FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

夕の小畔川 黒い雲が近づいてきたのですぐ終わり!


 履正社高校と星稜高校の決勝戦を応援してからの小畔遊び。
 両校とも頑張った、素晴らしい一戦だった。
 履正社優勝おめでとう、星稜力を出し切った!
 

DSC04200.jpg

 吉田橋を挟んで上下の釣り。
 下流側から開始。
 釣ってはオートリリースの連続。
 一匹も手元に来なかったので、移動。
 小型ですがやっと手元に来ました。
 稚魚サイズが中心だったと思います。
 咥えきれなかったのか、針先が甘いのか、システムが悪いのか、腕が悪いのか。
 何なんでしょうか?
 良型、竿を満月に曲げてもオートリリース。
 今日は水量が多くドライでは難しいので、ウェットに徹しました。
 向こう合わせ、ポイントとキャストがそれなりであれば勝手に釣れますからね。
 毎キャストとは言いませんがほぼ毎回魚は追っています。
 フライの後ろでパシャパシャしていましたからね。
 でも、乗らない。
 小さいんでしょう。



DSC04201.jpg

 向こう側ではエサ釣りの方。
 快調に釣っているのが遠目にもわかります。
 増水時のポイントを押さえています。
 巻き。
 岸際の少し深い巻を狙っていました。
 僕は大型狙いで駆け上がり中心に。

DSC04202.jpg

 始めたと思ったら南南西の空が暗くなってきました。
 ポツポツ降ってはいましたが、この後が大変なので撤収!
 後ろ髪、無くても引かれる思いで止めました。



DSC04203.jpg

 帰り道
 山鳩さん そこどいて下さい。
 無理なら早く歩いて下さい。
 本降りになっちゃいます。
 僕が後ろにいることが判っているのに踏まれる程すぐ前を歩いています。
 バタバタバタと煽り歩きをしても、全く眼中になし!
 無視されました。
 人畜無害の私で良かったね。
 ここにはアンタたちを食っちまうイタチ、タカも住んでるんですよ。
 少しは危機管理を勉強して実践するように。

スポンサーサイト



  1. 2019/08/22(木) 19:39:48|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神無川トレッキング(その2) | ホーム | 神流川トレッキング(その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1113-0a61b767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)