FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

5月25日 今朝の小畔川

 
 週始め、小畔川は前線を伴った低気圧の通過で大雨が降り水位は2m70cmまで上昇しました。
 そのため河床は洗われ再生しました。
 オイカワの動きも活発になり、久しぶりに楽しみました。
 しかし、魚が少ないのです。
 気になるところです。

DSC03746.jpg

 今朝は5時半からオイカワ遊び、4.6キロポストのプールと瀬から始めました。
 土手を歩くとどこかで野焼をしたのか、臭いが残っており薄っすらと堤内には霞がかかっていました。
 


DSC03760.jpg

 このサイズが鈎掛かりします。
 これより小さいのは全くかかりません。

DSC03756.jpg

 小畔3号で最初から最後まで通しました。
  同じ鈎で通すのは魚の活性が場所、釣法でどう変わるのか、今朝のポイントを探るうえで非常に重要です。

DSC03761.jpg

 プールではなかなかライズが出ないので、とりあえずキャスト。
 ドライで通しました。
 ライズを見つけて、キャスト。
 なかなか食いません。
 水面を見ると何か流下物があるのか#20の小畔3号には目もくれず、反応無しです。
 よく見ると#30以下のユスリカが飛んでいます。
 羽化する時の繭でも食べているのか見向きもしません。

 そんな中、変わり者がるんですね。
 バシャっと出てくれました。
 ドライでアップで2匹。
 どのプールも同じで反応はほとんど無しでした。



DSC03762.jpg

 今朝の当たりは瀬でした。
 釣り上りのドライでは反応しなかったのですが、小畔3号を流し毛バリのごとく、45度下流にキャストしてスイングを入れると好反応。
 ウェットに好反応の今朝でした。
 瀬頭が一番の着き場ですが、今朝は瀬に入っていました。
 良型は瀬の流心に小さいのは流れの緩いところに着いていました。
 小型が中心でアタリはありますが乗りません。
 良型が出ると直ぐに判ります。
 水面からバシャっと飛び出します。
 水面直下を流していますが勢い余って飛び出すのでしょうか、すごい勢いで出ました。
 毎回の当たりで鈎掛かりは良型の時のみ、下の瀬で遊んでから、こちらの瀬で一匹かけて終わりとしました。
 正味1時間、良型6匹で終わりました。

DSC03757.jpg

 河床はこのとおり、ピッカピカです。
 一時間、川耕しをしてもせいぜい10から20㎡人の力とはこの程度、自然の力は凄いですね。
 今回の大水で全ての河床がピカピカに再生されました。
 また、底石が動き隙間ができたのでしょう、砂利底が簡単に掘れます。
 今後の水生昆虫の大量発生が期待できます。


DSC03766.jpg

 堆積した土砂が削られたところがあちらこちらに。
 瀬の状況、プールの深さなどが微妙に変わっています。
 堆積物は礫と砂です。
 その上に泥が堆積しているのが良く判ります。
 これが削られて流れ、何処か流速が遅いところに溜まります。
 水量が少ない状況が続くと堆積が続き河原が無くなり草が生えてきます。
 オイカワは砂利底である程度の流速のある所が大好き。

 今朝は産卵行動に入る前兆でしょうか、良型は瀬に移っていました。

スポンサーサイト



  1. 2019/05/25(土) 16:47:52|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<5月27日 今朝の小畔川 渋いライズをものにする! | ホーム | ボーイスカウト君デカヤマメを釣る!>>

コメント

ピカピカの川床、水面でビシャ! いいですね。久しぶりのまとまった雨でオイカワの活性も良さそうですね。
私も明朝、Y川でロッドを振ってみるつもりです。
  1. 2019/05/25(土) 16:55:20 |
  2. URL |
  3. カチーフ #0tR8pBJg
  4. [ 編集 ]

 カチーフさん
 Y川、明日は平水河床はピッカピカで良い釣りができそうですね。
 朝一か5時頃が宜しいでしょうね。
 今朝も7時近くなったら暑くなり止めました。
 先ほど4時過ぎに行政放送で日が傾き気温も下がりだしたので外出御遠慮を取り消しますと流れていました。
 Y川関連の記事を見ますと絶好調のようですね。
 小畔とは大違いです。
 大漁期待しています。
  1. 2019/05/25(土) 17:09:26 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1088-264654fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)