FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

AMIYA Rod Type Catskill 唐竹 7ft #2 4pcs


  奈良の釣友 リョウさんが自作のロッドを送ってくれた。
 7月に頂いていたが、入魂は11日の日曜日まで延期となってしまった。
 無事入魂完了。
 そして本日(8月12日)は爆釣!
 小畔も絶好調になってきました。



DSC04052.jpg

 AMIYA Rod Type Catskill 唐竹 7ft #2 4pcs 
 この竿を頂きました。
 六角、フェルールはカーボンの7ft 4ピースのバンブーロッドです。
 


DSC04059.jpg

 昨日早朝、高橋のプールで無事入魂!
 実はこの前に下流で良型を釣っていますが、写真を撮る前にオートリリース手元まで来たのがこちらでした。


DSC04062.jpg

 5時半から6時半まで小一時間。
 高橋のプールに向かうとFFマンがお一人。
 声をかけ、後ろを下流に。
 吉田橋飛び石下。
 良型が着いていました。
 しかし、乗りません。
 鈎が悪いのか、腕が悪いのか??
 ストレスが溜まりました。
 


DSC04063.jpg

 本日(8月12日)も5時起床
 下流へ。
 ここは、草刈りをしてアクセスが良いようにしたんですが、草の生育が良すぎて、ジャングル状態。
 また刈らねば!


DSC04064.jpg

 川に入ってドライで釣りあがりです。
 直ぐに釣りました。
 流心横の葦脇の溜まりについています。
 瀬のちょっと横です。
 5時30分から開始。
 活性抜群。
 ライズが無くてもフライが着水する前からジャンプ!
 くるっと回ってサーカス捕食をするおどけ者、沈んでから食う慎重な奴。
 面白いですね。


DSC04067.jpg

 この型が出ます。
 バッシャン、グイグイグイで、楽しい!

DSC04071.jpg

 韋駄天モドキも出ました。


DSC04072.jpg

 今朝の小畔は絶好調
 一時間強で30から60、沢山釣れました。
 型も良くなってきました。
 川に入って釣るときは川耕しを兼ねていますから、次は入ったところが必ず良いポイントになります。
 
 ロッドの使い勝手はまたの機会に。
 リョウさんありがとうございました。


 
スポンサーサイト



  1. 2019/08/12(月) 11:38:04|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<< どうにも渓流に行きたくなって | ホーム | 尺に惑わされるスケベ心!>>

コメント

使っていただいて,おおきに!!
#2ですがオイカワには強すぎるでしょう。
アマゴかイワナで試してくださいな。
あっ,カーボンではなくグラスフェルールなんです。
  1. 2019/08/12(月) 15:00:03 |
  2. URL |
  3. AMIYA #-
  4. [ 編集 ]

リョウさん ありがとうございます。

今朝はバスも釣ったので、ロッドの感触大分わかりました。
山に入るとロッドダメージは致命的。
僕はしょっちゅう石に叩きつけたりしているので、フェルールの強度がとても心配なんです。
何回かフェルールの破損を経験しています。
この竿では十分に気を使っているのですが、丈夫が一番と思っています。
  1. 2019/08/13(火) 17:26:10 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

金属フェルールは一対5000円します。
4pcsロッドならフェルール代だけで15000円かかるのです。
できるだけ安くバンブーロッドを作って使っていただこうと考え,グラスフェルールにたどりつきました。
1pcs制作費が3000円+その他の材料費3000円,例えば4pcsロッドなら15000円で購入していただいています。
丈夫を考え,金属フェルールにすると一本30000円になってしまうのです。
痛し痒しです。
  1. 2019/08/14(水) 21:36:27 |
  2. URL |
  3. AMIYA #-
  4. [ 編集 ]

リョウさん

僕は不器用でロッド制作などは未だ経験がありませんが、作業のみならず材料のコストパフォーマンスを考えながらの工程なんですね。
それにしても一対5000円は高い!
  1. 2019/08/16(金) 04:14:19 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1109-c6008fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)