FC2ブログ

小畔川通信

 川越市内を流れる小畔川の日々その他をお伝えします。

冬になると良型のオイカワが消える! 仮説を裏付ける事が!



 小畔川では年末になると、遅くても年明け早々には良型のオイカワが何処かに行ってしまい不思議に思っていました。
 いろいろと考えたりフィールドを観察してある仮説とそれを証明できそうな状況がありました。


IMG_0111.jpg

 ここに掲載した画像は先日アップしたものと同じですが、ここにヒントが隠されています。


IMG_0110.jpg

 秋が深まり初冬になるまで、川鵜と鷺は離れて行動しています。
 ところが11月になると行動を共にしているのを見る機会が増えてきます。

  私が近寄ったので逃げているところです。
 川鵜の行動に鷺が従う??
 いや、川鵜を利用しているように思えました。
 つまり、この時期は川鵜の後を追うように鷺が動くのです。
 この行動と水温の変化によりオイカワの行動が変化することを併せると何故かという仮説を立てることができました。

DSC05335.jpg

 この画像では判らないのですが、水中に3羽川鵜が潜っています。
 浅瀬で鷺が待っているのです。

 川鵜は潜って水中の魚を追いかけて食べる習性があります。
 稚魚は小さいので捕えません。
 ある程度の大きさでないと捕まえて飲み込むことができないようです。
 同様に鷺もある程度の大きさでないと嘴で捕まえる事が出来ないのです。

 川鵜は夏場はほとんど小畔川を漁場としません。
 何処で魚を捕らえているかは分りません。
 ところが冬になると小畔川を漁場とします。
 
 他のところで魚が獲れなくなるからではないかと考えました。
 ここは雑魚が主ですが魚影が非常に濃い訳で、数でカバーできるのです。
 川鵜は一日に500グラムほどの魚を食べると言われています。
 良型のオイカワでしたら100ほどでしょうか。
 本流から支流の小畔川へ。
 
 瀬、淵ごとに数羽で捕食しています。
 浅瀬に逃げたオイカワは助かります。
 川鵜はついばんで捕食することはできないのです。

 ここに賢い鷺が川鵜の行動を利用しているのです。
 浅瀬に並んで待っています。
 普段は目の前に来るオイカワを根気強く待って捕食していますが、川鵜に追われたオイカワはパニック状態になり浅瀬に逃げてくるのです。
 労せずしてオイカワを頂ける訳です。

 このパターンでは一網打尽なのです。
 良型のオイカワに逃げ場はないのです。
 川鵜のみであれば浅瀬に逃げれば捕食されないのですが、鷺が食べてしまいます。
 逆に鷺だけであれば深場に逃げればよかったのですが、そこには川鵜が!

 この捕食行動を続けるのです。
 結果、良型が消えて、捕食されない稚魚のみが残ることになります。

 まだ仮説ではありますが、更に観察を続けていきたいと思っています。

 本日、川鵜が潜り、鷺が浅瀬で捕食する状況を動画に撮ったのですが、映っていなかった!
 これがとても残念で心残りでした。

 アップできればこんな文章を書かなくても一目瞭然だったんですがね。






 
 
スポンサーサイト



  1. 2019/12/09(月) 17:01:47|
  2. 小畔川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<大山山頂を踏破! | ホーム | 坂東三十三観音 二十一番から二十六番まで弾丸巡礼!>>

コメント

こんばんは♬

とても興味深い考察、感服して読ませていただきました!
何年か前も年末や年明けになると良型のオイカワがいなくなるという記事を拝読した記憶がありましたが、その時は冬場はどこかの深場に行って越冬するのか、それか本流にでも下ったのかな・・・なんて軽く考えていました。
それが川鵜と鷺のコンビネーションプレイで、「物理的にいなくなっていた」とは、驚きです。
小畔川の水深と写真の鳥の多さを考えると、あり得そうな話だと思いました。

川の近くに住み、1年を通じて同じ川を見ているからこそ考えられる、素晴らしい考察ですね(*^^*)
  1. 2019/12/09(月) 22:51:29 |
  2. URL |
  3. やまねった #-
  4. [ 編集 ]


やまねったさん

この考えを以前から持っていたのですが、仮説までは至りませんでした。
小畔川と関わって30年近くなりますが、ある時から極端に良型が冬になると少なくなってきました。
稚魚は沢山います。
川鵜がレッドデータブックにのり、コロニーが出来てからです。
バスも増えました。

水質は抜群に良くなりました。
でも雑魚は少なくなりました。

一番の対策は四六時中、釣り人が川に入っている事かなと思っています。

もう少し気付くところがあったらまた書いてみます。




  1. 2019/12/10(火) 06:11:38 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

な~るほど

説得力あります



私は以前、夜中に川辺に立つ青鷺に
人と間違え挨拶しちゃいました
  1. 2020/01/14(火) 20:35:14 |
  2. URL |
  3. ジェロ #d3xRQPUk
  4. [ 編集 ]

ジェロさん

青鷺デカイから間違えそうですね。
岡山のオイカワ釣りの記事ではすぐ横で釣ったオイカワをおねだりする青鷺について書きました。

台風19号の復旧作業でしょうか、小畔川も無駄に掘り返され、カフェオレ!
ダブルパンチで川鵜も寄り付かないほど、魚っ気が無くなっています。
  1. 2020/01/14(火) 21:42:32 |
  2. URL |
  3. jetpapa #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koaze.blog113.fc2.com/tb.php/1147-1f2fb0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)