムツばかりでヤマメは二匹。
 昼を挟んだ釣りでしたが、魚が遊んでくれたのは12時を過ぎて1時近くなってから。
 自然は正直ですね。
 条件がそろえば釣れ始めます。
 フライの面白さはどうやってツボにはめるかでしょう。
 最高の条件の日でも釣れない時は釣れない。
 よそ見をしていると釣れていたり。
 実に面白い。
 思った通りに行けばうれしい。
 思った通りに行かないことの方がほとんど。
 だから一匹の価値が高い。
 これだからフライは止められないのですね。

 今日も十分に楽しんできました。
スポンサーサイト



  1. 2019/03/09(土) 20:57:24|
  2. 釣り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あれから8年 | ホーム | 渓流解禁は名栗へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1067-bd31b47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)